2006年5月アーカイブ

 シャープは、車や手持ちのオーディオ機器のFMラジオにワイヤレスで音楽を送信、迫力ある音で楽しめる「FMトランスミッター」を搭載した、内蔵メモリと「mini SDカードスロット」によるデジタルオーディオプレーヤー<MP-B200/B300>を6月8日から発売する。価格はオープン。

 カンダニュースネットワーク(略称KNN、東京都渋谷区)は、6月5日より、FIFAワールドカップが開催されるドイツで、サッカーにまつわる周辺情報を独自取材し、インターネット経由で配信する事業を開始する。FIFAワールドカップは、放映権が限定されているため、1995年より個人放送局を独自運営しているKNNでは、スタジアム側を背にして、スタジアムに集う世界のサポーターたちをメインに、スポーツカフェやホテルで世界から集うサポーターを取材する独自の取材スタイルで情報を提供する。

 加藤珈琲店(名古屋市中区)が5月15日よりインターネットショッピングモールで発売した『名古屋名物金しゃち珈琲ぜんざい』が、楽天市場ランキングゼリー部門1位を獲得するなど大人気を博している。加藤珈琲店は名古屋市の中心街・栄にある珈琲専門店で、約15年前よりメニューに取り入れた珈琲ぜんざい(珈琲の中に小倉あんと白玉、栗などを入れたデザート)が大人気となり、テレビやラジオ、雑誌などの情報番組にもさかんに取り上げられた。

 ビー・エル・オートテック(神戸市兵庫区)と姫路ソフトワークス(神戸市兵庫区)は、手頃な価格でロボットの製作から動作・プログラムの仕組みまで深く学習することのできるロボットキットを開発、6月1日より販売を始める。今回販売を開始する「学習用ロボットキットVariBo」は、未来を担う技術者育成を目指し、実数演算機能をもつプログラム言語やおしゃべり機能を搭載、さらに多彩な組替えが可能なパーツ構成にすることで、ロボットに対する深い理解と自分のオリジナルロボットを作ることができるキット。マイクロコンピュータのソースプログラムも公開し、学習用途として使用できる。

 izo(東京都新宿区)は、パソコンデスク、オフィス、ベッドルームなどで音楽をよりよい音で楽しむための、デジタル入力にも対応したヘッドフォン専用アンプ、R.spec「iHA-1」を6月7日から発売する。これまでのように、ヘッドフォンも使えるアンプではなく、ヘッドフォンで聴くために1から設計した専用のアンプで、デジタル/アナログコンバータ(DAC)を内蔵、アナログだけでなく、パソコンなどからデジタルで接続ができ、曲が持つ本来の表現を忠実に再現する。価格はオープン。


 国宝修理装こう師連盟が主催、中国・文物研究所と科学院が共催する、修復技術者による「紙の文化財の保存修復に関するシンポジウム」が、5月27,28の両日、北京・新北緯飯店(レインボーホテル)で開かれる。日本、中国、韓国の技術者が文化財の修復について、伝統技術と最新技術の両面から経験と技術を発表、交流を深める。

 坂本 龍一氏をはじめとする有識者やJ-WAVE、読売新聞、月刊ソトコトなどが参加するロハスクラブ(東京都中央区)は、「私たち一人ひとりの幸せを追い求めながら、社会の持続可能性を実現させるヒト・モノ・コト」をロハスなデザインと考え、年に1回表彰する「第1回 ロハスデザイン大賞 2006」を開催する。ロハスクラブから「ヒト」「モノ」「コト」の3部門でエントリー候補を推薦。「個人審査員メンバー」として登録した、一般生活者からの審査・投票によって最終的に大賞が決定される。

 英語学習情報ポータルサイト「英語タウン」を運営するエイゴタウン・ドット・コム(東京都渋谷区)は、6月24日(土)、東京・有楽町の外国人記者クラブにて、誰でも参加でき、さまざまな国の人と会話を楽しめる「国際交流・フラワーパワー・パーティー」を開く。「フラワーパワー(Flower Power)」とは、1960年代後半から70年代前半にかけて、ヒッピーの間でスローガンとなっていた言葉で、花を「愛と平和」の象徴としたことによる。今回は、これにちなんで、花そのものや花柄のワンピースやシャツ、ネクタイなど、「花」に関連するものを身につけて参加するテーマパーティーを企画。「花」をきっかけに気軽に英会話を楽しんでもらうことを目的としている。当日、最も印象的な花の装いをした参加者1名に賞品を贈呈する。

 ジーウェイブ(千葉県千葉市)は、千葉市を対象とした地域ソーシャルネットワーキングサイト「ちばうぇ〜ぶSNS」を23日(火)に始めた。同社は、2004年7月に開設した千葉市美浜区を対象とする地域ポータルサイト「みはまオンライン」からスタート、現在、千葉市の各区単位に合計6つの地域ポータルサイトを運営している。

 亀田製菓(新潟県新潟市)は、お米創造事業部・お米科学研究室から、噛む力(咀嚼)が減退したり、飲み込む力(嚥下)のの機能が低下した方のおやつとして「ふっくらおはぎ」を5月中旬より、全国の病院や介護老人施設に向けて販売開始する。この「ふっくらおはぎ」は、2000年11月から咀嚼や嚥下の機能が低下した方に向けて販売している「ふっくらおかゆ」の技術を活かした、新しいタイプの飲み込みやすい「おはぎ」。ユニバーサルデザインフード区分3の規格を取得した、舌でつぶせるやわらかさが特長。

 大正14年の創業以来、そばやうどんなどめん類の製造・販売を行ってきた犬田製麺(富山県高岡市)は、水ではなく日本酒で練った生そばを開発。新商品「酒そば」として、インターネットを通じて全国販売を始めた。犬田製麺では素材や味、健康にこだわった高級食材や自然食品への消費者の関心の高さから、従来のスーパーや量販店向けの低価格商品ではない新しいめん類の開発と製造に力を入れている。

 アズシエル八光(長野県千曲市)は、同社が運営する長野県に特化したショッピングモール『ながのモール』において、地図上に『ながのモール』に出店する店舗の所在地を表示し、さらに 店舗が自由に情報を発信できる地図サービス"ながのモールマップ"を公開した。『ながのモール』は、出店を長野県内の企業・店・個人に限ったインターネットショッピングモールで、2005年11月1日に正式公開している。

 ロックインターナショナル(東京都渋谷区)と、よんどしぃ(東京都武蔵野市)は、セキュリティソフト開発・販売を行うH2soft(エイチツーソフト)ブランドより、コーポレートユーザーを対象としたインフォメーションセキュリティソリューションの第一弾として「H2softアプリケーションコントロール」を6月1日より発売する。「H2softアプリケーションコントロール」は、ネットワーク内の全クライアント上の実行プログラムの起動権限を企業側のセキュリティポリシーを元に、システム管理者によって集中管理することにより、無許可のプログラムの実行を防止するセキュリティソフトウェア。ウィルスおよびスパイウェア対策、「Winny」等ファイル交換プログラムのウィルス感染による情報流出対策、第三者のリモート操作による不正使用対策に効果を発揮する。

 家事代行事業を推進するミニメイド・サービス(東京都千代田区)は、掃除を中心とした家事の低料金代行サービスを拡大する。5月11日には名古屋中央店(愛知県名古屋市)で開始、5月15日には九州で福岡店、及び熊本店を開店した。同社が手がける家事代行サービスは、スタッフ1名で掃除、ベットメイキング、買い物援助などを行う「プレミアサービス」で、社内資格に合格した、優れた技術・顧客対応の家事のスペシャリスト1名が訪問、クッキング以外の家事をサポートする。

 アートマインド(福岡市西区)は、7時間でできるブラインド・タッチ短期速習講座「ブラインド・タッチ・マスター」を開発した。パソコンを始める時に、最大の難関はキーボード。多くのユーザーは自己流で始めるため「ワンフィンガー」が身についてしまい、なかなか正規のタイピングができない。したがって「ブラインドタッチ」ができないため、入力スピードが上がらないだけでなく、ストレスによって首や肩がこる、目が疲れるなどの弊害がある。

 ナナオ(石川県白山市)は、ワイドアスペクト比のキャリブレーション対応カラー液晶モニター「ColorEdge CEシリーズ」2機種を6月5日より発売する。 「ColorEdge CEシリーズ」は、デジタルカメラで撮影した画像や、デザイン検討段階の印刷編集物と、カラープリンター出力との色合わせなど、各種デザイン作業におけるカラーマッチング用モニター。パソコン用モニターとして最大クラスの24.1型ワイドアスペクト比(解像度:1920×1200)の液晶パネルを採用。モニター毎の個体差や経年による色の変化を測定・補正するための専用キャリブレーションソフトウェアを標準添付。モニター上で見るデジタルカメラで撮影した画像とカラープリンター出力との色合わせ、フォトレタッチや印刷物のデザイン・編集などの作業に対応している。

 パイオニアは、06年夏モデルとしてカーナビ5機種を投入する。通信環境の整備にともない、クルマの中で通信を使い情報を取り入れることが新たな価値を創出するキーポイントになると予測。クルマの情報化をコンセプトに、情報処理に重点を置いた商品を開発している。

 富士通テンは、カーAV&ナビゲーションシステム「ECLIPSE」の2006年夏モデルとして、AVN6機種(HDDタイプ4機種、DVDタイプ2機種)を7月1日より発売する。この2006年夏モデルは「すべての『快適』はAVNからはじまる。」をキーワードに、快適なカーライフをサポートする機能を重視、さらに充実させた。HDDに収録した「交通渋滞データ」など、様々な情報を利用して最適なルートを探索する「渋滞考慮探索機能」に、移動時間も考慮して探索する機能を加え、ルート案内の精度を更に高めている。

 松下電器産業と、パナソニック オートモーティブシステムズ社は、業界初のアナログTVチューナーに加え、12セグ/ワンセグ放送対応地上デジタルチューナーを標準装備したカーナビゲーションシステム「ストラーダ」HDDカーナビステーション「Fクラス」3機種を、6月中旬から順次発売する。

 登山の安全を守るための製品開発を手がけているアクシーズクイン(東京都千代田区))は、従来品より「視認性」と「伸縮性」が大幅に向上した世界最軽量ゴアテックスレインスーツ「スーパーパックライトストレッチレインスーツ(Super PacLite Stretch Rain Suit)」を開発した。ハードな環境での登山だけでなく、ゴルフなどのスポーツやアウトドア、日常のレインウエア、災害時の装備などに幅広く対応できる。

 ベストプランニング(東京都台東区)は、小売・サービス業界における販促サポートを行ってきたノウハウを活かし、多機能電子POPシステム(Multifunction Electronic POP System=以下ME-POP)やカラーコードTMを利用した販促支援システムを開発、ビジネスモデル特許を申請した。今後は、小売・サービス業をメインターゲットとした各業界に展開するため、CATSSを利用したビジネス展開(コンテンツ制作等)を手がけるパートナー及びCATSSの販売代理店を募集する。

 焼却炉・ボイラーの専業メーカーである三浦グループで、舶用ボイラーを手がける三浦プロテック(愛媛県松山市)の、船上焼却炉BGW-Nシリーズが出荷実績1000台を達成した。1999年10月に市場投入された同シリーズは、EU船舶機器指令に従い、世界で最初に船上焼却炉のMED型式承認を取得した実績を持ち、2005年5月19日に発効したMARPOL条約1997年議定書(付属書Ⅵ船舶からの大気汚染防止のための規則)に適応する船上焼却炉として、発売以来順調に出荷を重ねてきた。

 BIO&ITの融合を目指し、バイオインフォマティクス分野の研究開発・サービス提供を手がける研究開発ベンチャーであるバイオマティクス(札幌市)は、遺伝子解析に必須となっているゲノム配列データの全文検索を高速に実行するシステム「GenoQuester2」を開発、7月から出荷する。新製品発売にあたり、先行モニターとしてバイオ分野の研究・開発者を対象に、「GenoQuester2」の配列データ検索機能を無料で提供する。

 ソニーは、災害時に役に立つ"FM/AMラジオ""携帯電話の充電""2種類のLEDライト"の機能を1台に集約した手回し充電ラジオ『ICF-B01』を発売した。前面のハンドルを手回しすることで充電でき、手回し充電により<ラジオの受信><LEDライトの点灯><携帯電話の充電>が可能。ハンドルを回す方向は、左右どちらでもOK。

 芝浦特機(北九州市小倉南区)は、ピッキングやサムターンまわしなどのカギ破りから家を守る非接触ICカードキー「タッチゲート」の販売を始めた。タッチゲートは、鍵穴が無いからピッキングやサムターンまわしが不可能。鍵のかけ忘れの無いオートロックシステムを採用。カードをサイフに入れたままでも開閉でき、また、カードを使わずに暗証番号でも開閉できる。アフターサービスは、365か24時間受付のセンターで迅速に対応しているので、困った時にも安心。パスワードは世界特許のフローティングIDを採用、固定IDと、42億通りもの変動IDの組み合わせで構成、鍵の開閉の度に変動IDが変更される。そのため、IDをコピーすることが困難な上に、たとえコピーされたとしても利用不可能。このため、集合賃貸住宅などに採用した場合、入退居時にタッチゲートの登録変更後、ICカードキーを替えるだけで対応でき、カギの交換が不要となる。

 オーエス(東京都足立区)は、プロジェクター投写用のスクリーン「張り込み型PAシリーズ」をリニューアル。17日より法人・企業向けとホームシアター向けを同時に発売する。張り込み型スクリーンは、スクリーンの中でも最も平面性が高く、壁面を確保できる視聴環境において理想的なスクリーンとして幅広い需要がある。今回、従来品のフレームにさらに改良を加え、デザイン面で一新するとともに、組み立て・取り付けの作業性を高めた。また、当社従来品より更に価格をひきさげることができた。

 アールエル神戸(神戸市垂水区)は、日本の数倍の紫外線量といわれているニュージーランドの厳しい環境に対応するためにうまれた帽子を再現、このほど発売した。最大の特徴はフラップがついていることで、直射日光から首元・肩を守ることができる。フラップは後部の収納ポケットに入っており、必要なときだけ出して使用できる。キャンプ等のアウトドアだけでなく、街中でもおしゃれな帽子として使用可能。

 サイバーイメージング(東京都府中市)は、ワイ・イー・データ(埼玉県入間市)との共同開発により、この度、世界最高速の昇華転写方式のデジタルフォトプリンタDSS-002を開発した。同プリンタは、業務用デジタルフォトプリント市場をターゲットに、銀塩写真ミニラボの置き換え及びセルフ型キオスクプリンタとして2006年秋から販売を開始する予定。

 十八盛酒造(岡山県倉敷市)は、半年間熟成の本格米焼酎「時次郎」を発売した。先に開催された「うめぇ〜なぁ〜岡山地酒2006」の試飲販売に出品、「アルコールがきついけど円やかで飲みやすい」「いい香り」「ウィスキーやブランデーに近く、アルコールは泡盛に近い」など好評を得たため本格発売に踏み切ったもの。価格は500ml瓶で2,100円 (税込)。

 広島県の産業振興財団法人のひろしま産業振興機構は、モノづくり企業を支援するための「特定中小企業集積競争力強化支援事業(東友会経営塾)」を開催している。平成18年の同塾事業として、モノづくり企業による、究極のモノづくりのあり方を探求した「日本経営管理標準」による経営改善支援事業を取り上げることにとし、受講企業の募集を始めた。

 トキメックは、産業特定小電力ラジオ・リモート・コントロール・ユニット(商品名:スーパーポケットラジコン)をモデルチェンジし、販売を始めた。スーパーポケットラジコンは、各種産業機械の遠隔操作化を通じて、オペータの安全確保や省力化に貢献。送信方式に特定小電力(免許不要)を採用し、150m以上離れた場所からでも安定した遠隔制御ができる。出力信号は6点タイプと4点タイプの2種類があり、ニーズに応じて選択できる。これまで特装車両に装備、数多くの販売実績を持っている。

 視覚障害者向けのインターネットシステムと読書機の開発を行っているアメディア(東京都新宿区)は、HTMLのマークアップを手がかりに効率よくページ内を読み上げることのできるソフトウェアを開発、15日より出荷を始める。視覚障害者がインターネットを利用する場合、ホームページのテキスト部分を音声で読み上げる音声ブラウザと言われるソフトウェアでホームページを読んでいる。その際にもっとも負担となるのが、そのページの本文にたどり着くのに時間がかかること。これは、ページ制作側でもメニューをスキップする内部リンクを配置する配慮ができるが、そのような気配りのなされているページは実際には極めて少ない。

 組込みLinux関連製品、Linuxインテグレーション及びLinuxインフォメーションサービスを手がけているトライピークス(東京都品川区)は9日、組込みLinux向け製品の第一弾として、組込みLinux製品の起動時間を1/3に短縮する機能を実現する「TP InstantBoot」を発表した。携帯機器、情報端末、デジタル家電分野で数多くの製品に採用されている組込みLinux OSは、電源投入から実際に操作可能になるまでの時間(アプリケーションを含めた起動時間)をできるだけ短くすることが課題となっており、その起動時間短縮のために多くの工数、費用をかけるケースが増えている。トライピークスは、その解決のためのソリューションとして「TP InstantBoot」を開発したもの。

 アメリカのキャンピングカー・ツアーなどを取り扱っているアメリカン・アウトドア倶楽部(東京都渋谷区)は、全米にネットワークを持つキャンピングカー専門のレンタル会社「エルモンテRV社」と共同で、日本でのアメリカツアーの販売活動を始めた。「英語が苦手」「右も左もわからない」でも、アテンド(先導ガイド)付の「体験試乗会」なら、安全にアメリカのキャンピングツアーを体験できる。コースは初心者対象「キャンピングカー体験試乗会」、夏休み特別企画2コースの計3コース。

 日本建築の「屋根」の代表は、「檜皮(ng)葺」と「瓦葺」。著者の山本清一氏によると、「檜皮(ng)葺」が出てきたのは平安期、「瓦葺」の質が極度に衰弱した時期にあたるという。「瓦葺」は、朝鮮半島から伝来された屋根技法である。主に寺院建築に用いられ、時代が下がると城郭に、近年、一般の民家にも用いられるようになった。それは江戸期には一般民家の屋根は「ng葺(とはいい状、実態は板張り)」であり、だからこそ、江戸の町は「振り袖火事」に代表される「火事」に悩まされることとなったわけだ。

 松下電工は、照明器具本体からランプを浮かせることで、天井への光(上方光束)を大幅に増やし、天井面を明るく照射。空間全体に明るさ感や広がり感を出すことができる店舗用デザインベースライト「Hfフロートベース」を発売した。明るく広がり感のある店舗空間により、目立ちやすく、華やかな空間演出ができる。「Hfフロートベース」は、Hfインバータ(High frequency、高周波専用インバータ)を意味し、 高周波インバータと専用ランプを内蔵した、天井面からランプを浮かせた(フロート)店舗用照明器具。希望小売価格(税込)はFSA42520A(PH9)が35,700円、FSA42520A(PF9、初期照度補正付)が38,850円。今年度月間 500台の販売目標。

 インキュベクス株式会社は、5月24日(水)に、同社新横浜本社で『中国販路拡大マーケティング・セッション』を開く。同社では『CBN(China Business Network)』を展開、中国における販路開拓、提携斡旋、人脈形成、投資支援、幹部候補育成、人材採用(中国人IT技術者、中国現地者候補の紹介、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)など幅広く支援している。

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このアーカイブについて

このページには、2006年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年4月です。

次のアーカイブは2006年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。