2007年1月アーカイブ

防犯スプレーライト.jpg 赤間本店(仙台市青葉区)は、台湾警察にも商品を卸す防犯メーカーと独占契約を結び、『防犯スプレー機能付きアラームライト・まも〜る』の販売を始めた。

 リクルートのエンジニアのための『仕事・職場・転職』応援サイト「リクナビNEXT Tech総研」は、エンジニアの『仕事・職場の実態・気になる給与』『賢い転職ノウハウ』『あるあるネタ』など、エンジニアライフを楽しむ情報を提供している。今回、同社では、就職を控えた大学3、4年生300人を対象にアンケートを行い、エンジニアという職業が、理系離れが進んでいるといわれる若者からどう見られているかを検証した。 まず「エンジニア」という職業は、大学生にどの程度なじみがあるのか?結果は、「仕事の中身を具体的にイメージできる(9.4%)」「仕事の中身をおおよそイメージできる(36.0%)」、「仕事・職業であるのは分かるがその中身はよくわからない(49.3%)」、「言葉の意味もわからない(5.3%)」という結果になった。

07013107.jpg オーエス(東京都足立区、奥村 正之代表)は、収納スペースを従来製品と比べ拡大し、引出しロック機能を付加したEIA規格の引出しユニットU-10Hをを2月1日から発売する。EIA規格のため、従来から販売しているUTシリーズ(EIAラック、レクチャー卓など)などに搭載可能。(写真は組み込んだ状態、下部のユニットが今回商品)

 多くのEIA規格のラックに共通な、収納スペース不足の課題解消のため、EIAラックの限度を最大限まで拡張した収納スペースを確保(W405xD350xH108)すると共に、引出しロック機能を付加し、ラック(レクチャー卓)の移動時に引出しが飛出てしまうことを防ぎ、安全面にも配慮ている。収納スペースはW405xD350 x H108mm(内側有効寸法)。ストローク279mm。仕上げは半艶黒色塗装仕上げ、質量 6.9kg。価格は27,300円(税込み)。

 不動産情報ポータルサイト「HOME'S」を運営するネクスト(東京都中央区)は、「リフォーム HOME'S」で自社ホームページの導入を検討中のリフォーム会社を対象にしたホームページ商品、『ホームページスタートパッケージ』と『ホームページパワーアップツール』の販売を始めた。

 『ホームページスタートパッケージ』 は、自社ホームページの開設を検討しているリフォーム会社向けのサービスで、リフォーム会社のホームページに必要なコンテンツと、ホームページへの集客までをオールインワンで提供するサービス。

 タイ・コンシェルジュ(東京都練馬区、清水 千佳代表)は、タイへ進出する日系企業の海外駐在予定者、海外要員向けに、タイ現地事情、異文化理解、ビジネス習慣、ビジネスタイ語をメインとしたタイ事業専門人材育成研修プログラムと、赴任家族向け住居・教育手続きなどケアサポート事業を始めた。

 タイには現在、3万人余りの日本人駐在員とその家族が在住しているが、製造業や関連業種の日系企業のタイ進出はめざましく、タイ在住日本人の人口は年々増加傾向にある。そこで、企業内国際化教育、異文化マネジメント、現地タイビジネス・事情理解などの人材育成研修導入や、また共に赴任する家族にとっては、現地タイの治安や事情を知り尽くした専門家による生活、住居、教育のサポートの需要が高まっている。

 同社では、タイに特化した教育・育成プログラム経験豊富な専門スタッフが、各種研修、通訳、企画サービスを行ってきたが、更に対応範囲を広げ、現地の企業視察や、タイのビジネス習慣、経済・政治事情等タイビジネスに欠かせない知識を日本国内で受講できるプログラムを始めた。

 更に赴任する家族には「安全で快適」に生活ができるマンション・コンドミニアムと、インターナショナルスクールの案内・手続き代行サービスを行っている。

 この研修プログラムとサポートサービスを導入することで、スムーズなタイ事業進出、事業運営、人材管理・赴任者の安全で満足のいく海外赴任者生活の両方が可能となる。

 同社ではサービス開始記念として、タイへ駐在員を派遣している企業人事部を対象に『タイ事情(生活・文化・習慣)ハンドブック無料送付キャンペーン』を行っている。

 タイで生活する上で最低限知っておかなければいけない文化や習慣、タブーなどの情報が写真と文章で分かりやすく説明されている。すでに赴任されている方、これから赴任される方に是非お渡しいただきたいハンドブック。申し込みは【企業名】【部署・課】【お担当者名前】【タイへ進出されている部署・事業所】【タイでの駐在員人数】【赴任場所:バンコク・その他】を記入の上、contact@thai-con.co.jpまで。

 URLフィルタリング製品の開発およびURLリストの収集・分類・配信を行う専門企業、ネットスター(東京都渋谷区)は、シエラ(東京都港区)が本年3月下旬に提供を開始する迷惑メール対策製品「Smart SHIELD(スマートシールド)」に、ネットスターのURLデータベースが採用されたと発表した。

 市川ソフトラボラトリー(千葉市美浜区、市川 芳邦社長)は、RAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio 3.0」で採用した技術「RAW Bridge」を搭載したJPEG専用の現像ソフト 「SILKYPIX JPEG Photography 3.0」を2月1日に発売する。

 同製品は、デジタルカメラで撮影されたJPEGデータを正確に補正し、現像することのできる従来のフォトレタッチソフトとは全く異なるロジック(SILKYPIX RAW Bridge [シルキーピックス ロウ ブリッジ])を採用した「JPEG現像ソフト」。

 JPEGデータを自動で16bitデータに階調補完し、線形のトーン・ガンマ処理を施した後に広再現色域にマッピングすることで、画像調整時に正確に、高品位に仕上げることができる。これは多くのプロカメラマンも使っているRAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio」の技術をそのまま採用しているので、RAWデータを扱うような感覚でホワイトバランスの調整や、ノイズリダクション等を行うことができる。 色調や調子などの調整幅も広いので、撮影したシーンに合わせたあなたの好みの画像を簡単に手に入れることができる。

 「SILKYPIX JPEG Photography 3.0」は新設された「SILKYPIX JPEG Photography」専用サイトhttp://www.isl.co.jp/jpegphoto/からダウンロード版のみ販売する。価格は8,000円/1ライセンス(税込み)。

 また、「SILKYPIX JPEG Photography 3.0」から「SILKYPIX Developer Studio 3.0」へのアップグレード版も計画している。現在は「SILKYPIX JPEG Photography 3.0 Beta」として製品の発売前にその機能を試用できるよう、一般に無償で公開しており、期間限定での利用が可能。試用期間は2007年02月14日まで、期間内は全ての機能が利用できる。

 同社は、画像処理技術の組み込みを検討している企業や、開発者向けに「SILKYPIX」のSDKをWeb上で公開しており、デジタルカメラ市場に限らず幅広い分野への技術提供を行っている。また、SILKYPIX Developer Studioに搭載しているRAW現像エンジンの搭載を検討する企業を対象に、SILKYPIXの組み込みについて、検討・評価していただくためのSDKを無償公開している。

 中小企業診断士事務所の翼コンサルティング(川崎市高津区、高木 治行代表)は、2月7日(水)14:00〜16:00、日本丸メモリアルパーク 訓練センター(JR桜木町駅、みなとみらい線馬車道駅 徒歩5分)で『助成金・公的融資の活用法 無料セミナー』を開く。

 主な内容は、中小企業に対する公的施策の傾向と対策、「中小企業新事業活動促進法」の承認手続き、承認されるノウハウと承認されて得られる様々な支援策、補助金・公的融資の種類と活用事例、補助金・公的融資を獲得するコツ―などについて、豊富な事例をもとに解説、他のセミナーでは得られない生の情報をお届けする。

 参加無料で定員は60名(先着順)。申し込みは、下記の◆返信フォーム◆に記入の上info@tsubasa-consulting.com(あるいはFAX 044-750-3105)まで。

 看護師専門SNSを運営するA-LINE (東京都中央区、中 友美代表) は、職場で悩む看護師のために看護師のためのホットライン「A-LINEカウンセラー」サービスの提供を始めた。

 現在、病院経営において看護師の離職率は大きな問題となっている。また、中小規模の病院における看護師採用活動は、十分な経営資源を持つ大手病院の積極的な看護師獲得活動により、十分に機能していない。

同サービスは病院内では相談しにくい問題に、第三者であるA-LINEが相談窓口となり、ビジネススクール(MBA)でヘルスケアサービスマーケティングを研究する臨床経験のある看護師が、経営者の視点を交えてカウンセラー・コンサルタントとして看護師相談者のプライバシーに配慮しながら対応する。また、集められた相談は匿名の形で病院経営者にレポートし、人材定着率向上と、職場環境改善、経営・業務改善に寄与していく。

 中古車TVオークションの最大手、オークネット(東京都千代田区、藤崎 清孝社長)は、 2006年のTVオークションによる成約台数を集計し、タイプ別年間ランキングベスト10をまとめた。同ランキングは、全国7,000店の中古車販売店が、販売プロセスの一環であるオークネットTVオークションを利用し成約した車両について、国産乗用車・軽自動車・輸入車に分けて集計したもの。

 国産部門において第1位は、トヨタ「セルシオ」が輝いた。セルシオと人気を二分し、毎月1位を争ってきたスバル「レガシィーツーリングワゴン」は、僅差ながらも2位に終わった。3位には、前年4位であったホンダ「ステップワゴン」が浮上。6位のマツダ「デミオ」と7位のトヨタ「エスティマ」は、平均して引き合いが強く、昨年よりも順位を上げた。トヨタ「ヴィッツ」は、出品増加に伴い、ランク圏外からトップ10入りを果たした。その他圏外ながらもトヨタ「アルファード」、スズキ「スイフト」、トヨタ「ウィッシュ」においても、同様に出品が大きく伸張しそれぞれ10ランク以上大きく飛躍した。

 軽自動車部門では1位スズキ「ワゴンR」、2位ホンダ「ライフ」、3位ダイハツ「ムーヴ」という結果となった。「ワゴンR」は先行型も含めて幅広いグレード・価格帯での取り引きが多く、前年1位の「ライフ」を押さえ、総合ランクでも1位につけた。スズキ「MRワゴン」は昨年よりも大幅に出品を増やした上、引き合いを更に強め、圏外から大きくジャンプアップし7位にランクインした。8位のホンダ「ライフ4WD」は、トップ10の中でも一番の高成約率となり、今年も期待が見込まれる。

 輸入車部門は、幅広い年式で取り引きされたBMW「BMW3シリーズセダン」が昨年よりも400台以上出品を伸ばし1位につけた。2位にはメルセデスベンツ「ベンツEクラスセダン」、3位はメルセデスベンツ「ベンツSクラス」に終わった。メルセデスベンツは同部門に、S、E、C、Aの4車種がランクインし、その中でも特にAクラスは常に高い成約率を見せ人気を集めた。その他圏外ながらもBMW「BMWミニクーパー」、アウディ「アウディA3」、フォルクスワーゲン「フォルクスワーゲンルポ」は、50%近い成約率を見せており、特に「フォルクスワーゲンルポ」においては、出品台数も大きく伸ばしてきているので、今後更なるランクアップが期待できる。

 同社では今後も、中古車市場での成約ランキングのほか、様々な中古車に関して、注目性の高い情報を発信していくとしている。



 携帯電話向けメディア・コンテンツサービスを手がけるビジュアルワークス(東京都豊島区、豊田 康三代表)と、次世代メディア向けコンテンツの企画・製作を行うモブキャスト(東京都目黒区)が共同運営する映画創作ケータイサイト『ユアシネマ』で行っていたユアシネマ大賞には多数の応募があり、その中から携帯ユーザーの投票により、「天使のいた屋上」(著者:白鳥 加寿彦)が大賞に選ばれた。

 『ユアシネマ』は、ビジュアルワークス運営の、女子中高生から絶大な支持を得る携帯小説コミュニティサイト『フォレストノベル』内に設置された特設サイト。映画化を前提として原作小説やシナリオを『フォレストノベル』会員から募集し、大賞作品をモブキャストが映像製作を行う。また、モブキャストが運営する携帯電話向け映像配信サイト『mobCinema(モブシネマ)』http://mobdrama.jp/での配信や、劇場公開、DVD化等の多メディア展開を予定している。

 今回の映画化決定については、応募多数の作品投稿の中から最終候補10作品を選定し、『ユアシネマ』及び『フォレストノベル』でユーザー投票を行い、大賞を決定した。投稿する側も評価する側も一般ユーザーであるインタラクティブな映画製作をコンセプトとしており、観客と一体となって観客のニーズにあった映画づくりを目指すプロジェクトとなっている。ユアシネマ製作委員会はこの手法を“MOVIE2.0”と称し、これからも観客のための映画作りを目指していく。

 大賞である「天使のいた屋上」は、これがデビュー作となる『ユアシネマ』ユーザーの白鳥 加寿彦氏の作品。また、惜しくも大賞を逃がした5位以内の4作品を入賞作品とし、映像化を検討していく。

 Eコマースを中心としたWebサービスを提供するロックオン(大阪市、岩田 進代表)は、ECオープンソース『EC-CUBE(イー・シー・キューブ)』の開発環境(subversion)を公開した。これにより「ベータ版開発環境」「一般向け共同開発環境」2プロジェクトのリアルタイムでの閲覧と「一般向け共同開発環境」プロジェクトの登録者による開発が可能となる。

 EC-CUBEは2006年9月のリリース以来、開発コミュニティの発足、構築・運営マニュアルサイトの立ち上げ、GMOグループのホスティングサービス『ラピッドサイト』内のサービスへの標準装備など、国内発のECオープンソースとしての活動が注目を集めてきた。

 リリース半年を迎えて、EC-CUBEを導入したショッピングサイトが次々とオープンし、EC-CUBEに関わる開発者数や開発コミュニティの参加人数も日々増加している。このような背景をふまえ、さらにEC-CUBEを利用している開発者の利便性を図るため開発過程のプロジェクトを公開するもの。

 開発過程のソースコードを公開することで、開発者サイドで独自にカスタマイズを加えている場合に、最新プログラムとの差分ファイルを自動生成する。これにより、開発コストを抑えながら、常に最新の技術を組み込むことが可能となる。

 また、リリース前の開発状況をリアルタイムで確認することが可能となり、開発者は無駄な開発工数を抑えることができる。さらに、不特定多数の開発者が同時に開発することが可能となり、開発速度が飛躍的に向上する。

 同社では今後も、オープンソースとしての特性を生かし、EC-CUBEによるサービスの充実を図り、より多くの方に利用していただけるツールを目指すとしている。

07012911.jpg 日本庭園と絵画を楽しめる湯坂温泉郷ホテル賀茂川莊(広島県竹原市、奥田 哲也代表)は、創業40周年企画第一弾として、こだわりの「本格とらふぐ三昧」ご宿泊プランを、お一人様1泊2食13,000円で提供している。

 ボリュームたっぷりの本格とらふぐ会席(通常お一人様10,000円)にプラス3,000円でご宿泊と朝食がついた宿泊プラン。賀茂川荘がこだわった「ふぐ刺し」は通常の1.5倍。お部屋は賀茂川荘自慢の日本庭園に面した和洋室をゆったりと使用。信楽焼湯たっぷりの湯坂温泉でゆったりと日ごろの疲れを取ることができる。朝食は、「懐かしいおふくろの味」をテーマに和食のオードブルが準備されている。

 また、ホームページリニューアル記念として、同プランを2組4名様ご招待で提供している。応募申し込みは2月10日まで。応募方法は賀茂川莊HPからの会員登録。2月11日までに登録済みの会員の中から抽選し、発表はプラン宿泊券の発送をもってかえさせていただく。

 「とらふぐ三昧ご宿泊プラン」は〜2月28日までのプラン。

 プロパティ(東京都新宿区、小川 公人代表)は、WEBで外国の意匠検索ができる“デザイン・ファインダー(Designfinder)”の日本での販売をスタートした。

 これまで、諸外国の意匠を検索できるデータベースシステムは、各国の特許庁で個別に開放されているデータを閲覧するか、現地の特許庁の文献を閲覧する方法しかなく、実質的に、日本国内では外国意匠の調査はほとんど不可能に近いものだった。今回のQuestel-Orbit社の開発したデータベースシステムは、WEB上で世界の意匠が横断的に検索、調査をすることができる、唯一のサービス。

 欧米諸国(WO世界、EUヨーロッパ、US米国、GB英国、FRフランス、DEドイツ、 ESスペイン)の工業デザインを、一括で検索&表示可能。検索には番号、キーワード、意匠分類、オーナー、代理人、期間指定など、様々な項目が使用できる。データベースの更新毎又は定期的な速報サービスに対応している。検索機能別の年間固定料金制となっており、データの保存(ダウンロード)はエクセルのCSV形式に対応予定。今後、国内でも関心の高い中国などのアジア関連データも追加する予定。

07012906.jpg 試作品・介護用品・ニッチ商品などの開発・製作を行う、TMC(埼玉県戸田市、川崎 弘明代表)は、2月5日、高齢者向けの脳トレーニングマシン「フレッシュブレイン」を発売する。

 15インチ表示機に映し出すゲーム動画に、刺激要素(矢印、止れ、動け、クイズ)が挿入され、1個のレバーと3個の押しボタンを操作して目的地に到着した時の得点から、脳活性度を測定する。要支援/介護施設や高齢者専用マンションなどでトレーニングマシンとしての使用を想定している。

 ユーザコードを入力すると、各種得点がコンピュータに記録され、訓練の経緯を一覧表で閲覧でき、個人別に改善の訓練計画の策定やその経過を観察することができる。反射・注意・概念・図形・記号の各個別刺激得点と総合得点、ゲーム種類(ドライブ・旅行・商店街)の選択及び簡易認知スケール値(略称)から、対象者の脳機能を継続評価できるので、特に認知症を心配する高齢者の脳機能訓練装置として最適としている。

 価格は96万円。経緯報告書作成サービスは一人1,500円/月/回から。詳しくはhttp://www.tmc-brains.co.jp/から。

 

 北都システム(札幌市厚別区)は、札幌市厚別区に、本社ビルを建設した。2月1日より新本社ビルでの営業を始める。

 従来分散していた各部門の機能が新本社ビル内に集約されることにより、一層のコミュニケーション強化を図る計画。特徴として挙げられるのは、現在話題となっているナレッジマネージメント(個人の持つ知識や情報を組織全体で共有し、有効に活用することで業績を上げようという経営手法)がビル内のどこに居ても可能なこと。同社が販売しているナレッジシステム「HOT Knowledge Ver3.0」をフル活用、自分のデスクにあるPCからはもちろん、例えば多目的ホールやミーティングルームなどからでも、データベースに蓄積されたノウハウを参照したり、雑談やミーティングにより発見したノウハウをその場で登録することが可能となっている。

 これにより、業務知識から雑談まで、社員一人一人が持っている知識を余すことなく全社員で共有/活用/発展させることが可能となったという。「全社員の知識を集結することで、今後の経営戦略に役立てることができる。いわば“ナレッジ・ステーション”だ」と大庭社長は意気込んでいる。

07012811.jpg インプレスオンライン(札幌市中央区、成田 亮代表)は、人体検知センサ搭載で装着状況を遠隔から常時確認できる通信端末「コードネームLPM001」(以下「LPM001」)を開発した。2007年春にも販売を始める。

 「LPM001」は、人体検知センサによる装着状況確認や非接触ICによる警備機能管理などの技術を導入した今までにないセキュリティ通信端末。同社が主軸とするバイオメトリクス(生体認証)事業からヒントを得た人体検知センサを内蔵し、装着した児童が万一強制的に同機を剥奪された場合など、保護者がそれをリアルタイムで確認できる仕組み。

 非接触ICを内蔵しており、警備機能の開始/解除は読取装置にかざすことによって行う。したがって権限を持つ者(保護者や教師など)以外による警備機能の解除は不可能となる。

保護者は携帯電話またはパソコンを使って児童の位置情報を確認することができる。

 既存のICタグやキッズ用携帯電話等では抑えきれない巧妙な児童犯罪から子ども達を守りたいという願いから生まれた。

 

07012810.jpg いま、巷では“究極の癒し”を求めて耳そうじを追求する人たちのことをミミカキストと称するらしい―。そんなミミカキストたちに、3月3日の耳の日に向けて注目を集めているのがワイマック(兵庫県姫路市、柳田 政弘代表)が販売している「プロがつくった耳エステ・ローション」。

 同商品は、もともと薬品に詳しい床屋さんが、業務用として開発したもの。この床屋さんは4代続く老舗。耳そうじといえば、顔そりと並んで“床屋さんの気持ちいい職人技”だったが「消毒しにくく危険」という理由で保健所からの指導で、徐々に提供している店が減っていた。「業界の宝を消してはいけない」との使命感から、長年の試行錯誤の上、完成したのがこの耳エステ・ローション。使い捨ての綿棒やコットンに浸して使うので、不衛生でも危険でもない。

 もっとも開発に苦心したのが“床屋さんの気持ちいい職人技術”を実現するレシピ。トウガラシとミントを絶妙に配合し、ジーンと続く快感を生み出した。そのおかげで「キレイになるだけでなく、クセになるほど気持ちいい」と評判になったという。

 業務用として販売すると、業界の口コミで全国の床屋さんに導入が広まり、今度はお客さんの方から「耳そうじでつかったローションを売って欲しい」との声が続出。床屋さんで買える商品として、“クセになったリピーター”に支えられ、発売以来18年以上のロングセラー商品となっている。もちろん、今でも多くの床屋さんで業務用として実際に使われています。

 3月3日の耳の日が近づくと、さまざまな耳そうじアイテムの中で必ず話題に上がるのが、この「プロ(床屋さん)がつくった耳エステ・ローション」。平成18年の夏より、業界の噂を聞きつけた形で、全国の東急ハンズ、ロフトが取り扱いを始めている。耳エステ・ローション『耳洗潔(みみせんけつ)』は、内容量20ml(約50回分)で1,575円(税込み)。耳エステ・ローション付き綿棒(1本ずつアルミパックされた携帯用)『耳洗潔めんぼう』は20本入りで787円(税込)。購入はhttp://www.y-mac.co.jp/から。

 

07012808.jpg ウエストクリーク(東京都港区、河西 龍彦代表)は、1966年発売のポータブルラジオ「BUSH TR130」のニューバージョン3タイプ(COW、PINK、TAN)を発売する。

 BUSH TR130は、英国のラジオメーカー「BUSH RADIO(ブッシュ・ラジオ)社」より1966年に発売され、同年のイングランドのワールドカップ優勝を多くのイギリス人に伝えたラジオとして知られている。化粧箱にはワールドカップ史上唯一の決勝でのハットトリックを達成したジョフ・ハーストとレイ・ウイルソンに肩車され、ワールドカップ・トロフィーをかかげるイングランドのキャプテンのボビー・ムーアの写真が印刷され、その栄光を伝えている。

 今回、発売するの3タイプは、ボディーがカウ柄のフェイクファー貼りの「COW」。ぬいぐるみのような長い毛足が柔らかい触り心地です。ピンクの人工スエード貼りの「PINK」。手にしっとりとなじみ、ちょっとエロかわいいバッグのようなラジオ。なめし革のような人工皮革貼りの「TAN」。手に取るとラジオは消耗品じゃないってことがわかる。

 古いものを壊して新しいものを建てるのではなく、また古いものを古いまま使うのではなく、古いものを大切にしつつ、繊細にデザインし新しく生まれ変わった。1966年、みんなラジオを大切にしていた。本革のケースに入ったラジオもあった。今回のBUSH TR130のニューバージョン3タイプはそれぞれ全く異なった素材を採用し、1966年発売の伝統のデザインにその当時多くの人が持っていたラジオを大切にする気持ちをまとい、かわいく生まれ変わっている。価格はいずれも標準希望小売価格9,975円(税込み、送料別)。

 購入は全国の取扱店またはホームページhttp://www.westcreek.co.jp/から。

 

07012806.jpg 黒糖10円まんじゅう小饅寿本舗(こまんじゅうほんぽ)を運営するウイリー(東京都江戸川区、橋口 政治代表)は、希少価値の高い100%手作りの黒糖『沖ヶ浜田黒糖』の販売を2月10日から始める。

 1個10円の「こまんじゅう」の小饅寿本舗は競合他社との差別化を図るため、皮に沖縄産、種子島産の黒糖を練りこんで独自の風味を出している。ミネラルが多く含まれる黒糖は健康食品として最適。100gの未精製黒糖に含まれるカルシウムは牛乳1本(200cc)に匹敵し、上白糖の240倍という驚異的な含有量。しかもカリウムも360倍という。

 同本舗では、糖度が最も高くなる12月産のサトウキビの、しかも一番絞りの原液のみを用いた黒糖を「新黒糖」として店頭で販売し、好評を得ている。今回、「黒糖シリーズ」第二弾として、種子島産のなかでも都心百貨店の物産展などを除いては、門外不出だった『沖ヶ浜田黒糖』を本州で初めて店頭販売することとなった。沖ヶ浜田の製糖小屋で作られる黒糖は、「薪を使った直火焼き、三槽登り窯」といった180年をこえる昔ながらの技法を守り続ける数少ない黒糖づくりの頭領が、その熟練技の結晶として生み出したもの。完全手造りのため生産量も極めて少なく、その希少性はきわめて高い。これによりまったく異なる2種類の種子島産黒糖が店舗限定・数量限定ではあるが店頭に並ぶことになる。「沖ヶ浜田黒糖」は200g入りで価格は420円(税込み)。

 この“黒いダイヤモンド”ともいうべき『沖ヶ浜田黒糖』の新発売を記念して小饅寿本舗各店では、1月26日より、小饅寿220円以上お買い上げのお客様に、「新黒糖50gパック プレゼント・キャンペーン」を展開している。

 ウイリーの橋口代表は「沖ヶ浜田の黒糖は原料のさとうきび作りから最後の成型作業まですべて生産者自身による丹念な手作業であるため生産量が極めて少なく、島外に出ることがほとんど無かった幻の黒糖。新黒糖、さっぱりと甘い当店の10円まんじゅうと共に、黒糖本来の味をぜひ味わっていただきたい。」と語っている。

07012805.jpg 「SYUNKA」を主宰する華道家 中村 俊月は、2月4日から11日、スパッツィオ ブレラ ギンザ 10階ギャラリーで展覧会・ライブ・ワークショップ『花を仕立てる間(あわい)』を開く。 また、限定ヴァレンタイン・コレクションをイタリアトスカーナの最高級チョコレート「AMEDEI」とともに発表。豊かさを知り尽くした大人の男性に贈る究極の“The Art of Giving”を「花を仕立てる」という中村 俊月の気韻とカカオを素材から創りあげたアレッシオ・テシエリの哲学とのたぐい稀なるコラボレーションを通して体験することができる。

 期間中、SYUNKAフラワーアレンジ・ワークショップを計3回にわたり開催する。日時は2月7日(水)18:30〜20:30、2月10日(土)14:00〜16:00、2月11日(日)14:00〜16:00。定員各回限定12名で参加費は8,500円(花材・花器を含む)。華道家 中村 俊月が、それぞれの季節にしか愉しめない花の仕立てを伝授する。問い合わせはルクス・プレス/平(たいら)、TEL:03-5465-7375 E-mail: info@lxlxlx.ccまで。

 また、2月4日(日)13:00〜14:00、プレミアムイベント“SYUNKA×AMEDEI”を行う。定員25名、参加無料。SYUNKA 中村 俊月がライブで活ける旬の花を愛でつつ、アレッシオ・テシエリのトークショウでAMEDEIを味わいながら、世界最高金賞のチョコレートとビスポークフラワーの愉悦を堪能できる。問い合わせはスパッツィオ ブレラ ギンザ/森田、外西、TEL:03-5524-2551まで。



 明治初年創業の鰻問屋日本一の技術を受け継いでいる鰻専門店「日本一」(千葉県野田市、)は、厳選した食材とプロの技によって関東地区を中心として全国の百貨店、ショッピングモール、JRステーションビル内などで鰻蒲焼商品を提供しているが、更にエリアの拡大を推進するためオンラインショップ「うなぎ日本一」を立ち上げた。

 同社ではうなぎ生産量日本一の愛知県三河産のうなぎを使用。うなぎの育つ池まで限定し、質の良いうなぎのみを仕入れている。うなぎのえさや池の状態まで把握し、肉質が締まっていて健康で安全、かつ見た目もまっすぐできれい―という一番良い状態のうなぎのみを使用する。問屋としての利点を活かし生きたままのうなぎを仕入れ、自社工場にて加工している。

 いかに美味しいうなぎをお届けするか―そのためには、鰻専門店で行っている事すべてを手抜きすることなく守っている。鰻を捌くときには、活きたままの鰻の温度を下げてよりよい鮮度を保ち、特に重要な“蒸し→焼き”については、一枚一枚その鰻にあった蒸し時間、焼き具合を変えて行っている。焼きあがった鰻は、マイナス37℃で急速に冷やし美味しさをそのまま封じ込めることによって、鰻本来の持つ旨みが、凝縮される。

 土用の丑の日を中心に、ぜひ日本一のうなぎを試してほしいとしている。

 日本学生自転車競技連盟(東京都渋谷区、佐々木 一也会長)は、2月4日(日)、東京の明治神宮外苑で学生自転車クリテリウム大会を開く。同大会は、同連盟の創立70周年を記念して行われる。

 クリテリウムとは、主に都市部の短い周回路を利用して行われるスタイルの自転車ロードレースで、本大会では聖徳記念絵画館前を発着地点とする、1周約1.5kmのコースで行われる。クリテリウムは、周回距離が短いコースで行われるという特徴から、都心部でも大規模な交通規制を行うことなく行え、また観客にとっては短い周期で選手が見られるというメリットもある。

 学生選手による5つのレースのほか、日本学生自転車競技連盟の創立70周年記念行事ということもあり、地元小学生とオリンピック代表選手OBによる記念ラン(パレード)も行う。パレードには、本大会名誉会長であり、1988年のソウル、1992年のバルセロナの両オリンピックに自転車競技代表として出場した、橋本聖子氏(参議院議員)も参加予定となっている。

出場大学(チーム)は学習院大学、中央大学、駒澤大学、東海大学、慶應義塾大学、東京大学、鹿屋体育大学、日本大学、首都大学東京、法政大学、順天堂大学、明治大学、信州大学、明星大学、早稲田大学、立教大学、中京大学の17大学。選手総数は107名となっている。

07012709.jpg オートイーブィジャパン(東京都大田区、高岡 祥郎代表)は、イタリア・スタートラブ社の2人乗り電気自動車・ジラソーレ(軽自動車)を全国一斉に発売した。

 イタリア車らしいキュートでおしゃれなイタリアンデザイン。コンパクトなボディーは、街中での取り回しの良さと小さな駐車スペースを活用できる実用性を持っている。デザイン、機能はもちろんのこと、安全面にも力が注がれている。アルミ合金製スペースフレームを採用し、ヨーロッパの衝突試験をクリアし、コンパクトながら世界水準の安全性を実現。また緊急時には、電気供給を停止する「不活性安全システム」を搭載する。

 新開発のリチウムイオンバッテリーの採用により、高出力と長時間の連続走行を可能にしている。バッテリーは家庭用100V電源から充電できるチャージシステムを採用している。

 最高速度は、65km/h。40km/h定地走行では1回のフル充電で120kmを走行できる。車両価格は2,604,000円(税込み車両本体価格)。電気自動車であるジラソーレは、クリーンエネルギー自動車等導入補助事業(財団法人 日本自動車研究所)の対象車両となる。補助金交付上限額は77万円。

 

 みらかホールディングスの事業会社であるエスアールエル(SRL、東京都立川市、田澤 裕光社長)は、米国Genomic Health Inc.(GHI社)と日本での独占検査受託契約を結び、同社が開発したOncotype DX(TM)による「乳がん予後予測遺伝子検査」の受託を始める。

 GHI社のOncotype DX(TM)は、米国で遺伝子発現解析を用いた乳がんの予後予測検査として、エストロゲン・レセプター(+)、リンパ節転移(−)のStageIまたはIIの早期浸潤性乳がん患者を対象に実施されており、専門医や医療機関、FDAなどから注目を集めている。

 Oncotype DX(TM)は、手術により得られた乳がん組織を検体として、21種類の遺伝子(16種類のよく知られたがん関連遺伝子と5種類の対照遺伝子)の発現量をRT-PCR(Reverse Transcriptase Polymerase Chain Reaction)法を用いて測定し、GHI社独自のアルゴリズムにより再発スコア(Recurrence Score)を計算するもので、この分野における現在の報告の中では最先端の分析法と考えられている。再発スコアは、0から100のスケールで表現され、その値によって再発リスクが「低い」・「中間」・「高い」の3グループに分けられる。

 Oncotype DX(TM)は、早期浸潤性乳がん患者の術後再発リスクの予測により、必要以上の化学療法を回避したり、補助療法の効果予測のための研究に役立つ。また、患者個々の治療計画の立案やオーダーメイド医療の実現に貢献すると期待されている。

 検査受託の開始は2月1日から。同社が受託し、GHI社に再委託する。価格は450,000円。詳細はhttp://www.srl-group.co.jp/pr/oncotype.pdfから。



 家族を失い、母と二人、難民キャンプにたどりついたエチオピア人の少年。生きるために、母は少年に命じる。ユダヤ人と偽ってイスラエルへ脱出するようにと。母と別れ、故郷から遠く離れ、真実の名前を隠して生きる新しい地。肌の色や宗教による壁、そして偽りの出自に悩みながら、やがて少年は難民の命を救う医師をめざすが......。エチオピア系ユダヤ人をイスラエルに移送するという「モーセ作戦」の史実から生まれ、各国映画祭で圧倒的な観客の称賛を得た感動作『約束の旅路』が、本年3月10日(土)より東京・神保町の岩波ホールを皮切りに全国でロードショーされる。配給会社であるカフェグルーヴ(東京都渋谷区、浜田 寿人代表)とムヴィオラ、ならびに公開劇場の岩波ホールは、国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所、日本UNHCR協会と協力し、ブログ募金と劇場募金を行う。

 クロスプロジェクトグループ(長野県北安曇郡、辻 隆社長)の白馬スイーツドットコムは、白馬のスイーツを集めた「第2回白馬スイーツフェア」を2月24・25の両日にわたり開催する。目玉となる「白馬スイーツ満喫セット(イートイン)」はスイーツ4種1ドリンク付きで1,200円。Aセット:まったりタイプ Bセット:あっさりタイプ―の2種を用意している。出展予定店舗はエアメイル(ケーキ)、スウィートショット(ケーキ)、花彩(ジェラート)、パルミエ(ケーキ)など。今回は山と渓谷社の選りすぐりの書籍を置いた「Book & Cafe」を併設。会場となる白馬五竜スキー場エスカルプラザの3階はゲレンデを目前とした贅沢な眺望。お気に入りの本を眺めながら待ち合わせをしたり、くつろいだり。もちろん本はその場で購入も可能。滑るだけではない、「冬の白馬」の楽しみ方を提案している。

 神戸を中心に飲食店経営事業を展開し、運営店舗が人気ランキング上位を独占するなど様々な業態が話題になっている株式会社ワールド・ワン(World One Co., Ltd.,神戸市中央区)は、新たな業態を開発し、7店舗目となる「沖縄市場食堂 琉金(りゅうきん)」を2007年2月11日、阪急三宮駅西口高架下にオープンする。「沖縄市場食堂 琉金」は今までになかった「戦後の沖縄の市場」をモチーフとしており、ダイニング系やリゾート系の沖縄料理とは相反して「沖縄の素顔」を表現した。古材や古い調度品など建築資材にこだわる同社は、「沖縄市場食堂 琉金」にも古い看板や使い古した調度品などを独自のルートで入手・ふんだんに使用し、新しい店舗でありながらも張りぼてではない造りこまれた店内に仕上げている。特にカウンター席の目の前に設置された滑車で動く箱や、腰をかがめないとは入れないほど天井が低い部屋は他にはない発想。料理は、同社が出店・運営し5年経った今でも神戸・三宮では常に人気ランキングの上位に入る「modern食堂 金魚」や姉妹店舗「金魚hanare」の料理の流れを汲みながらも、いい意味で「定番」で「ディープ」な沖縄料理を提供していく。

 H&Bラボラトリーズ(静岡市清水区、後藤 芳夫代表)は、静岡県西伊豆町天城山の秘境1,000m地下からの湧水「天城山深層水」からできたOHANAジェルクリームを開発した。優れた抗酸化力と長期間腐らない無菌の水とセラミド3混合体を高配合。その浸透力&保湿力が口コミで拡がっている。OHANAジェルクリームの主成分は水。年間15万人以上の人々が取水に来る「天城山深層水」は、元々温泉を掘る目的で掘削されたもので深さ1,000m地下から湧き出ている。その効用・効果は血糖値を下げ、美肌、アトピー肌、便秘改善、料理によしと口コミで広がった。国内では稀な抗酸化力と発ガン物質である"硝酸性窒素"を極めて含まないことに加え、長期間無菌水のままであることが徐々に注目されつつある。この優れたアンチエイジング水を70%以上主成分の水に使用して開発されたのがOHANA(オハナ)ジェルクリーム。
 

 ら・べるびぃ予防医学研究所(東京都中央区、徳田 竜一社長)は、人の毛髪中ミネラル分析技術を用いワンちゃん向け総合ミネラル検診(愛犬ミネラル検査)を始めた。同研究所では6年前に日本で初めて毛髪ミネラル検査を開始し既に5万人以上の検査実績がある。「愛犬ミネラル検査」は、わずか0.2グラムの被毛から、血液では検出しにくい微量元素のうち水銀等5種の有害ミネラルの蓄積と、カルシウム・マグネシウム・亜鉛等必須ミネラル14種の不足について分析するサービス。 人の分野では高齢化社会を背景にアンチエイジング医療(抗加齢医療)が注目され、その手段としてデトックス(有害ミネラル排出)が重要視されている。
 

 アークスペース(大阪市淀川区)は2月1日より、マンションの空き駐車場をレンタルボックスとして有効利用する「P-CUBE」を本格的に全国に展開するため、第一回代理店募集を始める。機械式立体駐車場専用のレンタルボックス「P-CUBE」は、「駐車場の空きによる収益減」と「集合住宅における住戸内収納スペース不足」を解決するため、多くの分譲マンション<に設置されている機械式駐車場を、レンタルボックスとして活用できるシステムで、昨年の8月に発売し提案を開始している。

 不動産情報ポータルサイト「HOME'S」を運営するネクストhttp://www.next-group.jp/(東京都中央区、井上 高志社長)は、役立つ住まい選びのコツや、住まいの安全性のチェック方法などを紹介するコーナー『引っ越し学園〜かしこい住まい選び講座〜』をオープンした。『引っ越し学園〜かしこい住まい選び講座〜』は、住み替え検討中のユーザーや、今の住まいに不安を感じているユーザーに向けて、安全で快適な住まい選びのポイントをわかりやすく紹介する。耐震偽装を初めとした事件により、ユーザーは今までより、住まい探しには物件を見極めるための知識が必要となっている。同コーナーでは物件の安全性を見極めるポイントや、設備(床・壁・水まわりなど)のチェック方法など、良い物件を見極めるために必要な知識を提供している。

 半導体・電子部品調達サイト「ELISshop」を運営するエリスネット(東京都港区、石井 利幸代表)は、同サイトに"即納コーナー"と"箱・リール コーナー"を新設しサービスを始めた。「ELISshop」は、設計段階で少量の半導体・電子部品を調達したいという要望からサービスを立上げ、多数の半導体・一般電子部品商社・代理店が店舗として参加するショッピングモール。通常在庫18万点、取扱いメーカー850社以上(2006年12月現在)を保有し、在庫からのダイレクト購入や在庫品以外の取り寄せ調達が可能。少量からでも購入が可能となっており、ユーザーの「部品調達の効率アップ」「調達困難品の入手」に寄与している。

 不動産情報ポータルサイト「HOME'S」を運営するネクスト(東京都中央区)は、新年度のスタートに向け入学・入社、あるいは転勤で見知らぬ都会へと転居される方々の、納得のいく住まい探しを応援する特集ページ「自分らしく暮らせるまち」を公開した。リサーチの結果から判明した、首都圏・京阪の地下鉄路線で、住みたい駅人気ランキング上位3位までを中心とした駅を網羅して、駅周辺の家賃相場、生活情報、現在住んでいる先輩からの口コミアドバイスなどを組みあわせ、納得のいく住まい探しに役立ていただく特集ページとなっている。

 ネットフォレスト(横浜市中区、高橋 佑至代表)が日本総代理店を務めるロシア Doctor Web, Ltd. は、ICAP 対応 Web プロキシサーバと連携してウイルス・スパイウェアを検出、駆除することができる Dr.WEB ファイルフィルタ for ICAP の最新バージョン ver. 4.33.2 を発表した。企業では社外へのアクセスの制御や無駄なトラフィックの抑制のために Web プロキシサーバを導入しているケースがあるが、最近はWeb サイトに不正に埋め込まれたウイルス・スパイウェアなどに一般消費者が感染する事故が発生したことがあり、ISP 事業者などが会員向けに Web コンテンツ検査が可能なプロキシサーバによるサービス提供を行っている。

 日本シグマックス(東京都新宿区、鈴木 廣三社長)は、スポーツ傷害に関する情報サイト『スポーツの鉄人に聞け!』をリニューアルした。同サイトは、スポーツをこよなく愛する4人の専門家=「スポーツの鉄人」と、アスリートのカラダをサポートし続けたいと願う「ザムスト」が、すべてのアスリートに正しく、有益な情報をお伝えするために、2005年10月に開設した。アスリートの悩みや知りたいことに応えていくことを目指している。 「スポーツの鉄人」は林 光俊、岩崎 由純、高橋 仁、中島 靖弘の各先生。

 コンテンツ・ファーム(東京都渋谷区、井上 道三社長)のブログサイト「八軒屋南斎その日その日らく描き絵巻」が、GMOホステイング & セキュリティ(東京都渋谷区、青山 満社長)の運営するサイト「isle(アイル)」が主催する「WEB1グランプリ」で準グランプリを受賞した。日本語表現に即した「縦書き」というレイアウトと、それにマッチしたブログ構成・内容が評価された。
 

 人事・採用のコンサルティングならびにアウトソーシングサービスを手掛けているトライアンフ(東京都渋谷区、樋口 弘和代表)は、中途人材の採用が困難になっているIT業界の成長企業へ向けて「エンジニア増加サービス」を始めた。アプリケーション開発やネットワークエンジニアなどの実務経験者の中途人材の採用は、人材紹介会社を利用して採用する方法が一般的となっているが、求人数の大幅増加により人材の確保は大変難しくなっている。IT系に強い人材紹介会社のコンサルタントは「20〜30代の実務経験者であれば、実際の求人倍率は5倍以上。高望みさえしなければどこにでも入社できる状況」だと言う。

 アプレッソ(東京都文京区、長谷川 礼司社長)は、データ連携ミドルウェア「DataSpider ServistaVersion2.2(日本語版)」と「マイグレーション・キット Version1.2」をリリースし、販売・出荷を始めた。「DataSpider Servista」は、2005年10月より発売を開始し継続的に機能拡張バージョンアップを行っている。最新バージョン「DataSpiderServista Version2.2 」は、テラバイト級の大量データでも高速処理が行える「パラレルストリーミング機能」を中心に機能強化を図った。「パラレルストリーミング機能」は、バッチ処理で行われる大容量のデータ連携において処理を平行して実行することができるため、処理パフォーマンスの大幅な向上を実現する。

 1997年6月8日、名古屋空港へ向け降下中の日本航空706便MD11型機が、激しい機首の上下運動により負傷者が発生した事故に関して名古屋高裁で争われていた乗員の刑事責任についての裁判は、同高裁の無罪判決を受けて1月23日、名古屋高等検察庁が最高裁への上告を断念した。これにより同判決が確定し乗員被告は完全無罪となった。これを受けて日本航空機長組合は「706便裁判 完全無罪判決確定―安全な社会を目指し「刑事捜査と事故調査の分離」を実現するための新たなスタートとする」として声明を発表した。同声明は以下の通り。

 福岡商工会議所(福岡市博多区)は、『九州観光マスター検定試験』の合格者による寄稿記事を掲載するブログ「日常に『光』を観よう〜九州観光マスターのしるし」をスタートした。これは、検定合格者の観光に対する想いや自身の体験・経験などを披露してもらう場を提供することと、ガイドブックなどでは知られていない「草の根レベル」の観光関連情報を広く一般に提供することで、九州と観光への意識と関心を高めることが目的。掲載カテゴリーは、「観光への想い」「ガイド豆知識」「まつわるお話」「美味しいもの」「旅の視線」「旅、人、実感、思い出」「みどころ」から開始し、随時追加していく。

 城山博文堂(大阪市此花区、城山 謙一代表)は、犬や猫などのデザインと文字を融合させた日本初の書体による印鑑「ワン書体印鑑」を発売した。 通常印鑑に使用される書体はある程度決まっている(古印体・隷書体・篆書体・草書体・吉相体・・・など)。だたし、必ずこの書体を使用しなければならないというわけではない。そこで同社ですでに販売しているオリジナル印鑑(動物のデザインと名前を並べて篆刻したもの)のデザインを流用し、日本初となる完全オリジナルの書体を使用した印鑑として発売したもの。

 メガソフト(大阪府吹田市、井町 良明社長)は、1987年4月の発売から20周年を迎えた定番FAXソフト「STARFAX」シリーズの最新バージョン「STARFAX13」を、29日(月)よりメガソフトオンラインショップにて発売、2月9日(金)より店頭発売する。スーパーG3規格による高速通信機能は、現在ほとんどのビジネス向けFAX機に搭載されているが、パソコンFAXの場合はスーパーG3対応のFAXモデムの流通量が少ないため、主要FAXソフトではスーパーG3規格に対応しているものがなかった。そこで、STARFAX13ではスーパーG3規格に対応し、さらにスーパーG3対応FAXモデム付きモデルも同時発売することで、パソコンFAXの世界でもスーパーG3規格の普及を図りたい考え。スーパーG3に対応することで、通信速度は従来のG3規格に比べ約2倍となり、特に大量の件数・枚数のFAXを送信する業務では、通信コスト、業務時間ともに大幅な削減が可能となる。

 技研商事インターナショナル(愛知県名古屋市、小嶌 智海代表)は、ソフトウェアの違法コピーとハッキングを効果的に防ぎ、ライセンス管理を容易に行うソフトウェアプロテクト製品『Sentinel Hardware Key(センチネルハードウェアキー)』と、PDF文書閲覧管理システム『クセロPDFAutoSecurity(ピーディーエフオートセキュリティ)』(発売元:株式会社クセロ)との連携により、オフラインでも利用可能なセキュリティプラットフォーム『クセロPDFAutoSecurity with Sentinel』を25日発売する。

 サイバーマップ・ジャパン(東京都千代田区、村田 岳彦社長)とキャドセンター(東京都文京区、和久 雅之社長)は、専用のソフトウェアやプラグインなどを用いることなく瞬時に3次元デジタル地図を表示し、既存の2次元地図と連動する新技術を開発、サイバーマップ・ジャパンが提供するインターネット地図情報サービス「マピオン」内の「Mapion Labs」で実証実験を始めた。今回の実験では、新しく開発した3次元地図画像をHTTPベースでリアルタイムに生成する3次元地図レンダリングエンジン「UrbanViewer ImageServer」(特許出願中)と、またそのサーバに対する大量リクエストを負荷分散し制御する3次元地図画像配信サーバ (特許出願中)も開発。これらの技術によって、これまで専用ソフトウェアやプラグインでしか実現できなかった、3次元の街並みのウォークスルーを一般のWebブラウザで容易に閲覧することができるようになる。

 エンターテインメントメディアのプロデュースを幅広く行うカフェグルーヴ(CG、東京都渋谷区、浜田 寿人社長)は、映画情報サイト「cinemacafe.net(シネマカフェ)」、ラグジュアリーな女性向けライフスタイルサイト「verita(ヴェリタ)」、リゾートゴルフサイト「楽園ゴルフ」に続く4番目の自社メディアとなる新媒体『VAGANCE(ヴァガンス)』を創刊した。VAGANCEは『浪費(extravagance)』をキーワードに、有限である「モノ(物)・トキ(時)・カネ(金)」の真の価値を見い出し、それらを最大限に利用することで『価値ある浪費』を再定義・再提案していくことテーマとしている。カネがあったとしても時間がない、あるいはその使い方が分からない人が多いなか、カネやモノはその真の価値に気付かれないまま、やみくもに消費されている。

 ハンモック(東京都新宿区)は、ビジネスプロセス管理( BPM )ツール「LiquidOffice 4.1J」を発売する。従来バージョンの使いやすい電子フォームワークフロー機能はそのままに、プロセス監視、企業内アプリケーション統合(EAI)機能を追加し、BPMソフトウェアとしてパワーアップした。「LiquidOffice 4.1(英語版)」は米国オートノミー社の製品で、米SOX法施行を受けた業務プロセス管理の必要性の高まりに対応して需要が増え、現在世界で約500システムの販売実績がある。日本版SOX法では内部統制の仕組み作り、およびその仕組みの有効性の証明と報告が求められている。
 

 LPガス販売で近畿3位の大丸エナウィン(大阪市住之江区、竹川 夘三郎代表)のアクア事業部は、設立三年で1億円の売上だが会社全体の50%の利益を支えるまでに成長した。今シーズンにはさらに顧客拡大が期待できるという。同社は特殊ガスに注力、住宅機器・産業用機材も扱いM&Aで販売地域を拡大している。今期はアクア事業が好調。6期ぶりの増収増益となったという。LPガス市場は昨今、「冬の時代」を迎えている。価格の高騰や都市ガス、さらにはオール電化の波に押されたため。そんな背景から、LPガス各社が新規事業として取り組んだのが「水」だった。同社が販売するのは『知床らうす海洋深層水エフィールウォーター』。

 健康・機能性食品事業のキリン ヤクルト ネクストステージ(KYNS、東京都江東区、山崎 昇社長)は、青汁ファンのためのコミュニティサイト「元気な畑Club」をオープンした。「元気な畑」は、従来のイメージとは異なった新しい青汁ライフの提案を目指すKYNSが開発した青汁のブランド名。自然の恵みに息づく「元気」をよりおいしいカタチで味わえ、これまで飲みづらいとされてきた青汁を飲みやすい味に整え、より手軽なスタイルで続けられるような商品ラインナップをそろえている。「元気な畑Club」は、そのブランドコンセプトを広く認知してもらうために、企業サイトとしてはあまり例のない「ファンによるコミュニティ化」を念頭に設計された。「元気な畑Club」は、KYNSの一方的な情報発信ツールではなく、ユーザーとKYNS、またユーザー同士が、元気で健康な生活を送るために相互的な情報交換で創りあげる「青汁ファンサイト」として育成していく計画。

 1970年の設立以来、留学・国際交流のスペシャリストとして歩んできたアイエスエイ(東京都渋谷区)は、全国の小中高生を対象とした「2007年春休みホームステイ&異文化体験プログラム」の募集を始めた。同プログラムは日本からグループで参加し、引率者も同行するホームステイ。初めて海外を体験する小学生、中学生、高校生にとって最適なプログラムといえる。ホストファミリーとの日常生活を通して、お互いの生活習慣や文化の違いを知り、相互に理解を深めることを目的とし、また、生きた英語に触れることで、コミュニケーションの楽しさを知るだけでなく、その後の英語学習へのきっかけづくりにも適している。

 愛知県および四国4 県で建築士・宅建等の資格取得の日建学院を運営する中部建築資料研究社(名古屋市中区、戸谷 宣夫)は、2 月23 日(金)、建設会社・設計事務所・設備関連業者を対象とした「避難安全検証法」のセミナーを行う。阪神大震災から12 年、また耐震偽造問題以降は改めて建築物の安全性が注目を集めているが、特に最近建築物のデザインが重視される中で、デザイン・安全・コストのバランスをいかに確保するかは設計者にとっても大きな悩みになっている。その中で、平成12 年の建築基準法改正で、性能規定の一部として建物ごとに火災時の安全を確認する「避難安全性能」という考え方が新たに導入された。建築全体もしくは階全体が避難安全性能を有することが確かめられた場合、排煙設備や内装制限など、避難関係規定の一部適用が免除され、必要最小限の設備に抑えることが可能となる。(建築基準法施行令第129条の2の2第1項)

 エスエイティーティー(東京都千代田区、山畔 清明社長)は、『即deki ビジュアルレッスンFLASH 〜今すぐ使えるWeb制作のネタ集〜』の販売をshop SATT楽天市場店で始めた。WEB制作ソフトの中でも、Flashは比較的初心者には習得の難しいソフトといわれている。市販されている教材の多くは、メニューや操作方法の説明に終始して、具体的にコンテンツの作成に至るまでは何冊か教材をこなす必要がある。同社では初心者でも、すぐにコンテンツを作成できるよう、コンテンツの製作過程をすべて映像に収録した。また次の操作をナビゲートするキャプションとナレーションによる説明も同時に再生されるので、戸惑うことなく、コンテンツ制作の過程を学習することができる。

 コンピュータのプログラムソフト開発・販売等を行っている、フレックスソフト(東京都中央区、名和 晃生代表)は、メール・電話・FAXなどの内容と顧客情報、見積や伝票などの取引書類を一括して管理する業務管理ソフトウェア「結」を開発した。「結」はメール・電話・FAX、ExcelやWordなどの文書ファイル、販売管理システムのデータなどを一元管理し、オフィス内での情報共有を可能にするシステム。発着信したメール・電話・FAXの履歴が自動的にデータベース化され、顧客・商品ごとに簡単検索・一覧表示でき、オフィス内でリアルタイムの顧客対応情報を共有することができる。

 若者を中心に現在でも根強い人気を誇る老舗ブランド「Admiral」のウエア部門を日本で取り扱うバスチア(埼玉県川口市)は、東京ベイ有明ワシントンホテルで2007年夏・秋冬新商品発表会を行う。Admiralは、1914年に英国海軍(NAVY)の制服を制作したことに端を発した老舗ブランド。ブランド名の由来は英語で海軍提督を意味する「ADMIRAL」から来ており、革新的なスポーツブランドとして発展してきた。1970年代にはマンチェスター・ユナイテッドをはじめ多くの国内外のメジャークラブや、イングランド代表を含む各国の代表チームのオフィシャルスポンサーとして契約し、1980年代以降はサッカー以外にラグビーやクリケットなどを通じて世界中に広がり現在はイタリア、ドイツなどの欧州諸国において、 ハイファッションブランドとしても認知される、世界約40カ国で展開するインターナショナルブランドとなっている。日本ではバスチアがウェア部門のライセンスを所有し、スポーツカジュアルを中心としたラインナップを発表している。

 財団法人大竹財団(東京都中央区、大竹 慶明理事長)は、2月7日(水)18:30から、早稲田奉仕園・日本キリスト教会館6Fフォークトルーム(東京都新宿区)で「カンボジア、アフガンから考える復興と平和」についての講演と対談の会を開く。講師は谷山 博史氏(日本国際ボランティアセンター(JVC)代表理事、前JVCアフガニスタン現地代表)と金子 敦郎氏(元大阪国際大学学長、元共同通信サイゴン支局長・ワシントン支局長)。進行は阿木 幸男氏(成蹊大学講師、カンボジア教育支援基金代表)。パリ和平協定から15年が経った。アメリカの軍事介入によりはじまったベトナム戦争に巻き込まれたカンボジアでは、その後のポルポト政権による大虐殺や内戦により、混迷の一途をたどった。ようやく1993年に国連監視のもと、総選挙が実施され現在に至るが、その爪痕は深く残っている。そして、いまカンボジアではその復興の内実が問われている。

 リバネス(東京都新宿区、丸 幸弘代表)は、高校生向けのサイエンス雑誌『someone』vol.01の配布を始めた。全国の中学・高校に向けて、6万部を無料で配布する。同誌のコンセプトは「いつもあなたのそばにサイエンス」。この一冊を通して、身の周りにある科学の話題や最前線の研究現場を知り、科学をもっと身近に感じて欲しい、という想いが込められている。『someone vol.01』のコンテンツのキーワードは「花粉」と「脳」と「チョコレート」。読者が本誌を手に取るのは、花粉が飛び始め、試験の本番やバレンタインデーの近づく季節。そこで、その時期にぴったりの話題を扱っている。そのほか、本の紹介やイベント情報のコーナーを設けた24ページとなっている。発行部数は、創刊号では1万部発行で全国の中高45校、また一般の方々からたくさんの申し込みがあった。

 ドロップシッピングASPである「ドロップシッピングジャパン」を運営するG&W(京都市中京区、櫻井 慎也代表)は、日本初となる生産者参加型の直送通販サイト「Gorilla」をオープンした。ドロップシッピングジャパンで商品を提供しているサプライヤー会員(生産者、メーカー)が、直接消費者に販売できるシステムを提供する。ドロップシッピングとは直送を意味し、ドロップシッピングジャパンでは商品情報を提供し商品を直送するサプライヤー会員と、商品を販売するドロップシッパー会員の取引を実現するシステムを提供している。

 エービーシー商会(東京都千代田区、佐村 健社長)は、吸音・断熱繊維と特殊根太の組み合わせにより木造住宅でも高い防音効果を可能とした複合防音下地システム『イーウール防音システム』を発売した。イーウール防音システムは、音がうるさく聞こえる原因となる響き(振動)を最大限抑えることで、高レベルな防音を実現する。音を分散・吸収させる特殊根太イーラインと、吸音・断熱繊維イーウールを敷きつめることによって防音するシステム。より高水準な防音が必要な場合は、専用防振シートを敷くことによって高い効果が得られる。吸音・断熱材イーウールの素材は衣類にも使用されているポリエステル100%。人体に無害で、燃焼時にも有毒ガスが発生しない。接着剤を使用していないため、ホルムアルデヒドを含まず、ロックウールやグラスウールと異なり、施工時に粉じんが発生しないため安全。特殊根太イーラインは、2本の金属フレームをゴムで固定し、躯体との固定ビスを2段階に打つ新工法。躯体床と仕上げ床の間に空気層をつくり、音を分散・吸収させ、音の振動エネルギーを約80%カットする。

 ナナ・コーポレート・コミュニケーション(東京都新宿区、福西 七重代表)は、Nanaブックス(編集担当:市川 有人)から、「感性マーケティング」を読み解く高橋 朗・著『五感マーケティング』を刊行する。イラストを担当するのは人気漫画家のしりあがり寿。いま「感性のマーケティング」が注目されている。ますます多様化する消費者のニーズに、従来のマス・マーケティングが対応できなくなってしまった結果、個人のココロに突き刺さる新しいマーケティングが求められているといえる。書では、「感性マーケティング」でもっとも有効だと思われる「物語」の効用を取り上げて解説。サントリー「伊右衛門」のCMに代表されるように、生活者の五感を刺激するには、「物語」の力が効果的。五感は、視覚、触覚、聴覚、嗅覚、味覚の五つの感覚を指す。自社の商品は見たり触るだけで、聴覚や嗅覚、味覚を刺激することは難しいと考えている企業も多いと思われるが、「物語」を使えば、五感すべてを刺激することができるという。

 オアカック(埼玉県志木市、安富 ゆかり代表)は、チョコレートをカラフルに彩る「オンリーアート・プリントチョコレート」の販売を始めた。「オンリーアート・プリントチョコレート」は、ごく薄い砂糖でできたシートに安全な食用インクでフルカラープリントして濃厚で上質なおいしいチョコレートに貼付けた、そのまま「写真まで食べることができる」チョコレート。あなたが撮影した写真や想い出のシーンやご自分で描かれた絵画やデザインなど世界で一つだけ、あなただけのチョコレートにしてお届けする。インターネットサイトからお好きなデータをアップロードして、トリミングや簡易文字入れも可能。チョコレートサイズは2種類、チョコレートもスイートタイプとホワイトタイプの2種類。45mm×45mm角3枚入りが1,575円(税込み)、90mm×90mm角1枚入りが1,365円(同)。

 フローラルコレクション(東京都世田谷区、金子 尚史社長)は、卸価格でプロ仕様の高品質な花を販売するショッピングサイト『Flower FLOWER(フラワーフラワー)』をオープンした。『Flower FLOWER』は、花を楽しむ一般消費者をはじめ、フラワースクール、フラワーショップなどを対象に、高品質な花をリーズナブルに販売するショッピングサイト。目利きのバイヤーがセレクトした新鮮かつ高品質な花を、東京の花市場から直接お届けする。常時2万点以上の花のデータからイメージ通りの花をセレクトできる。名前、47品目のカテゴリ、50色のカラーから検索すると、鮮明な写真と詳細情報が表示され、どんな花か確認することができる。生産者との連携によりいち早く最新情報、トレンドをキャッチし、新鮮で低価格なお花をご提供。その日に入荷した花を即日発送し、新鮮なうちに早くお客様のお手元に届けるタイムセールも行っている。

 S&C(兵庫県川西市、太田 哲生代表)は、ペット用の迷子札「Q-Ret(キューレット)」の販売を始めた。「Q-Ret」はQRコードをペンダントトップに印字しており、拾った方が簡単に携帯電話でペットの情報を確認でき、飼い主に連絡をとることができる迷子札となっている。

 「Q-Ret」は、表面には写真やイラストなどのデザインが、裏面にはQRコードが印字されている。表面のデザインは、既存の6種の中から選択するか、写真やイラストなどオリジナルデザインを作成することができる。

 2005年12月8日にスタートしたWebサイト・NipponStyle(運営会社:ネットアドバンス、東京都千代田区)は、一周年を記念し「オフラインセミナー」を1月25日(木)13:30から秋葉原UDX 4Fアキバ3Dシアターで開催する。協力メーカーからゲストを迎え、画期的プロダクトの開発秘話を披露してもらう。第一部のゲストは、シチズン時計のデザイナー・坂巻靖之さん。「まずデザインありき」の姿勢を貫く同社。そのデザインに秘められたメッセージを解明するとともに、それをプロダクトとして構築する高い技術力にも言及していただく。第二部のゲストは、あの名車スバル360の開発に携わった高橋三雄さん。「国民車構想」という高いハードルに、全く白紙の状態から挑んだ苦労談を語っていただくとともに、日本の「ものづくり」の真髄を伝授していただく。新産業文化創出研究所が開催協力する。参加無料。

 マンスリーマンション、レンタルオフィス等を展開するツカサグループ(東京都品川区、川又 三智彦代表)は、静岡県伊東市郊外で進行中の定住できるテーマパーク「伊豆昭和30年代村」の事業説明、第2次会員権の説明と合わせて現地見学会を毎月末に開催している。伊東郊外の現地見学会ほか、昭和30年代村のPR用パイロットショップとして伊東駅前商店街にオープンした「キネマカフェ伊東劇場」「キネマ射的場カフェセントラル」にて天候の影響を受けないアーケードを利用し、商店街と協力した「まちおこしイベント」も同時に開催している。

 株式会社サンズ(千葉県船橋市、小泉 輝武代表)は、山形県の採掘所と専属契約を結び、ホーム岩盤浴の販売を始めた。昨今、岩盤浴場では衛生面・病原菌発見などで信頼性が低下している。岩盤浴自体は大変良いものだが、不特定多数の方が集まる場所ではやはりさまざまな問題や不安が付きまとってくる。そこで、同社では自宅で安心して本格的な岩盤浴を楽めるホーム岩盤浴「ほかり」の販売を始めた。

 デザイン企画と、企業のブランディング等を行うDDR(愛知県岡崎市、安藤 竜二社長)は、デザイン、キャラクター、ストーリーをキーワードに、三河武士の侍キャラをモチーフにして、三河地方の企業が生産する、産品(食品、インテリア関連商品、衣服など)を全国へ発信するWEBサイト「仮想城下町"三河国"」を07年1月11日に開国した。仮想城下町"三河国"はインターネットの利点を生かし、どこにいてもネットが接続できれば、その国の住人でいる事ができるという帰属性を利用した、地域ポータルサイトとしての一面も持ち、地方独自の情報や、地方への中央からの情報発信なども備えたプラットフォーム型WEBサイト。地域の商工会議所などに加盟する多数の企業の商品を1ブランドに取りまとめ、商品開発、ブランディングを行い地域ブランドの育成と全国発信を行い、地域振興に役立て行きたいとしている。商品第一弾としサムライ三河武士サイダーを発売する。最大の特徴は、団塊世代のジュニア達が、ちょっと懐かしむようなキャラクター達の物語を、毎月11日にフラッシュアニメで更新していく。そして、産品を発信していく企業のコマーシャルムービーを三河武士キャラクターにより製作、WEB上での発信、携帯電話での動画発信サービスなども行う。各業界の第一人者が、アドバイザリーボードメンバーとして参加。各分野でのノウハウを最大限に発揮してさまざまなチャンネルでの情報発信や企画作りを行っていく。

 中国地方最大級の温泉大浴場、萩本陣(山口県萩市、総女将:松村 美代子)は、2006年12月1日に自社源泉を利用した萩を感じる湯屋街「湯の丸」を増築した。しっとりした情緒に彩られた城下町萩で、深層温泉を持つ宿と知られている『萩本陣』。萩本陣で使用される温泉は、敷地内の大深層地下から汲み上げられた20000年以上熟成された古代の湯で、ナトリウム、塩素、カルシウムがたっぷりと含まれている上質な温泉。「湯の丸」は、この源泉を楽しめるいくつかの浴槽や、男女それぞれ7つずつの様々な種類の浴槽を持ち、宿泊客には朝夕の入れ替えで14種類の様々な湯の楽しが味わえる湯屋街となっている。開放的な中庭に配置された城壁露天風呂、土塀露天風呂には、紅葉の湯、椿の湯の名の通り、シンボルツリーを配置し、萩の雰囲気を楽しむことができる。

 ラーメンデータバンク(東京都目黒区)の代表取締役で、ラーメン評論家である大崎裕史氏は、Microsoftの「Live Search」に協力し、「全国ラーメン道マップ」で全国1000軒のお勧めラーメン店情報を公開した。「Live Search」は、ウェブ上にある必要な情報を簡単にどこからでも見つけられるように設計されたインターネットサービスで、画像検索、地図検索、RSSフィード検索、検索結果をユーザーがカスタマイズできるようになっている。今回、この新機能である「地図検索」を活用し、同氏が厳選した全国の1000軒のラーメン店を地図上で紹介。キーワード検索に加え、地図からの検索が可能。基本の道路地図に加えて、航空写真(2007年1月現在主要都市のみ)の表示も可能。よりリアルに、ユーザーの気になるお店を地図から探すことができる。検索されたラーメン店の店舗情報には、写真、大崎のコメントが全てついており、営業時間などの基本情報も掲載。他のページに移動することなく、一ページ内で検索表示することができるので、従来のように複数のページを閲覧する手間が省ける。

 書道家 武田 双雲氏が運営する書道教室「ふたばの森」は、書道展『colors 〜個性が彩る書の宴〜』を開催する。「ふたばの森」では、会員主宰の書展を毎年度開催しており、今回で3回目を迎える。技を披露する書道展とは異なり、「伝える」というコンセプトのもと、出展者一人一人が表現者となり、書道家となり、宴の如く"個"が彩りを魅せる書道展。『colors』という展名とは裏腹に、白と黒のモノトーンで彩っていく。武田 双雲をも凌ぐ個性、表現力を持つ125の生き様を心ゆくまで堪能できる。日程は1月31日(水)〜2月4日(日)、11:00〜19:00(最終日は17:00まで)。場所はみなとみらいギャラリー(横浜クイーンズスクエア2F)。

 外国人向け日本情報ポータルサイト「ジャパンガイド」(運営会社:エクスポート・ジャパン、大阪府東大阪市、高岡 謙二代表)はアクセス統計データを用いた「外国人が興味を持っている都道府県ランキング 2006年12月版」を発表した。 それによると、ウィンターレジャーの盛り上がる時期となり、近年海外での知名度が上がりつつある北海道へのアクセスが伸びている。近年、オーストラリア人の間でニセコがブームになるなど、北海道は注目されている。また全般的には、海外ではクリスマス休暇を迎え、サイトへのアクセス数は全体的に減少しているという。詳しくは下記サイトから。

 ガイア・システム・ソリューション(東京都品川区、平出 隆一会長(CEO)、田中 周三社長)と独立行政法人・情報処理推進機構(IPA)とは、タイ国情報通信技術省ソフトウェア・インダストリ・プロモーション・エージェンシー(SIPA)と共同で日タイ協力プロジェクト「ETSS(組込みスキル標準)によるタイ国組込みソフトウェア人材育成プロジェクト」をスタートする。ガイア・システム・ソリューションを推進機関としてIPA内のソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC)が策定するETSS(組込みスキル標準)に基づき、タイ国における組込みソフトウェア開発人材育成のための教育カリキュラムおよびエンジニア認証システムの構築を始めた。

 アクト(岐阜県各務原市、山本 満代表)は、AutoCADユーザーのための常駐ファイル保護ソフト「DWG Recorder(ディー・ダブル・ジー・レコーダー)」の最新版「DWG Recorder2.2」の公開を始めた。AutoCADは、インターナルエラーやフェータルエラーというメッセージと共に、原因がよくわからないまま突然終了してしまうことがある。このような不測の事態に備えてAutoCADにはファイルの自動保存機能があるが、AutoCADの異常終了時以外は終了と同時に削除され残らない。また、人為的なミスにより保存前に終了した場合は自動保存ファイルが残らない。

 日英電話通訳カード「Tel*Tell CARD(テルテルカード)」のサービスを昨年10月1日に始めた株式会社アールシステム(Rsystem Co., Ltd.,神戸市中央区)は、同サービスのキャンペーンを東急ハンズ 三宮店で1月20日(土)21日(日)に行う。「Tel*Tell CARD(テルテルカード)」は、お手軽に使える前払い方式の日英電話通訳カード。日本ではいろいろと頼めることを、海外では英語が使えなくて、我慢しなければいけない場面を経験する方も多いと思われる。そんな場面だけに「必要な通訳」を使うことができるテルテルカードを利用すれば、海外での「不便さ」を解消できるのではないか。例えば 「レストランで夜景のきれいに見える席を予約したい」「寒いので、毛布をほしい」「日本語の通じる病院を探してもらいたい」―など。

 宮下酒造(岡山市、宮下 附一竜社長)は、昨年、試験的に発売し好評だった「チョコレート独歩」(330ml瓶、発泡酒)を品質改良し、バレンタインデーの贈り物として、22日から限定1万本を発売する。本年の「チョコレート独歩」は、七種類の麦芽(昨年は三種類)を使い、ベースとなるビールを完成、さらにイーストケントゴールディングというホップとカカオエキスを使用し、まろやかで深みのある味わいを実現している。酵母はイギリスタイプのエール酵母を使用し、上面醗酵により、香り豊かで極めて洗練された味わいをもっています。大人の味わいが楽しめる新感覚の発泡酒となっている。アルコール度数は5%、容量330mlで価格は357円(税込み)。購入はホームページから。また、岡山県内の一般酒販店、スーパー、百貨店でも購入できる。

 焼肉店を中心に、居酒屋、自然食ビュッフェレストラン、中華料理店など、様々な種類の飲食店をチェーン展開するステップ・フード・サービス(大阪府交野市、小林 哲也代表)は、運営する自然食ビュッフェレストラン「ベイス」生駒店で、無添加で旬の食材を使った、斬新な恵方巻き寿司の予約販売を始めた。販売するのは節分の縁起物の太巻き「恵方巻き」に、無添加で旬の食材を積極的に使用、栄養士が素材本来の味、栄養バランス、『安心・安全』『健康』『美容』といった要素を盛り込んだ太巻き「丸かぶりこだわり巻き寿司」。

 『手作り屋さん.com』でハンドメイドのネットショップを紹介してきたStyle(千葉市緑区、國分 よし子代表)は、国内・海外のハンドメイド作家の製品と手作りキット等の資材のみを販売するハンドメイドセレクトShop『Style』をオープンした。Styleにはネットを中心に活動してきたハンドメイド作家50人以上が参加。すべて、他のお店や作家自身のサイトでも販売していない限定商品のみ。また、受注オーダー式により、オプションを選択することで、イニシャル等の刺繍・色など、消費者自身が、より欲しかった商品購入ができる。また、全商品、送料込みの価格設定により、国内外、別々の地域にアトリエを持っている作家を越えての購入が容易となり、作家と消費者間の距離感をなくすことにより、ハンドメイドをより、身近に楽しむことができるショップ構成となっている。

 WEBによるアンケート・リサーチシステムを開発しているビーステージ(東京都新宿区、佐伯 光昭社長)は、旅館・ホテル及びサービス業専用のWEBを用いたアンケートシステム「聞珠(もんじゅ)」を開発、販売を始めた。同システムは、ブラウザを用いた入力方法により入力は簡素化されており、収集した顧客アンケート用紙を日々30分程度の入力時間で直ちに業務にフィードバックができる。自由度の高い期間集計の数値把握が行なえるとともに、顧客の意見・提案・クレームなどの文章情報が即日従業員に伝えられるため、目に見える形で現場の業務改善が行なえるものとなっている。
 

 ヒューマン・オンライン(東京都足立区、田尻 友行代表)は2月1日、アクアリウムをテーマとしたSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)サイト『アクアビト』を正式オープンする。同サイトは利用する会員が持っている熱帯魚等のアクアリウムの情報を、会員間で共有し、"アクアリウム"に関しての新たな発見や出会いを提供する。サイト内で同好の輪を広げたり、自分の日記や写真を公開したり、会員同士メールを交換したり、独自のコミュニティを運営したりと様々な参加形態が可能になる。さらに、アクアリウムショップと提携、サイト内に各ショップ独自にコミュニティを制作・運営してもらうことにより、エンドユーザーへのPR機会を創造する。『アクアビト』は、ユーザー登録のみで誰でも会員として無料で利用できる。

 「第12回リヨン・アジア映画祭」(2006年11月7日〜13日、フランス)のコンペティション2部門(アニメーション部門・子ども映画部門)において、グランプリを獲得した『ふるさと―JAPAN』が、いよいよ07年春、劇場公開される。全国10都市での上映が決定した。『ふるさと―JAPAN』は、全国で学習塾を展開する株式会社ワオ・コーポレーション(大阪市北区、西澤 昭男社長)が製作した劇場用長編アニメの第2作で、社長である西澤氏が自ら原作・脚本・監督を務めた。昭和31年の東京・木場を舞台に、日本人の心のふるさとである童謡をモチーフにした、先生と生徒たちの物語。 

 株式会社山成(Yamanari.Co.,Ltd. ,愛知県高浜市)は、環境問題や地震に対し、地盤改良工事や耐震診断・地盤調査に、新工法や新技術を採用し、人と地球に優しい工法を提案している。同社が提案する地盤改良工法『地盤・安心造工法』(国交省登録名:ACPD工法)は、自然砕石のみを使用するため、土壌汚染の心配がない環境保全型地盤改良工法。材料にセメントを使用しないので、六価クロム等の発ガン性物質発生の心配もなく、将来の撤去費用もかからないので土地の資産価値の目減り問題についても心配ない。

 インターネットカフェ・マンガ喫茶だけでなく、ライトスポーツや豊富なフードメニューも楽しめるリラクゼーション・スポットとして快適な空間づくりを追求しているアプレシオ(株式会社アイエスコーポレーション,IS Corporation Ltd. 、東京都新宿区)は、アパホテル&リゾート 東京ベイ幕張48階のインターネットカフェ&レストラン「アプレシオ東京ベイ幕張店」で北海道帯広の豚専門料理店「ランチョ・エルパソ」のメニュー提供を始めた。北海道帯広の豚専門料理店「ランチョ・エルパソ」の十勝豚は百貨店物産展で人気商品となっている。物産展やインターネットでは加工品の販売だけとなるが、"放牧豚"の素材を最高に活かした、北海道帯広でしか味わえなかった「ランチョ・エルパソ」レストランのメニューが、北海道以外で初めて味わうことができる。

 伊達市大滝区にある「北海道大滝・きのこ王国」(運営:株式会社北海道名販、Hokkaido Meihan Inc.,北海道伊達市)は、2月16日からの3日間、地域の活性化と共に、きのこ料理を楽しむイベント「王国冬の陣・大滝きのこ祭り」を開催する。期間中は、普段は食べられない「千人きのこ黒豚汁」や「きのこチャンチャン焼き」の食べ放題、大滝名物雪中長芋掘り大会、ペンギンなどが来る真冬のミニ動物園、地域の名産品特別販売などを行う。「大滝村」は、伊達市との市町村合併により地図からなくなってから早1年が過ぎようとしている。そこで同王国スタッフは「大滝村」という地名を皆様の記憶に留めていただこうと、「大滝」という地名を冠したイベントを開催することにしたもの。

 日本初のアメリカンスタイルのロードサイドホテル「ファミリーロッジ旅籠屋」をチェーン展開している株式会社旅籠屋(東京都台東区、甲斐 真社長)は、3月15日に「千葉勝浦店」、4月14日に「軽井沢店」、4月25日に「須賀川店」をオープン。同社が展開する「ファミリーロッジ旅籠屋」は全15店舗となる。同ホテルは米国のモーテルをモデルとした、日本初の宿泊特化型のロードサイドホテル。「シンプルで自由な、旅と暮らしをサポートする」をモットーに、快適な宿泊に特化した必要最小限の施設とお仕着せを排したシンプルなサービスによって、格安な料金とマイカー旅行者の自由な旅をサポートするシステムを実現している。

07011303トランク.jpg 宮内庁御用職人謹製のオーダーメイド革トランクを扱う匠乃(Takumino co.ltd,匠乃固鞄ピーアールオー、神戸市中央区)は、法人化を記念してこれまでに手掛けた別注トランク約30モデルを掲載した電子カタログ(PDF形式)を作成し、無料配布をはじめた。同社は、「未来へ愛を伝える技術の伝承」を目的に設立され、革トランクなど職人技がひかる製品を世に送り出している。「ひとりでも多くの方に、国内に伝わる匠の鞄作りの技を知って頂き、世界に誇れる革トランク作りの技術を未来へ伝承したい」としている。

07011302電動缶切り.jpg 世界のアイデア雑貨の輸入・販売を手がける大作商事株式会社(Daisaku Shoji Ltd,東京都中央区)は、欧米で大人気の全自動缶オープナー「ONE TOUCH 缶オープナー」の輸入販売を始めた。同商品は、全自動で誰でも簡単に缶が開けられるように開発された缶オープナー。従来の缶切りは力が必要で、手も汚れ、切り取ったフタは鋭利な切り口のため危険なものだった。同商品は、缶の上に置いてボタンを押せば、自動で回転して缶を開封。切り終わったら自動で停止。切り取ったフタも本体裏側の磁石が吸着し、安全に取り除ける。電源は単3電池2本。

 京都の宇治茶生産者グループで直販サイト「おぶぶ.com」を運営しているノンブレンド宇治茶を楽しむ会(京都府相楽郡)は、アメリカで、現地の人々に、日本茶の魅力を伝えるイベントを企画している。日本茶の生産者は、山本山、福寿園、前田園、伊藤園など大手企業と契約し、茶葉を供給するのが一般的となっているが、こうした形態ではなくその地域に伝えられた製法や文化を守ろうとする生産者グループも存在している。大手企業は海外への日本茶の普及にも積極的に取り組んでいるが、地域の生産者グループは多くは限られた地域での愛好者に向けて供給し文化を守ることにとどまっているのが現状。

 株式会社ヴィンテージアイモク(Vintage AIMOKU Co., Ltd.,愛媛県松山市)は、全国の古民家情報を管理・有効活用するために「民家ネット」を立ち上げた。同社では、全国33都道府県に展開する「古材倉庫・古材ネット」で古材のリサイクル・リユースを推進、古材を再活用するとともに新たな形(価値)として提供している。日本の民家は「木造」を基本とし、法隆寺に象徴されるように千年維持していくことが可能な高度な技術が駆使されている。一般の民家でも、伝統的な古民家は300年以上の歴史を誇るものがある。それが生活様式の変化によって改造されたり、まだ十分住めるものが解体されることが相次いでいる。

07011001.jpg インターネットラジオ局「くりらじ」(山口県下関市、濱川 豪児代表)は、科学情報をテーマに制作されたポッドキャストコンテンツ専門のポータルサイト「サイエンスポッドキャストドットジェーピー」のサービスを始めた。

 「サイエンスポッドキャストドットジェーピー」は日本語で配信されている科学系ポッドキャストをひとつひとつ番組の内容を確認しながら収集し、新規に独自開発したソフトウエアによって自動更新を行うアンテナサイト。日本語の科学情報ポッドキャストにはどのような番組があるのか、最新の番組はどのようなものなのかがわかる。バックナンバーのRSSも独自に管理、容易に視聴することができる。また、専用アイコンをクリックするだけでユーザーのPCにインストールされた iTunes に番組を登録することもできる。

 さらに、単なるアンテナサイトに留まることなく、「サイエンスポッドキャストドットジェーピー」自身もオリジナル科学情報番組の制作に取り組んでいく。インターネットラジオ局「くりらじ」で毎週7万弱ダウンロードを誇る人気番組「ヴォイニッチの科学書」を移管すると共に、新番組の開発にも今後取り組んでいく。

 スペシャルティーコーヒー専門店 内山下珈琲焙煎所カエル(Uchisange Coffee Roastery KAERU,岡山市野田屋町)は、新メニュー「こだわりのカフェラテ」を発表した。「こだわりのカフェラテ」は、珈琲豆のなかでも最高品質の等級であるスペシャルティーコーヒーのなかからさらに厳選した珈琲豆と、岡山県の奈義町でわずか20頭の乳牛を丁寧に飼育、風味と乳酸菌を損なわないよう加工されたこだわりの牛乳を使用している。焙煎及びブレンドは、ミルクの風味を殺さず調和するよう専用の焙煎及びブレンドに仕上げた。シアトル系の「濃厚な味わい」とは違い、すっきりとした口当たりのなかにも調和のとれた「自然の風味」を感じる味に仕上がっている。

 日本コーチ協会(Japan Coach Association)東京チャプターは、学校の先生たちを元気にしよう!という先生とコーチたちの取り組み、『学校へ行こう2〜佼成学園におけるコーチングへの取り組み(ナラティブ・コーチング・プロジェクト)〜』を2007年1月18日(木)、品川区大崎の南部労政会館で開く。自らが教員でありながら、コーチとしてその応援をしているコーチがいる。今回は、ナラティブ・コーチング・プロジェクトの運営者である赤塚 丈彦氏、佼成学園のコーチである佐藤 扶由夫氏を招き、プロジェクトを通じて学校にどんな変化があったかを、検証していく。学校を取り巻く問題に、一生懸命取り組んでいる教職員たち。教職員のみなさんが元気になることで、子どもたちをよく見ることができる子どもや保護者の方々としっかり関われるようになってくる。そして、子どもたちは、友達が増えたり、先生が好きになったり、授業が楽しくなったりしていくことだろう。

07010704選べるウオッチ.jpg Hanabusa Leather(長野県飯田市)は、文字盤、コンチョ(飾り)を自分で選ぶことができる『オールハンドメイド オリジナルウォッチ』の販売を始めた。同オリジナルウォッチは、自分で時計のベースタイプ、文字盤、コンチョ(飾り)を選ぶことができ、カップルでペアウォッチも可能。選べる種類は100種類以上で。誕生日、バレンタインデー、ホワイトデーの贈り物に最適。同社では、裁断から仕上げまで全て機械に頼ることのない人の手と道具のみで作るオールハンドメイドで、その製品はこだわりの逸品といえる。「天然素材」のみを使用し、使えば使うほどに革独特の深い味わいが出てくるものとなっている。

07010703ごん助.png ツアーオンライン株式会社(Tour online Co.,ltd.,東京都立川市)は、運営する「タチカワオンライン」の人気コンテンツ「多摩武蔵野ウォーキング」で「立川の古刹めぐり」「根川緑道の自然散策」「野川沿いを歩く」の新コースを3件追加した。多摩武蔵野ウォーキングは多摩地域の魅力を歩いて再発見をテーマに新3件を加え、25コースとなった。豊富な写真とマップ、エリアの詳細な紹介が特徴。また、地域のグルメ情報を扱う「タチオンGourmetグルメ」では、「いろりの里 高尾山名主 ごん助」のレポート記事を公開している。

 株式会社オーエス(OS Co.,Ltd.,東京都足立区/大阪市西成区)は、顧客サービスを拡充するため京都(JR京都駅前)と沖縄(那覇市)に営業所を新設した。京都営業所は従来、大阪営業所の営業活動エリアとしていたが、京都、滋賀、奈良地区のユーザーを対象として今日と営業所からより迅速なサービスを提供していく。また沖縄営業所は、ホームシアター関連商品のユーザーも含め、地域特性を生かした営業・サービスを目指している。京都営業所は京都駅に程近く、沖縄営業所は県庁の正面という好立地にある。同社では、プロジェクター用スクリーンを初めとした映像システム制御等の分野での製造販売を手がけ、創業55周年を迎える。本年はその節目の年として、地域に密着した顧客サービスの拡充を目指している。その一環としてまず2拠点を開設したもの。

 株式会社ハートレイルズ(HeartRails Inc.,神奈川県相模原市) は、ユーザーのサイトに記載されているテキストから重要と思われるキーワードを自動的に抽出し、そのキーワードに自動的にリンクを挿入するサービス、「HeartRails Keyword」の運営を始めた。キーワードの抽出条件、リンクの挿入条件は、HeartRails Keyword の設定画面で詳細に指定することができる。「HeartRails Keyword」の利用は無料だが、登録が必要。同サイトに登録し、キーワード指定機能を有効にすると、指定の開始文字と終了文字に一致するテキストに、キーワードリンクが挿入される。また、キーワードドラッグ機能を有効にすると、ドラッグした任意のテキストに対応するキーワードページが、自動的に表示される。キーワード自動抽出機能を有効にすると、サイトに記載されているテキストから重要と思われるキーワードが自動的に抽出され、そのキーワードにリンクが挿入される。

 デジタル写真仲介サイト「PIXTA」やクリエイター向けオンラインストレージを運営する株式会社オンボード(東京都渋谷区)は、1月20日(土)に写真展を六本木ヒルズ52F「マドラウンジ」で開く。会場の「マドラウンジ」は、今を時めく旬のアーティストたちが集結し、大人が楽しめる空間を演出するスペース。当日は「何もしない休日」をテーマにしたイベント「waperitivo style event 〜東京何もしない休日プロジェクト〜」が開催される。極上の何もしない休日の演出として、LIVE、FOOD、DRINK、うたた寝グッズなどが用意されている。このイベントにPIXTAも参加、「休日」をテーマにした写真展を行うもの。入場は無料。

 株式会社インテリジェントワークス(intelligentworks Co., Ltd.,東京都渋谷区)は、UNIXのNFSプロトコルの監視ができるファイルサーバーログ監視ツール「コンテンツウオッチャーfor UNIX」を発売する。アプライアンス製品としてUNIXのNFSプロトコルを見やすい形でログ化するファイルサーバーのログ収集・解析ツールは国内初。従来の「コンテンツウオッチャー」ではWindows、Mac、NASサーバーでの混在環境には対応していたが、UNIXを置いている部署にはログ監視を見やすくする仕組みはなかった。今回はUNIXで通常利用されているNFSプロトコルの解析を主眼に開発、OSを高速化し、よりパケットログ収集・解析の精度を高めた。従来からUNIX・Linuxでのログ監視はマシン上で行うことができたが、誰が見てもわかりやすいログ(誰が、いつ、どのファイル、をどのように操作したか)として見る製品はなかった。さらにログを取得しているとサーバーに負荷がかかりやすいことや、複数台のサーバーのログを同一画面で管理することができないことなど問題点も多くあり、システム管理者のログ管理の手間を軽減することができる。

07010502竹炭洗剤.jpg 竹虎 山岸竹材店(高知県須崎市)は、竹炭の製造過程で生じる灰かの水溶成分と、竹炭から水溶成分を抽出した抽出液とを混合した天然のアルカリ洗剤「竹炭の洗い水」を開発、販売を始めた。「竹炭の洗い水」は、竹炭を煮沸した液をカーボンフィルターでろ過、これに竹炭灰を煮沸・ろ過した液を混合したもの。通常の水と比べ一つ一つの水の分子が小さく、竹炭や竹炭灰から抽出したミネラル分と合わさって水を活性化する。また、高濃度に抽出されたケイ素・カリウムなどのアルカリ成分が汚れを落とす働きを持っている。従来の市販の洗剤と比較してもそん色ない洗浄力を持っている。

07010105水仙.jpg 福井市から越前町、南越前町に続く越前海岸。波の華や風光明媚な海岸線など、冬の越前海岸を彩るものは多数ありますが、代表するものといえば、「自然」では『越前水仙』。そして「食」では何と言っても『越前ガニ』。越廼(こしの)観光協会(福井市)と福井市は、この福井の魅力がぎっしり詰まった祭り『水仙まつりinこしの2007』を開催する。1月13日から1月28日にかけて、3市町で行われる「越前海岸第32回水仙まつり」のイベントの一環。イベントではゆでたてのカニを来場者にプレゼントする(午前と午後の2回を予定)ほか、越前ガニ、鮮魚、水産加工品などの特産品の展示即売会、水仙生花展、昨年の水仙まつり写真コンテスト入選作品展などを行う。

 株式会社イフ(東京都港区)は、障がい者のための合同企業面談会「サーナ就職フェスタ」を、2007年は全国四都市(東京・大阪・名古屋・福岡)で開く。同社では、11月初旬に障がい者のための就職情報サイト「WebSana(ウェブ・サーナ)」をリニューアルオープンし、障がい者向け就職情報誌「サーナ 就職活動準備号(2008年3月卒業学生向け)」を発行した。障がい者向け合同企業面談会「サーナ就職フェスタ」は、企業と障がい者との就職に関する情報交換を目的として開催している。東京開催では毎回300〜400名程度の障がい者が参加する、民間では全国で最大の"障がい者のための就職・転職合同企業面談会"。1994年に東京で開催し、その後2001年に大阪、2004年に名古屋と地域を拡大している。また、2007年春には、初の福岡開催を予定。現在日程が決定しているものは、【第46回東京開催】2007年1月19日(金)・20日(土) TRC(東京流通センター)Eホール 2日間で約100社の企業が参加予定。【第21回大阪開催】2007年1月27日(土) マイドームおおさか3F 約25社の企業が参加予定となっている。

07010102北海ガニ.jpg 産地を特定した北海道初のブランド蟹「北海がに」の企画・販売と、同販売サイト「かに王道」を運営しているキャリアアソシエイツ株式会社(東京都港区)と関連会社、オホーツク・グローバル・マーケット(北海道網走市)は、1月10日(水)〜16日(火)、東京・有楽町の北海道アンテナショップ「北海道どさんこプラザ」でブランド蟹「北海がに」の商品発表・即売会を行う。「北海がに」は、網走の前浜産と産地特定した、網走漁業協同組合が発行する個体認証タグをイバラガニに付け、品質の管理を徹底し「北海がに」の証明ロゴ付きの厳選された純国産最高級ブランド蟹。この「北海がに」を茹で上げるのではなく、独自のスチーム製法によって旨みを逃がさず、濃厚な味わいを閉じ込めた形で提供している。最高品質の「北海がに」を首都圏ユーザーへの訴求を目的とするため、「北海がに」の試食コーナーを設け、多くの来場者に最高級のかにを味わってもらいたいとしている。

 リクルートのエンジニア向けのキャリア情報提供サイト「リクナビNEXTTech総研」では、エンジニアの仕事・報酬・職場・生活・転職に関する研究レポートを毎週発信している。「年始と言えば、日本の伝統、かるた!」......というわけで、総研スタッフにTechブロガー、エンジニアの皆さんのご協力をお願いして、オリジナル、『これぞエンジニア!』という「いろはかるた」を作り上げた。ほんのひと言、ふた言の短い言葉の中ににじみ出てくるエンジニアの生態――珠玉の金言、ひそかな喜び、トホホ感などなど、ぜひお楽しみください。

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このアーカイブについて

このページには、2007年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2006年12月です。

次のアーカイブは2007年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。