2007年5月アーカイブ

 ダイヤルトーンインターナショナルジャパン(名古屋市中区、多治見 憲司代表)が運営するライビジョン事務局では、5月28日から有料動画配信サービスを始めた。

 『ライビジョン』は、多人数ライブチャットシステムを使って、有料で情報を視聴者に伝える、WEB総合サービス。同社で5年にわたり運営実績のあるFlashを用いた安定したビデオチャットシステムを基幹として、クレジット、銀行振り込みに対応した自社運営の決済システム、番組放送の視聴者数・視聴料金・スケジュールの設定、視聴の予約やその受付など、ネット上で伝える(教える・見せる)ことを目的とした有料サイトの運営に必要な要素をパッケージとして盛り込んでいる。

 登録は無料で、システム利用料は利用分だけ視聴者から支払われるので、放送者にはコストがかからず個人でも手軽に有料放送が始められる。

リクルート(東京都中央区、柏木 斉社長)が運営する国内総合宿泊予約サイト「じゃらんnet」(編集長:高橋淳)は、2007年5月28日から『じゃらんPMSダイレクト』のサービス提供を始めた。

 『じゃらんPMSダイレクト』は、ホテル・旅館などの宿泊施設を対象にしたサービスで、じゃらんnetと宿泊施設のPMSを接続することにより、じゃらんnetからの予約通知の取得、在庫調整、プランの売り止め・再開などの予約業務の効率化を可能にするサービス。宿泊施設はPMSと同サービスを接続することにより、「じゃらんnet」を通じた予約業務を効率化することができる。

 既にPMSを利用しているホテル・旅館などの宿泊施設が対象のサービスで、インタフェースの初期登録料、使用料は無料。詳しくはサイトから。

 

※PMS:Property Management Systemの略。ホテルのフロントオフィスや管理部門の業務用に作られた、様々なアプリケーションをサポートするコンピューターのソフトウェアパッケージのこと。予約管理業務・顧客管理業務・財務システムなどのインターフェースを一元化するシステムで、旅行会社の予約システムともつながっている。ホテルフロントでのチェックイン処理、チェックアウト時の精算処理などを行う端末もすべてこのPMSにつながっており、予約業務に関する処理量が多い宿泊施設などが導入している。

07053109.jpg お取り寄せグルメコーヒー豆の販売を行うテンビンコーヒー(兵庫県明石市、町田 義則代表)は、夏の贈答、家庭用向けに、天然鉱泉ミネラルウォーター『いわまの甜水』を100%使用したオリジナルリキッドアイスコーヒー『天然水コーヒー』を発表した。

 豊かな風味の香り高い潤味焙煎でご好評のオリジナルリキッドアイスコーヒー『潤味冷珈琲』を、水にこだわり、南近江音羽山系の地下600メートルの花崗岩の間をくぐり、無菌にて湧出する天然鉱泉ミネラルウォーター『いわまの甜水』を100%使用し、特殊濾過システムによる抽出技術と手作りネルドリップ式で丹念に抽出した『天然水コーヒー[無糖]』となっている。ドリップコーヒーとの「おためしセット」1,950円「ギフトセット」2,850円を送料無料でお届けする。(一部地域を除く)詳細および購入はサイトから。

07053108.jpg ソリッドアライアンス(横浜市港北区、河原 邦博社長)は、本物の「めんこ」をストラップにした「めんこストラップ」を発売した。

 「めんこ」はすべて本物で、ストラップから外していつでもどこでも「めんこ」としても遊べる。デザインは、どこかで見たことがあるようなHEROシリーズ3種・どこかで見たことがあるようなMONSTERシリーズ3種の計6種を展開する。HEROは「マッハ吾郎」「目光仮面」「宇宙パイロット四郎」、MONSTERは「大喰怪獣 クロワッサイ」「不摂星人 メタポン」「怪人 マンホラー」、価格はそれぞれ525円。購入は販売ショップ から。

 「めんこ」で遊んだ世代はもちろん、「めんこ」を知らない世代の心も掴んで離さない、レトロでポップな仕上がりとなっている。企画・デザインはズノー、製造・販売をソリッドアライアンスが手がける。

 ケイビーエムジェイ (KBMJ、東京都港区、木村 武弘社長) は、マイクロマーケティング(東京都港区、松村 博一代表)がサービスを開始した日本初の出版社向け雑誌ポータルサイト「Magazineテレメーター」用に、KBMJの高性能SNS構築パッケージ「SNSエンジン」を共同開発し、提供したと発表した。

 KBMJの「SNSエンジン」は、ソーシャルネットワークをインターネット上に簡単に構築できるコミュニティポータルのSNSパッケージ。「SNS エンジン」は、会員の囲い込み、サイト運営者からの情報配信、会員間のビジネスマッチ、社内コミュニケーション、関連商品の販売推進など、様々なシーンで SNS を活用したビジネスをサポートする。

 「SNSエンジン」価格は基本パッケージ 500万円から。提供形態はパッケージ納入。機能詳細はサイトから。

 中小企業の経営をブランド構築の視点から支援するブランドマネジメントコンサルティング(鳥取県米子市、岩崎 仁代表)は、6月5日から正式にサービスを開始すると発表した。

 現在、β版としてオープンしているホームページでは、企業のブランド構築に役立つ有益な情報を多数掲載している。それらの情報を活用し、ブランドを本当に必要としている企業がブランド構築の大切さと正しい構築の仕方を理解・実践してもらうための一助としたいとしている。サービスの詳細等は問い合わせ。

07053105.jpg システムファーム(名古屋市中区、平井 和政代表)は、「グリーンシーラス」のブランド名で、キャンプなどのアウトドアレジャー向けに開発した物干し用具「フィールドドライ」を、今夏シーズンに向け本格的に発売する。

 アウトドアシーンで物干しとして設置するための高い自由度を実現。たとえば、片方をタープの支柱や樹木などに引っかけて、もう一方は地面にペグで固定するといった、これまでの物干しにない設置のスタイルを可能にしている。シンプルな構造の中に、干し物の落下を防ぐ抑え機能や通し掛け機能を一体化して備えるなど、アウトドアでの多様な使用場面を想定した工夫を施している。価格は2,600円(税別)。購入はアウトドアショップまたは製品ホームページから。

 空間データの制作・管理を行うジオバンク(東京都港区、川添 勝貴代表)は、道路実写映像閲覧ツールとして、3次元実写都市映像地図データベースの構築を実現し、アプリケーションとして『道ナビ1.0』の販売を始めた。

 『道ナビ1.0』は、道路実写映像を元にインターネット上で目的地までの案内動画を閲覧できるツール。幹線道路だけでなく、住宅街等の細い路地までをカバーし(カバー率90%)、機能としては、再生・停止・早送り・巻き戻しを装備している。映像と連動して地図上の現在地マーカーが移動し、目的地をゴールマークで知ることができる。

 導入費用は1ファイル定価105,000円(消費税等込)とし、月額管理費等は不要。2007年5月から2ヶ月間はテスト販売としてキャンペーン価格1ファイル47,250円で提供している。パートナーシップを締結した販売チャネルを通し、不動産業界を中心に販売をしていき、年内1000ファイルの販売を見込んでいる。

 ハッピーコム(東京都港区、戸田 江里子代表)が、主催する「ハッピーコムデジタルスクール」では、6月5日(火)14:00〜16:30、同社研修室(東京都港区南青山)で「ビジネスモデルで解くセカンドライフ」セミナーを開催する。セカンドライフを概要だけでなく、Eビジネスの観点から実践で活用できるノウハウを習得いただくことを目的としたセミナー。講師は押切孝雄(おしきりたかお)カティサーク代表取締役。プログラムは「セカンドライフ」成功と失敗を分けたビジネスモデルとは、今後の可能性、講師との懇親など。参加費5,000円(テキスト代含む)。お申し込み・詳細はサイトまたはメールでハッピーコム研修事業部まで。

07053101.jpg 各種健康測定機器、健康コンテンツなどの企画開発を行う誠鋼社(東京都千代田区、松村 秀一社長)は、超音波を使い手軽に「体脂肪」と「部分脂肪」を測定することができる「超音波皮脂厚計SM306」の販売をしてきたが、この度、新たな痩身指数として注目されている“BFI指数”の測定に対応した新機種「BFIメジャー超音波セット」を新発売する。

 「BFIメジャー超音波セット」は、この『BFI指数』を計測する唯一の測定機器となる。超音波を使用し、全身8箇所の部分皮下脂肪を自動計測することで、全身体型のマトリックス、部位別のBMI数値などを算出。部位毎の脂肪厚も瞬時に分かる。さらに「現在の体型から○kgやせたらこうなる」というイメージ画像を、デジカメで撮影した全身画像データと数千人の皮下脂肪厚のデータからシュミレーションする「イメージフォト」機能を追加している。メーカー希望小売価格は1,960,000円(税別)。フィットネクラブ、エステサロン、接骨院、学校保健施設など美容、運動、健康市場に拡販する。年間300台の販売を目標としている。

 北日本高原開発(岩手県二戸市、小保内 祐一代表)は、スキーを始めとするウィンタースポーツ関連の商品を取り扱うオンラインショッピングサイト「Ski online store」を全面リニューアルした。同サイトは、小売店では手に入りにくい、またはこれから立ち上がるウィンタースポーツ関連のブランドを中心に提供している。例えばPREDATOR WEAR(プレデターウェア)、AERYX CLOTHING(エイリックス)、ZICOLLE(ジコレ)などを扱っている。PREDATOR WEAR、AERYX CLOTHINGはアメリカのブランドで日本での取り扱いは非常に少ない。また、ZICOLLEは最近立ち上がったばかりのスノーボードブランド。今後もこのコンセプトに基づき取り扱いブランドを増やしていく予定。ウィンタースポーツ関連の情報なども積極的に配信していきたいとしている。

 リニューアルオープンと同時にSALEを開催し、今シーズンモデルのスキーウェアを中心に期間限定の特価で提供している。SALE期間は2007/5/22〜6/30まで。

 

 リビリィ(新潟市、永井 正喜代表)は全国の新築マンションを対象に、売れ残りで「値引分譲」または「家具等の無料プレゼント」のお買い得物件を情報収集し、提供する『新築マンション検索サイト livily 』をオープンした。

 従来サイトは広告主が有料掲載した物件だけで、情報が網羅されていない欠点があった。同サイトでは広告主の有無に関わらず、全国全ての新築マンションを掲載。これにより分譲中の新築マンションを全て検索できる。また、日本初の独自の情報収集により売れ残り在庫で「値引きされた物件」または「モデルルームで使用した家具、エアコン等をそのまま無料プレゼントの物件」をお買い得な“アウトレット物件”として一覧できる。

 この2つの情報を常に収集・提供することで、マンション購入予定者の利便性を高め、さらに売主に対しても、特に在庫の販売促進に役立つとしている。

 

 独自ドメインウェブショップの総合支援を提供するEストアー(東京都港区、石村 賢一代表)は、1999年9月より提供開始し、現在約20,000社が利用する「サイトサーブ」を、より高機能で利便性を追求した「サイトサーブ2」へ一新。2007年5月31日にスタンダードプランの「serVerシリーズ」を、また6月下旬にはウェブショップ機能を追加した「Shopping cartシリーズ」を提供開始する。

 「サイトサーブ2」serVerシリーズの特徴は10GBからの大容量でデータベース標準装備、Movable Type対応標準装備(v10Gを除く)、24時間365日ダブル監視―など。料金プランは、ドメイン管理がEストアーの場合、ドメイン更新料込みで「v10Gコース」(ディスク容量:10G)開通料:39,800円、月額費用:4,480円から。 

 リクルートが運営する人材派遣の仕事情報サイト「リクナビ派遣」(編集長:堂薗稚子)は、2007年5月28日(月)、働きたい職種・場所の平均時給をリアルタイムに算出できる「平均時給チェック機能」を追加する。

 これまで「リクナビ派遣」では、定期的に職種ごとの平均時給を算出、掲載してきたが、時給相場は日々変動し、勤務地によっても差が生じていた。

 今回新たに追加した機能は、リクナビ派遣に掲載されている約4万件の求人情報のなかから、ユーザーが指定した条件にあてはまる求人の時給平均値を計算するもの。これを利用することで、例えば、「港区の一般事務で、未経験歓迎の仕事の平均時給」など、ユーザーが働きたい条件に最も近い時給相場をリアルタイムに調べることができるようになった。また、平均時給以上の仕事情報を検索することもできるようになり、ユーザーの利便性が向上する。

 「リクナビ派遣」は2004年4月にオープンした、リクルートが運営する人材派遣の仕事情報サイト。毎日3回更新される約4万件の人材派遣の仕事情報から希望の職種や勤務地、駅・沿線、未経験歓迎などのこだわり条件を指定して、自分の希望に合った仕事を簡単に探すことができる。紹介予定派遣や派遣先を公開しているお仕事情報も多数掲載している。

 ヒロコレッジ(東京都台東区、高橋 理子代表)は、大胆でグラフィカルなデザインで人気を集めるアーティスト・高橋理子(たかはしひろこ)デザインの新作浴衣を発表、販売を始める。

 2007年新作浴衣は●くれまちす(東京都杉並区西荻南3-10-6、5月26日(土)〜6月3日(日))●Wargo de Rougo(東京都渋谷区神宮前4-3-21、6月1日(金)〜6月29日(金))●義志東京本店(東京都渋谷区神宮前5-17-8、6月15日(金)〜6月24日(日))、●大丸 梅田店(大阪府大阪市北区梅田3-1-1、6月20日(水)〜7月3日(火))●ラフォーレ原宿(東京都渋谷区神宮前1-11-6、7月7日(土))●渋谷パルコ(東京都渋谷区宇田川町15-1、7月14日(土)〜7月22日(日))の日程で発表・販売する。販売価格帯は浴衣39,900円から/帯24,000円から。 

 エイ・アイ・シー(東京都渋谷区、坂本 佳昭代表)は、ネイルケアサロンに毎月通うように、気軽に歯を白くできる専門サロンを事業化し「ホワイトエッセンス」というブランドで全国展開を図っている。その一貫として6月2日プロメナ神戸に出店すると発表した。

 「ホワイトエッセンス」は、現在、銀座や横浜の首都圏を中心に全国22店を展開しており、今後も続々と出店を予定している。ホワイトエッセンス式ホワイトニング(前歯12本の範囲/45分)は10,500円。神戸初出店記念(キャンペーン)として2007年07月02日までご予約の方・お一人様初回のみ20%offの8,400円で提供する。

 Nero (横浜市都筑区、Charly Lippoth チャーリー・リポース代表)は、Linux版ライティングソフト『Nero Linux 3』(ネロ リナックス スリー)を、Neroオンラインショップで2007年5月24日から販売を始めた。ダウンロード販売で価格は2,980円(税込み)。

 『Nero Linux 3』は安定性のある高性能ライティングソフトの開発で高い評価を得てきたNeroがLinux OS用に開発したライティングソフト。CDやDVDといった従来の光ディスクに加え、次世代光ディスクとして注目を集めているブルーレイディスク、HD DVDへのデータ書き込みが可能。次世代光ディスクへの対応はLinux用ライティングソフトとして初となる。

 UDFへの完全対応によりLinuxプラットフォームのライティングソフトウェアとして初めて、ブルーレイディスク、HD DVDへのデータ書き込みに対応した。64ビットをネイティブでサポートしているので、64ビットOSでの安定した動作が実現できる。「SmartDetect」テクノロジーを搭載しているので、PCに接続されているドライブを自動的に認識する。新型ドライブを使用している場合も、ソフトウェアのアップデートを待たずして使用できる。

 Windows用ライティングソフトとして高い評価を受けているNero Burning ROMのデザインを踏襲したユーザーインターフェイスを採用。データライティングの高い性能に加え、使いやすさも同時に実現している。ユニコードへの対応により、日本語を含む26言語に対応。国内外の支社間で同じソフトを利用したい企業などにも最適。データライティング機能に加え、オーディオ関連機能を搭載。音楽CDのリッピングや、Ogg、Flac、WavおよびMP3のオーディオファイルの変換が可能。またFreeDBを使用して、インターネットを通じた音楽CDのタイトル名や曲名、アーティスト名といった情報の取得が可能となっている。

 ウェブインテグレーターのネクストソリューションズ(東京都渋谷区)は、アメリカンカジュアルの最高峰セレクトショップ、「UrbanOutfitters(アーバンアウトフィッターズ)」のPCオンラインストアとDocomo公式サイトを5月21日付けでオープンした。

 「UrbanOutfitters」は、アメリカ、カナダ、ヨーロッパを中心に103店舗展開しているセレクトショップであり、ネクストソリューションズはUrbanOutfitters社と独占契約を結び、日本で初めての公式Webショップを展開する。アメリカで絶大な人気を誇るアーバンアウトフィッターズの各店内は、カジュアルでありながら自分のライフスタイルに拘りのある人達に向け、独特の感性を取り入れたユニークなディスプレー展開を行っている。主に、F1層(20〜34歳の女性)、M1層(20〜34歳の男性)の、カジュアル嗜好でありながら独自のライフスタイル感を持っている人達をターゲットとし、Women'sウェア・Men'sウェア、アクセサリーおよびフットウェアからインテリア、ギフト、ノベルティまで、ライフスタイルを充実させるための商品を幅広く取り扱っている。

 ネクストソリューションズはインターネットビジネスに関わるコンサルティングからシステム構築と運用をトータル的に提供、東京・大阪・アメリカ(NYとLA)・中国(上海と瀋陽)と多拠点で事業を展開しているため、クロスボーダー案件を得意としている。

 

 リクルートエージェント(RAG、東京都千代田区、村井 満社長)及びリクルートエグゼクティブエージェント(R-EX、東京都千代田区、松園 健社長)は、2007年6月1日(金)より、慶應義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネススクール)(KBS、横浜市港北区)と協力し、在校生及び卒業生を対象に経営幹部候補としてのキャリア形成支援サービスを始める。

 RAGは2005年10月に事務系幹部グループを立ち上げ、経営幹部の人材紹介に注力してきた。また、R-EXは2001年4月に設立され、経営ボード人材のキャリアプロモーション事業を展開している。現在、経営幹部の採用状況は、ベンチャー企業だけでなく国内大手企業、外資系企業など多岐にわたってニーズが高まっており、多くの企業が、若手人材の採用とともに経営幹部または経営幹部候補の採用も急務の課題として掲げている。そうした課題解決を目的に、RAGおよびR-EXは今年6月よりKBSと協力し、在校生を主な対象に卒業後、経営幹部候補として活躍できる求人の紹介/キャリア相談を行う。

 具体的には、KBS専任チーム(RAGは担当2名/R-EXは事業企画室内に専門窓口を設置)を設置、キャリア相談/企業の採用動向や具体的な求人情報等を提供し、今後のキャリア形成そしてキャリアステージの選択をサポートする。また、慶應ビジネススクール在校生及び卒業生限定就職支援サイト「KBS-Career Service.com」へ求人情報を提供するとともに、KBS在校生/卒業生と企業経営者を繋ぐ採用イベントや交流会の開催―などを行う計画。

 RAGおよびR-EXはこうした活動を通して「経営に関わる仕事やビジネスモデルを構築する仕事がしたい」という人材と将来の幹部候補を求める企業、双方の可能性の拡大につなげたいとしている。

 

 インターワイヤード(東京都品川区)は、ネットリサーチサービス『DIMSDRIVE(ディムスドライブ)』

『ガーデニング』に関するアンケート調査を行い、お手入れの頻度や情報収集の方法、今後のガーデニング意向などについて、調査結果をまとめた。

 それによると、現在自宅でガーデニングをしている人は40.3%「以前はしていた」人は17.6%で『自宅でのガーデニング経験がある人』は57.9%と約6割だった。「したことはない」人は41.3%(N=5949)。

 現在自宅で、かつ自分でガーデニングをしている人(N=1930)に、"手入れの頻度"を尋ねたところ、最も多かったのは「週に1〜2回」の35.8%であった。次いで「週に3〜4回」21.5%と続き、「ほぼ毎日」17.4%と続いた。『週に1回未満』と、手入れの頻度が低い人は23.4%、また、「現在は手入れをしていない」人は1.3%だった。

 "ガーデニングをしている理由"については、「植物があったほうが良いから」が最も多く61.0%、次いで「花や草木が好きだから」60.5%となった。僅かな差ではあるが『好き』という理由よりも『あった方が良い』という理由でガーデニングをしている人が多い結果となった。以下、「季節を楽しむため」56.3%「癒やされるから」53.0%「家の雰囲気作り」36.5%と続き、「収穫して食べるため」と回答した人も33.9%と3割以上だった。30%を超えた項目は7つと多く、複数の理由でガーデニングをしている人が多い事が伺える。

 ガーデニング道具や、花・苗木などの購入場所については「ホームセンター」が81.3%で断トツに多く「園芸・ガーデニング専門店」の50.4%「花屋」20.2%を大きく上回った。以下、「ディスカウントストア」19.9%、「スーパーマーケット」15.5%と続いている。

 "ガーデニング情報の入手経路"については、「インターネット」44.6%、「ホームセンターなど」43.4%「花屋・園芸専門店」29.7%「テレビ」27.5%「園芸専門雑誌」26.7%と続いた。【購入場所】は「ホームセンター」が断トツに多かったが【情報収集経路】は「ホームセンター」よりも「インターネット」の方が上回る結果となった。

 また、『店』に関する項目では専門店よりもホームセンターで情報を入手すると回答した人が多く『メディア』に関する項目では、テレビや専門誌をインターネットが大きく上回った。

 現在自宅でガーデニングをしていない人(N=3552)の"今後のガーデニング意向"は「とてもしてみたい」8.4%「少ししてみたい」47.2%で『してみたい』と回答した人は55.6%と半数を超えた。一方、「してみたいとは思わない」という人は34.9%であった。調査結果の詳細はサイトから。

 インビュー(東京都千代田区、飛永 靖史代表)は、デジカメで撮った画像などを

アップロードするだけで自動的にZoomできる画像に変換する無料サービス「Zoom- It!」を始めた。

 高画素のデジカメで撮ったキレイな画像も、ホームページで利用するには解像度を下げなければならなかったが、同サービスを利用することで高画質のキレイさをそのまま、ホームページで利用することができる。

 ユーザーは、デジカメで撮ったキレイな画像をアップロードするだけで、自身のホームページ上で、好きな所を好きなようにZoomできるキレイな画像を利用することができる。

 使い方は超簡単。1)ユーザ登録をする2)画像をアップロードする3)Zoom画像が自動的に作られる4)自分のサイトやE-Mailで公開―わずか4ステップでZoom画像に変身する。

 例えば、自身で撮った写真を、このサービスを利用しZoomできる画像に変えて、自身のホームページで利用することで、好きなところを拡大・縮小して画像を見ることができるようになる。また、ホームページの閲覧者にも同様に画像を拡大・縮小などして、好きなところを好きなように見て、楽しんでもらうことができる。

 サービス期間は7日間。サービス期間中に利用できる画像数は、一人(一社)3画像まで。データサイズは10MBまで/1画像。画像形式はJPEGとなっている。

 

 マルチメディアプレーヤー「リアルプレーヤー」、およびソフトウェア開発大手のリアルネットワークス(東京都新宿区、ダグラス・カプラン社長)は、エンターテイメントポータル「リアルガイド」で、昨年12月から一部会員向けに"無料動画サービス"の実験サービスを提供してきたが、5月28日から正式オープンし、サービスを始めた。

 提供する『無料動画サービス』は、リアルプレーヤーの利用促進を目的とした無料動画サービスで、利用条件はリアルガイドへの会員登録(無料)。視聴には、最新版のリアルプレーヤーが必要となる。リアルプレーヤー(無料)はサイトから、インストールが可能。リアルガイドはこちらから。

 タイトル数は現在、100タイトルで今後毎週、追加予定。月間90万ダウンロードされている「リアルプレーヤー」会員、及び30〜40代の世代にむけて、グローバル企業としてのコンテンツ調達力を活かした「日本未公開の海外映画、ドラマ、ドキュメンタリーなどを揃えており、今後は実用・趣味・リアリティーなどのジャンルのコンテンツを揃えていく予定としている。

無料オープンサービス後、9月から「月額の見放題サービス」を予定している。配信方式はリアルネットワークスが提供する最新コーデックRealVideo10 により、高画質で提供している。

 筑波大学(茨城県つくば市、岩崎 洋一学長)は、将来のわが国を担う技術者育成に向けた新しい教育プログラムの開設を目的として、先端ITベンチャー企業との連携によるET(EmbeddedTechnology)技術者養成プログラム「組み込み技術キャンパスOJT」を開設する。多種多様な情報技術(IT)の中、組み込み技術(ET)は、日本が育み世界市場で先導的役割を果たしているが、近年、産業界からはET技術者の不足が指摘されており、その育成は教育機関の急務となっている。すでに、筑波大学は、文部科学省の「先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム」に採択され、大学院教育において産業界との連携のもとでET技術者の育成に注力しているが、同分野において更なる教育効果の向上をめざして、先端ITベンチャー企業との連携によるET技術者養成プログラム「組み込み技術キャンパスOJT」を筑波大学情報学群(平成19年4月新設)において開講することを決めたもの。

 ペット商材の販売・物流事業を営むヒノキ(岡山市、近藤 隆裕代表)は5月22日、中国5件の約630社でつくる中国地域ニュービジネス協議会(広島市中区)が、独創的な事業に取り組んでいる企業を表彰する「第15回中国地域ニュービジネス大賞」 の大賞を受賞した。

 大手卸問屋と提携し小売店(通販店)と一体化することで流通を簡素化、効率化したビジネスモデルの展開などが評価された。

 このビジネスモデルは、現在同社の新しい流通システムとして、通販事業者各社に活用されている。今春、Web上のペット問屋「商品マスターサーバー」の稼動も予定しており、「問屋発ドロップシップ」を積極的に進めていく方針で、更なる物流の効率化を目指していくとしている。

07052907.jpg 東伊豆町観光協会(静岡県賀茂郡)では、2007年6月8日(金)〜24日(日)の間、大川温泉 竹ヶ沢公園で『ほたる観賞の夕べ』を開催する。開催時間は19:00〜21:00(雨天中止)。周辺各駐車場や伊豆大川駅よりメイン会場入口までシャトルバス送迎あり。

 澄み切った水と池を中心とした元県会議員木村家の別邸「竹ヶ沢公園」は「静岡県水辺100選」に選定された美しい日本の四季を感じさせる自然庭園。移りゆく季節の息吹を感じ、ゆったりと流れていく時間を楽しめるこの公園では、季節になるとその清流に蛍が舞う。イベント期間中には暗闇の中をちょうちんを持って歩く「ちょうちんウォーク」や地元地場産品販売などの「ほたる市」が出てにぎわう。

 期間中、東伊豆町旅館組合加盟旅館に宿泊すると「ほたる観賞の夕べ」会場で行われる「お楽しみ抽選会」に参加できる。東伊豆まち温泉郷ペア宿泊券、雛のつるし飾り、当日出店お買い物券などが抽選であたる。

詳しくはホームページから。

 

 フロントライン(東京都世田谷区、渡邊 毅幸代表)は、USBメモリやUSBディスクを安全に活用するためのWindows Vista対応の「USB安全活用マスター」を、2007年6月22日に発売する。

 「USB安全活用マスター」は、USBメモリやUSBハードディスク(USBディスク)を、バックアップ保存先或いはデータの移動用として日々活用されている方に、より簡単な手順で安全にデータの持ち運びができるように、パスワード付きのフォルダの同期とバックアップ、USBドライブ自体の暗号化機能、メールやIEの設定などの自分のPCの環境を持ち出す機能、さらに万全のセキュリティ対策としてUSBディスク内のデータの完全消去機能を搭載した。

 価格は通常版(1ライセンス)3,990円(税込み)、アカデミック・パブリック版(1ライセンス)3,150円(同)、ダウンロード版(1ライセンス)2,940円(同)。

 イベントコンサルティング会社の、インタークロス・コミュニケーションズ(東京都千代田区、伊藤 智巳代表)は、イベント開催に必要なツール・人・情報を扱う企業を一挙に集結した展示イベント、『イベントツールコンベンション』を2007年5月29日(火)〜30日(水)、東京・大森ベルポートアトリウムで開催する。入場無料。

 イベント会社、広告代理店、流通業、放送局、一般企業、自治体等のイベント業務担当者など幅広い方を対象としている。イベント企画・運営に欠かせないアイテム、エンターテイナーの紹介、情報発信関連の企業等、多彩な企業が参加している。

 開催期間中は、イベント支援ならではの視点から、エンターテイメントあり、サプライズあり、感動ありの開催内容。 体験企画、パフォーマンス盛りだくさんの新感覚イベントとなっている。

 不動産情報ポータルサイト「HOME'S」を運営するネクスト(東京都中央区)は、首都圏、京阪神在住の持ち家所有者を対象に、住まいのリフォーム実態調査を実施した。

 それによると、住まいのリフォーム検討のきっかけについて、トップは「住まいの全体的な老朽化が気になったため」(26.2%)。そして21.8%の回答者が「住まいを自分の理想やイメージに近づけたかったから」と回答している。

 リフォーム依頼先を住宅種別で比較したところ、マンションリフォームではリフォーム専門会社、一戸建てリフォームでは工務店がそれぞれトップ。会社選定理由では「担当者の態度や人柄が良かった」(30.5%)ことが、「金額に納得感があった」(26.8%)を上回ってトップとなっている。

 実施したリフォームの総合満足度については、全体の8割以上が「非常に満足」、または「満足」と回答。「施工技術」や「現場でのマナー」が不満点に挙げられている。「不満」の理由としては「職人・リフォーム会社の腕・施工技術に不満」(36.5%)がトップ。「職人・リフォーム会社の施工中のマナー」(23.8%)も不満点として挙げられているという。詳しくは【HOME'S リサーチ】"住まいのリフォーム実態調査2"から。

 リクルートのエンジニアのための『仕事・職場・転職』応援サイト「リクナビNEXT Tech総研」は、約1600人のエンジニアに行ったアンケート調査で、「海外と関わる仕事をしている」と応えたITエンジニアの比率は、24%もいることが分かったという。かつて「海外と関わるITエンジニアの仕事」といえば、外資系ベンダーなどで働くエンジニアが、海外の本社と情報をやりとりしつつ、という程度が主流で外資系以外の企業ではあまり聞くことはなかった。輸出や海外生産などをいち早く展開してきた自動車や家電など、他の製造業に比べると、エンジニアが日常で、直接海外と関わる機会は、それほど多くない業界だったといえるかもしれない。

 シーネットネットワークスジャパン(東京都千代田区、大日 健社長)は5月1日、IT関連のコンテンツ企画制作会社であるランディス(東京都新宿区、真野 祐樹社長)の全株式を取得し、シーネットメディアソリューションズ(CNET Media Solutions K.K.)として新たに展開していく。シーネットメディアソリューションズ設立の目的は、インターネットを利用した企業情報の発信や、顧客とのコミュニケーションが重要度を増している現在、IT業界に特化したマーケティング活動のサポートを行える企業として設立したもの。企業は、顧客、潜在顧客、ビジネスパートナー、社員、株主など情報伝達先は多岐にわたり、そのすべてにしっかりとしたメッセージを伝えなくてはならない。新会社は、単にコンテンツを創るだけではなく、企業のメッセージをいつ、誰に、どうやって伝えるのかを共に考え、実行できるマーケティングサポートカンパニーとして、事業を展開していくとしている。

 事業者向けに情報提供サービスを展開しているイー・クラシス(東京都渋谷区、宮下 崇俊社長)は、自社の運営するビジネスポータルサイト「フィデリ」の会員数が、80,000会員を突破したと発表した。

 「フィデリ」は、2002年5月より、ビジネスに特化した様々なサービスを、あらゆる角度から展開・提供しているビジネスポータルサイト。現在の提供サービス数は33に上っている。

 会員登録を行うことで、企業情報調査や新規取引先の開拓、事業者向けローンや保険の検索、ビジネスセミナーの告知や受講申込、フランチャイズ情報の資料請求等、「フィデリ」が提供する様々なサービスを横断的に利用することができる。

07052812.jpg 日本三大石製品産地、愛知県岡崎市で墓石用免震システムメーカーを開発している安震(愛知県岡崎市、杉田 規久男社長)は、4月の能登沖地震をはじめ、新潟中越地震など昨今の大きな地震の急増により、免震に対する意識が高まっている反面、お墓の免震には意識がいかないとして、お盆を前に警鐘を鳴らしたいという。

 

 携帯向けショッピングサイト構築運営システム「aiship」を提供するロックウェーブ(滋賀県大津市)は、デジタルリテイリング(大阪市西区、土井 丈二社長)と商品データおよび商品提供に関し業務提携した。

 aishipの特徴の1つとしてドロップシッピングに対応しているという点があり、このドロップシッピングの商材を、デジタルリテイリング社が提供することで、さらに充実した商品ラインナップを提供できるようになった。

 

※ドロップシッピング:メーカーが卸している商品を、再販者がWEBサイトなどで販売し、顧客が注文するとメーカーから直接商品が届けられる、新しい形の通販システム。在庫を持たずに通販が行えるのが特徴。「aiship」では自社商品とドロップシッピング商品とが併売できるシステムを導入した。

 お世話になります。荒木スミシと申します。

 神戸児童連続殺傷事件から早いもので10年を迎えます。私の著書である「シンプルライフ・シンドローム」が事件の原作だと、報じられてから10年でもあります。

 小説は00年、幻冬舎でメジャー出版され、各誌で取り上げられました。

 書かれているのは当時では「一部の若者たちの現象」と思われていた「透明=心の不安定さ」です。

 しかし07年となった今や、すでにこの「不安感」は「当たり前」となったように思えます。

 言わば、現代の「心の不安定さ」の原型を予知するように書かれたこの小説を作者としては、再度、現代に問い直してみたい気持ちです。

 10年が経ったということで、10年分冷静に事件のことを語れるようになった、あるいは、見えてきた部分もあります。そこでまずはWEB上に「10年目の透明な存在」という企画を立ち上げることとしました。

 以下がURLになります。「10年目の透明な存在」WEB SITE http://www2u.biglobe.ne.jp/~sumishi

 ご多忙のところ、このような形のコンタクトで失礼いたしました。

 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

                          荒木スミシ

 学生マンション・学生会館の企画開発・仲介斡旋を行う英貴(滋賀県大津市)の東京支社(東京都新宿区、南雲 聖運支社長)は、高齢者住宅(有料老人ホーム、高齢者マンション)の仲介業を開始し、それに合わせ高齢者住宅検索ポータルサイト『65+(ローゴプラス)』を6月5日(ローゴの日)にグランドオープンする。その専門スタッフとして65歳以上限定でスタッフの募集を始めている。

07052808.jpg プラスゲイン(岐阜県高山市、今井 正博代表)は、VOLXブランドより車載モバイル端末ホルダー「VOLX フレキシブルマウント オクトパスWX-22」の販売を始めた。2007年5月24日より、全国のカー用品店、インターネット販売サイトおよびオンラインショッピングサイト「プラスダイレクト」で販売する。

 店頭売価は 2,980円(税込み)を予定している。

07052818.jpg コンピュータをはじめとする情報関連雑誌と実用書の発行を行う技術評論社(東京都新宿区、片岡 巖代表)は、

ブラウザ上で操作するワープロと表計算の使い方を解説する書籍『Google Docs & Spreadsheetsの使い方』(定平 誠 著)を発刊した。5月中旬から全国の書店、およびWEB書店で販売している。 A5判 / 192ページ、定価1764円(本体1680円)。

 売り上げをアップさせるWebサイト制作を得意とするWeb制作会社ティファナ・ドットコム(東京都目黒区、藤井 亮社長)が手がけたWebサイト「ケイアイスター不動産・カレリア大泉」が公開された。

 ケイアイスター不動産(埼玉県本庄市、塙 圭二代表)は分譲住宅、新築一戸建てなどの住宅販売事業を手がけている。住宅デザイン・プランニングを手がけ、埼玉・群馬・栃木・千葉と関東圏をカバーしており、さらには九州にも事業展開中の注目の企業。2007年4月からは、TBS「イブニング ファイブ」にて、TV CMも放送している。

 広告代理業を中心に、ホームページ制作・通販などを手がけるアドニス(大阪市北区、関谷 宏之代表)は、大阪市内の小売店・飲食店・サービス業のお店が、販売・来店促進、顧客フォローを無料でかつ効率的に実現できるポータルサイト「ショップゲート<大阪市内版>」を、2007年5月28日からスタートする。特に携帯電話からの簡単に利用できるようになっている。

 エクスネット(東京都新宿区、渡辺 勇代表)は、ISO27001に準拠したリスクアセスメントの支援ソフトウェア「Secure-Method Suite/Asset&Risk Adviser(SMS/ARA)バージョン2.1」を発表した。

 Secure-Method Suite(SMS)は、ISMS認証取得支援ツール(SMS/Asset&Risk Adviser)プライバシーマーク支援ツール(SMS/P-Mark Adviser)セキュリティツールE-Learning(SMS/E-Learning)情報セキュリティ運用支援ツール(SMS/Operation&Audit System)の4つの製品からなるセキュリティ支援製品群。今回発表するSMS/ARA は、ISO27001認証取得支援と取得後の運用のためのソフトウエアパッケージとして開発され、多くのユーザーに利用されている。今回、資産グループ毎の承認機能の追加、資産の検索条件の拡充、PDF出力機能の充実―などの機能強化を実施し、Secure-Method Suite/Asset&Risk Adviserバージョン2.1として販売開始した。詳細および価格は問い合わせ。

 エクスネットは、トータルセキュリティソリューションを提供。ISMS構築支援ツール、プライバシーマーク認証支援ツールの販売及びコンサルティングのほか、セキュリティポリシー策定から運用までの各フェーズでのセキュリティソリューションを提供している。

 

 電源設備メンテナンスのため、5月25日(金)午後7時 〜 5月28日(月)午前10時までサーバを停止致しますので、全てのサービスを停止します。この期間、たとえ当該ページなどにアクセスできたとしても正常動作の保証はいたしかねますので、ご注意ください。

 コグニティブリサーチラボ(東京港区、苫米地 英人代表)は、サイバーセルフ型次世代P2P伝送技術を利用して、世界初のハイブリッドP2P型IP双方向配信によるネットライブ選挙広報システムの実用化に成功。第一弾として、本年度夏の参議院通常選挙に向けて、民主党所属議員向けに提供すると発表した。

米国ではYouTubeの登場により大統領選挙がYouTube選挙と言われるまでにネットを利用した選挙広報活動が活発化している。一方、YouTubeで代表される中央サーバ型動画配信は、1)録画コンテンツに限られる、2)視聴時間が3分から10分程度に限られる、3)大規模配信コストが極めて高く、デジタルディバイドによる格差を助長する―などの欠点がある。

 同システムでは、MPEG等の既存の動画像エンコード技術(CODEC)とは全く異なる離散数理に基づく動画のエンコーディングを独自に開発することにより、ワンセグなどで利用されているMPEG4 AVC/H.264の2倍から8倍(動画データ状況に依拠)の圧縮性能を実現した。

 これによりこれまででは不可能であった、上り200Kbps未満のナローバンドによるQVGA(320×240ピクセル)フル動画配信を実現した。また、上り350KpbsモードによるVGA(640x480ピクセル)配信も実装しており、帯域に余裕がある場合は、極めて高画質な配信が可能となる。これは、一般家庭のADSLの上り帯域性能やモバイルデータ通信カードの上り通信速度から計算して、ぎりぎりの上限速度となる。

 また、独自CODECであるため、エンコーダ/デコーダライセンス料の発生がなく、1000万人オーダの配信も超低コストで実現可能となった。

07052510.jpg 美容商材から健康グッズまで手がける素数(東京都渋谷区、足立 哲男代表)が、2006年11月より発売を開始した、新型角質とり「SCRATCH(スクラッチ)」が30万本出荷のヒットとなっている。

 「面白いほどボロボロとれる」のキャッチフレーズが示す通り、銀色の筒(SCRATCH)でかかとや手の角質を軽くこすると、古くなった角質がパラパラ落ちる。更に筒の中に溜まったものを付属の黒い棒で押し出すとニョキっと大量の角質が目に見えて出てくる。

 この爽快感と面白さが年代を問わず話題を呼び、バラエティストアやインターネット通販、TV通販などで大ヒットとなっているという。

 オーダーメイドブライダルインナー大手で、ウェブサイト「ブライダルインナー・ジャパン」「ピュアネット・ブライダルインナー」を運営するピュアネット(東京都目黒区、大竹 祐司代表)は、これまで行ってきた5ミリ単位でカットしながら仕上げるウェディングドレス用オーダー下着に更なるオリジナル性を持たせる為「デザイン」「レース」「生地」を花嫁本人が選べるサービスを日本で初めて2007年5月下旬からスタートさせる。

 青果卸のエコロジーファーム(東京都港区、関根 雄二代表)は、厳選された野菜を使った野菜スイーツなどの加工品を新たに販売を始めた。

 「おいしい野菜えらび12か月」の著者であり、築地青果市場の朝の顔としてもお馴染の野菜のプロ関根雄二がプロデュース。材料から厳選し、スイーツの専門家がそのコンセプトに従って作り上げたまさにこだわりの逸品となっている。

 まず新発売したのは“野菜ダイエットクッキー”で、かぼちゃ、さつまいも、にんじん、抹茶(各原材料:国産)の4種類8食分を1セット2,980円(税込み)で販売。以後、季節によって、旬の野菜を追加・変更を行っていく。購入は楽天ショップから。

 訪問歯科診療支援事業を東京都内で展開しているフォーユーメディカル(東京都墨田区、廣田 祥司代表)は、兵庫県神戸市に新拠点を2007年6月1日に開設、サービスを始める。新拠点の所在地は東灘区深江北町3丁目4番12号 クレイントトヤミチ302。 

 訪問歯科診療とは、歯医者さんに通院困難なお身体の不自由な方やお年寄りのために、地域の歯科医師が自宅・病院・施設に訪問して歯科治療をおこなう医療サービス。フォーユーメディカルでは、地域の歯科医院と業務提携し、患者のスケジュール管理から訪問歯科診療に付随するサービスをサポートしている。訪問歯科診療の対象者は、歯科医院への外来通院が困難な方に限られるが、歯科医院で行うほとんど全ての治療を自宅や施設で受けることが可能。費用は、診療は通院と同様に [ 医療保険 + 介護保険 ] 。交通費、出張費等の費用は一切かからない。すべて保険診療扱いで、保険の種類により患者の負担額は異なっている。

 リクルート(東京都中央区、柏木 斉社長)が発行する通販マガジン『eyeco(アイコ)』2007年夏号が5月21日に発売された。

 『eyeco(アイコ)』は「良質」&「エコロジー」をコンセプトに、世界中から選りすぐりの商品を集めた通販マガジン。2005年3月の季刊創刊から丸2年が経ち、前々号から全国化。全国の皆様からも順調に支持されている。誌名の『eyeco』は「eye×eco」の造語で、アイには(1)モノを選ぶ確かな目・・・「目利きのアイ」(2)自分の価値観で選び自分らしい生活を楽しむ…「自分のアイ」(3)モノを愛し環境を愛する心・・・「愛のアイ」―の3つの意味がある。同誌で紹介するエコなモノ達と一緒に暮らす素敵なライフスタイルを「eyecoな生活」として提案している。

 『eyeco』はA4変形判、定価500円(税込み)。詳細はサイトから。

 科学技術振興機構(JST、埼玉県川口市、沖村 憲樹理事長)は「Webラーニングプラザ」で「組み込みシステム技術」「事例に学ぶ技術者倫理」「技術者のための知的財産入門」「ライフサイエンスの基礎−バイオ実験の原理」「安全で快適な都市環境を支える昇降機技術」「燃料電池基礎知識」「社会資本整備における市民合意形成」―の7コースを新たに公開した。

 「Webラーニングプラザ」は技術者・研究者の自己啓発のため無料で提供するeラーニング。インターネットで無料で使え、アニメーション、音声で学べる。一回の学習所要時間は10〜15分程度で気軽に取り組め、自己診断テストにより理解度を確認できる。学習登録しなくても自由に利用できる―などが特徴。

 技術翻訳のトランスワード(広島市南区、仲谷 幸嗣社長)は、自社で培った技術翻訳ノウハウを公開した翻訳教本を通信販売するための専用サイト「翻訳参考書マーケット」を開設。技術翻訳を学ぶ人のための翻訳の本屋さんと位置づけ、プロの翻訳者を目指す学習者向けの教本を販売。5月16日(水)から本格的に運営をスタートした。

 同社では会社を設立した1997年の翌年、1998年に仲谷代表の初の著書として『テクニカルライティングと技術翻訳の秘訣』(2000円・税込)を 自社で製作・出版。文科系出身の翻訳者の教育用に技術翻訳に必要な技術用語や知識、テクニカルライティングの基礎について公開している。同書はこれまでに4版を重ね、現在も増補版を販売中。もともと社内の新人教育用にまとめた実務的な内容だけに実践的で、トランスワードが主催する翻訳教室の教本としても活用している。

 NEDO技術開発機構(川崎市幸区、牧野 力理事長)は、平成19年度からの新規事業として「新エネルギーベンチャー技術革新事業」を開始する。現在は、公募予告期間となっており、まもなく公募を開始する予定。公募情報をいち早く入手するには、NEDOメール配信サービスに登録してほしいとしている。

 同事業の公募対象は「企業、大学、公的研究機関などの法人」。現在、新エネルギー分野での研究・技術開発を実施されている法人で、この「新エネルギーベンチャー技術革新事業」を通じて、さらに研究・技術開発を成熟させ、新エネルギー分野の開発プロセスにおける市場の獲得につなげようとするもの。新エネルギー分野以外の基盤技術の開発を実施されている法人で、この「新エネルギーベンチャー技術革新事業」を通じて、核となる基盤技術開発をさらに成熟させ、新エネルギーという新しい分野での事業を展開しようとするもの。

 この他、今からベンチャー企業を立ち上げる、あるいは新エネルギー分野での研究・技術開発の実施をお考えの場合は、この「新エネルギーベンチャー技術革新事業」を通じて、専門家集団による支援を受けながら事業戦略を立て、技術を育て、実用化に結び付けようとするもの。

 1979年以来、高い洗浄力を持った環境洗浄剤を開発・製造しているベルギーのエコベール(ECOVER Belgium N.V.、ベルギー・マーレ、CEO ミハエル・ブレマン Michael Bremans)の販売量がヨーロッパを中心に世界の市場でここ数年顕著な伸びを見せている。環境問題の深刻化のなか、日常生活に環境配慮型製品を採り入れたいという消費者が増加傾向にあるという。

 同社の環境洗浄剤は日本でもここ数年毎年60%以上の伸び率で成長、昨年はベルギーから日本への輸出に貢献したことを認められベルギー商工会議所より「日本輸出大賞2006」を受賞している。

 エコベール社では世界で増大し続ける需要に応える生産体制を確立するべく、2007年5月にフランス北部、ブローニュ・シュ・メールにベルギーの本社工場に続き第2のエコロジー工場をオープンした。この新工場で初年、18,000トンを生産、2011年には35,000トンまで増量生産を予定している。

 アイケイ(名古屋市中村区、飯田 裕社長)は、販売実績累計1,500万食の「ローカロ生活」シリーズのラインナップに「ローカロライス(無洗タイプ)」を新たに追加し、5月23日より発売した。

 「ローカロライス(無洗タイプ)」は、一膳(150g)たったの162kcalと通常のご飯に比べ約36%のカロリーオフを実現した。また、通常の無洗米と同じように炊飯ジャーへ入れ、お水を注いで炊くだけの手軽さ。もちろん、余ってしまった時は通常のご飯同様冷凍保存も大丈夫となっている。

 荷姿(207g×5袋)×3袋で価格は5,940円(税込み、送料別)。栄養成分表(炊き上がり100gあたり):エネルギー:108kcal、たんぱく質:0.9g、脂質:0.1g、糖質:25.5g、食物繊維:2.1g、ナトリウム:19mg。原材料:うちち米、でん粉、水溶性植物繊維、こんにゃく精粉、はちみつ粉末、増粘多糖類、トレハロース、グルコン酸Ca、調味料(有機酸)。

 一膳(150g)162kcalの「ローカロライス(無洗タイプ)」は他の「ローカロ生活」シリーズと組み合わせても

おいしく召し上がる事が出来る一品となっている。

07052413.jpg 大韓航空がグローバルスポンサーを務める”Rain's Coming 06/07 Rain World Tour”東京公演に向け、韓国トップアーティストRain(ピ)が自身のラッピング機で来日する。

 ワールドツアー東京公演を5月25日に控え、Rain(ピ)が24日、大韓航空KE701便で来日する。この日の為にKE701便は、通常のB777機からRainラッピング機A330-300機へ機材変更される。このA330-300(機材番号HL7551)は、Rainのアルバム第4作品目のモチーフを施したラッピング機で、製作費約3,900万円、製作に1週間をかけ完成。海外へ進出しようとするRainを象徴するかのように、ワールドツアー期間中、公演各地で運航されてきた。Rainが公演都市へ向かう際にはもちろんのこと、通常の運航スケジュールにも組み込まれ、今年1月以降、時折、関西国際空港や福岡国際空港など日本へも飛来している。春休みに開催された関空スプリングフェスタでも飛来時の写真が公開された。成田空港へは今回が初就航となる。

 ツールボックス(東京都新宿区、田代 秀雄代表)のブランド「Market in Lab」では、【2007 ミラノサローネ】に出展した子供用家具ブランド『baby M.I.L.』のミニチュアサンプルプレゼント当選発表を「Market in Lab」ウェブサイト上にて行うと発表した。

 下記ウェブサイト上で発表している。

「Market in Lab」ウェブサイト【2007 ミラノサローネ】ページ

「Market in Lab」ウェブサイト

07052410.jpg 宮下酒造(岡山市、宮下 附一竜社長)は、「ビア・スピリッツ オールド・独歩」を5月末より限定1,000本で新発売すると発表した。

 「ビア・スピリッツ オールド・独歩」はドイツ産麦芽を100%使用して醸造した独歩ビールを単式蒸留し、熟成用樫樽に5年以上熟成させた蒸留酒類。ビールを蒸留したものとしてはおそらく日本初ではないかとしている。

 香りはビール由来の麦の香りと樽由来の甘い香りが調和し、何とも言えない心地よさ。また、味は熟成した上品な甘みの中に、ウイスキーとは異なるビア・スピリッツの特徴であるアロマホップのスパイシーなアクセントがきいている。最高級の味と香りをお楽しみいただけるという。

 「ビア・スピリッツ オールド・独歩」は、720ml瓶入り、4,725円(税込み)で岡山県内の一般酒販店、スーパー、百貨店、駅、空港で購入できる。また、同社ホームページで発売記念として専用の木箱でシリアルナンバー入りの「ビア・スピリッツ オールド・独歩」を5,250円(税込)で限定販売する。

 リクルート(東京都中央区、柏木 斉社長)が発行する結婚情報誌「ゼクシィ」&結婚情報サイト「ゼクシィnet」は、5月23日(水)より、結婚式を素敵に演出す

るゼクシィオリジナル楽譜&楽曲をダウンロードできる6回連続の企画「花嫁のピアノレッスン」をスタートしたと発表した。今月は、ディズニー映画の「白雪姫」のテーマソング『いつか王子様が』を紹介している。

 コネクト・ワン(東京都新宿区、田中 篤憲社長)は、無料・格安IP電話ソフトSkypeを利用したインターネット通訳システムを核とする新規事業に関して、このたび新事業活動促進法に基づく「経営革新計画」として正式に承認されたと発表した。

 同サービスはPCとインターネットを利用することで、会話する人間の在籍場所を問わずに提供可能。最も困難とされてきたSkypeでの通話分の分数を計測して課金するプログラムの開発に成功することで、会話した時間のみで課金されるリーズナブルな料金体系を確立した。通訳者の在籍・不在はWebページで確認が取れるため、在籍中であれば即時に本サービスの利用が可能となる。(同通訳システムは特許出願中)

 例えば通訳者などがいない中小企業、個人事業主であっても、手軽に国際電話による各種問い合わせ、商談などが容易に行えるようになる。サービス利用に際して特別な機器の設置は不要であり、国際電話料金が無料もしくは格安となる。また、通訳者は在宅でも従事できるため、出産や定年その他の事情で現役離脱している方々に対する新しい業務形態が提供できる。

 経営革新計画として正式に承認されたことで、国によるお墨付き(信頼性)を頂いたサービスとなったといえ、同社では今後積極的に事業展開を図っていく考え。当面、法人(個人事業主含む)を対象に、6月末まで1回のみ(30分以内)を通訳料無料で提供するモニターを募集している。言語は英語、中国語の中からいずれか選択可能(分野の制限あり。その他言語応相談)。申込受付数は10社(受付順)。申込者にはSkype通話用ヘッドセットをプレゼントする。詳細は問い合わせ。

 

 エジェ(大阪市中央区、村岡 ゆかり代表)は、運営する情報サイトhttp://www.anemo.co.jp/『anemo(アネモ)』2007年6月18日に公開3周年を迎える。また、漫画家の中村ユキ氏によるアネモ連載WEB漫画『夫婦三昧(めおとざんまい)』が、2007年5月22日に(株)角川SSコミュニケーションズより、コミックエッセイ単行本(価格:本体950円+税)として出版された。これを記念し同社では、3周年感謝特別キャンペーンとして、単行本「夫婦三昧」をはじめ、テーマパーク券、スイーツ等のプレゼントが抽選で、合計106名様に当たる感謝キャンペーンを開催する。

 キャンペーン期間は2007年5月21日から2007年6月30日まで。サイトから申し込んだ方から抽選で「単行本 夫婦三昧(書籍)」10名、「テーマパーク券 ペア」6組12名、「フレッシュゼリー詰め合わせ(菓子)」1名、「京きなな アイス特選セット(菓子)」3名、「野菜一日これ一本 24本セット(飲料)」10名、「ビールに合うピッツァ 10枚セット(冷凍ピザ)」8名、「佃煮 3袋セット(惣菜)」10名、「ビューティプロテクトUV(化粧品)」3名―ほかをプレゼントする。申し込みには会員登録(無料)が必要。詳しくはサイトから。

 

 エイチアイ (東京都目黒区は、MascotCapsule®の拡張機能ライブラリMCXの新ラインナップとして、携帯メールを3Dアニメーションで演出する「3D e-mojiエンジン」を開発したと発表した。

 3D e-mojiエンジンは、主に(1)受信したメール本文に含まれる絵文字を3Dアニメーション化し、メール文章の背景に表示して演出する(2)受信したメール本文の感情を解析し、メール文章の背景にその感情を3Dアニメーションで表現した演出を加える―の2つの機能がある。

 同製品により、これまで文字や絵文字だけによる動きのない表現が中心だったメール機能を、より表現力豊かで、見ているだけでも楽しいアプリケーションとして利用することが可能となる。また3Dアニメーションの作成ツールも同時に用意しているので、高度な技術を習得する煩わしさがなく手軽にリッチな演出が可能。

07052405.jpg サクセス(東京都品川区、吉成 隆杜社長)は、ニンテンドーDS専用ソフトとして、2007年6月7日に「必殺カンフー 漢字ドラゴン」を発売すると発表した。

 同商品は、2006年6月に発売した「漢字の渡り鳥」に続く昭和ノスタルジー劇場映画風漢字アクションゲームの第2弾となる。漢字の知識を使ってステージクリアを目指す漢字アクションゲーム。往年の「カンフー映画」の王道的エッセンスを軸に、主人公であるポーの死闘を描いたストーリー展開は、多くの20代〜40代男性に懐かしさと共感を感じさせるものといえる。希望小売価格は3,800円(税別)。

 漢字問題の解答(「読み」「書き」)を正しく入力すれば、主人公がアクションし、敵キャラクターにダメージを与えていく。物語は敵キャラクターを倒し、ステージをクリアしていくことで進行。総問題数は約13,000問

あり、「部首」や「熟語」「類義語」「対義語」を題材とした問題も収録されている。

 物語は、道場の息子「ポー」は腕っ節を鼻にかけてろくに修行もしない放蕩息子。そんなある日、道場主である父が謎の黒道着の男たちに襲われる。「西の山にいる師匠を訪ねろ」との言葉を残し倒れる父。ポーの熱い闘いが今、始まる―。

 その他の機能として漢字の読み入力、漢字入力を練習できるモードや利き腕設定、クリアしたステージを選んで遊ぶことが出来るモード等も収録している。オープニングは世界観をモチーフとした実写ムービーを起用。また、カンフー要素やゲームシステムを紹介する実写ムービーを公式サイトで配信中。

 ゴーフィールド(香川県高松市、森田 桂治代表)は、ウェブ標準に対応した大量、高品質なHTMLコーディングをスピーディーに、低価格で代行制作するサービス『Go-factory』を始めた。

 近年、大都市圏を中心に大規模なウェブサイト制作需要が急激に増加し、ウェブ標準に準拠した大量HTMLコーディング作業の需要も同時に増えている。しかし、実際のウェブ制作会社等の現場では、人手不足から日夜残業、徹夜でマルチタスク(案件同時進行)に取り組んでいるのが現状。

 このようなマルチタスクによる作業効率や品質の低下を防ぐため、『Go-factory』は、大量HTMLの制作、チェック、納品までをライン化した「大量HTMLコーディング専門工場」を開発。工場内のそれぞれのラインが1つの制作タスクに集中して取り組むことで、これまでの問題点を大幅に改善し、高品質、短納期でのサービス提供を実現している。

 クレオ(東京都港区、土屋 淳一社長)は、アルプス社(東京都港区、井上 雅博社長)との業務提携第一弾として、電子地図ソフト『プロアトラス』シリーズのWindows用最新版となる『プロアトラスSV3(エスブイスリー)』6タイトルを2007年7月6日(金)より全国の家電量販店で販売すると発表した。2007年4月1日までの市町村合併情報を反映した地図データを収録し、航空写真、ルート検索、白地図表示、外部機器連携、最新OSのWindows Vista対応など機能を強化した。発売後1年で、30,000本の出荷を目指すとしている。

 価格はプロアトラスSV3全国版DVD(CD-ROM 1枚 DVD-ROM 1枚)が15,540円(税込み)、プロアトラスSV3全国版DVD アップグレード・乗り換え版(CD-ROM 1枚 DVD-ROM 1枚)が9,975円(同)など。また、部署単位、事業所単位、SOHOなど、複数ライセンスの導入・管理に最適なライセンス製品を用意している。ライセンス管理の簡略化ができ、スタンドアロン、ネットワークなどの利用環境に応じた導入を選択することができる。詳しくはサイトから。

 ネクスト(東京都中央区)は、企画・運営するライフネットワーキングコミュニティサイト「Lococom(ロココム)」(β版)で、地域の口コミ情報やニュースなどを投稿し、他会員からの共感(クリック)を得ることで『ロコ(ポイント)』(活動支援金として換金可)を獲得することができるhttp://www.lococom.jp/srl/000/「ソーシャルレポーター」サービスを始めいた。

 2006年10月16日のオープンから164日(業界最速 同社調べ)で会員数10万人を突破した「Lococom」では、地域活性化を促す仕組みとして、新たに「ソーシャルレポーター」サービスを提供する。「ソーシャルレポーター」とは、日々発生している地域ニュース、街や店のお得な情報など、毎日の暮らしやイベント情報に至るまで、タイムリーな地域情報を投稿することにより、「Lococom」会員、および記事を閲覧した方に「読んで考える楽しさ」を提供し、それにより、各地域における緩やかなネットワークの中心的役割を担う仕組み。「Lococom」会員であれば、誰でも登録し、活動することができる。

 個々人が持っている地域情報が誰かの役に立ち、時には地域を動かし、変えていくかもしれない貴重な情報となる。「Lococom」では、情報を発信するソーシャルレポーターに対して、その活動を支援するものとして『ロコ(ポイント)』(活動支援金)を提供し、より多くの人に地域への興味を持ってもらい、より多くの人が地域活性化の中心的存在として活躍できる環境を提供する。

07052301.jpg 伊豆熱川温泉の海辺にある温泉料理旅館 紫雲閣ホテルオグラ(静岡県賀茂郡、小倉 吉太郎社長)は、5月14日から18日まで神奈川県内の綾瀬市、厚木市、横浜市緑区、同市戸塚区の296世帯を対象に「伊豆の旅」に関する訪問調査を実施した。

 訪問調査では、田畑副支配人が調査員として同館のQRコード付きチラシを説明し、反応を聞きながら「伊豆の旅」の話題で、対象者の意見を聴取する方法で行なった。

 その結果、一番の問題点は、交通が不便という意見で、そんなに遠くまで行かなくても温泉施設が近くに出来たという意見が多かった。また、夕食についても伊豆の旅館は伊豆の食材にこだわりすぎて、メニューが伊勢海老、あわび等に集中し過ぎ、選択肢が少ない。日頃ご馳走として食べている「マグロ」「和牛」「肉料理」などのレパートリーを増やしたほうが行き易くなるのでは―という意見が多く寄せられた。

 同館では、総料理長の幕張ニューオオタニの料理長も勤めた日本料理研究会の師範長島建雄氏に相談し、メインメニューを「特選和牛の陶板焼き」「熱川高原ポークのしゃぶしゃぶ」「マグロのお刺身7貫盛り」の3点から1点を一人ずつ選べることにし、その他の料理は会席コース「水仙」とする1泊2食の宿泊プラン「マイチョイス2007」を開発した。

 同館では現在、安全性向上のためエレベーターと機能性向上のため厨房のリニューアル工事を行っており、工事完了の5月23日宿泊分からこの商品の宿泊を受け付けている。価格は、平日・休日2名1室利用の場合11,800円(消費税込み・入湯税150円は別途)、休前日は、3,200円アップ。宿泊商品の詳細は、ホームページから。

07052312.jpg ソリッドアライアンス(横浜市港北区、河原 邦博社長)は、「2007 年夏・ばけたんNEW カラー!『ばけたんストラップCOOL』」を発売した。発売したのは 闇ブルー、撫子ピンク、樹海グリーンの3種。

 「ばけたんストラップ」は、昨年の春の発売以来、今なお雑誌やラジオ、テレビ等でも話題となっているおばけ探知機のストラップ版。今年は、"COOL"の名にふさわしい、蛍光のスケルトンカラーで再登場した。価格は各2,079円(税込み)。購入は販売ショップ およびStrapyaNext Web 販売から。Strapya Next(神奈川県小田原市)は、会員約30万、取扱商品点数8,000 以上と世界最大規模の携帯グッズのネット通販店Strapya.com を運営。国内のPC 向け通販、携帯通販をはじめ、海外向け通販も展開している。

 夏の定番になりつつある「ばけたんストラップ」、涼しげに生まれ変わった本製品で、今年もおばけを見つけ出そう!

 コンテンツワークス(東京都文京区、荻野 明彦社長)は、デジカメなどの写真を使って一冊から本を作成できる、オリジナル写真集作成サービス「Photoback TM(フォトバック)」サービスの「新規登録キャンペーン」を5月22日(火)正午〜6月20日(水)正午まで開催すると発表した。

 期間中に、Photobackに新規ユーザー登録すると抽選で合計107名に賞品が当たる。賞品は1等:HDDフォトストレージ(SONY製HDPS-L1)1名、2等:JTB旅行券ナイストリップ2万円分 2名、3等:体験型カタログギフト(カタログ・ブルー) 4名、4等:Photobackフリーチケット(一冊無料作成権)100名。当選者発表は2007年7月中旬に賞品の発送をもってかえさせていただく。

 Photobackは、デジタル画像をWeb上にアップロードして編集するだけで、オリジナル写真集が手軽に作れるサービス。これまでパソコンやデジタルカメラに保管したまま眠っていた写真が本格的な写真集に変身する。 サイズは12cm×12cmで36ページ。写真枚数33枚(表紙1枚+本文32枚)、アップロードは40枚まで可能。価格は一冊につき1,890円(税込み、送料別)。6冊以上は一冊につき1,680円(同、同)。送料は600円、代引きの場合は代引き手数料がかかる。カラーレーザーオンデマンドプリンティング方式で簡易並製本/ジャケットカバー付き。

 コンテンツワークスでは、同キャンペーンによりPhotobackサービスの認知拡大と、顧客獲得を狙いとしている。

 ワイズスタッフ(北海道北見市、田澤 由利代表)は、5月21日(月)、「フコイダン」に関する新しい情報サイト「フコイダン研究ブログ」をオープンしたと発表した。

 同社は、全国及び海外在住の約110名の在宅スタッフを中心に、テレワーク形態で各種プロジェクトを運営している。今回、大手企業のキャンペーンブログや展示会の公式ブログの構築・運営を数多く手がけてきた経験を生かし、自社発信メディアとして同ブログを開設した。

 健康に対する関心がますます高まる昨今、昆布から抽出される多糖類のひとつである「フコイダン」の効果に注目が集まっている。ガン細胞を殺すといわれるアポトーシス作用、免疫力を高める効果、血液をさらさらにする効果、アンチエイジング効果など、その効能はさまざまに言われている。しかし、情報が多すぎて、一体、どれを信じたらよいのかわからない方が多いのが、実情ではないだろうか。

 「フコイダン研究ブログ」では、フコイダンを科学的にリサーチしたデータを積極的にご紹介。またブログ運営スタッフやモニターがフコイダン含有製品を実際に体験、チェックし、ナマのレポートをお届けする。

 また、7月には同社の運営する人気レシピサイト「スピードクッキング」とタイアップ企画を実施。10万人の同サイト会員を対象に、「海藻レシピ特集」「フコイダン含有製品のモニターキャンペーン」などを実施し、海藻の効果、フコイダンのパワーをもっと身近に感じていただく機会を提供していくとしている。

 月間10億ページビューを超えるホームページ作成サービス『ポケットスペース』を提供しているサイバープラス(滋賀県草津市、吉原 一登代表)は、『ポケットスペース』内のコンテンツにホームページ作成者が執筆した小説、ポエム、エッセイ、絵本、川柳などを選別、紹介する「ポケスペ編集部」を開設したと発表した。

 「ポケスペ編集部」で作品を紹介することにより、読者は個人の携帯サイトに埋もれていた作品を容易に見つけることができ、作者もより多くの方に作品を読んでもらえるようになる。

 さらに、ホームページに気に入った広告を掲載できる「マイ広告機能」を使用することで、作者は作品へのアクセスに応じたを広告収入を得ることも可能。また、読者の反応も良く、多くのアクセスが得られた作品は、「ポケスペ編集部」で選定を行い、サイバープラスの提携する出版社より実際に書籍を発刊することもできる。

 「ポケットスペース」にはケータイ向けサイトが80万以上作成されている。既に小説、ポエム、エッセイ、絵本等が多数掲載されており、小説だけでも現在15万点を超えている。しかしながら従来は個人のサイト内に掲載された作品を読者が探して読むことは困難だった。

 新たに開設した「ポケスペ編集部」は、作者が執筆しサイトに掲載した作品を投稿することができ、投稿された作品を編集部が厳選し「ポケスペ編集部」内で紹介する。読者は厳選された作品が掲載された個々のサイトに

簡単にアクセスできるようになる。作者も埋もれていた作品をより多くの方に読んでもらえるようになる。「ポケスペ編集部」では作品の選別、紹介だけでなく、「小説の書き方講座」や掲示板式のお悩み解決ページ「教えて編集長」により作家の成長の支援も行う。また、「ポケスペ編集部」では小説などのテキスト作品に限らず、動画にイラストやテキストを合成する事ができる「ポケデコ」を使用した作品の投稿にも対応し、おもしろ作品やアッと驚く作品も積極的に紹介していきたいとしている。

 

 リクルート(東京都中央区、柏木 斉社長)が運営する『エイビーロード』は、2007年5月22日、団塊世代をターゲットとした海外旅行の検索コーナーをオープンしたと発表した。

 今年、大量定年を迎えると言われる団塊世代。リクルート住宅総合研究所が団塊世代を対象に実施した調査によると、退職金の使い道として「預貯金」の次に「旅行」を挙げる人が多かった。

 このような傾向を受けて、旅行会社各社は最近、趣味を重視した旅行商品や長期滞在型の旅行商品を相次いで投入していることから、エイビーロードでは、旅行会社各社が提供する旅行商品から、退職後におすすめの海外旅行をテーマ別に検索できるコーナーをオープンした。

 同コーナーでは、団塊世代に人気の「今こそ夫婦でのんびりと、南国でリラックス旅」「海外移住の下見にも?ロングステイの旅」「気分爽快・健康維持に、スポーツを楽しむ旅」「人類の英知に触れる世界遺産を巡る旅」「日常生活では味わえない大自然を体感する旅」「少年時代からの憧れ、鉄道の旅・船の旅」―の6つのテーマから、複数の旅行会社の旅行商品を比較検索できる。

 団塊世代向けの専門コーナーの設置はポータルサイトでも少なく、またこれまで若い世代を中心に情報を提供してきたエイビーロードとしても初めての試み。

 エイビーロードでは今後もさまざまなターゲットに合わせたテーマ別検索機能を強化し、人気ツアーの紹介やプレゼントのご案内、世界各地の魅力をお伝えする編集記事などワクワクする情報を伝えていきたいとしている。

 アプレンダ(福岡市中央区、山内 美智子代表)は、学習サイト「クリエータースクール」で「ホームページ制作コース」の提供を6月20日より始めると発表した。

 ホームページ制作コースは、Web標準を短期間に効率よく学習するためのカリキュラム。インターネットを使ったEラーニング形式で提供され、Webデザインの基礎はもちろん、W3C勧告に準拠した(X)HTML+CSSによるコーディング、SEO等を学習できる。ホームページ制作に必要な基礎力を養った上で、実務を想定した課題制作により、本格的なホームページ制作者の育成を目指すとしている。受講期間は4ヶ月、受講料5万2千円から。

 近年、Webサイト制作を行うにあたり、アクセシビリティの向上、ファイル容量の軽量化、作業の効率化、アクセス向上(SEO)を目指して、W3Cが推奨する仕様(Web標準)に基づいた制作を求められている。こうした背景を踏まえ、Web標準に基づいたホームページ制作を行える人材育成を目指して「ホームページ制作コース」の提供を始めるもの。Web標準化のさらなる推進のため、教育の現場からその普及に貢献したいとしている。

 インターワイヤード(東京都品川区)は、ネットリサーチサービス『DIMSDRIVE(ディムスドライブ)』で『エアコン』に関するアンケート調査を行い、稼働時間やエアコンに対する不満、重視点、今年の購入意向などについて調査結果をまとめた。調査は2007年4月18日(水)〜4月26日(木)にかけて実施。DIMSDRIVEモニター8,925名から得た。

 それによると、自宅でエアコンを使用している人(N=7778)に“メインで使用しているエアコンのメーカー”を尋ねたところ「ナショナル」が最も多く、18.7%、次いで「三菱電機」13.8%「東芝」12.2%「ダイキン」11.3%と続いた。また、自宅でエアコンを使用している人(N=7778)の“夏場における、1日のエアコン使用時間”は「〜6時間」が最も多く22.6%、次いで「〜4時間」20.1%「〜8時間」17.2%と続いた。『6時間より多い』という人は41.7%と4割に上り『12時間より多い』人も10.5%と1割を超えていた。

 自宅でエアコンを使用している人の、“使用していて不満に感じる事”で最も多かったのは「電気代が高い」で60.3%と6割を超えた。次いで「お手入れ/お掃除が大変」39.6%「部屋全体に効かない」29.3%「においが気になる」25.2%「乾燥する」24.9%「部屋が冷える/温まるのが遅い」24.3%と続いた。“エアコンに求めること”では「省エネ」が最も多く80.2%と8割を超えた。 僅差で「電気代」76.4%と続いた。「価格」は57.2%で、『購入時の価格』よりも『購入後に掛かる費用』の方が重視される結果となった。コスト以外の項目では「自動掃除/クリーニング」48.9%「お手入れ/掃除のしやすさ」48.8%が多かった。

 男女別の回答を見ると「省エネ」と「電気代」は男性よりも女性の方が高いが「価格」は男性の方が高い。「お手入れ/掃除しやすさ」「自動掃除/クリーニング」「空気清浄」など『家事』に関わる項目では男女の差が大きく、女性の方が高かった。また『エアコンの不満』で「乾燥する」という項目は、女性は男性の2倍近くだった。『求めること』でも「除湿」「加湿」という項目は女性の方が多くなっており、女性の方が湿度を気にしている事が伺える結果となった。

 全員(N=8925)に“あなたのご家庭では今年、エアコンを購入する予定はありますか”と尋ねたところ「具体的に、購入予定がある」人は5.5%「予定は無いが購入したい」人は17.1%で、『購入意向がある人』は、22.6%と2割程度だった。「購入する予定は無い」人は65.8%であった。

 調査結果の詳細はサイトから。

 

 日本ブランド戦略研究所(東京都港区、榛沢 明浩代表)は、一般消費者を対象にビール類のキャンペーンに関するアンケート調査を行った。

 それによると、昨年度に行われたキャンペーンの中で最も認知度が高かったのはキリン「選ぼう ニッポンのうまい! 2006」で46%の人が認知していた。次いでキリン「サッカー日本代表応援キャンペーン『勝ちT』『勝ち樽』プレゼント」(33%)、アサヒ「世界初 あけてそそぐ! おしゃべり冷蔵庫『本生ロボッ庫』が当たる!」(23%)と続く。

 応募したくなる景品は商品そのものや新製品、限定品が最も多い(46%)。次いで食料品(43%)が多く、ユニークなアイデア商品(24%)、オリジナルなグッズ(生活雑貨)(21%)と続く。参加しやすい応募方法は「クイズに答えて応募するタイプ(ウェブサイトからの応募)」で61%となった。同じクイズに答えるタイプでもはがき応募は

20%となっており、インターネットが重要な販促ツールとなっていることがわかるとしている。

 キャンペーンに対する反応は、「景品がなかなか当たらなくて悔しい」(59%)、「ポイントやシールを集めるのが面倒」(34%)、「ポイントやシールを集めても応募するのを忘れる」(31%)のほか、「景品のために特定の商品を買ってしまう」(22%)など、さまざま。キャンペーンを知ることによって、「企業イメージに変化がない」(28%)という人と「親近感を感じるようになった」(26%)という人はほぼ同程度だった。「サービスのいい企業」(23%)、「ユーモアのある企業」(18%)など、キャンペーンに対して好意的な消費者の心理が窺われる結果となったとしている。調査の詳細情報はサイトから。

 

 訪問販売専一メーカーとして54年の歴史もつオッペン化粧品(大阪府吹田市、山下 聰一郎代表)は、5月25日、韓国南部・慶尚南道の都市・馬山(マサン)市の大宇百貨店に共同出店する。

 同社は昨年より海外事業を積極的に展開しており、韓国企業と販売契約を締結し、韓国での販売に乗り出している。大宇百貨店出店を機に、韓国における取扱店舗増、拡販に努めていくとしている。

 オッペン化粧品は今後さらに海外事業の拡大に力を入れ、すでに取引を行っている台湾のほか、ロシア、香港、シンガポール、マレーシアへ進出する計画。

 マックイン(東京都品川区、中尾 幸生代表)は、多方面で活躍中のアイドル「悠月 いちご」「一ノ瀬 さら」「涼城 えみ」「香乃」「さぉりんご」「吉原 夕子」「有栖川 めい」「楓」など、総勢20名以上が出演する『アイドル博2007』を、2007年6月3日(日)11:00から渋谷「T's SALON」で開催する。

 ライブルーム、グラビア撮影ルーム、コスプレ撮影ルーム、ふれあいルームと各部屋でアイドルがお客様をお迎えするイベント。ふれあいルームでは、アイドルとゲームやトークもできる。入場料は 前売り2,500円、当日3,000円(1ドリンク付)。各ルーム別料金となる。詳しくはホームページから。ホームページをプリントしてお持ち頂くと、当日入場券から割引きとなる。また、当日の入場者数が多い場合、当日券の販売を制限することもあるとしている。

 

 ガッチャメディア(東京都中央区、サイモン ゴッデン代表)は、5月14日(月)から、インターネット完全無料動画視聴サイト「ガッチャ!メディア」gotchagotcha.com(6月開局予定)の公開テストサイト上で、主要スポンサーのひとつであるNIKE6.0とのコラボプログラムを始めた。

 NIKE6.0は「BMX・サーフィン・スノー・スケートボード・ウェイクボード・インラインスケート」の6つのフィールドで活躍する若きアスリート達をサポートしており、「ガッチャ!メディア」gotchagotcha.comが提供するアクションスポーツ系コンテンツを中心にコラボ配信する。

 「ガッチャ!メディア」は、インターネットを介して完全無料視聴できるオンデマンド動画配信サービスチャネル。視聴者は自分のPCから「ガッチャ!メディア」サイトgotchagotcha.comにアクセスするだけで、これまでのTVを見る感覚で、簡単な操作方法で、好きな番組を好きなだけ見続けることができる。また、すべての映像番組は「ガッチャ!メディア」が配信権を所有しているので、安心して視聴できる。

 PCトレーニングビデオ制作、マルチメディア関連サービスのアテイン(東京都千代田区、本多 成人代表)は、NTTコミュニケーションズのインターネット検定「.com Master ★(ドットコムマスターシングルスター)」の対策DVD「資格をとろう .com Master シングルスター 2007」を2007年6月中旬に発売する。全5巻で価格は各巻12,600円(税込み)。パソコン販売店、大手書店またはネット通販で販売する。またEラーニングで使用可能なコンテンツとしても提供する。

 国内最大級の検索エンジン登録ツール、国内最安値権のSEO対策ツールなど、登録会員17,000人以上にホームページへの集客ASPを提供するアンフィニッシュト(大阪市西区、今村 光雄社長)は、5月21日、米国ワシントン州シアトルの子会社Unfinished of America Inc.を通じてカナダ(バンクーバー)に新たな事務所を開設した。

 今回開設した各国の事務所は、米国子会社Unfinished of America Inc.と同様に同社提供サービスの海外での販売・サポート及び次世代製品の企画開発を行う海外拠点としていく方針。所在地は1066 West Hastings StreetSuite 2000Vancouver V6E 3X2 Canada。業務開始は6月1日からとなる。

 アンフィニッシュトは2003年4月設立、資本金1千万円。2005月6月10日に株式会社へ組織変更。国内最大級の検索エンジン登録ツール、国内最安値権のSEO対策ツールなど、インターネット上でホームページをプロモーションするためのあらゆるサービスをプログラム化し、個人事業主や中小企業でも気軽に利用できる低価格なASP(ソフトウェアの期間貸しサービス)として登録会員17,000以上に提供している。

 2006年11月にはグローバル展開を担う海外拠点として米国ワシントン州に完全子会社「Unfinished of America Inc.」を設立。2007年1月にはイギリス(ロンドン)、オーストラリア(シドニー)にマーケティング事務所を開設している。

 インターネットの宅配・デリバリー専門サイト「出前館」を運営する夢の街創造委員会(大阪市中央区、中村 利江社長)は、同社の運営するテイクアウト予約受付専門サイト「予約館」で、テン コーポレーション(東京都台東区、佐伯 崇司社長)の運営する天丼・天ぷら専門チェーン店「てんや」の、都内含む関東近郊50店のネット予約受付サービスを始めた。

 「予約館」は、ユーザーが「待たずにテイクアウトしたい」「テイクアウトの大量注文を簡単に予約したい」という時に、パソコンや携帯電話からあらかじめ時間指定をして注文しておく事ができる、予約受付専門サイト。「予約館」には、既にファストフード店のロッテリアやケンタッキーフライドチキン、モスバーガー、寿司チェーン店の茶月などの店舗が参加している。

CIMG1330.JPG セキグチ(東京都葛飾区、吉野 壽高代表)がライセンスする日本をはじめ、アジア・ヨーロッパなど世界中で大人気のキャラクター「モンチッチ」の高級パールジュエリー(写真(c)SEKIGICHI)が、フランスで発表される。

 「モンチッチパールジュエリー」は、2007年5月22日〜24日にフランスのリッツ・パリで開催される、高級パールジュエリーブランド「IRIS-SPIRA(イリスパイラ)」のコレクションに登場する。イリスパイラ(東京都港区、邊見 隆代表)は、稀少価値の高いパールを展開するジュエリーブランド。現在、日本国内の西麻布のサロンとフランスのリッツ・パリにて店舗を展開している。

 発表するパールジュエリーは、ネックレス2タイプ。重ねづけできるセットでの展開となり、1セットで7,800ユーロ(約120万円)。「モンチッチパールジュエリー」は、かわいらしいモンチッチがパールを抱えたデザイン。素材:ホワイトゴールド+真珠で単品:4,900ユーロ(約75万円)。「おしゃぶりタイプ」は、モンチッチがいつも右手に持っているおしゃぶりをモチーフにしたデザイン。素材:ホワイトゴールド+真珠で単品:2,900ユーロ(約43万円)。

 モンチッチはフランスをはじめヨーロッパでも非常に人気が高いキャラクターとなっている。モンチッチの高級パールジュエリーは、ヨーロッパのセレブレティを対象に数量限定で発売予定。詳しくはサイトから

 

 年間12万台のオートバイを販売するレッドバロン(愛知県岡崎市)は、5月24日(木)に「レッドバロン港南」を神奈川県横浜市港南区日野5丁目の県道21号線沿いにオープンする。

 神奈川県では、レッドバロン川崎幸店・川崎本店(川崎市高津区)・神奈川(相模原市中央)・座間・都筑・市ヶ尾・新横浜(横浜市神奈川区)・横浜旭・磯子・戸塚・横須賀・鎌倉・藤沢・茅ヶ崎・厚木・小田原の17店体制となる。

 新店舗は高性能オートバイの整備に欠かせない最新型コンピューター内蔵シャーシダイナモによる完成性能検査システムを導入し、更に充実した店舗体制を整えてユーザーの利便性向上を図るとしている。

 オアシス(名古屋市東区、五十川 雅規社長)は、ザ・ネット・プラン(東京都港区、中村 友範社長)および健康生活情報センター(東京都千代田区)が中心となって推進している全国の妊婦・子育て世代の支援プロジェクト「babypedia」(ベビペディア)に参画、全国の妊婦さんに向けた無料健康情報誌「ベビペディア」の企画・編集を手がけると発表した。

 無料健康情報誌「ベビペディア」は、妊娠がわかった女性が手にするはじめての妊娠・育児情報メディアとして、全国の産科・産婦人科をもつ病院やクリニック約3,000ヶ所で医師・看護師から、来院する妊婦さん(年間100万人以上)へ直接配布を基本する。誌面では、同社がこれまで「元気読本」をはじめとする各種健康情報誌の発行により培ってきた経験とノウハウを活かし、妊娠・出産・育児に関する不調や不安の解消方法、読者にふさわしい健康情報を提供していくとしている。

 Club AI2S(東京都千代田区、河原 美花代表)は、イタリアンレストラン『Annata』(アンナータ)を2007年5月24日(木)、祐天寺に出店すると発表した。

 秋葉原にあるメイドカフェ『@ほぉ〜むcafe』の創設者 河原 美花が、韓国家庭料理「ノルブネ」をはじめ、21店舗の飲食店を運営する総合飲食サービス業、ゲッツ・インターナショナル(東京都千代田区、宮上 元伸代表)と共同で祐天寺にイタリアンレストラン『Annata』(アンナータ)を出店する。

 『Annata』(アンナータ)は祐天寺の住宅地に佇む小さなイタリアンレストラン。緑と光のある落ち着いた空間でゆっくりと食事を楽しむことができる。食材は、相模湾から毎朝直送される天然の鮮魚や協力生産者が手塩にかけて育てた無農薬野菜を中心に、牛や豚などの肉類も織り交ぜ、素材の味を生かす調理法で、その日にできる最高の料理を提供するとしている。席数は16席〜20席。昼夜ともにコースのみでランチ(前菜・パスタ・デザート)1,800円から、ディナー(前菜・パスタ・メイン・デザート)6,500円から。月曜日定休。詳しくはサイトから。

 

 Canary ASA YOGA STUDIO(運営会社:リップルランド、渋谷区渋谷)は「 朝、きれいになる『朝ヨガスタイル』、新提案」として朝専門ヨガスタジオ「Canary ASA YOGA STUDIO」を2007年5月21日から毎朝オープンする。

 提供するレッスンスケジュールはパワーヨガ・ハタヨガの中から朝のカラダ状態にあったフローを行う。講師陣は2ヶ月に一度研修を開き、朝行うヨガのスタイルに合ったものを企画研修していく計画。毎週月/水/金は7:30〜8:30。毎週土/日は10:00〜11:30。ジャイロキネシスコースは毎週土曜日の11:30〜12:30。

 平日は60分クラスとし、その後ハーブティーを提供。お客様のご意向をヒアリングした上で、土日は平日より少しアドバンスの内容を加味し、75分のクラスを展開予定としている。料金は1回券2,100円(税込み)、10回券が18,900円(同)。他に入会金が2,100円。マット費用は1回150円、年間使用1500円、マット預かり525円/月)

。オープニングスペシャルコンテンツとしてハーブティを5月中無料提供、入会金0円キャンペーンを実施中。また、体験レッスン2回で、2100円―も実施している。詳しくはサイトから。

 ヒューネットジャパン(東京都中央区銀座、大澤 義弘代表)は、勤務シフトの作成をアウトソーシングとして代行する業務『ワークナビ/ヘルプ』を始めた。

 勤務シフト表の作成は、パートタイマーやアルバイトを抱える業種では必須の業務となっている。求人誌を見ても、シフト制を採用する企業はかなりの数に上っている。これは近年、長期アルバイトの確保が困難なことにあわせ、無駄な人件費(手待ち時間等の待機人件費)を極力排除したいということからシフト制を採用している企業が増えているためだと思われる。しかし、このように雇用の体系が複雑になればなるほど、勤務シフト表を作成する細かな時間の手間が増えてくる。

 昨年6月ヒューネットジャパンはこれらのソリューションとして、勤務シフト作成ソフトウエア「ワークナビ」を発表し、現在では80数社に導入されている。しかし折角導入されても担当者が退職したり、それなりのスキルを持った人が社内に居ない等の悩みが寄せられていた。

 そこで、勤務シフト表作成にあたっての効率化のノウハウを持った自社の資源をアウトソーシングとして提供することで、勤務シフト表作成の前段階で困っている人達にお役にたてるのではないかという視点からこの6月より、勤務シフト作成のアウトソーシング事業を始めることとしたもの。価格は50名まで、12,600円(税込み)からとし、人件費のおよそ一日分とした。今後はソフトウエアと代行の2本の柱で、企業のコスト削減を提案する計画。

 ペット商材の販売・物流事業を営むヒノキ(岡山市、近藤 隆裕代表)は、コスモ動物総合学園(大阪市天王寺区、竹内 庸皓代表)の全株式を取得し、グループに加えたと発表した。コスモ動物総合学園は、トリマー、アニマルナース、ドッグトレーナー育成のコース別カリキュラム実施。農林水産省認可・環境省近畿地方環境事務所認可の協同組合P・S・G公認ライセンスである、ペット美容師、動物看護士、家庭犬しつけ訓練指導士、小動物栄養管理士、トータルペットアドバイザー等の取得に向けての育成と就職支援を手がけている。

 ヒノキは、ひのきのおがくずを主原料とした「ひの木の猫砂」の製造・販売及び、楽天市場においてペット用品を販売。現在、岡山県真庭市と新庄村に製造工場をもつほか、物流ではマーク産業(大阪府八尾市、小山 勝己代表)と業務提携、販売では楽天市場にて「快適ねこ生活」「快適いぬ生活」、Yahoo!および自社サーバーにて「快適ペット生活」を展開しているYahoo!「快適ペット生活」

 より多くのユーザーに「家まで届けますよ!物流」の利便性を感じてもらうため、物流システムのインフラを整備。この新たな物流を作ったことで「快適ねこ生活」がペットジャンルで楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー6年連続NO.1を受賞した。なお、今春Web上のペット問屋「商品マスターサーバー」の稼動を予定しており、「問屋発ドロップシップ」を積極的に進めていく方針。

 また、「コスモ動物総合学園」をグループに加えたことで、同学園が持つペットに関する様々な情報を発信、ユーザーとのコミュニケーション強化を図りたいとしている。また、今後拡大されていくと予想されるペット業界に携る人材の育成に努め、ユーザーのより快適なペットライフをサポートしていくことを目指すとしている。

 エフシーエス(東京都豊島区、木村 豊行代表)は、不動産業界初のFlash搭載の不動産ポータルサイト『エフモール』を2007年6月1日から販売開始すると発表した。

 『エフモール』は今までにない、ハイクオリティなFlash搭載の不動産物件検索機能付きホームページを自動生成できるシステム。元々、同社が不動産業をしていたからこそのアイデアを盛り込み、不動産業からホームページ制作業にシフトしてきた同社だからこそ発売できるシステムだとしている。

 物件の質にとことんこだわり、エンドユーザーに安心して物件を提供できるシステムを追求、不動産業者にも格安でハイクオリティなホームページを提供することを目的としている。利用料金は掲載10物件で初期費用30,000円、月額利用料2,980円、初年度69,048円(税込み)から。

 今後も、単なる不動産検索サイトとは異なる視点から、改良を重ねていきたいとしている。

 

 不動産情報ポータルサイト「HOME'S」を運営するネクスト(東京都中央区)は、「HOME'S」トップページの全面リニューアルを実施した。また同時に、住み替えパートナー探しに利用していただいているコンテンツ「HOME'S 不動産会社検索」もリニューアルした。

 今回のリニューアルは、『物件や情報を探しにきたユーザーを、目的に合ったページへ正しく誘導する』ことをコンセプトに、ユーザビリティに配慮してより見やすく、分かりやすいデザインへとリニューアルした。

 リニューアルのポイントは、以前よりも使用する色数を抑え、ユーザーの目線が集中しやすいように配慮。物件や情報を検索に訪れるユーザーのために、目線が留まりやすい左コラムに検索機能を集約。右コラムには「不動産ガイド」や「おしえてHOME'Sくん」「住まいの注目トピックス」などの住まいや暮らしに役立つコンテンツを配置。ファイル容量の軽減により、表示速度の向上施策を実施―など。

 ハッピーコム(東京都港区、戸田 江里子代表)は、パソコンやデジタル商品好きの女性対象、情報交換を目的としたSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)「ハッピーデジタル」を開始、一般向けに公開した。

 ハッピーデジタルは「女性ユーザーの欲しい商品やサービス」についての意見交換、提案を目的としたSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)。ハッピーコムが2001年の設立以来行ってきた、女性やファミリー層向けのパソコン・デジタル家電分野に特化したマーケティング、販売促進事業を通して、「女性の立場に立ったパソコンやデジタル家電商品の情報が欲しい」「価格の比較だけでなく、女性やファミリー層に役立つパソコンや家電について意見交換がしたい」というユーザーの声をもとにSNSを公開した。

 「パソコン」「デジカメ」「携帯電話」など機器をはじめとして「家電店の接客」「おすすめ家電」「お役立ちソフト」「好きなネットサービス」など、女性ユーザーの視点に立ったコミュニティ での意見交換や調査、商品評価、モニターアンケートをSNSで行う。

 今後、企業向けにはこれまでのマーケティングに加えて、SNSを活用したインフルエンサーによる販売促進の提案、商品紹介の場を提供していくとしている。

 日本ブランド戦略研究所(東京都港区、榛沢 明浩代表)は、担当者(購入関与者)が情報システムの調達先を選定する際の、候補先企業の企業情報サイトの閲覧状況を調査した。

 それによると、情報システムの購入関与者のうち90%は調達先候補企業のWebサイトを閲覧しているか、または閲覧する可能性がある。さらにそのうち90%は製品、サービスに関する情報だけでなく、会社概要、ニュース、IR情報、環境・CSR情報、採用情報など、企業情報に関するコンテンツを閲覧しているか、または閲覧する可能性がある。

 また、購入関与者は、新規取引先にとどまらず、既に取引がある調達先についても企業情報を閲覧している。背景として、多くの企業で調達案件の起案の都度、相手企業の情報を確認しなければならないことがあると見られる。最も閲覧が多い情報(コンテンツ)は会社概要、続いてニュースだが、  経営理念、環境・CSR情報、IR情報の閲覧も決して少なくない―ことがわかった。

 このように、情報システム関連の製品・サービスを提供する企業にとって、Webサイトを営業支援ツールとして有効活用するためには、製品・サービスの販売促進に関する情報だけでなく、企業情報を充実させることが重要だとしている。同調査の詳細はサイトから。

 

 エフ・エフ・シー(FFC、東京都新宿区、長屋 亙勇社長)は、Windowsの操作制限機能やファイルの強制暗号化機能により情報漏洩対策を行うソフトウェア「InfoBarrier4」をベースに、クライアントPCの操作をリアルタイムに監視できるアラート機能を付加し、また、従来の操作ログ監視機能を一層強化することにより、企業の内部統制、コンプライアンスを情報セキュリティ面から支援する「InfoBarrier5」を全国で一斉に販売開始した。価格はソフトウェア媒体BarrierSeries Media Pack2(全製品同梱)が3,800円(税別)。ライセンス販売では標準機能(操作制限)InfoBarrier5 Standard(クライアント製品)7,900円(同)から、InfoBarrier5 Enterprise(サーバ製品) 280,000円(同)。[標準機能 / ファイルの暗号化 / 操作ログ収集機能 / 監視アラート]はInfoBarrier5 Standard Plus(クライアント製品)12,200円(同)から。InfoBarrier5 Enterprise Plus(サーバ製品)380,000円(同)。年100,000本の販売を計画している。

 ウェブショップ本店の総合支援(開店・集客・宣伝・運営のシステムとサービス)を提供するEストアー(東京都港区、石村 賢一代表)は、2007年5月11日に「ウェブショップ運営に関する調査」について、全国の412名(対象:1年以上ウェブショップを運営している20歳以上の男女)を対象に、インターネット調査を実施した。

 2006年、日本の消費者向けEコマース市場規模は4.4兆円に上り、前年の3.5兆円と比較して27.1%増と大きく成長している(経済産業省「平成18年度電子商取引に関する市場調査」より)。これに伴い、新たにEコマース事業を始める企業や個人事業主が増え、ウェブショップへの注目が高まっている。ウェブショップへの新規参入が増える一方、Eストアーでは、すでにウェブショップを1年以上運営している経験者を対象に、現状の運営方法やはじめる前と運営後のウェブショップに関する印象の違い、また成功に必要な要素についてのアンケート調査を実施したもの。

 それによると、ウェブショップの運営・出店方法について、 独自ドメインウェブショップを運営(59.0%)が最も多く、yahoo!ショッピングや楽天市場などのショッピングモールに出店(51.5%)を上回る結果となった。また両者の利点を活かし、独自ウェブショップとショッピングモールの両方を運営している方は、13.3%いることがわかった。

 ウェブショップをはじめる前と運営後の印象について、はじめる前は手軽で簡単(23.8%)、やや手軽で簡単(35.2%)と 合計59.0%がウェブショップについて「手軽で簡単」 という印象を持っていた。しかし、いざ運営してみると 手軽で簡単(13.6%)という印象は減り、逆に 難しい(27.7%)、やや難しい(27.4%)と印象が変化している。また運営資金について、はじめる前に比べ運営後は 広告費など別途必要(37.9%)という意見が増え、システム利用料(レンタルサーバー、ショッピングモールの利用料金)だけでは運営できないと感じている方が多い結果となった。

 ウェブショップを実際に運営・出店した感想について、運営・出店してよかった(34.5%)、やや運営・出店してよかった(48.3%)と、合計82.8%がウェブショップを運営・出店したことに満足していることとがわかった。

 ウェブショップの成功に必要な条件について、1位「知識、ノウハウ(79.9%)」2位「やる気、継続力(72.8%)」3位「資金(39.3%)」という結果になった。また1位の知識、ノウハウについて、特に商売やマーケティングの知識が必要(67.0%)との答えが最も高く、ウェブの知識が必要(54.4%)を上回ることがわかった。

 現在利用しているシステム(レンタルサーバー、ショッピングモール)のサポートやコンサルティングについて、使い方や機能に関するサポートは「満足(11.7%)」「やや満足(43.7%)」と半数以上が「満足」と回答している。しかし売り上げをあげるためのコンサルティングについては、「不満(13.3%)」「やや不満(29.4%)」「現在無いので欲しい(23.5%)」と合計66.2%もの方が、現状より質の高いコンサルティングが欲しいと考えていることがわかった。

 今回の調査を踏まえ、今後Eストアーはウェブショップの売り上げを確実にアップさせるため、多くの方が必要としている「知識、ノウハウ」に特化したコンサルティングの提供に尽力していくとしている。

 

 URLフィルタリング製品技術の開発およびURLリストの収集・分類・配信を行うネットスター(東京都渋谷区)は、財団法人日本データ通信協会(平井 正夫理事長)が進める迷惑メール対策に協力し、携帯電話をはじめとする迷惑メール対策の規制精度のより一層の向上に取り組むと発表した。

 これまで日本データ通信協会では、同協会の迷惑メール相談センターで一般利用者から広く迷惑メール情報の提供を受け付け、法律に違反する送信者に対しての措置などに活用してきた。これに加え本年5月からは、これら一般の利用者から提供された迷惑メールおよび携帯チェーンメールに含まれるURL情報が、迷惑メール対策に関わる事業者に対して提供されることになる。

 これに先立ちネットスターでは、同協会から外部に提供されるURL情報が、実際の迷惑メール対策において有効かどうかの検証作業について、同協会への協力を行なっていたが、情報提供が正式に開始されることを受け、同協会から提供されるURL情報を自社のURLリスト収集・分類・配信工程でも利用することとした。

 ネットスターでは2005年より、携帯電話事業者の行なう迷惑メール対策の一環である「特定カテゴリに分類されるURL付きメールの受信拒否」サービス向けに、自社で収集・分類したURLリストを提供しており、実際に迷惑メール受信量削減の効果が見られるという実績をあげている。

 これまでは自社で保有する迷惑メール収集専用端末に加え、パートナー企業と共同で運営する「meiwaku.jp」などを通じて、広く一般ユーザーから迷惑メール情報を収集していたが、これに加え、今後は日本データ通信協会からのURL情報提供を受けることで、迷惑メール情報の収集範囲が大幅に拡がり、結果的には、携帯電話事業者等の行なう迷惑メール対策サービスの規制精度向上にも役立つものと考えている。

 ネットスターでは、今後もパソコンや携帯電話、ゲーム機など、さまざまな端末からのインターネットアクセスについて、誰もが安心して利用できる環境を実現することで社会に貢献すべく、より多くのパートナーとさまざまな形態での協業やサービス提供を進めていくとしている。

 最先端放射線治療、総合的がん管理、および非侵襲性脳疾患治療の世界的リーダーであるエレクタ(神戸市中央区、ステファン・オットー代表)は、3Dライン・メディカルシステムズ(イタリア・ミラノ)の買収を成立したと発表した。

 この買収により、エレクタは、きわめて正確で最適な線量分布で放射線治療を施すための高機能機器や治療計画ソフトウェアシステムのプロダクトポートフォリオだけではなく、定位的放射線治療やダイナミックIMRT治療を専門とする大変有能なR&Dグループを加えることになる。

 同社には35名の社員およびコンサルタントが所属し、そのほとんどはイタリア・ミラノに拠点を置いている。現在販売されている3Dラインの製品は、定位的放射線治療およびダイナミックIMRT用の治療計画システムである

ERGO++とマイクロサイズのマルチリーフコリメータDYNART(TM)シリーズ。2006年における3Dラインの純売上高は600万ユーロ。

 エレクタは、3Dライン・メディカルシステムズの放射線治療関連資産に対して1000万ユーロ、また今後3年間にわたる業績に応じて最高800万ユーロを支払う。エレクタは2007年5月1日より3Dラインを連結したい意向。

 企業のe販事業の推進を支援するデジタルワン(東京都千代田区、中谷 泰志社長)は、高い安定性と信頼性、柔軟な拡張性が求められるe販事業に特化した、伸縮自在なレンタルサーバー『SERVER1番』のサービスを始めた。

 『SERVER1番』は世界最高基準の仮想化ソフトウェア「Virtuozzo」(米国SWsoft社)を採用した仮想専用サーバーで、変化の激しいe販事業に迅速に対応する、伸縮自在なレンタルサーバーサービス。サーバーの運用状況に合わせた拡張や縮小に、今まで不可欠だった乗換作業やその費用負担をなくし、スケーラブル(伸縮自在)に共用レンタルサーバーレベルから高スペック専用サーバーレベルのプラン変更が、最短月次単位で行える。

 これにより、今までサーバー運用の最大の課題であった初期導入コストを抑え、ビジネス規模に合わせたシームレスな拡張を実現すると同時に、運用面での柔軟性を高め、様々なビジネスチャンスにストレスなく迅速に対応することができる。更に、現在の主力サービスであるe販ソリューション事業にサーバーサービスを加えることで、包括的なサービス提供が可能になり、その相乗効果をサービスの付加価値として提供できるとしている。詳細および価格はサイトから。

 リリースキャンペーンとして2007年6月30日までに、スケーラブルFVSプランにお申し込みいただいたユーザーに対しては、初期費用50%OFFを実施している。

 GISシステム開発のマップクエスト(愛知県豊橋市、佐藤 紀世久代表) は、給与明細をメールで送信するためのメールソフト「ECO-Mail [給与]」をリリースした。

 既存の給与システムでの給与明細配布から、給与明細メールに置き換えることにより、給与事務の合理化と、紙印刷を減らすことでコスト削減・省資源対策を推進することができる。給与計算ソフトのデータをCSV、テキストファイルへ出力する機能があれば、ユーザーが使用しているさまざまな給与計算ソフトに組合せて利用できる。 操作画面は1つだけで、エクセル表の選択、シートの選択、フッターの入力、メールプレビュー、メール送信の全てがひとつの画面で行える。また、メール一括送信機能で全員にボタンひとつでメールを送信でき、配信するメールの確認のため、メール送信者向けにテストメールの送信ができる。携帯電話への送信ももちろん可能。

 省エネ対策・低コスト化だけでなく、給与事務の合理化、給与明細書の紛失防止、大量の給与明細書も渡し忘れなし―などのメリットがある。

 価格は1ライセンス21,000円(税込み)。2ヶ月の試用期間がある。詳細および購入はホームページのオンラインショップから代金引換または銀行振込みで。

 ブラストホールディングス(東京都新宿区、山本 圭輔代表)は、同社が運営するSEOツール無料公開サイト「SEOTOOLS」内のコンテンツとして、ニュース配信サービス2社との提携を通して、WEBマスターのためのSEO関連の最新ニュースリリースを掲載する『SEOTOOLSニュース』を始めた。ニューズ・ツー・ユーバリュープレスと提携する。

 「SEOTOOLSニュース」は、SEO関連のニュースをいち早く掲載。日々の業界の動向や、提案的なSEO関連サービスを求めるWEBマスターにとって、有用な情報源となる。WEBマスターにとって、サイト状況の確認は日課。また、ニュースのチェックも毎日必ず行うことの一つ。それらを同時に行えるのが「SEOTOOLSニュース」としている。シンプルで見やすいページ構成で、SEO関連ニュースを提供することにより、WEBマスターにとって更に有用なSEO対策支援サイトを目指すという。

 「SEOTOOLSニュース」では、「SEO関連」というカテゴリを設け、SEO関連についてのニュースを掲載している。これにより、SEO関連の最新情報を確認することができる。また、その他数多くのニュースを「カテゴリ」と「業種」の2つの側面にて分類し掲載している。

 経営教育ならびにベンチャーキャピタル事業等を運営するグロービス・グループ(東京都千代田区、堀 義人代表)は、ベンチャーキャピタル事業ならびに経営人材紹介事業において蓄積されたベンチャー経営ノウハウを結集し、経営者限定のケースメソッド型講座「ベンチャー・マネジメント・プログラム(VMP)」を本年10月より新たに開講すると発表した。VMPは、ベンチャーキャピタリスト、起業家、ヘッドハンター等が講師を務め、実践的な経営知の提供によってベンチャー企業を成功に導く「メガベンチャー養成プログラム」としている。

 期間は約3ヶ月(隔週1回、全6回)で受講料は470,000円(初回のみ開講特別価格380,000円)。初めて受講される方は別途入学金22,000円が必要。2007年10月の初回開講のみ、EO(Entrepreneurs Organization:起業家機構)会員企業の若手起業家の方々優先の申込となるが、グロービスでは「メガベンチャー養成プログラム」であるVMP講座に大きな志とユニークな発想を持つベンチャー経営者の方々にお集まりいただき、日本社会の新たな「創造」を促進したいとしている。詳細および申し込みはサイトから。

 ITのマーケティングを行うマックス・ヴァルト研究所(東京都文京区、横山 雅子代表)は、首都圏に住む65歳以上のシニア男女400名を対象にしてITに関するアンケート調査を実施した。Webアンケートでは回答者に偏りが見られるのに対し、アンケートを郵送して回収する郵送法により、個人のITスキルに偏りのない調査結果が得られた。

 それによると、<<シニアのパソコンも二極化>>すでにシニア層にも増えているパソコン利用者。しかし、その一方でまだパソコンを利用していない主な理由は「使う目的がない」(71.4%)と「自分には使いこなせそうにない」(69.0%)。パソコンでやりたいことが見つからないことと操作に対する苦手意識がパソコン利用を妨げているという。パソコン利用者は「今後ITをある程度使いこなすと思う」が53.2%、パソコン非利用者は「ITをある程度使いこなす」が20.8%と、今後のIT利用意欲に差が見られ、パソコン利用経験の差がIT利用格差を生む背景にもなっているという。

 視力矯正専門クリニックの神戸クリニック(東京都渋谷区、吉田 圭介院長)は、これまでの近視・乱視・遠視を治療するレーザー治療「レーシック」に加え、老眼でお悩みの多くの方々により快適な裸眼生活を送っていただくため、老眼矯正治療(Near Vision CK)を始めている。

 2006年11月から5ヶ月間のモニター期間を設けたところ、約90人の方がクリニックに来院、この4月より神戸・三宮と東京・広尾の2院で本格的に治療への案内をしたところ、たいへんに大きな反響を呼んでおり延べ100名を越える方が来院されたという。

 老眼矯正治療 Near Vision CK(Conductive Keratoplasty)は、米国Refractec社で開発された伝導性角膜形成術で、世界的に厳しい安全基準を持つFDA(米国食品医薬品局)の承認を受けた安全な治療法。利き目ではない方の眼に対して、角膜のコラーゲン組織にラジオ波をあてることによって角膜の形を変え、遠近両用の視力(ブレンド

ビジョン)を得ることを目的としている。治療は点眼麻酔で行われるので痛みを感じることはない。治療時間も約3分程度と短時間で終わる。治療後は、老眼鏡不要の快適な裸眼生活をおくることができる。

 対象者は、45歳以上の方で手元を見るときに、老眼鏡がそろそろ必要になっている方、眼鏡やコンタクトレンズなしでも裸眼で遠くを見ることが出来る方、視野の狭まりや視野欠損などない健康な目の方、老眼は進行するものであり、将来的に追加治療が必要になることを理解されている方、心臓ペースメーカーなど、ラジオ波の影響を受ける医療機器を利用されていない方。詳しくはホームページから。

 

 コミニュティ・アンド・フレンド(大阪府茨木市、上田 哲生代表)が運営する、南青山・京都紫の上田米穀店【和風ダイニング】(東京都港区南青山3-1-1 プラザ246ビルB1)では、米食味鑑定士の資格を持つ店主・上田 哲生が、スローフードの極みを実践。『面倒なことに敢えて触れてみる。「待つ」ということを楽しんでみる』をコンセプトに、昔々の精米方法である「石臼と杵」の精米機を作り、風味に飛びぬけた「ごはん」を提供する。

 「朝時間.jp」や「おとりよせネット」「レシピブログ」など女性向けのポータルサイトを運営するアイランド(東京都渋谷区、粟飯原 理咲代表)は、5月18日(金)、朝時間.jpから誕生した書籍『朝時間のすごしかた』(大和書房)を発売した。四六判並製、144頁、大和書房刊、定価1,155円(本体1,100円)。

 現在、健康的な暮らしを求める女性が増える傾向にあるなか、朝型生活への関心が高まり、その過ごし方に注目が集まっているます。同書では、女優・モデル・料理研究家など各界で活躍される著名人の朝の過ごし方のほか、朝型生活を実践しているユーザーたちのライフスタイル、朝型にシフトして得したこと、朝スッキリ目覚めるコツなど、一日の始まりを自分流に楽しんでいるみなさんの朝を、全144ページにわたり大公開している。

 100人いれば朝の過ごし方も100通り。同書では、今まで気づかなかった、すぐに取り入れられる"朝を快適に過ごすためのちょっとしたアイディアやヒント"を多数掲載し、多くの方が快適な朝を過ごすきっかけとなるように提案している。

07052006.jpg BLUEDOT(東京都中央区)は、厚さが11mmと国内最薄のワンセグ放送対応ポータブルデジタルテレビ「BTV-400」シリーズの新色を発売した。既存のブラックモデル「BTV-400K」に加えて今回、ホワイトの「BTV-400W」とレッドの「BTV-400R」の2色を用意した。2007年5月25日から発売する。価格はオープン。想定実売価格3万円前後。

 男女・年齢を問わずに人気の高い「白」、個性派の「赤」をラインナップに加えることで、自分好みの1台を選部ことができるようになる。お客様のニーズに合ったラインナップを増やすことで、ポータブルデジタルテレビの世界を広げていいたいとしている。

 不動産情報ポータルサイト「HOME'S」を運営するネクスト(東京都中央区)は、一般消費者向け保険のダイレクト販売サイト「HOME'S保険生活」を5月17日に正式にオープンした。

 「HOME'S保険生活」は、同社が勧める住まいや暮らしに関わるさまざまな保険商品を提案する、一般消費者向け保険のダイレクト販売サイト。「住み替えと家計」「お子さまの誕生・成長」「充実したセカンドライフ」

の3つのライフステージについて、家計とのバランスの図り方やこれから必要な資金額、備えておかなければならない事項などを、データとともに案内する。

 現代社会において、保険商品は生活にも深く関わり、必要とされるものですが、一般消費者には複雑でなかなか分かりにくいものでした。「HOME'S 保険生活」では、このようなお客様のニーズにお応えするため、ご自身に本当に必要な保険を、基本から学ぶことができる。

 オープン時には、[1]生命保険 [2]がん保険 [3]医療保険 [4]火災保険 [5]旅行保険 [6]自動車保険 [7]個人年金保険 [8]学資保険 [9]ペット共済―の9種類の商品について案内しており、今後もさらに取扱商品の充実を図っていくとしている。

 Webに関連するマーケットの健全な発展を目的とした任意団体、WebSig24/7(ウェブシグ・トゥウェンティフォー・セブン)は、5月26日(土)13:15からデジタルハリウッド秋葉原メインキャンパス(千代田区外神田1−18−13秋葉原ダイビル7階)で「Second Lifeのポテンシャルを探る〜企業から個人まで」と題したイベントセ

ミナーを開催する。定員100名、参加費2,000円(領収書発行可)。Second Life内からの参加は無料。お申込・詳細はサイトから。

07051902.jpg アイウェル(福岡市中央区、井元 健二代表)は、昭和初期〜30年代に日本各地の家具製造業者で製造され、全国に広く普及していた木製机「inomoto #1」を限定100台で復刻生産し、インターネット上で販売を始めた。

 寸法は幅1,060×奥行700×高760mm。材質は北欧産パイン材(天然無垢材、厳選された良質の木材を100台生産分確保)。価格は189,000円(税込み)。机側面には購入者の名前(アルファベット)と購入年月、シリアル番号などを刻印した真鍮製プレートが組み込まれる。

 イメージクエストインタラクティブ(IQI、東京都渋谷区、森脇 信治社長)は、2007年5月15日に、関野 一美氏(株式会社ララマハロ 現 代表取締役社長)との共同出資により、ララマハロを設立し、「渡辺美里」のマネジメント事業をスタートした。

 同事業はアーティスト「渡辺美里」の22年間にわたる活動を支えてきたファンとの交流を継続し、新たなファンを開拓するためにIQIのエンターテイメントサービス事業との連動を図っていく。

 今後、IQIでは新しく設立されたララマハロに対し、渡辺美里のファンクラブ事業、モバイルサイト運営事業、先行チケット販売事業、トラベルツアー開催事業、マーチャンダイジング製作、販売事業、などを提供する。第1弾として、渡辺美里が毎年夏に行う数万人規模の野外イベント「美里祭り」からサービス提供を始める。「横浜美里祭り」は2007年7月29日(日)、横浜みなとみらい新港埠頭特設ステージで、また、「熊本美里祭り 夏絵巻」は2007年8月18日(土)、熊本城奉行丸特設ステージで開催する。

 リクルートのエンジニアのための『仕事・職場・転職』応援サイト「リクナビNEXT Tech総研」は、入社2年目以上のエンジニア300名に対し、2006年に入社した新人についての率直な意見を聞いてみた。

 それによると、まず、新人の印象は第一位だったのは「積極性がない(24%)」。5人に1人が挙げたこの回答を詳しく見てみると「言われないと動かない」「与えられた仕事だけしかやらない」というコメントが見られた。さらに、「常識がない(9.3%)」「プライベートを重視する(7.3%)」「社交的でない(5.7%)」と否定的な要素が続くが、前向きな回答も見られ、「優秀(5.3%)」「まじめ(5.0%)」という回答がランクインしている。それ以降には「言い訳が多い」「自信家である」「甘い」など、辛らつな意見とともに、「二極化している」という意見も少数ながら見られた。

 では、ここ数年の新人の意識はどのように変化しているのだろうか。新卒の動向に詳しいリクナビ、および就職ジャーナル編集長の前川氏に、最近の傾向を聞いてみた。「企業と学生の働く意識の変化を見てみると、学生が企業を選ぶ際に重視する項目のトップは『自分がやりたい仕事ができる』にもかかわらず、企業側が学生に与える仕事環境は、『責任のある仕事ができる』。既に入社する前から、企業と学生の意識のギャップが生まれている。」ということだ。

 レポートでは、先輩エンジニアの具体的な指導方法や、新人に期待していることなど、詳しく紹介している。詳細はサイトから。

 

 ジャスミンソフト(沖縄県うるま市、贄 良則代表)は、ドラッグ&ドロップで Google Maps 対応 Web データベースを開発できるソフト「Wagby(ワグビィ) R5.5」を発表し、2007年5月16日から出荷を始めた。

 「Wagby」は、データを含んだExcelファイルをドラッグ&ドロップするだけで即座にWebデータベースを自動生成する。更に設定ファイルをカスタマイズすることで、思い通りのWebデータベースへと発展 させることができる。Webデータベースとは、複数の利用者がWebブラウザを使ってさまざまな種類のデータの閲覧、登録、更新処理を行うアプリケーション。「Wagby」によって、これまで専門家が開発してきたシステムを、誰でもがわずかな手間で短期間に稼働させることができるようになる。

 「Wagby」は、機能制限なし、期間無制限の無償版をWebサイトダウンロードして利用できる。また、同時接続ユーザー数の制限が緩和され、外部データベースと連携可能な有償版の「Wagby Pro」へとアップグレードすることで、本格的な業務システムで利用できる。無償版と有償版の詳しい違いは、製品WebSiteから。

 当サイトで利用している配信サイトは、12社ほどありますが、よく利用しているサイトは次の4つです。先般来申し上げている「記者は忙しいので、リリースが手元に届けられることがベターで、採用率も高くなる」という条件にマッチしているサイトです。当サイトとして推奨できます。

(1)@プレス http://www.atpress.ne.jp/

(2)News2unet http://www.news2u.net/

(3)Pressnet http://www.pressnet.tv/

(4)PressNews http://www.pressnews.jp/

インターネット上に掲載されるものは、一見、ネット上の情報として流通すると思われがちですが、実際にはそうでもないと思われます。それよりも、ネット上にも、既存のメディアでも取り上げられることを目指すことが情報としての流通度合い(広く知られること)は高まることは自明です。そのため、既存メディアをターゲットとすることがより有効となるでしょう。既存メディアの記者は、例えネットであれ他のメディアが取り上げた「ネタ」を取り上げることには抵抗があることも事実です。反面、他のメディアで反響がありそうなものは安心して取り上げるということもありますので、一概にはいえませんが・・・。

07051908.jpg ハウジング山地(札幌市中央区、山地 章夫代表)が全国に展開するインターデコハウス横浜(横浜市都筑区)店は、モデルホームオープンを記念して、今後広告やWebサイトなどに登場していただくお子様を募集する『Webサイト・広告に登場していただくキッズモデル募集!』を5月10日(木)から6月10日(日)まで実施している。

 募集しているのは雑誌広告モデル2名で、住宅情報誌などに掲載される広告や同社で作成するカタログ・Webサイトに登場してもらう。特典は北海道(札幌)旅行ご招待、オリジナル家具・雑貨プレゼントなど。応募方法は郵送、メールでの受付となる。ホームページにアクセスしていただき、必要事項を確認・記入のうえ応募する。応募資格は4歳〜10歳のお子様の画像をお送りいただける方。インターデコハウス横浜による厳正なる選考の上、雑誌広告モデルに当選された方には直接連絡する。

 エヌ・ティ・ティ・イフ(NTTイフ、東京都江東区、松村 伊知郎社長)は、2002年10月よりインターネットでの医療保険一括資料請求サービスを提供してきたが、5月17日より、「自分にピッタリの保険選び」をコンセプトに、簡単な質問に答えるだけで自分に合った保険商品、及び保険料が一覧表示されるサービスの提供を始めた。

 医療保険については、ニーズに合わせて、同社取扱商品の中から提案商品を自動的に選択するサービスを実現したことで、ユーザーは多数の保険商品からご自身にあった医療保険商品をパソコン画面上にてひと目で確認することができるようになる。

 利用方法は【医療保険】で性別、生年月日からお客様にピッタリの商品を一覧表示、職業、家族などのライフスタイルを選択することで、ユーザーにピッタリの商品を一覧表示、「3大疾病に備えたい」「保険料は早めに払い終えたい」など、保険選びのポイントを選択することで、ユーザーにピッタリの商品を一覧表示、保険選びのポイントに加えて、入院日額、保険期間を選択することでピッタリの商品を一覧表示(保険に関する知識があるお客様向け)することができる。

 また、【海外旅行傷害保険】では、旅行先、旅行期間を入力するだけで、当社取扱商品を一覧表示。医療保険の資料請求や海外旅行傷害保険の申込についても、そのままインターネット上で完了することができる。

 なお、同社で医療保険を契約された方には、住まいのトラブル(水まわり、窓ガラス、カギの紛失など)の現場応急対応(無料)を提供している。今回提供開始するサービスを利用して契約される方に対しても同様。

 国連英検試験センターは、財団法人日本国際連合協会(東京都千代田区、千 玄室会長)は、主催する小・中学生を対象とした『国連英検ジュニア・テスト』(正式名称:2007年度第1回国際連合公用語・英語検定試験ジュニア・テスト)を2007年7月1日(日)実施する。申込期間は 2007年5月1日(火)から5月31日(木)まで。現在、申し込み受付中。

 幼児英語教育が盛り上がりを見せる中、国連英検ジュニア・テストも注目度が急上昇。英語イマージョンプログラム(国語以外の教科を英語により学習する手法)を採用している小学校において、学習進度の確認に国連英検ジュニア・テストが採用されている事例が新聞紙面で紹介されたり、幼児英語学習雑誌でも紹介記事が組まれたことを受け、試験センターへの問い合せや公式問題集の購入希望、試験の申込が急増しているという。

 国連英検ジュニア・テストは、国連英検(正式名称:国連公用語英語検定試験=UNATE)のジュニア版として、主に小・中学生で英語を学習している人を対象に実施する試験で、毎年2回程度実施している。試験問題は、イラストを用い英語に自然に親しみ、楽しみながら学習することに主眼を置いた内容構成となっている。楽しみつつ徐々にレベルアップを図れるように、難易度別にA、Pre-A、B、C、D、Eの全6コースが用意され、それぞれの習熟度にあわせコース選択の上受験することができる。試験結果は得点に応じ、1級、2級、3級の3段階で評価され、合格証書が発行される(合格、不合格

判定はない)。

 また、国連英検試験センターでは、試験参加教室からの要請に基づき、2007年度3月より『国連英検ジュニア・テスト 認定校証』の発行を開始した。同制度は、子どもたちが安心して国連英検ジュニア・テストを受験できるように、試験実施環境や指導方針、受験実績等について試験センターが定める試験実施基準に適合する教室を公式に認定し、証明書を発行するもの。認定校については今後、国連英検ウェブサイト上にも掲載することも検討している。

 

 映販(東京都世田谷区、宮田 三清代表)は、映画監督応援サイト「a-han」のオープニングレセプションを、5月15日(火)、世田谷ものづくり学校(東京都世田谷区)で映画関係者やメディア関係者、約100名が参加し行った。

 「a-han」では、映像作家や映画監督を目指している一般の方からプロの映画監督まで、a-hanが作品の制作をサポートし、予告編や本編をa-han.tvで配信、人気作品はメディア化及びサイト内外でのDVD販売まで行う。

 a-hanに参加する監督やあらゆるタイプの映像作家が、映画に関するさまざまな情報や秘話をブログに書き込みます。a-han.tvで配信される映像作品は、自主映画作品・短編、長編を問わずあらゆるジャンルの募集を行い審査され、選ばれた作品はa-han.tvで配信され、サイト内でDVDの購入予約をすることができる。購入予約が200枚に達した時点で、DVD化され販売される。

 長年の豊富なノウハウを蓄積した、制作会社ATOM-Xとポストプロダクションのアクティブ・シネ・クラブが総合的なコンサルティングに参加し、メディア化のお手伝いをする。

 また、無料会員登録するとメールマガジンや物販が可能になり、映販のスタジオでもある「世田谷ものづくり学校」を中心に実施される、新作上映会や監督・バイヤー・映画関係者を招いて講演会や様々イベントにも参加することもできる。

 今後の展望としてはa-hanから、メジャーへそして世界級の作品を世に送り出すことを目指したいとしている。

 単独グリーティングカードサイト国内シェア第2位の「Net CARD」を運営するネットシーズ(東京都千代田区、西田 省人代表)は、ストリートチルドレン芸術祭実行委員会(東京都渋谷区)の運営する世界のストリートチルドレン支援のためのチャリティーサイト「地球のたからものストア」との提携を強化し、両サイトのIDを共有化した。これにより同サイトは会員数15万人を誇る国内最大規模のボランティアサイトとなった。

 「地球のたからものストア」は店長に、歌人で国連WAFUNIF親善大使の田中 章義氏を迎え、世界各国のストリートチルドレンが描いた絵画のポストカード商品をはじめとした、子どもに優しく、地球に優しい様々な商品を販売し、収益の一部を世界のストリートチルドレンのために寄付又は使用している。

 単独グリーティングカードサイト国内シェア第2位の「Net CARD」は、新たにボランティアコンテンツを設け、ストリートチルドレンが描いた絵画をグリーティングカード化する。「地球のたからものストア」同様、当コンテンツの広告収益の一部を世界のストリートチルドレンのために寄付又は使用する。

 「地球のたからものストア」「Net CARD」両サイトのIDを共有化したことにより、両サイトは、15万人以上のメルマガ購読者を抱える国内最大級のチャリティーサイトとなった。今後は従来の配信内容に加え、ストリートチルドレンをはじめとした、各国の社会問題環境問題などのメッセージ性の高い内容も積極的に掲載する。

 「地球のたからものストア」「Net CARD」では、チャリティ趣旨に賛同いただけるNGO・NPO、企業、団体様の商品の取り扱いや、広告掲載の受付を行っている。詳細についての問合せ、申し込みは、運営会社であるネットシーズまで。

 ハンモック(東京都新宿区)は、2007年5月23日より同社製品「AssetView GOLD」の導入企業に対してWinny/Share検出削除ツールの無償提供を始めた。

 同ツールはプログラムを実行するだけでPC内に存在するWinnyおよびShareを検出し、自動削除を行う。Winny、Shareのファイル名が変更されていても検出できるため、確実な対処を実施することができる。

 また、ファイル自動配布/自動インストール製品「AssetView GOLD D」を使い、あらかじめ登録したスケジュールにて実行することで、手間を掛けずに社内のネットワーク上のPCからWinny、Shareを排除することができる。PCユーザーに意識させないサイレント実行も可能で、わずらわしさもなく、システム管理者の目的を確実に達成することができる。

 ツールはAssetView GOLD保守ユーザー専用ページよりダウンロード方式で提供する。

 ファーストドリーム(岐阜市、斉藤 治孝代表)は、ケータイポイントシステム事業DorICa〜ドリカをビジネスモデル特許出願し(特願2007-129430)スタートしたと発表した。

 小売業などでよくある「ポイントカード」または「スタンプカード」に着目し、携帯電話とQRコードを使ったポイント管理システム事業を立ち上げる。

 これまでの「ポイントカード」または「スタンプカード」では「誰がいくつのポイントを持っているか」など管理が難しかったが、個人の携帯電話とQRコードを組み合わせることにより、QRコードを使った会員カード機能を付与し、顧客管理(来店日時・購入金額など)、ポイント保有者や付与ポイント数の管理、全国共通ポイントシステム、年齢や性別など条件を指定してのメール配信、一ヶ月間、来店のないお客様へメール配信、もうすぐ規定のポイント数に到達するお客様へのメール配信、昨日購入していただいたお客様へのサンキューメール―などが可能となる。大手チェーン店向にカスタマイズも可能。

 デジタルアセットマネジメントのパイオニアであるネットエックスポージャー(東京都渋谷区、久保木 康浩社長)は、ナレッジマネジメント分野の新製品「ナレッジアセットマネジメント:KAM 」を2007年5月18日にリリースすると発表した。

 同社は世界に多数の導入事例を誇るデジタル・アセット・マネジメントソリューション(DAM):Image Portal をこれまでに販売してきたが、今回発表するKAM はDAM で培ったノウハウをベースに、日本のナレッジマネジメント分野のマーケット向けにアレンジメントされた新しいタイプの製品となっている。

 KAM はImage Portalを土台に作られ、従来得意としていたイメージ等の管理機能に加え、文書管理機能の要素を強化し、中小規模向けのデジタル資産管理の分野で積極的な拡販を行うとしている。販売価格は500,000円(10,000ファイルまで管理可能)から。発売キャンペーンとして二ヶ月間の期間限定で、ソフトウェアダウンロード販売サイトVectorで、販売価格100,000円(1,000ファイルまで管理可能)の廉価版バージョン「SMALL EDITION」を提供する。提供予定時期は2007年5月21日から2007年7月20日まで。

 シルバーエッグ・テクノロジー(大阪府吹田市、トーマス・フォーリー社長)は、同社の提供するリアルタイム・レコメンドサービス「アイジェントASP」サービスのバージョン3を2007年5月16日に正式リリースしたと発表した。

 「アイジェントASP」は、お客様ごとにおすすめの商品をWEB上へ自動表示させることができるレコメンドサービス。このサービスは、サイトを訪問するお客様の購買履歴より商品間の購買相関を分析することで、個別のお客様毎に最適と思われる商品をリアルタイムで自動選別し、表示する。お客様が買い物をするたびに、アイジェントASPが学習をし、より最適な商品をおすすめしていくことで、お客様の満足度を向上し、サイトの購買転換率やリピート率、途中離脱率などを改善する。

 新バージョンでは、購買だけでなくクリックデータからも商品間の相関がとれるようになった。例えば、あるお客様が商品Aと商品Bをみたあとで商品Cを買った場合、次のお客様が商品Aまたは商品Bをみたときに商品Cをおすすめするということが可能になる。これにより、商品数が多いサイトでは、お客様が欲しい商品により早くたどりつくことができるようになること(アクセシビリティやナビゲーションの向上)や、購買相関が薄い商品にも適切なおすすめ商品が提示できる(ロングテール効果)ことで、より精度の高いレコメンドが可能になる。

 同社では今後も、エンドユーザーにとってよりパーソナルなサイトの提供を支援できるサービスの開発を行っていくとしている。

 CSC電子公告サイトを運営するCSC(浜松市中区、杉山 博信代表)は、新会社法が施行された1年ほど前から試験的に営業を行ってきたが、掲載企業(30社程度)が増加傾向にあることから、法人化し業務提携によりサービス強化に繋げると発表した。

 会社法により、全ての株式会社は決算を公告することが求められており、罰則規定が定められているが、現実には必ずしも遵守されているとはいえない。2006年5月施行の新会社法では最低資本金制度が撤廃され、上場系企業の粉飾事件が相次ぐ中、企業に対する信頼のあり方が問われており、今後この傾向は中小企業にも波及していくものと思われる。決算をオープンにすることは、経営者と従業員の一体感を高め、取引先や金融機関の信頼を獲得する上で極めて重要なツールになる。特に信用力が劣る中小企業において、有用に活用されることが期待されている。また、M&Aや三角合併の解禁等、企業再編の活性化に伴いニーズの高まりが予想される、合併や減資等の公告についても、その法務チェック〜公告、登記に至る手続きをトータルにサポートしていくとしている。

 料金は年間21,000円からとし、業界最低水準で中小企業でも採用しやすい設定。初年度100社程度の掲載を目標としている。電子公告掲載サービスを専業に行う法人は日本初。申し込みはホームページでも受け付けている。今後、税理士・司法書士などと提携し、公告の信頼性を確保するとともに制度の啓蒙と全国的普及を図っていく。当面、パートナーとなる税理士・司法書士の全国網を確立していきたいとしている。

 インターネットを使ったクリエイティブ系、IT系人材育成事業を手がけるアプレンダ(福岡市中央区、山内美智子代表)は、学習サイト「クリエータースクール」で、企業向け社員研修として「PHPプログラミングコース」の提供を6月1日より始める。

 PHPプログラミングコースは、インターネットを使ったEラーニング形式で提供され、スクール所有の実機(Webサーバ)を使用して、実際に受講者が作成したプログラムの動作確認を行えることが特徴。実機を利用したカリキュラムの導入は、クリエータースクール設立時2002年4月から実施されており、アプレンダがこのサービスの先駆けとなっている。この学習スタイルにより、机上だけの学習では習得が困難な実践力を短期間で身につけ、プログラマとしての実践感覚を養うことができる。また、PHPの文法、関連技術についての知識はもちろん、プログラマに必要な論理的思考能力を育成するためのアルゴリズム、システム設計を行う際の礎となるプログラミング設計等を体系的に網羅したカリキュラムとなっており、情報通信分野において活躍できる人材育成を目標としている。

 受講期間は4ヶ月。受講料は18万円 (3名)から。初年度10,000,000円の売り上げを目標としている。問い合わせ・申し込みはサイトから、またはメールで。

 フロンティア(静岡県沼津市、竹下 稔代表)は、「1人 対 複数人」で物々交換が行え一律300円で購入できる『物々交換サイト「Reuser(リユーザ)」』サービスの在庫数が3万点を突破したと発表した。

 物々交換サイト「Reuser(リユーザ)」は、インターネットを利用した「本・CD・DVD」の物々交換が可能な会員制サービス。2007年1月にβ版を公開し、2007年4月よりサービスを始めた。現在、在庫数は3万点を超え日本最大級の物々交換サイトとなった。(会員数は非公開)同サービスでは、同社物流センター経由で物々交換が行われる。これにより、匿名での物々交換でき、検品で偽物や不良品は事前にチェック、エスクローサービス対応で安全な取引を行うために、商品の内容や到着を確認してからお金を振り込んだり、商品の受け渡しが簡単にできるように物流サービスを提供している。

 従来の物々交換サービスは、「1人 対 1人」で行われているが、同サービスでは「1人 対 複数人」で物々交換が可能。今回、在庫数が「3万点」を突破したことで物々交換の成功率が格段と高くなり、会員間で行われる物々交換がより活発になると予想されるとしている。

 

 ネットスター(東京都渋谷区)は、ヤマハ(静岡県浜松市、伊藤 修二社長)製のSOHO、中小規模向けファイアウォール・ルーター新製品SRT100に対応したURLフィルタリングサービス「インターネット悪質サイトブロックサービス for ビジネスルータ」を、住商情報システム(東京都中央区、阿部 康行社長)を販売代理店として、提供を始めた。

 「インターネット悪質サイトブロックサービス for ビジネスルータ」は、SRT100 対応URLフィルタリング(ウェブ閲覧管理)オプションサービス。SRT100 が標準で持つファイアウォールや不正アクセス検知機能、Winnyフィルタなどの高度なセキュリティ機能に加え、組織内のネットワーク利用者のウェブ閲覧を簡単かつ的確に制限することが可能になる。

 従来URL フィルタリング導入の前提となっていたゲートウェイサーバが不要になるため、サーバ導入・維持のコスト負担が難しい中小規模組織でも、ウイルス・スパイウェアの侵入予防や情報漏えい防止、従業員の生産性向上などの観点から、大企業中心に導入が進んでいる情報セキュリティソリューションの一環としてのURLフィルタリング(ウェブ閲覧管理)が容易に実現できる。

 利用料金(年額・税別)は、5 ユーザまで33,000円から。新しくSRT100 を導入される際に同時に契約いただくことはもちろん、既にSRT100 をご利用中のお客様については、サービスライセンスのみを後から導入していただくことも可能。

 社内誌・広報誌向けサポートサービス「Commu-Suppo(コミ・サポ)」を運営するナナ・コーポレート・コミュニケーション(東京都新宿区、福西 七重社長)が運営する「社内広報サロン」では、過去8回にわたり各社の社内広報、社内報の課題を取り上げてきた。また、交流会では多数の参加者が親睦を深めることができた。その第9回目を2007年6月22日(金)18時30分〜21時、同社(新宿区新宿1-26-6 加藤ビルディング5階)で開催する。

 テーマは「社内報。企画の考え方、見つけ方」。社内報担当者の「悩み」である、企画立案。『社内誌白書2007』でも、「良い企画が思い浮かばない」が「悩み」の第一位となっていた。普段工夫している企画立案のさまざまの手法を共有したり、その中でヒントを見つけたり、今後の社内報編集に役立ててほしいとしている。

 20:00〜21:00はミニ交流会(軽食を取りながら)。当日用意していただくものとしては、各社の社内報を5部(同じ号でも別の号でも可、未発行の場合は不要)。参加費は2,000円/1名(当日お支払い。領収書を用意)。・参加申し込みはこちら

 グロービス(東京都千代田区、堀 義人代表)の経営研究・教材開発・出版等を行うグロービス経営研究所では、ビジネススクールならびに企業内研修における教育プログラム、講師養成等を通じて、リーダー輩出ならびに経営力強化支援を行っているが、6月10日14:00〜17:00(終了予定)同社東京オフィス(千代田区二番町)で、実際の講義を想定したファシリテーション事例を通じて講師業務の一部を体験できる初のセミナーを開催する。

 対象は28歳〜30代後半で、教育、知のサイエンスや経営の研究に興味のあるビジネスパーソン。「創造と変革を生み出す、知のサイエンスとは(仮)」と題しグロービス経営研究所 所長 田崎 正巳が講演、プロフェッショナル(講師)によるデモンストレーションの後、変革ファシリテーション体験セッションを行う。出席者による懇親会も予定。参加無料。定員50名(※事前申込要。応募者多数の場合は抽選)。申し込み締切りは2007年5月31日(木)。申込方法はホームページから。

 中小企業支援コンサルティングを行う経営相談センター(名古屋市中区、細江 英明代表)は、“東海地方の中小企業支援専門家のネットワーク”として「東海ブレインネット」を発足し、サービスを始めた。

 「東海ブレインネット」は、東海三県の企業を対象に経営を側面支援することで地域に貢献したいと考える専門家の集まりとしていく。専門家には、「経営コンサルタント」「セミナー講師」「士業専門家」の3つのカテゴリーで登録してもらう。「経営コンサルタント」「セミナー講師」は、経営戦略、経営計画、販売・マーケティング、組織・人事制度、生産・技術、物流、IT・情報システム・Web、ISO・Pマーク・規格、採用・教育・社内コミュニケーション、財務・金融・FP、M & A・事業継承・株式公開、契約・経営法務・特許、リスク管理・BCP・保険、許認可・助成金、中小企業支援策活用、その他の専門家。「士業専門家」は弁護士、公認会計士、弁理士、税理士、中小企業診断士、社会保険労務士、司法書士、土地家屋調査士、行政書士、一級建築士の国家資格を有する専門家として既に開業している方。

 「東海ブレインネット」は平成18年末までに専門家登録500名を目指し、“東海”の名を冠するにふさわしい、東海三県随一の経営専門家サイトを目指す。

 専門家を探したい方は、同サイトで分野別に専門家を検索、プロフィール等で内容を確認の上、直接専門家に見積もり依頼や相談を行なうことができる。サイトの利用は無料で登録も不要だが、個別専門家の活用に際しては、問い合わせ先の専門家と費用など条件を相談してもらう。

 「専門家が見つからない」「探し方がわからない」方向けには、同社の「経営専門家マッチングサービス」を用意している。一部の士業専門家を除き、同社コーディネーターが最適なマッチングに努めるという。

 登録される専門家は、東海三県の企業に対して自己の有する専門ノウハウを提供しようという方ならどなたでも登録できる。登録は無料、個別の反響から直接反響を得て業務を受注された場合にも、紹介料等は一切発生しない。希望者は、サイトの「専門家登録」フォームから申し込むと、折り返し詳しい登録規約及び登録シートを送付する。

 パスロジ(東京都千代田区、小川 秀治社長)は、2007年5月17日より、迷惑メールを完全に防止できるWEBメールシステムである『ecomail(エコメール)』の提供を始めた。

 エコメールは、米国特許取得済みのメールシステムと、日本国特許取得済みの本人確認システムを組み合わせたWEBメールシステムであり、SPAMをはじめとする迷惑メールを完全に防止する。従来、掲示板(「2ちゃんねる」など)やブログにメールアドレスを記載すると、SPAMをはじめとする迷惑メールが大量に届く事態を招いていた。 迷惑メールを防止するには、ホワイトリストやブラックリストなどを利用したフィルタ方式が主流だが、フィルタが高度化すると、そのフィルタを抜ける迷惑メールを送信するなど、いわゆる「いたちごっこ」の状態となり完全に防御するのは困難だった。

 エコメールでは、基本的に全てのメールを遮断した上で「エコメール利用者から送信したことがあるメールアドレス」からのメールのみを受信する。この機能は、通常のSPAM対策等でも利用されているが、エコメールではさらに2つの特許取得済みの機能を追加し「いたちごっこ」を防いでいる。

 エコメール利用者が相手先にメールを送信した場合、自動的に「その相手先専用の返信用メールアドレス」を生成し通知する。この返信用メールアドレスは、相手先毎に異なるため、他の方が利用することはできない。

いわば「招待型」「SNS型メールシステム」であり、招待されない限りはメールを送信できず、その招待用のメールアドレスが漏洩したとしても、その人専用のメールアドレス(招待券)であるため、他の人が利用することはできない。

 本人確認が済んでいる方と意見や質問をメールにてやりとり可能になるため、新聞記者・雑誌記者・研究者・政治家・執筆者・芸能人などの個人、迷惑メールを完全に防止したい企業・団体の方などで活用できる。さらに、通常時は送信者の「匿名性」を確保できるため、「内部告発や犯罪行為の通報受付メールアドレス」として使用することで、通報の活発化が期待できる。

 なお、同システムは、本年6月13日から開催される「INTEROP 東京 2007(幕張メッセ)」にて、展示紹介する予定。また、同システムを体験いただくために「エコメール 1Mバイト」サービスを無料で提供している。

07051711.JPG ソリッドアライアンス(横浜市港北区、河原 邦博社長)は、情報漏洩対策商品のインテリジェントディスク社製「myPdisc」の販売を始めた。

 「my P disc」は、myPdisc はROM 領域とRAM 領域の2つの領域を1 枚のDVD メディアに収めた、ハードディスクの代わりとなるリライタブル・ライブディスク。OS(オペレーティングシステム)・基本アプリケーションが、書き換え不能なROM 領域に保存されており、ウィルスの影響を受けることがない。また、新しい設定やユーザーデータは書き込み可能なRAM 領域に書き込まれ、パソコンのハードディスクには保存されないため、ディスクさえ管理すれば情報漏洩の心配もない。

 myPdiscと対応するドライブを搭載したパソコンさえあれば内蔵のハードディスクを全く使用することなく、常に同じ環境でパソコンを使用することが可能となる。価格は5,230 円(税込み)。購入は販売ショップ から。

 ウェブエックス・コミュニケーションズ・ジャパン(WebEx、東京都港区、田野 豊代表)は、SaaSモデルの中小企業向け新グループウェア・サービス「WebExOne」(ウェブエックス・ワン)の受注・提供を始めた。 WebExOneは、昨年WebExが事業統合したイントラネッツ社のグループウェア・サービス「Intranets PRO」に新機能を追加するなどリニューアルを施し、WebExブランドとして初めて日本市場に投入するグループウェア・サービス。WebExOneをサービスに加えたことで、WebExはリアルタイムだけでなく非リアルタイムを含む包括的なSaaSモデルのWebコラボレーションツールを、WebExブランドの下で提供できる体制となった。

 WebExOneの特徴は、社内外/グループ間で情報を共有するグループウェア・サービスで、スケジュール管理、文書共有、伝言板などの機能を、標準的なブラウザとインターネット接続のみで利用できる。CRM/顧客管理、SFA/営業管理などの「データベース機能」を有しているので、WebExOneにバンドルされているテンプレートを使って、またはカスタムメイドで、データベースを業務にあわせて共有できる。また、「Webフォルダ機能」によって、自社サーバのようにエクスプローラ画面から文書共有ができる。さらに、カスタマイズ性が非常に高く、インターフェイスやデザインなどを簡単な操作で変更できるほか、利用者のパスワード管理、利用状況監視など管理機能にも優れている―など。また、モバイル連携にも対応しており、これは日本市場向けの独自機能として追加されている。

 価格はWorkgroup 5(5ユーザー対応、ディスク容量250MB)月額5,040円(税込み)から。WebExOneの機能詳細などはWebサイトから。



※SaaS:(software as a service)ネットワークを通じてアプリケーションソフトの機能をオンデマンドで提供する仕組み。必要な機能のみを、必要な時に使用できるため、導入・保守の手間や時間、コストを削減できる。従来のホスティングモデルと異なり、利用環境に合わせた柔軟なカスタマイズや他サービスとの連携が可能になった。さらに、一つのシステムを複数企業で共有できるため、より低コストでのサービス提供が実現している。

 クラフテック(東京都新宿区、趙 日宇代表)は、キャプチャリングユーティリティソフト Capture It!PROを使用して、ブログ用画像、デコメール絵文字素材、パワーポイント素材などを容易に生成できる<まるごと一発ボタン>の提供を始めた。

 提供する<まるごと一発ボタン>は、パーソナル、ビジネスユースを問わず、画像編集や出力を簡単に行える10種類を製品ホームページより無償でダウンロードして利用できる。また、従来より同ソフトに搭載されている「カスタムコマンド」と「コマンドセット」を組み合わせて作成してあるので、個々の用途に合わせて変更、追加することも可能。<まるごと一発ボタン>の提供に伴い、製品のアップデートを行っているため最新バージョンへのアップデートが必須となる。詳しくはサイトから。

 事業者向けに情報提供サービスを展開しているイー・クラシス(東京都渋谷区、宮下 崇俊社長)は、日本情報マート(東京都中央区、小野木 孝二代表)と提携し、ビジネス情報販売サービス「フィデリ・ビジネスデータ」で「ビジネスリポート」の提供を正式に始めた。

 「フィデリ・ビジネスデータ」は、企業情報から特許、法律、技術情報など約9,000万件のビジネス情報をオンラインで販売するサービスで、国内の主要な約100種のビジネスデータベースと、書店では購入できないビジネス専門リポートを販売している。

 今回販売を開始するのは、日本情報マートが提供をしている経営実務に関するものからニッチな業界の市場動向まで、幅広い情報を調査したリポートとなっており、各リポートの価格は315円(税込み)から1,575円(同)。詳しくは「フィデリ」から。

 豊作プロジェクト(東京都中野区、秋田 隆輝代表)は、EC構築システム「豊作くん」の技術を利用したショッピングカートASPサービス「豊作くんカートサービス」の提供を始めた。

 豊作プロジェクトは1995年の創業よりECサイトにこだわり続け、自社開発のECサイト構築ソフト「豊作くん」の販売やASPサービス、および「豊作くん」をベースとしたソリューション開発を行ってきた。「豊作くん」は一部上場企業のECシステム導入や、ショッピングモールの導入など今まで、多く利用実績のあるシステム。そのEC構築のノウハウを、より多くの方に提供するため、より低価格なサービスとして提供する。

 提供する「豊作くんカートサービス」は、EC構築システム「豊作くん」のカート機能を取り入れたショッピングカートサービス。機能をカート機能に絞ることで、月額2,333円(税別)からという低価格帯での提供が可能となっている。

 MSA(東京都千代田区、岡田 純一代表)は、企業の電子メール監査、アーカイブをオールインワンで行える電子メール検閲アプライアンスサーバ「MAIL PATROLシリーズ」に低価格モデル「MAIL PATROL Lite」を追加した。定価は498,000円(税別)。2007年7月上旬より出荷を始める。

 「MAIL PATROL Lite」は、メール保存機能に特化することで現行機種の約半額という驚異的なコストパフォーマンスを実現した。同モデルのリリースによって、これまで以上にシステム導入のハードルを下げ、急激に高まるメール保存およびメール監査のニーズに対応していくとしている。

 アップフロンティア(同、花本 浩社長)は、企業によるブログパーツを利用したプロモーション活動が活発になっていることから、ブログを持たない利用者でも、PCのデスクトップ上でブログパーツを利用できる、独自の新サービス「blogdrop(ブログドロップ)」(特許出願中:出願番号2007-123457)の提供を始めた。

 企業による口コミプロモーション用ツールとして、ブログ所持者に対して配布されるブログパーツ。しかしながら、ブログを所持していないネットユーザーには、閲覧したブログでしか利用できないコンテンツや機能に限定されたものでしかなかった。「blogdrop」では、ブログパーツをデスクトップにダウンロードしても利用可能とすることで、利用者のそうした不満を解消。さらに、ブログパーツを配布する企業では、PCのデスクトップで常駐するミニアプリケーション(ウィジェット)を併用することで、利用者との接点をブログパーツという線から、ブログパーツ×ウィジェットという面によるマーケティングツールとして機能させることができる。

 基本価格はFLASH制作費70万円から、blogdrop設定費25万円など。詳しくは問い合わせ。詳細はサイトから。

 ウォルフソン・マイクロエレクトロニクス・ピーエルシー(ウォルフソン、横浜市西区) は、業界最高水準のジッター除去を実現したS/PDIFオーディオ・トランシーバー、「WM8804」と「WM8805」を発表した。

 同デバイス製品は、LCDテレビ、PCのマザーボード、その他多くのオーディオ・システムに搭載され、高品質で、費用対効果が高いS/PDIFオーディオ・データ転送を実現する。 これらの新しいデバイスは、同社の既存の高性能S/PDIF対応オーディオCODEC製品ラインナップ(「WM8580」「WM8581」「WM8777」)を強化するもの。

 WM8804、WM8805オーディオ・トランシーバーの特長は、WM8804には入力が1つ、出力が1つあり、LCDテレビ、DVDレコーダー、音楽機器、その他高品質のデジタル・オーディオを必要とする家電製品への搭載が可能。WM8804およびWM8805は、「フラグ付き」モードなどを含むS/PDIFのIEC60958-3標準に完全準拠し、ステータスやエラー情報の抽出が様々な方法で可能。多くの競合トランシーバ製品と異なり、WM8804とWM8805はオーディオ・システムに対して低レベルのジッターしか発生させない。100 Hzを超える信号に先在しているタイミング問題を抑えることが可能で、重要なオーディオレンジにて発生する音の歪みや様々な問題を解決。統合された高性能PLLを中心に構成され、イントリンジック期間ジッターが50 ps、ジッター除去周波数が100 Hzを実現―など。

 WM8805は8つの入力と1つの出力を持ち、AV機器、DVDレシーバー、および業務用及び家庭向けの録音システムなど、デジタル・オーディオ・チャネルの切り替えが必要なシステム向けに開発。WolfsonのPLLテクノロジにより、WM8804およびWM8805レシーバーは、低品質の入力シグナルからでもデータ及びタイミングにロックオンして、リカバリーすることが可能。これによって、入力信号がひどく劣化している場合でも、トランシーバはどのようなソースからでも、S/PDIF信号の受信が可能。高性能PLLが、システム全体のコンポーネント数の低減を実現。PLLは水晶発振子から分周されたクロック信号を合成するために使用が可能で、外部フィルタを必要とせず、オーディオ・システム用の高周波マスタ・タイミングのソースとして動作ができる―など。

 WM8804およびWM8805は、低ピン数パッケージ(WM8804は20ピンSSOP、WM8805では28ピンSSOP)で、現在サンプル出荷中となっている。

 

 エムビー(横浜市鶴見区、黒田 直社長)は、米国の猫おもちゃマーケットでいま一番注目を浴びているキャットニップおもちゃ「Yeowww!キャットニップシリーズ」の「バナナ」「アップル」「レモン」の販売を始めた。

 Yeowww!キャットニップシリーズは今回発売する「バナナ」「アップル」「レモン」だけでなく、「シガー(葉巻)」「フィッシュ」「フルーツセット」などユニークなスタイルが話題を呼んでいるブランド。アメリカでは

Pet Product News誌やCat Fancy誌のEditors' Choice Awardに選ばれるなど、多くの猫と猫愛好家に親しまれている。

 キャットニップの質にもこだわり、100%有機栽培のキャットニップを栽培し、成熟するまでじっくりと育て、収穫、乾燥したあと、コットンなどの詰め物一切なしにおもちゃに贅沢に一つ一つ丁寧に手作業で詰め込んでいる。価格は「バナナ」「アップル」「レモン」は各1,250円(税込み)。キャットニップシリーズの詳細、ご購入はサイトから。

 ジュライ(東京都渋谷区、安東 真太郎代表)は、TrustView(東京都中央区)が開発した、文書セキュリティ管理システム「TrustView DRM for Office / PDF」を用いたASPサービス『トラストビューASP for Office / PDF』を始めた。

 『トラストビューASP for Office / PDF』は、Office(エクセル、ワード、パワーポイント)・PDF形式の重要ファイルを暗号化保護することで、ウィニーや、パソコンの盗難、記録媒体の紛失などにより第三者へ情報が流出した場合でも、ファイルの開封、閲覧を行えなくすることができるASPサービス。

 ファイルを暗号化するには、トラストビューASPサーバーの専用フォルダにファイルをコピーするだけの簡単操作で、重要ファイルに強固な暗号化を施すことができる。価格は初期費用30,000円。利用料:利用者1人当り5,500円/1ヶ月(半年分一括前払い)。1ヶ月間の無料試用キャンペーン、6月末まで初期費用無料キャンペーンを実施している。

 ジュライでは、5月16日より東京ビックサイトで開催される「情報セキュリティEXPO」にてトラストビューASPを出展している。システムの概要説明、実際のデモンストレーションを実施する。

 SAVAWAY(浜松市中区)は、2007年5月16日(水)から18日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催される日本最大のIT専門展に出展している。

 同社の出展内容は以下の通り。

・多様なニーズに対応した独自ドメイン・ショッピングカート構築システム―「マルチドメインカート」

・複数モール間の在庫を自動で調整・管理―「在庫管理システム」

・ビジネスパートナーとして成功へのお手伝い―「ECコンサルティング」

・無料で遊べるミニゲームが満載な―「インターネットテーマパーク7wonder!」

・店舗からの自動メールでお客様に安心感を―「リメールシステム」

・人の居る気配が安心感を与え、購入を促進―「ひと気システム」

・気軽に商品やサービスをアピール―「ビジネスブログ」

・損害を出す前に危険性を判断―「与信システム」

 日本シグマックス(東京都新宿区、鈴木 廣三社長)は、アイシングツール「ザムスト アイシングセット」を発売した。

 「ザムスト アイシングセット」は、アイシングをするのに適した「アイスバッグ」と、適度な圧迫をするのに適した「アイシングラップ(バンデージ)」がセットになっている。ケガの応急処置として一般的なRICE処置のうち、安静、挙上については特別な道具を必要としないため、このセットがあれば、氷を用意するだけでRICE処置を行うことができる。

 腕や脚のアイシング・圧迫に適した「IW-1」は、アイシングラップ「IW-1」と「アイスバッグ(Mサイズ)」1個のセットで価格3,990円(税込み)。 肩や腰のアイシング・圧迫に適した「IW-2」は、アイシングラップ「IW-2」と「アイスバッグ(Lサイズ)」2個のセットで価格7,455円(同)。気軽なアイシング・圧迫に適した「バンデージ」は、バンデージ「エルウェーブ」と「アイスバッグ(Mサイズ)」1個のセットで価格1,995円(同)。

 サーフィンの動画、DVD最高シリーズ企画、制作のインピアンクープロダクションズ(神奈川県藤沢市、中野 智道代表)は、プロサーファー今村厚とのコラボレーションによる最新作「大和流(やまといずむ)」のリリースイベントを5月19日(土)17:30から渋谷のCLUB UNITY(東京都渋谷区渋谷3-26-25湯沢ビル TEL:03-5485-4011)で開催する。

 出演者は《ARTISTS》卍-LINE/導楽/HIGH−G/EELMAN/DONNA/SHIBA-YANKEE/JUNIOR DEE 《DANCE》FOXY-BULL-MAN  《SOUND》宇治田みのる/PLAY HAVE ROCK/MAVERIICK SOUNDS 《GUEST》坂口憲二/小川啓/DJ TSUYOSHI/NO★GAIN  《SPECIAL THANKS》真木蔵人/JPSAプロサーファー多数来場予定。協力・構成は流鏑馬PRO。チケット料金は3,500円(当日券のみ、1ドリンク付)。

 大和流サンプルムービーはこちら。今村厚プロのオフィシャルサイトはこちら

 QLife(キューライフ、東京都世田谷区、山内 善行代表)が運営する病院検索評判口コミサイト「QLife」は、口コミ会員数が5万人を突破したと発表した。

 また、会員アンケート(回答者数=3030人)で「ブログを持っているか」を確認したところ、全体で44%、30代女性では48%、しかも27%は「ほぼ毎日更新している」と答えるなど、活発なブロガーが多いことが分かった。一般の30代女性のブログ保有率26%(『ブログ白書2007』野村総合研究所+シックスアパート)と比べると、極めて高い数値となっている。

 こうした情報発信力の高い会員属性を反映して、サイトに寄せられる病院評判口コミは、1件あたり平均140字(=一般的なメール文では4行に相当)。啓発的な内容も多く、病院評判口コミ群としては他にあまり類をみない質の高さとなっているという。

 NPO法人ござれGO-SHU(滋賀県甲賀市、田中 松太郎理事長)は、2007年8月4日(土) 、滋賀県甲賀市甲賀町鹿深夢の森をメイン会場に、「第9回ござれGO-SHU!」を開催する。現在、このイベントのチーム参加申し込みを、今月5月31日まで受付けており、同時に、イベントスタッフ(裏方仕事人)の募集も行っている。

 滋賀県で盆踊りといえば、「江州音頭」(ごうしゅうおんど)。その「江州音頭」をベースに、曲をロックやサンバ調などにアレンジし、鳴子等を手に、化粧、衣装で身をまとった踊り子達が、チームごとに踊りを競い合うという祭りが、『ござれGO-SHU!』。

 ルールは簡単で、1つ目は、手に鳴子(なるこ)等の鳴り物を持つこと。2つ目は、曲の中に江州音頭のフレーズ(掛け声)を入れること。3つ目は、隊列が組める編成のチームであること。その他、衣装、音楽、振り付けは、各チームがそれぞれのオリジナリティで創り上げることができる。また、祭りはコンテストの要素もあり、審査を受けるためにはこれらの規定のほか、曲の長さや地方車のサイズなどの参加規定をクリアする必要がある。

 チーム参加申し込み受付期間は2007年5月31日(木)まで。参加申し込み方法はホームページから、またはFAXでのエントリー(宛先:第9回ござれGO-SHU!組織委員会事務局宛 FAX 0748-88-5391)参加料は無料。

 ラーメンデータバンク(東京都目黒区、大崎 裕史代表)は、全国のラーメン情報が楽しめる携帯コンテンツ「ラーメンバンク」(http://m.ramenbank.com/)をEZweb公式サイトとしてオープンした。

「ラーメンバンク」では、現役ラーメン王やラーメン本を数多く監修、執筆しているラーメン通のコラムを公開。また、ラーメン店の新店情報、限定メニュー情報などをいち早く掲載していく。

全国のラーメン店約12,000軒(一部海外も含む)のデータベースを公開し、営業情報やオススメのコメントなども掲載。また、MapFanによる地図表示のほか、EZ地図リンクサービスを活用し、EZ助手席ナビ(一部有料)やEZナビウォーク(有料)の音声による道案内も可能。なお、5月31日までオープニングの記念として、10人に一人の割合で東池袋大勝軒のお土産ラーメンが当たるキャンペーンを行っている。

 ラーメンデータバンクでは、主なターゲットはラーメン好きの中でもややマニア向けの方を対象とし、ラーメンの情報をより掘り下げた形で提供することを目指すとしている。

 ロックオン(大阪市北区、岩田 進代表)は、クララオンライン(東京都江東区、家本 賢太郎代表)と業務提携し、クララオンラインが提供する「Linux FPSサービス」及び「Linux専用サーバサービス」にオープンソースのECパッケージ「EC-CUBE」(イーシー・キューブ)を搭載したサービスを始めた。

 EC-CUBEは、国内発のECオープンソースとして昨年9月にリリース、カスタマイズの柔軟性や、誰にでもわかりやすい管理画面のユーザーインターフェースに高い評価を得てきた。しかし、サーバーインストール型であるため、煩雑なインストール作業が導入時の障壁となっているとの声もあった。

 今回、クララオンラインの提供する「Linux FPSサービス」及び「Linux専用サーバサービス」への搭載がサポートされていることにより、ユーザーはインストールや初期設定が不要となり、あらかじめ動作確認された安定した環境で「EC-CUBE」を利用することが可能となった。

 クララオンラインの「Linux FPSサービス」は性能保証型の仮想専用サーバサービス。また「Linux専用サーバサービス」は、Dell製ハードウェアとRed Hat Enterprise Linux を標準で採用している。また両サービスでは既に「EC-CUBE」の動作を確認済み。「EC-CUBE」の各ホスティングサービスへのインテグレーションは、クララオンラインの協力会社であるハルデザインコンサルティング(横浜市)が実施する。詳細はクララオンラインのホームページから。

 不動産情報ポータルサイト「HOME'S」を運営するネクスト(東京都中央区)は5月14日、一般向け不動産中心のインターネットオークションサイト「HOME'Sオークション」を正式にグランドオープンした。

 「HOME'Sオークション」は、気になる家に入札・落札したり、自分のマンションを売却したり、今までにない簡単・安心な不動産オークションサイト。グランドオープンに伴い、会員登録した方が正式に出展物件の入札・落札を行うことが可能となった。掲載物件数約104万件、月間1.2億ページビュー(2007年4月度実績)を誇る日本最大級の住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME'S」に、新たに「HOME'Sオークション」を加え、サービスの網羅性を高めることにより住宅購入者の選択の幅を広げるとともに、個人でも安全かつ低コストで不動産オークション取引に参加できるプラットフォームを確立することによって、不動産流通市場のさらなる活性化に貢献することを目指すとしている。

 なお、2007年5月31日までの期間に仮会員登録すると、抽選で合計20名に、「任天堂 Wii(R)」をはじめとした豪華賞品が当たるキャンペーンを実施している。

 エイチアイ (東京都目黒区、川端 一生代表)は、携帯電話で多数の搭載実績を持つリアルタイム3D描画エンジンMascotCapsuleの新ラインナップとして、極小な実行環境で利用可能な「MascotCapsule nano」を開発したと発表した。

 「MascotCapsule nano」は、MascotCapsule V3をベースとしており、プラットフォームを問わず利用が可能。組込み機器向けのローエンドCPUにも広く対応、色情報を使用しないため、ハードウェアの表示(発光)方式に柔軟に対応できる。また、ドットの密度で面の明暗を表現するなど、メモリ使用量を極限まで抑制、データの転送速度が遅い環境下でも、滑らかなアニメーションが可能としている。

 「MascotCapsule nano」により、低階調環境でも擬似的に多階調表示を行って立体感を表現できるようになるため、従来は3D画像の活用が難しかったPC周辺機器、自動車の表示パネル、バーコードスキャナ、POS端末、プリンタ、スキャナ、リモコン、携帯玩具、その他各種デジタル民生機器など、蛍光表示管や小型液晶ディスプレイを搭載した、携帯電話よりさらに低解像度・低スペックの組込み機器でも、3Dを用いた表現力豊かな演出が可能となる。詳細についてはホームページから。

 同製品は5/16(水)〜18(金)、東京ビッグサイトで開催される【第10回組込みシステム開発技術展】に出展、利用事例紹介やデモンストレーションを行う。ブースNo.は東48-16。

 アイラボ(東京都港区)は、携帯電話から位置情報付き画像ブログを簡単に投稿できる仕組みを開発、インターネット上で位置情報付き画像を共有できるLCCSサイト『ジオクリ』サービスを始めた。LCCS(Location Contents Communication Service)とは、位置情報付きコンテンツを投稿・コメントすることでユーザー同士がコミュニケーションできる仕組みのこと。

 他のマップサービスのように、PCを利用するのではなく、GPS機能付き携帯電話が有れば投稿が可能。そのため、ユーザーが今いる場所の生の情報を、写真付き、位置情報付きで投稿できる。検索も携帯電話の位置情報を利用し、現在位置から近い順にコンテンツを表示する。「食べる/飲む」や「ニュース/事件」などの10のカテゴリに分類されているので、現在位置付近の欲しい情報が簡単にリアルタイムに共有できる。

 利用シーンとしては、『初めて降りた○○駅。ジオクリで、「食べる/飲む」カテゴリ、近くの情報検索。コメントが一番多い投稿を見ると、美味しそうなイタリアンを発見。地図を見ながら、駅から徒歩5分程で到着。おいしいランチを食べることができた。そして、「美味しかったです!」とコメントを追加・・・・』というような利用を想定している。利用無料。会員登録には既登録者の紹介が必要だが、5月22日までは紹介なしで会員登録が可能としている。

 今後アイラボでは、携帯電話の持つ位置情報を利用して、コンテンツ投稿や閲覧を促進、利用者間のコミュニケーションを活発にしていくことを目指すとしている。

 

 犬用新ブランド「CANE RICCO」設立併設:MAYUMI HASEGAWA手作り量産・・・・一見矛盾するコンセプトで次々と斬新なレザーアイテムを発表するデザイナー長谷川真弓氏が、「1点もの」と彼女が手掛ける初のドッグレザーブランドcane riccoの商品を扱うショップを表参道・キャットストリート沿いに1年間の限定ショップ「CANE RICCO by MAYUMI HASEGAWA plus」(カーネリッコ バイ マユミハセガワプラス)をオープンした。

 「MAYUMI HASEGAWA」の商品は、デザイナー本人が全ての商品の試作品を製作後、手作り量産体制を経て再度デザイナーの手に渡り加工されたものが商品となる異例の生産方法をとっているが、その最初の試作品や商品化されなかった1点ものがこの新店舗で販売される。MAYUMI HASEGAWAファン、マニアにとってはたまらない限定品販売店舗となる。

 また、初の犬のレザーブランド「CANE RICCO」(カーネリッコ)もこのショップにおいて紹介される。「CANE RICCO」は、 ダイヤモンドパイソンや牛革などを使用した最高級の首輪やリードを作成発表しており、PET業界のファッション化を目指した同社発の犬のためのレザーブランド。

 「MAYUMI HASEGAWA」直営店は、今回のショップが2号店となっている。

 スパイダーネットワークス(東京都立川市、田浦 隆也代表)が運営している国内最大のYouTube日本語タグ化検索サイト『MOCO Video』は、今月5月13日に1日あたりの総閲覧数300万PV(ページビュー)を突破したと発表した。これは、運営開始後、わずか6ヶ月目での達成となる。また、動画再生回数は1日あたり約200万再生、累計動画再生数は1億再生を突破しているという。

 『MOCO Video』は、参加ユーザーが、YouTubeのビデオに関連付けられている英語タグを、『MOCO Video』内で日本語タグとして登録することでマッチングされ、以後、日本語での一括検索が可能となる。例えば、犬=dog=hound とすることで以後は「犬」で「dog」も「hound」も一括して検索できる。

 オレンジソフト(東京都品川区)は、メールの添付ファイルを自動的にZIP暗号化するアプライアンスサーバー「BRODIAEA safeAttach BRSA-01」(ブローディア セーフアタッチ)の新モデル「BRSA-02」を、2007年6月に販売を始めると発表した。また、従来のラック型モデルに加えて、タワー型の筐体を採用した新モデル(BRSA-02T)も同時に販売を開始する。

 新モデルBRSA-02では、従来の「BRODIAEA safeAttach BRSA-01」に、パスワード通知の簡易化・自動化、拡張子の変更、添付ファイルの結合―などの機能を追加し、操作性を向上させた。

 受信者へのパスワード通知メールをsafeAttachが自動で送信することができるようになり、パスワード通知メールは、元メールの送信から一定時間遅れて送信されるため、通知前に通知をキャンセルすることも可能。(自動送信ではなく、送信前に確認することも可能)また、ZIPファイルの拡張子を変更できるようになった。(例:sample.zi_ など)さらに、複数添付されたファイルを、1つのZIPファイルにまとめることができるようになり、より使いやすくなっている。価格は本体価格 150万円(税別、BRSA-02、BRSA-02T共通)。

07051510.jpg ミッションクルー(山梨県笛吹市、山下 秀樹代表)は、2007年7月1日より音声感情識別によるコミュニケーション応援コンンテンツ『エレファントミラー』(愛称:「エレミ」)のサービスを始めると発表した。

 エレミ(Elemi)は、Skype(TM)やMSNメッセンジャー等で知られる無料音声通話ソフト(ソフトフォン)を使用する全てのユーザーが無料で利用できる。話者が音声通話ソフトで通話中、PCにインストールした音声識別ツールが

個々の異なる音声感情と単語を分析する。自分の発した音声感情の度合いにより仮想キャラクター「エレミ」が画面上でさまざまなアクションを起こす。楽しみながら確認できるツールとなっている。

 話者が音声通話ソフトで会話中「音声感情識別ツール」の画面上では、音声感情に応じたバナー広告や発した単語に連動した広告が現れる。また広告の内容は随時会話に連動しながら切り替わり、複数人での会話にも対応している。同時にエレミのコミュニティサイトを通じ、類似の単語を使ったユーザー同士がコミュニケーションを図る場としてのサービスも提供する。

 今後、ミッションクルーでは「音声感情識別技術」を応用したコミュニケーションコンテンツの充実を図っていくとしている。

 インテリアクリーニング専門23年の実績をもつタック(東京都墨田区、山本 利治代表)は、高級家具を専門にクリーニング「東京ラグジークリーニング」を始めた。

 メンテナンスに困っている高級家具オーナーに、良いものを長く使ってもらうために「クリーンコンシェルジェ」と名付けられたスタッフが、ワンランク上のクリーニングサービスを提供。第三者機関であるIICRCに認定された高い技術力で、満足いただける最高の仕上がりを約束するとしている。詳しくはサイトから。

※IICRC:プロクリーナーとしての知識の習得と技術を訓練することを通して、業界のレベルを向上させるためにアメリカで1972年に設立された非営利団体。現在、世界33ヶ国に3,700以上の企業が認定を受けている。

 Rバンク(東京都渋谷区)は、2006年8月の会社設立後、初となるリノベーションC.C.C.プロジェクト「中野坂上戸建」を完了したと発表した。

 「中野坂上戸建」は、築23年の階店舗付きの3階建て住宅。建物が古く木造の住宅であったため、売主側は土地のみの売却を他不動産仲介会社から提案されていた。しかし、同社が行う「リノベーションC.C.C.プロジェクト」を利用することにより売主側は建物検査の導入により、引渡し後の建物に関するトラブルを回避でき、更に思い入れのある建物を、土地のみの評価ではなく、建物の評価(500万円程)を加えて契約が成立した。

 買主側は、自分好みに改修・リノベーションできる中古物件を以前より探しており、今回建築家とのやり取りを通じて、実現した住まいに満足しているという。

 今後も、Rバンクでは、全取引物件に建物検査を導入し、買主・売主の安心のできる取引と新しい住まいの形を提案していくとしている。

※リノベーションC.C.C.プロジェクト:Clear(透明性:建物検査)・Customize(自分らしさ:デザイン・施工)・Combination(調和:トータルサポートサービス)の3つのCを取った、Rバンクの中古物件コーディネートサービスの名称。

 エフ・プラット(東京都港区、神部 典之代表)が運営する、誰でも初期費用なし・在庫なしで自作の本を製本、出版、販売できるウェブサイト「マイブックル」は、1冊だけから製本・出版・販売できる「ドロップシッピング方式」に加えて、一定量の本をあらかじめ著者が自分で購入し、注文が入るたびに著者自身の在庫から販売できる「セルフストック方式」を、5月末をメドに開始する。

 ドロップシッピング方式と比べて1冊当たりの製本原価を低減できるため、自分のブログを本にして販売したりグループで同人誌を制作・販売したりする機会が拡がり、誰にとっても、自作本の出版・販売がより身近な楽しみとなるようなサービスの提供を目指すとしている。

 アイシーティアイ(長崎県長崎市)は、会費徴収代行機能(オンライン課金)付の有料SNS構築ASPサービス「SNS4U」(SNS for You!)の正式公開に先立ち、第一期オーナー限定100名団体)の募集を始めた。

 初期コストおよび固定費を完全に排し、会員から代行徴収したSNS会費収入をシェアする新しい料金モデルを採用するSNS4Uは、会員数の伸びに正比例して収益が確実に増加する有料SNSの構築をサポートし、オンライン決済による会費徴収を代行することにより、SNS運営者を強力にバックアップするとともに、SNSサービスの健全な発展に貢献する。

 料金体系は、初期費用:無料、固定費用:無料。利用料:会員数に応じて会費収入をシェアする。利用料の算定法はSNS会員ひとりあたり、1)会費月額千円未満の場合は会費月額の半額、2)会費月額千円以上の場合は千円を超える額の15%に500円を加算した額。提供および対象は(一期募集)限定100名(団体)。募集期間は2007年5月末まで(定員に達し次第締切、定期不定期に追加募集)。

07051505.jpg ロイヤル チエ(フタバファー、東京都千代田区、今井 千恵社長)は、4月10日(火)帝国ホテル「光の間」にて新作発表のファッションショーを行った。

 31周年を迎え新たな1年目のスタートとなった今年は、デザイナー今井 千恵の原点に戻った色鮮やかなオレンジのファーや、新たな提案であるフリュールアンネテ(夏にも着られるファー)をイメージしたジャケットやボレロ、そして初めてのお披露目となるパープルレーベルのファーなどが登場した。

 パープルレーベルについて挨拶をして下さったデンマーク大使をはじめ美川 憲一さん、神田 うのさん、増田 恵子さん、NYからかけつけて下さったソーシャライツのティンズリー・モーティマーさん(ティンズリーさんはNY以外では初めてランウェイに登場)など、数多くの方々が来場した。

 ピートゥピーエー(PtoPA、東京都江東区、黄 声揚社長)は、WEB上で双方向会話型のFAQや商品紹介広告コンテンツ、マーケティング分析を行うツールなどの構築、運用が簡単に行えるソフトウェア「CAIWA3.0サーバーパッケージ」の販売を始めた。

 「CAIWA3.0サーバーパッケージ」は、ユーザー側のシステム上でテキスト入力形コンテンツを構築、運用するツール。パッケージを構成する主要ソフトウェアモジュールは、双方向会話型コンテンツを制作する開発ソフト「DKE」、会話を制御しコンテンツを運用するための「CAIWAサーバー」、アクセスした消費者との会話内容をログとして蓄積し、関心のあるポイントが抽出できる「会話ログ分析ツール」など。

 コンテンツ開発ソフト「DKE」はユーザビリティに優れた開発ツールで、通常のパソコンユーザであれば、どなたでも簡単に会話コンテンツが作成可能。しかも会話にあわせて、静止画やアニメ、動画、音声等のマルチメディアデータや特定のURLページを出力することができ、ユーザーとの会話に合わせてせりふにあった動作をするマスコットキャラクタが設定できるなど、従来には無いまったく新しいコンテンツをWEBサイトで実現できる。

 ライセンス価格は35万円から(消費税込み)。1年間での300本の販売を計画している。

※FAQ:Frequently Asked Questionsの略、頻繁に尋ねられる質問のQ&A集の意。

 首都圏ソフトウエア協同組合(MTSA、東京都港区、中島 洋理事長)は、6月より組合員企業の人材を活用し、実践に即した講習が可能なJAVAプログラミングなどの講師の育成を始める。

 講師の育成プログラム研修実施は、ハッピーコム(東京都港区、戸田 江里子代表)と提携して行う。ハッピーコムは業界経験者である育成プログラム修了者が講師をつとめる実践型の研修事業を強化していく。

 あわせて今後IT技術者を希望する学生や社会人への研修を実施することにより、人材不足に悩む業界での技術者の採用および後進の育成を支援していくとしている。

07051502.jpg スプリューム(東京都港区、梶塚 千春社長)は、WEBの世界を3Dに拡張した次世代型ポータルワールド「splume(スプリューム)」で5月17日(木)より次世代アバター

のパーツショップ『METAMO』を正式オープンする。

 次世代アバターは、リアルな人間型、空中を浮遊するロボット型、アニメ的な子供型、動物型など、いくつかのタイプがあり、それぞれのタイプ毎に売り場が分かれている。

 パーツの平均販売価格帯は150〜300円前後で、オープン時には約100種類をラインナップ。決済手段としては、まずウェブマネーのプリペイド型電子マネー『WebMoney』を採用。ユーザーの利便性向上のため、今後も決済手段の拡充を図る予定。

 タクト(東京都杉並区、荻野 明彦代表)は、集客支援機能付飲食店向けホームページ制作パッケージ『グルメまねき猫』をリリースした。

 『グルメまねき猫』は、飲食店に特化したホームページ制作をパッケージとして、独自ドメイン取得、Yahoo!カテゴリ登録を始めとする検索エンジン上位対策、ホームページ簡易更新機能や携帯用クーポンページ&メールアドレス収集、顧客名簿管理&一括メール配信機能―などを備えたオール・イン・ワン・パッケージ。

 価格は初期料金84,000円(Yahoo!カテゴリ登録料52,500円を含む)、月額15,750円。詳細は専用ホームページから。

 流通・サービス業に特化した、インターネット活用型アウトソーシング事業を展開するメディアフラッグ(東京都渋谷区、福井 康夫社長)は、お客様窓口からの問い合わせ情報を、WEB上で情報収集・共有・活用する新しい仕組みの提供を始めた。

 お客様窓口代行システムでは、同社開発のシステム「Market Watcher」を使用し、様々な店舗に対して感じる消費者の評価や意見(CS情報)を携帯やPDAから入力することができる。そこで幅広く収集した情報をDB化し、CS情報を提供することにより、店舗力の向上やマーケティングプロモーションに活用することで、売場の質向上を図り、売上増大に寄与することを目的としている。価格は問い合わせ。

 メディアフラッグでは、『お客様窓口代行システム』及びフィールドマーケティング事業「リアルショップリサーチ」を融合させ、ターゲットを絞らず幅広いCS情報を集めることにより、流通・サービス業のサービスレベルの向上の一翼を担っていくとしている。

 首都圏に高齢者介護施設を8箇所、デイサービスセンター1箇所を運営するらいふ(東京都品川区、吉田 伸一社長)は、高齢者介護施設を短期間で満床にする集客ノウハウの確立により、大幅増収・増益の目途が立ったとして、介護ヘルパーの待遇の大幅な向上11%アップを発表した。

 ヘルパーの職は高齢化社会を支える社会的意義の高い職業。それにも関わらず、一般的にその月給は低く、20万円を割ることも珍しくない。それは、先日に放映されたNHKスペシャル「介護の人材が逃げていく」などで実態が紹介されているとおり。

 同社は常に我が国の高齢社会のサービスビジネスの先駆的、先進的な事業展開を行なっており、この「介護離れ」という重いテーマにも真っ向から挑戦している。それは介護職の社会的地位の向上と「やりがい」「働きがい」を追求する上で、従業員の賃金を引き上げ(年棒で304万円以上)、向上心あふれるスタッフを同社に結集させようとしているという。また、同社はここ数年シェアを伸ばしている、一時金・権利金なしの入退居自由な老人ホームを初めて事業化し、注目されている。

 サムライワークス(東京都渋谷区、新島 実代表)は、携帯電話を活用したモバイル集客ツール「ケータイ販促」の導入事例と集客ノウハウを紹介するセミナーを2007年5月24日(木)15:00〜16:30(受付14:30〜)、同社(東京都渋谷区渋谷3-9-10 KDC渋谷ビル7F)で開く。参加無料。

 携帯電話の出荷台数は9,000万台を超え(2006年2月)、多くの人にとって最も身近にある、欠かせないメディアとなっている。ネットを活用した店舗集客を検討している、モバイルマーケティングを実践したい、より費用対効果が高い集客施策を探している―などのニーズに対応、モバイルマーケティングの現在がわかる、導入ノウハウが一発でわかる、費用対効果を最大化するポイントがわかる―内容としている。申し込みはサイトから。

 クリスク(東京都渋谷区、中島 奉文社長)は、全国の英会話教室の情報を集め、費用面、交通の便、クオリティ、口コミ情報の観点から英会話教室・スクールを比較し、お勧めの英会話教室を紹介するポータルサイト「英会話教室ナビ」サービスを始めた。

 一人一人の条件や目的に合った英会話教室を診断できる簡単診断ツールも用意している。自分の条件・目的にピッタリの英会話教室を探すことができ、これから英会話教室に通う人がスクールを検討する際に活用できる。また、英会話教室情報以外にも、英語教材や英会話喫茶、子供・幼児英会話の情報等、英会話に関する情報が満載という。

 

 インテック(富山県富山市)はセキュリティ製品が出力したログを長期保管、高速検索する「快速サーチャー ログ検索ソリューション」と、日立ソフトウェアエンジニアリング(東京都品川区、小野 功社長)の情報漏洩防止ソリューション「秘文」を連携し、「快速サーチャー ログ検索ソリューション for 秘文」として製品化し、5月21日より販売を始めると発表した。

 日立ソフトの「秘文」シリーズは、コンテンツ暗号化/持出制御分野で国内トップシェアを誇る情報漏洩防止ソリューション。秘文により取得されるログの量は膨大となるが、「快速サーチャー ログ検索ソリューション」の高速検索エンジンを利用することで探したいログを瞬時に特定することができる。

 秘文に最適化しているため、導入時に特別な作業はいらず、スケジュールを登録するだけで自動的にログのデータベースが作成される。ユーザは作成されたデータベースを選択し、検索条件を設定するだけでログ検索が実行できる。価格はStandard Editionが1,200,000円(税別)、Enterprise Editionが1,860,000円(同)。5月16日(水)から開催される第4回情報セキュリティEXPOに出展、デモンストレーション展示を行う。

 ネットエイジ(東京都目黒区、西川 潔社長)は、2006年8月より運営している参加型ポータルサイト「Saaf」をリニューアルした。

 参加型ポータルサイト「Saaf」は昨年8月リリースし、2007年5月現在、約40,000人のユーザーが利用している。特にソーシャルブックマーク機能については、ブラウザで簡単に利用できるブックマークレットを提供しており、利用ユーザーがWebサイトを巡回しながらブックマークを簡単に行えるようになっている。

 一方で、ユーザーの利用によって集まった情報群を簡単に閲覧する仕組みについては、情報を整理してユーザーに提供するという点で機能改善の余地があったため、今回のリニューアルしたもの。

 今後はソーシャルブックマーク機能をメインとし、さらにこの情報群を簡単に整理・閲覧できる機能を企画し、よりユーザーに利便性の高いサービスを提供し続けていくとしている。

 

 エンプレックス(東京都中央区、沢登 秀明社長)は、『eMplex CRM』の新バージョン『eMplex CRM Suite Release 8.0』をリリースした。

 Web・メール・電話、対面営業、ECのあらゆるコンタクトチャネルにおいて幅広くCRMのニーズに応える『eMplex CRM』は、日本企業のワークスタイルに合わせた基本設計を継承しながら、これまで250社以上の導入企業からのフィードバックを反映し、改良を重ねてきた。1年半ぶりとなる今回のメジャーバージョンアップでは、営業スタッフの日常業務を強力にサポートし企業内共通のCRMインフラとして機能する『eMplex マーケティングSFAソリューション』電子商取引システムのデファクトスタンダード『eMplex eコマースソリューション』Webサイト・メールのフル活用によりマーケティング活動を確かな効果へと導く『eMplex eマーケティングソリューション』―の3ソリューションを切り口に、日本初・日本発の統合CRMパッケージソフト製品として"Suite"を冠するに相応しい大幅な機能強化を実現した。価格は従来通り個別の見積り。詳しくはサイトから。

 イーブロードコミュニケーションズ(大阪市中央区、佐々木 健二社長)は、ネットユーザーにより便利なコンテンツを提供することを目的に、無料で使える携帯電話対応の高機能グループウェアシステム「e-Broad office」を開発、提供を始めた。

 『e-Broad Office』は、ユーザー数無制限、すべて無料で利用可能な、伝言メモ、スケジュール、ToDoリストなどの便利な機能が使える携帯電話対応の高機能グループウェア。伝言メモ機能は携帯電話対応で、受信だけでなく携帯からの送信も可能で社内との連絡に役立つ。その他にも携帯電話に対応してる数多くの機能があり、外出先からも操作が可能で、業務の効率化が図れるシステムとなっている。利用はサイトから。

 今後も利便性を追及し、機能追加などバージョンアップも随時実施していくとしている。

 

 リエンクリプション・テクノロジーズ(東京都港区、牧田 和大代表)は、USBメモリ強制暗号化、メール添付ファイル自動暗号化に特化した「AnGo3」に、ファイルを放り込むだけで暗号化できる新機能「暗号化フォルダ」を追加した。バージョン:1.1として2007年5月16日からリリースする。

 デスクトップに作成される「暗号化フォルダ」のショートカットへファイルを放り込むだけで「暗号化フォルダ」内に保存されたファイルが自動的に暗号化される機能。HDDを丸ごと長時間かけて暗号化する必要は無く、余計なコストや手間をかける必要がなくなる。守りたいファイルを「暗号化フォルダ」に保存しておくだけで、自動的にファイルが暗号化され、不慮のPC盗難・紛失時にも重要情報の流出を阻止することが可能となる。

 価格は1クライアントライセンス12,000円から。詳しくはサイトから。新バージョン「AnGo3 Ver.1.1」は5月16日から東京ビッグサイトで開催される第4回情報セキュリティEXPOに出展する。

 イクシー(東京都板橋区、大山 恵介代表)は、WebDAVに対応した大容量オンラインストーレジサービス『eXys iDrive』の提供を始めた。併せて、プロジェクト、グループのコミュニケーション、マッチングなどに特化したソーシャルネットワークサービス『eXys』(イクシー)を公開した。

 『eXys iDrive』はインターネットの標準規格であるWebDAVに対応したオンラインストレージサービスで。特別な専用ソフトのインストールをすることなく、利用しているパソコンのデスクトップからドラッグ&ドロップなどの一般的な操作で簡単に利用できる。SSL接続に対応しておりセキュリティについても安心して利用できる。利用料金は月額980円(年額9,800円)から。

 また、『eXys』は、プロジェクトやグループ活動を支援する目的で、様々なコミュニケーションツールを提供するソーシャルネットワークサービス。自分が必要とするプロジェクトやグループ、もしくはプロジェクトやグループが必要とする個人とのマッチングを支援するための様々な機能を提供している。一部の機能を除き、目的の営利/非営利を問わず無料で利用できる。

 有限責任中間法人ロハスクラブ(東京都中央区)は、本年5月12日(土)から20日(日)まで、環境省との共催により国民公園 新宿御苑を会場に「第2回ロハスデザイン大賞2007・新宿御苑展」を開催する(会期:8日間 5月14日/月曜日は休園日)。

 第2回目となる本年度のロハスデザイン大賞のテーマは「サスティナブル・デザイン」とし、「ヒト」「モノ」

「コト」の3つカテゴリーについてのエントリー候補の一般公募を行った。応募総数349点から、一般会員(個人インターネット審査会員)の予備投票、また、ロハスクラブ評議会による予備審査を経て、最終審査エントリー候補

として3部門合計86点を選定、「第2回ロハスデザイン大賞2007・新宿御苑展」に展示する。最終審査投票は、一般会員によるインターネット投票、また、新宿御苑展における来場者投票(一般来場者)の合計により、本年6月5日・環境の日に発表する(東京・丸ビルホールにて発表シンポジウムを開催)。詳細はロハスクラブのホームページから。

 また、会期中はロハスクラブ・トークとして坂本龍一氏らによるトークショーなど多彩なイベントを予定している。詳細はホームページから。

 財団法人 日本野鳥の会(東京都渋谷区)では、5月10日から16日のバードウィーク(愛鳥週間)に、多くの方にバードウォッチングを楽しみ、また自然保護への関心を高めてもらうため会誌『野鳥』5月号の無料プレゼントを実施している。会誌『野鳥』は会員のみ配布される雑誌で、書店では入手できない。

 プレゼントする会誌『野鳥』5月号は、「アジアの鳥たち」を特集。"ちょっと足を伸ばしてアジアにバードウォッチング!お隣には、こんなにさまざまな鳥たちが!"一般の方にも興味を持っていただけそうなアジアの国々の特徴的な野鳥たちを、写真を多用して紹介している。アジアのバードウォッチングスポットの紹介など、海外へ出かける方にも役立つ内容。B5版。約60頁。在庫がなくなり次第、終了となる。

 申し込みはEメール、FAX、ハガキなどの申し込みとなっているが、当サイトとしては日本野鳥の会ホームページからの申し込みを推奨。

 エムアップ(東京都渋谷区)は、7インチ/12インチのアナログ・レコードを中心に取りそろえたコミュニティ型レコード通販ショップ「ban-be Records(バンビ・レコード)」をオープンした。また、モバイルサイト版の「ban-be Records」も5月14日(月)にオープンする。こちらはiモード、EzWeb、Yahoo!Keitaiの各キャリアで利用できる。

 「ban-be Records」は、“ダンスミュージック”のメッカである「TOKYO渋谷」をキーワードにHIP-HOP、R&B、HOUSE、JAZZ、テクノ/ROCK、POP/CAFEといった幅広い“ダンスミュージック”ジャンルの作品を、7&12インチのアナログ・レコードをはじめ、CD、ミックスCD、DVDなど幅広い品揃えで提供するレコード通販ショップサイト。充実の取り揃えはもとより、コミュニティ機能が充実したレコードショップが特徴。ユーザーは、“バイヤー/Buyer's Shop”機能を使えば、まるでバイヤー(仕入れ担当者)のように商品を選び、自分なりのセレクトによるマイ“バイヤーズ・ショップ”を持つことができる。ショップでは、自分で書いたオススメ・レビュー(作品紹介)をはじめ、プロフィール、フリースペース告知などを自由に掲載することができる。それぞれのレビューには、他のユーザーがコメントを気軽に投稿できるなど、ダンスミュージック好きや将来DJを目指す人には欠かせないレコードと音楽情報、そして仲間に出会えるコミュニティを提供していく計画。

 ブレード・コミュニケーションズ(東京都荒川区)は、本・CD・DVD・ゲーム交換コミュニティサイト「Himalaya」(ヒマラヤ)β版を5月14日(月)にオープンし、βテスターの募集を始める。

 「Himalaya」は「自分が持っていて、要らなくなった本、CD、DVD、ゲームソフト」を、「他のユーザが持っている、自分が欲しい本、CD、DVD、ゲームソフト」と、物々交換できるサービス。1冊(1枚、1本)=1冊(1枚、1本)として、等価交換する。一回315円の取引手数料のみで交換できる。ユーザ間の評価制度によって、悪質なユーザは排除される。単に交換するだけでなく、同じ作家、アーティスト、俳優などに興味のあるユーザ同士で意見交換ができるコミュニティサイトを目指す。

 当面はCDのみを取扱う。 またβ版では、会員数を100人程度限定で募集する。1ヶ月後を目途に、本番サービスを開始する予定。会員登録は無料。

 

07051101.jpg ソリッドアライアンス(横浜市港北区、河原 邦博社長)は、USB メモリーを名刺代わりに使うという新しいコンセプトで企画されたセミオーダー式「名刺USB メモリー」を発売した。メモリー内に、文字だけでは伝わらないデータを入れて渡せば、最大限の自己表現が可能となる。文字以上の自己アピールをしたい、特別な名刺が欲しい、相手へインパクトを与えたい、自分だけのUSB メモリーが欲しい。そういった要望をすべて叶えてくれる次世代の名刺として使用できる。

 デザインレイアウトは一般的な名刺の横書きスタイルで、カラーを7 色から、書体を2 種類から選ぶことができ、表(日本語表記)と裏(アルファベット表記)のテキスト部分は制限文字数以内で自由に盛り込むことができる。価格は1GBが5,980円(税込み)から。購入は販売ショップ から。

 世界的な人道支援組織セーブ・ザ・チルドレンは、母親、子どもとして最も快適に暮らしやすい国のランキングである「母親指標(Mothers' Index)」を毎年発表している。8回目となる今年は、先進18カ国を含む過去最多の140カ国の、母親と子どもの置かれている状況を調査・発表した。

 それによると、今回の「母親指標」の上位3ヶ国はスウェーデン、アイスランド、ノルウェーと、相変わらず北欧が独占。上位にランキングされる国は、母親と子どもの健康面や教育状態、経済状態に関して高い指標を達成している。反面、ワースト10の国(9カ国はアフリカのサハラ砂漠以南)は、全てにおいて非常に低い指標となっている。「母親指標」下位の国における、母親と子どもの健康状態は非常に劣悪で、平均して13人の母親のうち1人は妊娠に関連した要因で死亡している。ほぼ5人に1人の子どもは5歳の誕生日を迎えることができず、3人に1人の子どもは栄養失調に苦しみ、人口の約50%は生活していく上で必要不可欠である安全な水ですら、まともに手に入れることができないという困難な状況に置かれているという。

 一方、日本のランキングは、140カ国中「母親指標(総合)」で29位、「女性指標(Women's Index)」で33位、「子ども指標(Children's Index)」で5位となっている。衛生面や母子手帳の充実などをはじめ、5歳以下の子どもの死亡率の低さにより「子ども指標」では上位にランキングされる反面、国政レベルでの女性議員数の少なさなど「女性指標」は33位と他の欧米諸国に比べ低いランク。この二つの指標を元に評価される「母親指標」では29位と、日本にとって考えさせられる調査となった。

 

 ユニークなペット用品を独自ルートで本場アメリカより直輸入しているエムビー(横浜市鶴見区、黒田 直社長)は、愛犬の歯垢蓄積を軽減するデンタルトリーツ「3M Dental Treats (スリーエム デンタルトリーツ)」を本格販売する。直営オンラインショップ「ペットトレジャー」から販売している。

 犬の歯の病気はほとんどが歯周病と考えられる。歯周病は大型犬、小型犬を問わず3才以上の犬で80%以上は歯周病を持っているといわれているが、大型犬と小型犬で比較をすると、アゴが小さく歯と歯が密着し、食べ物のカスなどが詰まりやすい小型犬や、歯並びの悪いバグやブルドッグは特に歯周病になりやすいといわれている。

 同社では2006年末から独自に国内の獣医さんの協力のもと、3Mデンタルトリーツの安全性を確認してきた。その結果嗜好性が大変良く、安全面でも特に問題はなく、お薦めできるとの評価を頂いたことから、本格発売に踏み切ったもの。

 小型犬(体重4.5-11kg)用Sサイズ:22本入り(1片約4.5 cm、内容量487g)、中型犬(体重11-22kg)用Mサイズ:14本入り(1片約5.2 cm、内容量513g)、大型犬(体重22kg以上)用Lサイズ:8本入り(1片約6.5 cm、内容量462g)が価格は共通で定価 3,255円(税込み)を特価 2,980円(同)で販売している。詳細および購入はショップから。

07051210.jpg アイズファクトリ(東京都港区、梶野 豊代表)は、新橋で働くサラリーマン・OLをメインターゲットとした、電子マネー情報フリーペーパー『Bon Oya-ji(ボンおや〜じ)新橋』を創刊、あわせてWebサイトを公開した。

 『Bon Oya-ji新橋』は2007年5月10日(木)創刊の月刊誌(A5判)。毎月20日発行。発行エリアは東京・新橋で部数は1万部。配布場所は新橋・汐留・虎ノ門・内幸町など都内8箇所。編集長 黒澤 真、発行人 梶野 豊。

 『Bon Oya-ji新橋』のメインターゲットであるオヤジといわれる世代はもちろんのこと、20〜40代の働く人々の生活動線に合わせた配布ポイントを準備している。サービス開始より当面は「新橋駅」を中心とした周辺の地下鉄などの駅周辺と、新橋で働くサラリーマンの憩いの飲食店店舗などに設置する。また数個所のラック設置をトライアル実施。夏以降は順次ラック設置場所を増やすことも検討している。

 ビー(東京都港区、村上 敏明社長)は、評価コミュニケーションサイト「myhyouka.com(マイ評価ドットコム)」を正式オープンした。

 「myhyouka.com(マイ評価ドットコム)」は、商品、サービス、ニュース、政治経済など、あらゆるジャンルにおいてユーザ自身が指定した対象をみんなで評価し、評価統計がレーダー、円、棒の3種類のグラフでリアルタイムに表示される新しい企画のコミュニケーションサイト。評価の一覧は[評価順]、[話題性順]にランキングされ、常に鮮度の高い情報を配信する。ユーザ利用は無料。

 また、企業の市場調査、販売促進用に「RECOMMENDスペース」も設けている。「RECOMMENDスペース」はユーザの視線を捉えやすいように、ランキング変動に関係なく一覧中に固定で配置される。3種類のグラフでユーザの意識調査が可能。これまでのサンプリングやモニタリングなどの調査手法に比べて、人も時間もコストも節約できるとしている。

07051201.jpg 『頚髄症を学びあう会』(京都市、連絡責任者:竹内 三紀子)は、専門医(脊椎外科指導医)による『頚椎症の早期診断と治療』医療講演の動画配信を行っている。

 『頚髄症を学びあう会』は脳性麻痺の二次障害につながる頚髄症の早期治療の促進を目指すボランティアグループ。頚髄症(頚椎椎間板ヘルニアを含む)は、主として加齢とともに首の骨や椎間板が変形し、脊髄が圧迫されることで、手足のしびれや首・肩の痛みなどの症状が現れ、一般的には50代以降の中高年齢層に多く発症する。病気の進行に伴い、手足の麻痺、膀胱・直腸障害等の重篤な症状をきたす恐れがあり、医学的な治療が必要。

 特に脳性麻痺者の場合、頚椎の不随意運動により、若年齢での発症がみられますが、単に老化が早いという思い込みや頚椎手術に対する時代錯誤的な誤った情報などにより、治療が手遅れになるケースが散見されるという。現在のインターネット利用状況から、専門医(脊椎外科指導医)による医療講演の動画配信は、全国におよぶ移動困難な重度脳性麻痺者、そして福祉行政の届き難い軽度脳性麻痺者へ向け、最も有効的なアプローチとして、早期治療の促進に大きく寄与するものと期待される。

 配信は2007年5月1日(火)から31日(木)まで。同会のサイトから。講師は京都市立病院リハビリテーション科部長 脊椎脊髄外科センター 池永 稔(いけなが みのる)医師。移動困難な重度の脳性麻痺者、福祉行政の及び難い軽度脳性麻痺者、および50代以降の中高年齢者を対象としている。

07051209.jpg シェイプアップハウス(東京都港区)は、2007年4月より、メンズ エステティックサロン ダンディハウスのイメージキャラクターに桑田佳祐さん(サザンオールスターズ)を起用した『ニッポン ダンディ?』キャンペーンを展開している。

 4月25日(水)から放映されたCM第1弾に続いての展開は、東京のランドマーク、渋谷109ビルの大型壁面広告。CMでは三枚目ぶりが際立つ桑田さんですが、ここでは白いスーツでキメたダンディな姿で、渋谷を行きかう男達に「ニッポン ダンディ?」と語りかけるという。広告掲出期間は5月10日(木)から5月23日(水)まで。

 そして5月16日(水)からは、「キス篇」に続いて、さらに面白さに磨きのかかった第2弾「鏡篇」がスタート。これはダンディハウスのホームページでも、第1弾「キス篇」と併せて同日よりご覧いただけるという。

 

 ネオジャパン(横浜市西区、齋藤 晶議代表)は、韓国のヌリビジョン(ソウル市、シム・ドンホ代表)が開発したスパム(迷惑)メール対策システム「Opt Plus (オプトプラス) 」のASPサービスを日本市場に独占的に提供することに同意し、合わせてネオジャパンが開発するWebメールシステム「Denbun(デンブン)」と組み合わせてSaaSサービスである「Applitus(アプリタス)」上で提供を始めた。

 <Opt Plus ASP>は、初期設定費用50ユーザアカウントまで8,400円(税込み)から。月次利用費用一般ユーザ(他社メールサーバ)1ユーザあたり420円(同)、Applitusユーザが210円(同)。<Denbun+Opt Plus ASPメールサーバ>は100ユーザーまで初期構築費用102,900円(同)、月額利用費用73,500円(同)、追加ユーザ1ユーザあたり525円(同)。

 20台限定で<初期費用無料、月額費用¥52,500で提供>特別キャンペーンを5月10日から行っている。詳しくは<アプリタス><Opt Plus ASP>から。

 アイキューブドシステムズ(福岡県大野城市)は、オープンソースMODxを中小規模サイト向けにパッケージした『ニョキニョキページクリエーター NYokki』ASPサービスを始めた。

 オープンソースMODxに、予め選定・設定したプラグインを組み込みし提供する。CSSデザインの適応でW3C準拠のページ製作ができ、デザインの簡易な変更が可能になるほか、サイト全体へのMETAキーワード変更や、Googleサイトマップの自動生成、RSSフィードの自動生成、サイト内リンクの自動生成など、SEO/SEM対策に特化した機能を、予め組み込みし提供する。なおMODxをASPサービスで提供するのは業界初という。

 また、セルフプランなら月額1万から利用可能などサイトの規模に応じたリーズナブルな料金体系を設定。より品質の高いコンテンツ制作・管理を支援していく。

 デンツプライ・グループの日本法人、デンツプライ三金(東京都港区)は、歯科医院経営の新しいビジネスモデルとして、セルコン デンタル ネットワークを提案、5月11日より加盟歯科医院の募集を始める。

 セルコン デンタル ネットワークでは、セルコンデンタル パッケージを提供。このパッケージには、臨床応用セミナー、経営セミナーへのご招待やジルコニア セラミックス専用WEBサイトへの歯科医院情報の掲載など、歯科医院経営をバックアップするためのサービスに加え、患者にジルコニア セラミックスを説明するためのツール類が含まれている。さらに、デンツプライ三金では、加盟歯科医院をバックアップするために、広く一般消費者へさまざまな広告媒体を通じて、歯科治療の啓蒙活動を続けて行くことで、2007年末までに3,000軒の加盟歯科医院を予定している。加盟金は5万円。

 メンタルヘルスケア・ジャパン2007実行委員会(事務局:東京都新宿区、アムス内)は、5回目の開催となる「メンタルヘルスケア・ジャパン2007」を、2007年5月29日(火)から31日(木)の3日間、都立産業貿易センター(東京・浜松町)で開く。基調講演を「予防から休職・復職」と題し、横浜労災病院 勤労者メンタルヘルスセンター長の山本晴義先生、特別講演として「過労死・過労自殺と企業責任」のテーマで川人博弁護士の講演を始め、先進企業16社によるメンタルヘルス対策事例が発表される。会議参加料は1日26,000円、半日13,000円。プログラムなど詳細はサイトから。

 また、同時開催の展示会では35社によるストレス測定器、EAP(従業員支援プログラム)、アロマセラピー、デイケア利用による復職プログラムなど最新のメンタルヘルスケアが展示される。会期中3日間10:00〜17:00、展示会入場無料。後援は厚生労働省、東京都、独立行政法人労働者福祉機構。社団法人日本産業カウンセラー協会、NPO法人ハートランドが協賛している。

 スプール(東京都中央区、八百谷 真社長)は、4種、計18のSEOツールで構成されるセルフSEOツール「spoool seo-suite」(エスイーオースイート)をリリース、サイトを一般公開した。同社はSEO関連では国内最大級のページビューを誇るサイト「SEO TOOLS」のツール開発を行っているが、新たに自社ブランドの有料SEOツールを開発、リリースしたもの。

 seo-suiteは、多くのSEOサービスが抱える問題点である「高い委託コスト」「専門的で不透明な業務内容」を解消するために開発された、コストパフォーマンスに優れたセルフSEOツール。4種、計18のプロフェッショナルツールで構成され、現状把握、SEOのプランニングから効果測定まで、SEOの全工程を支援する。

 プランと価格は、「spoool seo-suite エコノミー」(銀行振込 6ヶ月更新プラン)が月額13,650円(税込み)「spoool seo-suite スタンダード」(同)月額26,250円(同)、「spoool seo-suite ビジネス」(同)月額59,850円(同)、「spoool seo-suite エコノミー」(クレジット月額決済プラン)が月額13,650円(同)など。

各プランの詳細はサイトから。

 サイトオープン記念として、4月27日より先着50名限定でモニター利用者を募集していたが、すでに予定枠に達したためさらに追加50名の限定モニターを募集する。提供プランはspoool seo-suite エコノミー (銀行振込 6ヶ月更新プラン)、利用期間はお申込承認日から6月30日まで。日本国内で事業サイトを運営されている法人・個人に限る。詳しくはサイトから。

 業界有数の規模を誇るWEB完結型のラーニング・コミュニティ・サービス「ナレッジサーブ」を展開するナレッジサーブ(福岡市中央区)は、公開講座数が250講座を突破しコンテンツが爆発的に増加したことに対応して、講座カテゴリ分類を全面的にリニューアルした。またこれを記念し、イーラーニングの充実度と楽しさを実感できるように人気の高いオンライン講座の無料受講に50名を招待するキャンペーンを実施する。

 人気講座無料受講キャンペーンは、2007年5月10日(木)から23日(水)までに応募した方から抽選で、5講座の無料受講を各10名にプレゼントする。抽選日は2007年5月25日(金)当選者にはメールで連絡する。対象講座は●不器用?機材なし?それでも作る!☆本格パンレシピ★(受講料3,000円/月)、●【資格トル子】〜英検1級編〜(受講料2,000円/月)、●自分に気づく!カラーセラピー(受講料3,000円/講座)、●インテリアコーディネーター試験 最短・最低コストで合格する秘訣!!(受講料800円/講座)、●みるみる動画でわかる エクセル講座 入門篇(受講料1,000円/講座)。受講料が講座単位のものは講座まるごと、月単位のものは受講期間の最初の一ヶ月を無料で受講できる。また、応募には会員登録(無料)が必要。詳しくはサイトから。

 コニファ(東京都中央区、堀 千佳子社長)は、二次元バーコード(QRコード)を利用したポイント発行システム「QRチップ」に、QRコードデータの自動作成機能を追加した。6月13日から開催される「INTEROP Tokyo 2007」Venture Pavilionにてデモ発表する。

 QRチップ(2005年に商標権取得)は、携帯電話の二次元バーコード読取り機能を利用したポイント発行システムのASPサービス。一般利用者が買い物によって販売者より二次元バーコード付きカードを取得し、その二次元バーコードを携帯電話で読み取ることで、表示されたアドレスへメール送信を行うと一般利用者へポイントが付与されるシステム。一般利用者の携帯電話が読取り機となるため、従来のような専用の読取り機器が不要となり、導入費用を抑えたポイントサービスの展開が可能となっている。発行ポイントの設定・管理は、運営者側で自由に行え、顧客情報については顧客情報開示・顧客属性のみ・ブラックボックス管理などの選択が可能。

 今回追加したQRコードデータの自動作成機能は、管理画面上で発行したいQRコードの枚数を入力すると、二次元バーコード付きQRコードのイメージデータが、作成され運営者のPCへダウンロードできるもの。QRコードデータは、運営者のプリンターから印刷することを前提としており、QRコード付きカードの購入コストを抑えることができる。そのため、個人商店など発行枚数が少量の場合でもポイントサービスが導入可能となる。詳しくはらくらくポイント発行システム「QRチップ」から。

 インテリジェントワークス(東京都渋谷区)は、Macintoshクライアント対応の内部統制ツールで、PC操作ログ収集・解析やIT資産管理、プリンター監視を簡単に行うことのできる『コンテンツウォッチャー・スマート』を5月下旬にリリースする。Macintosh対応のPC操作ログ監視ツールは、2008年に施行される『日本版SOX法』や『プライバシーマーク』『ISO27001』に対応した画期的なツールとなる。

 プライバシーマークやISO27001取得予定の企業、印刷業や広告代理店、デザイン業で、製作などにMacintoshを利用している企業、さらにその中で日本版SOX法対応予定の全国の上場企業、上場企業予備軍、プライバシーマーク取得予定企業、ISO27001予定取得企業、MacをWindowsと混在環境で利用しているあらゆる企業が対象。

 各PCクライアントにインストールするクライアント向けアプリケーションと、各ログを収集する収集用サーバーにインストールするサーバーアプリケーションの2点で1セットとなる。ライセンス販売で年間5000ライセンスの販売を予定している。 販売価格は、PC台数あたり単価:1クライアントあたり19800円。管理サーバーライセンス:150万円前後。詳しくはサイトから。

 エイチアイ(東京都目黒区)は、NECエレクトロニクス(川崎市中原区、中島俊雄社長)製32ビットマイコン「V850」向けに3次元(3D)描画ソフトウェア「MascotCapsule for AG-3 (V850)」を開発し、このライセンスを付加した32ビットマイコン「μPD760110」をNECエレクトロニクスからサンプル出荷を始めたと発表した。新製品の価格は2,000円/個、2008年度50万個程度を出荷する計画。

 MascotCapsuleは、携帯端末機器向けの3D描画ソフトウェアとしてはトップクラスの採用実績を誇る製品で、今回V850向けに移植したことにより、ユーザーは3D画像の描画に必要なソフトウェアとシステム制御用マイコンを一括して調達できるため、アミューズメント機器、広告端末等の各種組込み機器向けに3D画像表示システムを容易に構築できるようになる。

 

 情報セキュリティ製品の販売を手がけるテックリンク(大阪府大東市、坂 憲一代表)は、メールによる情報漏洩抑止や社内コンプライアンスの維持に力を発揮する、イージーネット(大阪市淀川区、長部 俊弘代表)のネットワークフォレンジック機器「NetRAPTOR」の東日本エリアにおける販売窓口として、総代理店であるアイネット・システムズ(大阪市中央区、川越 悟代表)の協力により営業を始めた。

 「NetRAPTOR」は、電子メールやWebアクセスなどのネットワーク通信を“見える化”して保存、監視を行うアプライアンス機器。J-SOX、内部統制対策に有効なネットワークフォレンジック製品。実用帯域ネットワーク通信における100%パケットキャプチャーを達成。更に不適切な通信が発生した際のリアルタイム警告、高速全文検索など従来の製品にない画期的な性能、機能を実現している。価格は本体価格590万円(税別)。

 従来の取り扱い製品であるアプライアンスタイプの製品ではマッチしなかった大規模ユーザー層への開拓を目指すとしている。

※アプライアンス機器:特定の機能に特化したコンピュータ機器。単機能サーバ、WEB閲覧・メール送受信専用端末/デバイスなどで構成される。

※フォレンジック機器:コンピュータを利用して何を行ったのか、何が起こったのかの証拠保全の解析手段を提供する機器。ネットワークを行き交うパケットを記録し証拠とするタイプを始め、様々な機器が販売されている。

 セントラルマーケット(東京都渋谷区、加藤 昌稔代表)は、先月リリースした若手応援サイト「Catchy!(キャッチー)」で、口コミ戦略型のCM制作プラン「バイラルCM」をスタートした。

 同プランでは、クライアントからCM制作案件を受け、具体的な制作条件等をサイト上に掲載してCMを広く募集し、作品を提供したユーザーに対して制作費を支払う。(応募数が多い場合は一次審査が発生する。)応募された作品はサイト上に掲載され、1ヶ月間、Catchy!のシステムを使って一般ユーザーから評価を受ける。その評価を参考にしてクライアントとサイト審査員が最優秀賞を決定。最優秀賞に選ばれた作品には賞金が授与されるだけでなく、正式なCMとしてCatchy!の番組内で配信されるというもの。

 今回、バイラルCMの第一弾としてCatchy!のバイラルCM自体をPRするCMを一般募集する。サイトに登録しているユーザーで、自分のブログにCM動画を貼り付けることが出来れば誰でも参加可能。バイラルCMの募集要項はサイトから。

 シーサイドソフト(神奈川県二宮町、本山 稔代表)は、低コストでクオリティの高い電子書籍が出版できる、Windows用の電子書籍出版ソフト、「一発!電子出版」のオンライン販売を2007年5月9日から始めた。

 「一発!電子出版」では、本物の本のようにリアルにページをめくれる電子書籍が作成できる。また、作成した電子書籍のパスワード設定やパスワードを入力しなくても書籍の一部が閲覧できる「立ち読み機能」の追加、電子書籍の購入サイトの情報表示、出版者情報の表示、書籍内のデータの暗号化―など電子書籍に必要な機能を全て備えている。

 出版された電子書籍ファイルは、そのファイルをダウンロードして実行するだけで読むことができ、他のソフトウェアのインストールは必要ない。電子書籍を出版するまでの全ての操作は、マウスで直感的に行えるので、ソフトウェアの操作の習得に必要なコストを削減できる。価格は5,250円(税込み)で、20タイトルまで出版できる。出版可能タイトル数はライセンスを追加購入することで増やせる。シーサイドソフトのWebサイトからのダウンロード販売のみ。一週間無料で試用できる。

 フロントライン(東京都世田谷区、渡邊 毅幸代表)は、情報の漏洩・流失を防ぐWindows Vista対応の「暗号化マスター 3 +ファイル完全消去」「自動暗号化マスター 3」の2製品を、2007年6月7日に発売する。

 今回のバージョンでは、Windows Vista対応、機能強化に加え、大幅な価格改定をした上で、自動暗号化フォルダ機能に特化した「自動暗号化マスター 3」を発売する。「暗号化マスター 3 +ファイル完全消去」は通常版(1ライセンス)7,350円(税込み)、アカデミック・パブリック版(1ライセンス)5,250円(同)、ダウンロード版(1ライセンス)4,935円(同)。「自動暗号化マスター 3」は通常版(1ライセンス)4,935円(同)、アカデミック・パブリック版(1ライセンス)3,780円(同)、ダウンロード版(1ライセンス)3,360円(同)。5パック版、10パック版、ライセンス版、年間使用ライセンス版も用意されている。詳しくはサイトから。

「暗号化マスター 2」を使用しており同社にユーザー登録しているユーザーには「暗号化マスター 3 +ファイル完全消去」をダウンロードで無償提供する。詳細の連絡は5月下旬の予定。

 スーパーピーアール(東京都新宿区)代表取締役の蓮香 尚文氏が運営している「広報達人会」では、今年最初のセミナーを2007年6月29(金)18:00〜21:00、チサンホテル浜松町で開く。『ひと味違った内容でプレスリリース達人になる法☆応用編と発想編』と題し「プレスリリース」応用編と「ネタの作り方」発想編を紹介する。講師は蓮香 尚文氏。参加費は10,000円(講演会+懇親会、支払い期限6/25まで)。申込みはサイトから。

 リクルートの結婚&新生活情報総合サイト「ゼクシィnet」では、ブライダルフェア事情に関するアンケートを実施した。もう行っている人にも、これから行く人にも役に立つ、ブライダルフェア体験情報をレポートしている。

 それによると、「ブライダルフェアに行く」と答えたのは全体の97%。結婚準備にブライダルフェアは欠かせないメニューとなっているようだ。行く回数で最も多かったのが「5か所くらい」。3か所以下が合計で半数を占めるものの、10か所以上も体験する研究熱心派も結構いるという。パートナーとデートもかねて出かけ、飲んだり食べたりしつつ、ウエディングの情報収集というのが、フェアの上手な使い方といえそうだ。

 ブライダルフェアで一番チェックするポイントは「開催者の対応」。次に「食事」「演出のバリエーション」と続いている。食事もドレスも大切だけど、ハードより、人というソフトが大事―と考えているようだという。そして、ブライダルフェアを見る時間は「2時間」(46%)「3時間」(33%)が多かったが、中には「5時間以上」かける熱心なカップルも存在したという。

 実際、式場を「ブライダルフェアに行った会場から選んだ」人は9割近くもいた。「チャペルの美しさにひと目惚れしたから」(23歳・女性)「ホテルスタッフ一人一人の対応の良さに感激し、それが最大の決め手となりました」(29歳・女性)など、会場の雰囲気やスタッフの対応が式場選びの決め手となっているようだという。

 調査結果の詳細はサイトから。

 ロハスコミュニケーション(東京都中央区、綿本 哲代表)は、ヨガグッズに特化したオンラインショップ「ヨガタウン」をオープンした。最近のLOHASや健康志向の高まりを受けてヨガのブームが続く中、ヨガに特化したワンストップショップが存在しないことに着目、ショップを構築した。現在、オープン記念として会員登録(無料)するだけで500ポイントが付与されるサービスを実施している。このポイント制はインターネットでの申し込みをした場合に限るが、購入した金額の1%がポイントとなり、このポイントを使ってヨガグッズを購入することができる。

 ヨガタウンでは既にヨガをされている方はもちろんのこと、ヨガを未だ体験したことがない方やプロポーション維持やダイエット、体力づくりなど、ヨガに興味がある20代30代の女性をメインターゲットとしている。

 サイトに加えて、ヨガ未体験層への訴求としてFM番組を提供。毎週金曜11:50〜11:55「Lunch Time Yoga」をインターFMで放送。マンスリーでヨガのスペシャリスト(講師)を迎え、ヨガを様々な角度から紹介する。オフィスで聴視しているユーザへ金曜日ランチタイム前の5分間、心と体のリラクゼーションをキーワードにヨガタウンのプロモーションを実施していく。

 

 ムニンワークス(京都市下京区、永砂 和輝代表)は、2007年1月16日より行ってきた、日本初のオンライン音楽CD交換コミュニティ『diglog』(ディグログ)のクローズドβテストを終了し、サイトを一般公開した。

 『diglog』(ディグログ)は、ユーザ間で所有する音楽CDと欲しいCDの物々交換を可能にする、日本初のオンライン音楽CD交換コミュニティサイト。未知の音楽との出会いをコンセプトに、ユーザが所有するCDと欲しいCDを登録するだけで交換相手が自動的にみつかり、ユーザ間で簡単に音楽CDを物々交換できる。

 ユーザの所有するCD/欲しいCDを登録してオリジナルリストを作成、diglogのマッチングエンジンが、ユーザのリストを元に交換相手を自動で発見しユーザに通知するため、交換相手を探して交渉する必要はない。登録したCDリストか、一人ひとりに、その人の好きそうなCDをおススメする「M-Engine」を搭載しているので、自分好みの新しい音楽を次々と発見することができる。CDを1枚あげると、diglogより「CDをもらえる権利」が付与され、その権利を行使することで、別のユーザから欲しかったCDが1枚もらえる。ユーザー登録は無料で「diglogポイント」は1ポイント=1円で事前に購入。欲しいCDを1枚受取るごとに300円分の「diglogポイント」消費する。

 CDを送付するのに必要な封筒はdiglogがユーザーに無料で提供、専用のソフトCDケースを使用するため、破損の心配なく安全に交換でき、梱包する手間がかからず手軽に送ることができる。また、last.fm、Amazon E-Commerce Service、今話題のtwitterなど、多くのサービスとのマッシュアップを実現している。詳しくはサイトから。

 企業向けメンタルヘルス対策サービスを手がけるライフバランスマネジメント(LBM、東京都中野区、渡部 卓社長、ネットエイジグループ)は、これまで提供してきた組織分析ツール「CAS」の名称を「MTOP組織診断」と改めるとともに、メンタル不調者の早期発見・早期対処へのスムーズな連携を実現するための機能追加を行い、組織診断サービスを強化した。

 「MTOP組織診断」は、メンタルヘルスの組織診断ツール。オンラインで実施する従業員ストレスチェックの結果を、縦断的・横断的に解析することにより、組織のストレス状況を総合的に診断する診断ツール。様々な切り口による組織分析機能に加え、高ストレス者抽出機能・メール一括配信機能等を備えている。

 「MTOP」は、メンタルヘルス(心の健康)とストレス耐性向上のためのオンラインプログラム。Mental Toughness Orientation Programの略。オンラインでのストレスチェック、および自己分析・管理ツールのみならず、ストレスに負けないための予備知識(雑学、解消法、リラックス法)、認知行動療法をベースとしたストレスに強くなるためのe-ラーニングやカウンセリング(メール、電話、面談)までも包括的に網羅したサービス。2007年3月現在8万人が利用している。

 メールソリューションに特化したソフトウェアライセンスの企画・開発を手掛けるブレイン(東京都渋谷区、天毛 伸一社長)は、ASPサービスで提供しているメール共有管理ソリューション「ユニオンメール」の導入型パッケージである「ユニオンメールLE」の提供を始めた。

 個人管理していたメールを、複数メンバーでも簡単に共有・管理できるソフトウェア。ユーザー環境にインストールできる導入型パッケージで、業界最安値の798,000円での提供を実現。個人情報保護を最重要視したシステム設計で複数メンバーでのメール管理が可能。ユーザー環境にあわせ自由自在なカスタマイズが可能―などが特徴。

 「ユニオンメール」のASP提供は、初期費用29,800円、月額料金4,980円から。詳しくはサイトから。

 クォークジャパン(東京都渋谷区、須崎 弘明社長)は、DTPレイアウトソフトウェア「QuarkXPress(クォークエクスプレス)」シリーズの新コンセプトパッケージ「プレミアアップグレード」の販売を、5月1日からシーズン2として継続する。

 プレミアアップグレードは、QuarkXPressのアップグレード製品購入時に、お好みのXTensionsやフォントなどの付属製品(="PlusOne"製品)のリストから1製品選択できるパッケージ。シーズン2スタートにあたり、OpenTypeフォント「こぶりなゴシック」(大日本スクリーン製造)と画像ライセンスサービス「クリエイティブ・エクスプレス」(ゲッティイメージズジャパン)を追加、10製品のラインアップとした。

 インデックス・ホールディングス(東京都世田谷区、椿 進社長)の子会社、アップフロンティア(同、花本 浩社長)は、デスクトップ常駐アプリ、ウィジェット向けにIDおよびパスワード認証を保持し、会員向けサイトやDBなどに安全にアクセス可能な「セッション・ストアードサービス」の提供を始めた。

 また、「セッション・ストアードサービス」利用案件として、インフォ・クエスト(東京都千代田区、家永 慎次郎社長)が運営するパンダの保護を目的としたWebサイト「パンダ幼稚園」会員(無料)向けウィジェット『デスクトップパンダQQ』でのサービスを2007年4月26日より提供開始した。

 「セッション・ストアードサービス」は、ウィジェットにIDおよびパスワードなどの認証情報を暗号化して保持し、SSL通信でサーバと通信する仕組みを組み合わせた、セキュアな認証機能。ユーザーから入力された認証情報をクライアントPC内に暗号化を行って保存し、サーバーからの接続要求(SSLにより暗号化された通信)に対して、保存された認証情報を暗号化された状態で送信し、サーバー側で復号化と認証処理を同時に行う。認証が正常に行われた場合には、セッションキー情報が生成され、以降はウィジェットとの通信にはセッションキー情報により、認証済みの通信として信頼性を確立します。今後は、複数の暗号方式(AES、ECC等)への対応を予定しており、ニーズに応じたセキュリティレベルを設定することを検討している。

 インターワイヤード(東京都品川区)は、ネットリサーチサービス『DIMSDRIVE(ディムスドライブ)』で「ペットボトル入り茶系飲料に関するアンケート」を2007年3月22日(木)から3月29日(木)にかけて実施、好きな銘柄や購入時の気持ちなどについて、調査結果をまとめた。

 それによると、ペットボトル入り飲料のうち「日本茶」を飲む人は74.6%、「機能性茶系飲料」を飲む人は16.8%。500mlサイズは、48.0%が「週に1回以上」購入している。「ペットボトル入り」を選ぶ理由は「フタが閉められる」「持ち運べる」からで、約8割がコンビニで購入。自動販売機で購入する人も5割と多い。「その場で買う銘柄を決める」人が36.4%、「いろいろな銘柄を試したい」という人も33.2%あった。

 最も好きなペットボトル入り茶系飲料 男性は「お〜いお茶」、女性は「爽健美茶」だった。全国の男女6,477人(男性:2,610人、女性:3,867人)から回答を得た。

 朝を心地よく過ごすためのサイト「朝時間.jp」や、お取り寄せのくちコミポータルサイト「おとりよせネット」を運営するアイランド(東京都渋谷区、粟飯原 理咲代表)は、「朝時間.jp」サイト上でブログ記事を活用した『日本の朝フォトコンテスト』を開催する。

 テーマは『日本の朝』(国内の海、街、朝ごはん、朝の家族団らんなど朝の風景)。応募資格は、プロフェッショナル・アマチュア、年齢、性別、国籍を問わずどなたでも応募可。応募期間は2007年5月1日(火)〜2007年5月22日(火)。応募方法は、朝時間.jpインターネット経由、朝フォトコンテストの応募フォームよりブログ記事形式にて応募。ご自身が開設されているブログ上に朝の画像データが掲載されていることが条件。(一人2作品まで)。審査はプロの写真家、世界の朝をテーマにシャッターを切り続けてきた冒険旅行家などがあたる。審査ポイントは、朝の小さな幸せが表現されていること。結果は2007年5月29日(火)より同サイトに掲載する。賞および商品は、1)ベストモーニングブログ大賞(素敵な朝を綴ったブログ・1名)2)ベストモーニング記事大賞(素敵な朝を切り取った記事・1名)3)優秀賞(5名)〜副賞あり。詳しくはサイトから。

 カフェなどでレッスンを行う英会話サービスを提供するWILL Squareを運営するALOBE(アローブ、大阪市北区、岩田 酉先代表)は、企業向け英会話サービス「Office WILL」の提供を始めた。「英会話スクールに通うのではなく、英会話スクールを作る」という従来とは違った角度からの発想による企業英会話サービスによって、社員教育としての語学研修の新しい形を提案している。

 数百名規模の講師の中から更に優秀な英会話講師を選定し派遣、企業内で英会話レッスンをリーズナブルに受講できるサービスを提供する。料金は初期システム導入費用(50名様までの法人様契約)が10万5千円、1レッスン費用(60分・6名様までの受講)が1万500円、その他費用としてテキスト費用・講師交通費などが必要。

 ウィル・ビー(新宿区西新宿、江本 亮代表)は、最安で0円となる広告付きカップ式自動販売機「メディアカフェ」の設置サービスと広告販売を、6月下旬から始める。また運営にあたり、カップ式自動販売機による飲料販売事業などを手がけるアペックス(千代田区九段南、森 吉平社長)と業務提携した。

 「メディアカフェ」は、飲料カップに印刷された広告と、自動販売機に設置された液晶モニターで流れるCM等により、広告収入を確保し、飲料の販売価格に還元するサービス。価格は、広告料金を飲料の販売価格に還元することで、最大0円で消費者に提供することも可能。同機に、カタログ・ラックの設置や、自動販売機全体をラッピング(広告が一社提供の場合)することもできる。同機中央には、タッチパネル式19インチモニター等を採用、アンケートや簡易ゲームのプログラム等にも対応している。

07050902.jpg モバイルゲート(東京都港区、分部 至郎社長)は、新たに改良した自動ジャンプアップ式の紙製POPに、ビー・ユー・ジー(札幌市厚別区、服部裕之CEO)の製品である、おサイフケータイ対応非接触ICリーダーライターを搭載する情報自販機『ドコデジ』を開発した。

 コンパクトに畳める紙の筐体なので、設置・廃棄が容易。設置費用も安価。ケータイのサービスメニューが自販機に印刷されているのでわかりやすい。3キャリアのおサイフケータイならサイトアクセスが容易で誰でも使える―などが特徴。非接触ICリーダーライターやQRコードはユニークに対応しているため、それぞれのドコデジ自販機からのアクセスログの解析が可能。ケータイコマースサイトとリアルの設置店舗とのアフェリエイトが可能。データギャザリングによるメルアドの蓄積等ソリューション機能も充実している。

 同社ではドコデジ自販機(POP+アクセスツール+ケータイサイト+各種ケータイソリューション)と設置場所をパッケージ化した、クロスメディアソリューション商材として展開する計画。企業のキャンペーンや、ケータイへの電子クーポン配布、ケータイ通販サイトへのダイレクトな誘導など、企業や通販事業者様の様々な要望に対応し、サービス内容をカスタマイズして販売していく。 

 ドコデジに必要な非接触リーダーライター等の機器や、ケータイ向けの各種ソリューションサービスは、全てレンタル及びASPでの提供(1ヶ月単位)となるため、必要なときに、必要な場所に、必要な台数を設置できる。サービス開始時期は、2007年7月の予定。また、ドコデジを活用したB2Cでの電子書籍の販売事業も計画している。

 首都圏学習塾に勤務する講師・社員有志で結成されたおしえてドットコム運営委員会(首都圏学習塾に勤務する塾講師・社員有志)と、学習教育カリキュラム・コンテンツの開発を行うGARAGE414(東京都江東区、野村 竜一代表)は、中学受験を目指す生徒・保護者、および塾講師学習指導者を利用対象とした中学受験のQ&Aサイト『おしえてドットコム』を正式オープンした。4月30日まではβ版として運営していたもの。

 受験情報掲示板だけでなく、無料のWEB家庭教師としての役割・機能を重視。受験情報や学校情報などの知識に関する質問だけでなく「この教科書のこの部分が分からない」など、具体的な問題を質問するコーナーをメインコンテンツとしている。

 「質問したいけど質問する相手がいない」「塾に質問に行くと1時間以上待たされる」といった生徒の悩みや「家で勉強を教えたいけどどうやって教えていいかわからない」といった保護者のニーズと、先生・一般社会人・保護者の「自分の指導力を試したい」「人に教えるのは楽しい」といったニーズを結び付けた運営が特徴。

 問題を質問する、質問に答える際の障壁となる「説明する難しさ」を軽減するために直筆の図を携帯電話のカメラを使ってアップロードできる仕様を採用するなど使いやすさを重視した設計となっている。

 ID登録時にポイントが与えられ、質問者は手持ちのポイントを使い質問する。回答者は、質問に回答し評価を受けることでポイントを得ることができる。ポイントを得ることでより多くの質問をすることが可能となり、また、累積ポイント上位の参加者はランキング表示され、プロフィール欄を使い教師・講師として所属の塾や自分自身のPRを行うことができるというもの。

 ウインバリュー(東京都千代田区、杉村 洋一郎代表)は、北海道旭川の専門農場で生産された完全トレーサビリティの安全安心な高品質大豆を豆腐専門料理店・豆腐製造店などを対象に販売を始めた。

 同社が販売を始めた大豆は、けんこう倶楽部21(北海道旭川市、中島 晃之代表)が北海道上川地区の900haの専門農場で生産する純国産の大豆で、トヨコマチを最小限の農薬の使用のみで有機栽培したもの。生産工程はすべてトレーサビリティに対応、農林規格に適合した粒度2.6上の大粒・良質な大豆が本年度1,350トン収穫される予定。販売先は高級料亭、豆腐専門料理店、こだわりの豆腐を製造する会社に特化する方針。


07050705.jpg 都内22店舗で24時間デザイン・広告業界向け販促ツールサービスを提供している東京リスマチック(東京都荒川区、鈴木 隆一社長)は、運営する「オフィシャルサービスサイト」を、全面リニューアルした。

 「新商品が発売されるので『案内チラシ』が作りたい」「来週から展示会なので『パネル』を用意したい」「キャンペーンの『ノベルティ』が必要なのに具体的なイメージが浮かばない」「店頭のメニューが急ぎでほしい」「サービス案内パンフレットの大きさや数量・コスト感がわからない」など、モノづくりのヒントやきっかけになる71種類の「商品」アイテムをウェブサイトより選択するだけで簡単に必要なツールの体裁やコスト感を把握できる。さまざまな疑問にお応えする「何でもご相談窓口【プリントデスク】」を新設し、RSSで最新トピックス配信も始めている。

 また、あわせて同社発行の総合サービス案内冊子「商材ガイドブック2007」の配布を始めた。「商材ガイドブック2007」は、「オフィシャルサービスサイト」と記載する情報を連動させているので、ツールのカタチを具体的に選択できる。実際の用紙・メディアを検討できる「各種見本」・「サンプル」も豊富に用意している。各種ツールは無料。申し込みは「オフィシャルサービスサイト」内「サンプル・資料請求ページ」から。

 

 社内誌・広報誌向けサポートサービス「Commu-Suppo(コミ・サポ)」を運営するナナ・コーポレート・コミュニケーション(東京都新宿区、福西 七重社長)は、『月刊Commu-Suppo』5月号(5/5日発売)の編集実務コーナー、社内誌ガイドブックでCSR報告書・環境報告書について特集している。

 CSR(企業の社会的責任)という概念は、1960年代以降、日本の企業における大きな潮流となってきた。そして近年、CSR報告書や環境報告書を発行する企業も増えてきている。今月号では、その時代背景から、報告書を発行する目的や意義、掲載すべき内容、今後の方向性などを、江戸川大学教授の剣持 隆先生に、詳しく解説していただく。また企業事例として、リンテック、永谷園の2社が寄稿している。

 帳票ソリューションプロダクトの開発、販売を行うビーエスピー・プリズム(BSPプリズム、東京都港区、古川 章浩社長)は、ショーケース・ティービー(東京都港区、森 雅弘CEO)のWebプロモーションツール『ナビキャスト 動画』を導入、配信をスタートした。

 BSPプリズムは、3月26日にWebサイトの全面リニュアルの際にサイト誘導ツール『ナビキャスト』を導入。『ナビキャスト』の導入では、BSPプリズムサイトのトップページに、ビジネスに役立つ連載コラムやユーザー事例の紹介など、ユーザーが目的とするコンテンツにすぐに到達できる導線が確保できたため、顧客満足度を向上することができたという。

 さらに効果的な告知をするために同社は、5月16日から開催されるソフトウェア開発環境展への出展と、同日発表される新製品「DURL5.0」を効果的に告知するために、『ナビキャスト 動画』の導入を決定したもの。

 年間12万台のオートバイを販売するレッドバロン(愛知県岡崎市)は、5月10日(木)に「レッドバロン津山」を岡山県津山市高野本郷の国道53号線沿いにオープンする。

 岡山県では、レッドバロン岡山本店・岡山中庄・倉敷の4店体制となる。

 新店舗は高性能オートバイの整備に欠かせない最新型コンピューター内蔵シャーシダイナモによる完成性能検査システムを導入し、更に充実した店舗体制を整えてユーザーの利便性向上を図るとしている。

 シーサイドソフト(神奈川県二宮町、本山 稔代表)は、低価格ながら工事写真台帳の作成に必要な機能を全て盛り込んだWindows用の工事写真台帳作成ソフト、「一発!工事写真台帳」のオンライン販売を始めた。

 「一発!工事写真台帳」では、工事写真台帳を実際の本のようにめくりながら作成・閲覧できる。作成した工事写真台帳は、複数の本棚に振り分けて管理できるので、工事毎に本棚を分けることが可能。工事写真台帳を作成する全ての操作は、マウスで直感的に行えるので、ソフトウェアの操作の習得に必要なコストを大幅に削減できる。動作環境は、対象OS:Microsoft Windows XP、Microsoft Windows Vista。

 「一発!工事写真台帳」では、工事写真台帳の作成と印刷ができ、工事写真台帳をCDやDVDに書き込める(このCDやDVDだけで工事写真台帳の閲覧ができ、「一発!工事写真台帳」のインストールは不要。工事写真台帳をファイルに書き出して、別のパソコンの「一発!工事写真台帳」に取り込むことができる。

 価格は5,250円(税込み)。Webサイトからダウンロードでき、一週間無料で試用できる。詳しくはWebサイトから。

 

07050599.jpg 原宿表参道元氣祭実行委員会は、原宿・表参道最大のイベントである"原宿表参道元氣祭スーパーよさこい2007"の今年の開催概要を決めた。開催は8月25日(土)11:00〜20:00(予定)と8月26日(日)11:00〜17:30(同)で、原宿・表参道・代々木周辺の全6会場でイベントを繰り広げる。参加チーム100チーム、踊り子総数 約6,000名、観客動員数 約100万人(2006年度)の規模。

 また、よさこい広場(高知物産展)を代々木公園イベント広場内で開催するほか協賛スポンサーによるブース展開を予定している。

 .NET / Visual Basic環境でのIVR,CTIアプリケーションGUI開発ツール"VBVoice"(製造元:Pronexus社)の販売を行っているコミュニケーションビジネスアヴェニュー(CBA、神奈川県横須賀市、柴山 浩社長)は、VBVoice専用サイトでトライアル版の無償ダウンロードを始めた。

 VBVoiceは、コールセンターなどで導入されているCTI(Computer Telephony Integration)アプリケーションの開発ツール。Visual Studio上でGUIの開発環境を提供することが可能なため、コンポーネントをマウスで選択しながら配置し、迅速で平易にコールフローを開発することができる。今回のトライアル版では標準版と機能拡張版の2種類の試用版を用意している。電話の自動応答やカスタマーの自動抽出などのシステムを実際に体験することができる。

 トライアル版のダウンロードはサイトから。

 アドバンスト・メディア(東京都豊島区、鈴木 清幸社長)は、音声認識技術AmiVoiceを活用した、声紋認証入退室システム『AmiVoice Guard』を開発、販売を始めた。

 同システムは、他のバイオメトリクス(生体認証)と異なり、声を鍵とすることで機材に触れずにドアの解錠、入退室ができるシステムで、2005年10月から販売している声紋認証システムAmiVoiceMobile Verification をオフィス向けに応用した製品。2006年4月にこの声紋認証を利用した集合住宅向けエントランス開閉システム「開(ひら)けドアシステム」を開発したが、同システムでの開発・運用のノウハウを活かし、新たに一般企業向けとして声紋認証入退室システムを開発した。特に病院や工場など、両手が塞がっている、手袋をしているなど両手が使いづらい業務シーンでの利用を想定している。AmiVoice GuardはICカードなど非接触型のセキュリティとの併用も可能で、これにより強固なセキュリティを実現できる。

 なお、声紋認証は個人の体調により変動する動的認証だが、本人が誤って拒否される確率(本人拒否率)と他人が誤って受け入れられる確率(他人受入率)は、本人しかわからないキーワードとの組み合わせによって低下させることができ、実用レベルに達している。同社では初年度20ユーザの導入を目指している。

 リリースの配信先は、特に新聞を意識しています。そのほか、雑誌やTVなどのメディアも当然ターゲットになってきますが、新聞は(日刊紙の場合)ほとんど毎日編集作業が行われていることが特徴です。雑誌などでは時間的には相対的に余裕があるという意味で、新聞を意識してリリースしていけば、他のメディアにもそのまま通用すると思われます。

 前回は、記者が見る場合どんなところを見るか、ということについて述べました。これだけインターネット時代といわれていても、紙(印刷物)の形で持参もしくは郵送する。100歩譲ってメール配信が有利―ということでした。それでは、記者はこれらのリリースをいつごろ見ているのでしょうか?

 プロエンジニア教育研究所(神奈川県座間市、粕谷 茂代表)は、ものづくり技術者にとって、成果が出しやすく、プロセス変革に効果的な、新しいタイプの実践的な MOT(技術経営)研修プログラムを発表した。

 従来、MOT(技術経営)プログラムについては、政府の補助金給付のもと、主にいくつかの大学院で講座が開講されていた。しかし、そのままでは展開が難しく、成果に結びついていないのが実態。今回提案の実践的 MOTプログラムは、現場のニーズにコンサルティングを通じて応えてきたスキルを体系化し、成果に結びつけることを重視している。体系化した現場ニーズは、開発の後戻りを防ぎたい、課題解決能力や意思決定能力を差別化したい、成果の出しやすいスキルはないか、利益目標を現場レベルのコストとしてどう捉えるか、最適な経済性評価、投資効果分析ができる技術者を目指したい―など。プログラムはホームページからダウンロード可能。

 TAGGY(東京都目黒区、石上 裕社長)は、同社の運営する次世代型CGMポータルサイト「TAGGY」の検索API「TAGGY Search API」を一般公開した。

 TAGGYでは現在、動画やニュースをはじめ国内外の主要なCGMサイトに投稿された約3,200万記事の横断的なタグ検索が可能となっている。今回の「TAGGY Search API」の一般公開により、このデータベースへのアクセスが可能となり、TAGGYの検索結果を自社サイト上に表示することができるようになった。公開にあわせ、【TAGGYマッシュアップコンテスト】を行っている。インターネットユーザーの賢い情報収集をサポートするため、CGMサイト上に散在している有用な情報をクロスメディアで集約したTAGGYのデータベースを開放し、マッシュアップを通じてネット上にフィードバックすることが目的。

 募集内容は、TAGGYが提供する「TAGGY Search API」と他社APIとをマッシュアップした独創性あふれるオリジナルWEBサービスを募集する。期間は2007年6月30日(土) 24:00(日本時間)まで。WEBサービスとして秀逸と認められた作品には、グランプリ(1点)30万円、準グランプリ(1点)10万円の賞金が授与される。審査員は後藤 康成(ネットエイジ 取締役)、橋本 大也(データセクション 代表取締役)、石上 裕(TAGGY 代表取締役社長)の各氏。結果発表は8月初旬、TAGGYサイト上にて発表の予定。審査基準としては、斬新なアイディアによる独創性と、ユーザーベネフィットを考慮した実用性、またそれらを実現するための先進的テクノロジー。この3つの観点から総合的に審査を行う。

 応募資格、応募作品規定、開発リソースなどの詳細はTAGGYサイト内の応募要項ページに掲載。



※API:Application Programming Interfaceの略。データベースにアクセスするための仕様で、一般公開されたAPIを利用することにより、商品情報や地図情報などを自社サイトに取り込み、コンテンツの一部として表示することが可能となる。

 

※マッシュアップ:Mash Up = 混ぜ合わせる。異なる複数のAPIを組み合わせてコンテンツ同士を連携させ、あたかもひとつのWEBサービスであるかのようにハイブリッド化(複合化)させる開発手法。

 

※JSONP:JSON(JavaScript Object Notation)with Paddingの略。別ドメインのサイトから非同期にデータをJavaScriptに取得できるため、HTMLとJavaScriptの知識があれば容易にマッシュアップが可能となる。TAGGYのブログパーツでも採用している形式。

 いっぽう、企業の広報活動を請け負うPR会社というものがあります。このPR会社の業務内容も、単純にリリースを作成して配布先を選定し、発注先の承認を得て配布まで代行するというものから、選挙活動に関わる一連のキャンペーンをまとめて請け負うというものまで千差万別です。PRの対象もメディア対応に限定されているものから一般コンシューマーを対象とするマーケティングを含むものまで極めて幅広いものがあります。

 現在、インターネット上でリリース配信を手がけている企業も、IT会社系・PR会社系・広告代理店系・マスコミOB系などと想像されますが、そのスタンスは微妙に違います。そのそれぞれが独自の知恵を絞り取り組んでおられることは理解できますし、まだまだ発展途上だと思いますので、個々に詳しく論評することは差し控えたいと思います。しかし、このサイトを運営し始めた当初は「リリースの登録や配信、配信先の申し込み受け付けなどはほとんど自動化できる」「であるならば、リリースを登録してもらい、それに少し手を入れてサイトが運営できるのではないか?」と考えたこともありました。

 Pligg8日本語版を配布しているコミュニケーションビジネスアヴェニュー(神奈川県横須賀市、柴山 浩社長)は、英語版Pliggのバージョンアップに伴い、Pligg9.1英語版に幾つか修正を施した上で日本語化し、ダウンロードによる無償配布を始めた。

 Pliggは、インターネット上の情報資源を効率的に管理するというコンセプトのもと「読者参加型ニュースサイト」を構築するためのオープンソースソフトウェア。米国などですでにdiggのような活発なコミュニティが構築されて社会現象化し、日本にも波及して注目を集めている。国内では専門分野で情報蓄積を行う必要のある大学の研究機関などで活用されている他、金融情報、芸能雑学、アイデア募集など、対象を絞ったニュースサイトがネット上で続々と立ち上がりつつあるという。

 Pligg 日本語版はこうした読者参加型のニュースサイトを無償で始めることができるオープンソースのソフトウェアで、対象を特化ニュースサイトを、誰もが簡単、気軽に構築することが可能としている。無償配布はサイトから。

 日中文化交流センター(東京都渋谷区、李 欣立代表)は、中国教育部留学服務中心(留学サービスセンター:中国北京市)の委託を受け2007年度「第7回中国留学フェア」を今秋開催する。

 中国教育部留学服務中心は、世界各国で中国への留学を紹介するイベントを実施しているが、日本では2000年より毎年1回、東京・大阪の2拠点で開催している。日本で開催される、公的には唯一の中国への留学イベントとなる。日本側は昨年度も、外務省・文部科学省が後援。日中文化交流センターは2005年の第5回から指名を請けており、今年で3回目の実施担当となる。

 東京・大阪の2会場で開催予定で、東京会場は10月14日(日)10:00〜17:00、新宿エルタワー30F(東京都新宿区西新宿1-6-1 )。大阪会場は10月20日(土)10:00〜17:00、梅田センタービル クリスタルホール(大阪市北区中崎西2丁目4番12号)の予定。

 詳しくは「第7回中国留学フェア」専用サイトから。

 インターネットでのトナー販売を手がける株式会社エコタクドットコム(横浜市中区、越智 修次社長)が運営するネット販売サイト「エコトナー宅配便」の、4月度の機種別リサイクルトナー販売本数ランキングデータが発表された。それによると、1位は「キヤノンEP-62」7.48%、以下「ブラザーTN-25J」6.31%、「同TN-36J」5.81%となっている。上位3機種は常に上位を維持しているという。トナー市場におけるリサイクルトナーのシェアは米国では50%弱だが、日本では17%にとどまっている。リサイクルトナーの利用は地球環境保護に役立つ手軽なリサイクルであり、コスト面でもオフィスのコスト低減に有効となる。同社ではさらに品質向上と事業拡大を目指し、幅広い利用を呼びかけている。

 同データは7年間、3万5千人のユーザー、累計10万本以上の販売実績を元とした販売データとなり、インターネット上でのリサイクルトナーの販売動向を極めて正確に反映しているという。

 「夢をカタチに」をコンセプトに社会人(男女)の起業支援とビジネス力アップのための講座を行うNPO法人ライフデザイン研究室(東京都港区、石野 洋子代表 )は、知的な趣味・財産を1冊の作品にまとめるための製作支援(企画・編集)を行う【つれづれ独本サービス】を始めた。

 この【つれづれ独本サービス】の特徴は、創った作品が特定の書店に並べられ、販売も可能。文章の書き方や写真の編集など、初心者でも安心して取り組めるような講座(有料)を用意。製作は小部数(30部前後)から可能―など。出版社が扱うビジネス書のようなハードルが高いものではなく、自分の生きた証を書き記すという観点で、このサービスをうまく活用していただきたいとしている。サービスの開始にあたり、実際の製作サンプルをご用意して、体験説明会を開催する。「体験説明会」は5月30日(水)13:00〜14:00と6月7日(木)13:00〜14:00、ちよだプラットフォームスクエア(東京都千代田区神田錦町3‐21、地下鉄東西線 竹橋駅より徒歩2分)で開く。内容はつれづれ独本サービスの説明(出来上がりサンプル紹介)、書いてみたいという思いを形にするには?、個別相談など。参加費500円。詳細および説明会参加申し込みはサイトから。

 メジャーレーベル(神奈川県大和市、新井 裕二代表)とBangchak(ニューヨーク、菊地 貴宏代表)は、共同でイベントプロジェクト「MAGMA2007」を設立し、国内外のアーティストによるコンサートを主体とするイベント「MAGMA」の第一回目を、5月26日(土)沖縄/宜野湾市海浜公園屋外劇場(最大収容数:5,000人)と、6月2日(土):横浜/横浜文化体育館(最大収容数:8,000人)の、2会場で開催する。

 海外からの招聘バンド約10組、国内バンド約10組以上が出演するほか、各種テナントブースが出展/出店(アーティスト関連物販、飲食ブース、スポンサー他)する。横浜会場ではサブステージを設営し、約20バンドが出演、スケートボード用のランプを設置し、国内外のトップライダー達がパフォーマンスを披露するなど、盛りだくさんの内容となっている。入場料はいずれも8,400円(税込み)全席自由、未就学児童は無料。チケット購入はMAGMA2007ウェブサイト>>>のほかローソンチケット/Lコード:84968(沖縄公演)、38641(横浜公演)、ぴあ/Pコード:257-309(横浜公演)。沖縄公演は前売チケット全てに特典オフィシャルTシャツ付き。

 こうした動きが広まってきた背景には、大手企業がサイト上に「ニュースリリース」といったコーナーを設けリリースを掲載するようになってきたことがあります。ニュースリリースがかつては和文タイプなどで作成されていたものが、ワープロになり、パソコンのワープロソフトで作成されるようになり、それが簡単にHTMLファイルに転用されることができるようになったことと無関係ではないように思われます。

 しかし現在でも、例えば記者発表を行い、「資料についてはサイトを見てください」とやるところはありません。記者発表の席で資料が用意されており、それに沿った説明が行われ、質疑応答がある―というのが普通です。場合によっては、資料を事前にもらうことはできますが、記者発表が設定されている以上、資料だけで原稿を書いて済ませる、ということは記者はやりません。

 記者発表が行われない場合でも、資料は原則としてペーパーとして届けられます。メールで済ませる場合もあるかもしれませんが、これは情報リテラシーが低いといわざるをえません。ネット上ではご承知の通り改ざんやその他の事故が起こりうる現状であり、「届いた届いてない」という問題が発生する余地があるからです。

 それではなぜサイト上に「ニュースリリース」を掲載するかといえば、企業側の事情は良くわかりませんが、メディア側ではこれをデスクなどが確認の意味で利用しています。個人名などの固有名詞や発表のニュアンスを記者が送ってきた記事とは別にデスクがリリースを読んで記者とやり取りするために利用しているようです。これは以前は記事にしたリリースをバイク便やFAXで本社にまとめて送ってきたのを見ていた代わりになっているということです。ちなみに、記事にした後のリリースの扱いにも以前は気を使っていて、シュレッダーなどで処理したりしていました。

 ところが、ある支局では記事にしたりしなかったりしたリリースを、そのまま地銀などに売って飲み代にしていた豪傑が居ました。違法とはいえないまでも職業倫理上あるべきことではないといえます。また、某新聞社では、記事にしていないリリースもそのままネット上に流しています。これも新聞社(メディア)の職業倫理にもとる行為なのではないでしょうか。「ニュースリリース」については著作権は発信企業にあり、メディアはそれを報道目的で利用できます。しかし上記の行為は報道目的を逸脱しており、著作権侵害の疑いすらあります。

 

前回→

次回→

07050107.jpg インターネットで印鑑を販売する小林大伸堂(福井県鯖江市、小林 照明代表)は、昨年プレオープンした"パワーストーン宝石印鑑の通販専門店『ローズストーン』をグランドオープンした。

 『ローズストーン』は、パワーストーンアドバイザーの小林美輪が店長を務め、パワーストーンを印材として使用した印鑑専門のネットショップ。すでにパワーストーンに詳しい方はもちろん、興味はあるけれど、選び方がわからない、という方も選びやすいよう、目的別、星座別など、様々な選び方を提案。オプションとして用意した、色が選べるジルコニアポイントや、シルバー製カバーなどとの組み合わせで「私だけのパワーストーン宝石印鑑」を選ぶ楽しさや「友人知人に自慢せずにはいられない、魅せる印鑑」を提供している。

 同店で販売する印鑑の印影は、同社代表・印章彫刻士の小林照明が、画数と伸ばしたい運気を判断し手書きで字入れする開運吉相書体。また、全日本印章業組合加盟店として、5年保障にも対応している。価格は、カラーメノウ数種の15,000円(直径12mmサイズ)から、ルビー(人工ルビー)350,000円(直径18mmサイズ)まで。人気の高いローズクォーツ(紅水晶)12mmサイズは25,000円。

 ショップメディアを始めとした各種フィールドメディア(R)を企画・開発・運営するフィールドメディアネットワーク(FMN、東京都港区、松下 和弘社長)は、総合スーパー・書店・ドラッグストア・カフェ・スポーツ施設など、業種業態に合わせて店舗内外の遊休スペースをメディア化し、来店客への情報発信と副次収益を店舗に提供するサービス『 MEDIA STATION(R) 』を事業化した。全国の企業・広告代理店に対し、広告マーケティング活動のツールとして、2007年5月よりサービス提供を始める。

 なお、事業化にあたっては、デジタル画像や映像に関する業務用アプリケーション・ソフトウェアの開発及び販売を行うリミックスポイント(東京都千代田区、吉川 登社長)と提携し、ショップメディアの選定・予約・承認・申込みなどの運用管理を効率化するショップメディア管理システム「SHOP‐MEDIASTATION.com(TM)」を共同開発した。FMNは1年後に全国1,000店舗のネットワークを完成させる計画としている。

 WEBコンテンツプロバイダーであるパドラック(静岡県湖西市、杉本 等代表)とWEBサービスプロデュースを手がけるPRオフィスN(愛知県豊橋市、権田 のり子社長)は、パドラックが開発し、管理するブライダル向けコンテンツマネージメントシステム(CMS)「Sky-web wedding」を、東海互助会(愛知県豊橋市、大林 康隆社長)が運営するウェディングホール「ブレシード」で挙式を行う新郎新婦に4月より提供を始めた。

 同システムは、新郎新婦が自身のウェブページを携帯電話画面上から制作、編集できるブライダルに特化したCMS。コンテンツとしては,ブライダルや二次会の案内、プロフィール、日記および動画による挨拶などを掲載できる。さらにプライバシーに配慮して、新郎新婦にコンテンツ閲覧用のアクセス情報(ID、パスワード)を提供することにより、新郎新婦様がアクセス情報を告知した家族やご友人などしかアクセスできないようにすることができる。また、同システムではシステム利用契約を結んだ式場それぞれから利用者登録を行うことができ、顧客管理から料金設定まで式場側で独自に運用することができる。

 なお、同システムは特許出願 (特願2007-48088)中。パドラックとPRオフィスNは全国の主要なウェディングホールに同システムを拡販する計画。

 東京カットグラス工業協同組合(東京都江東区、恩田 秀夫理事長)は、経済産業大臣指定の伝統工芸的品「江戸切子」の公式ショールームを江東区亀戸にオープンした。

 江戸切子は、国の伝統的工芸品・東京都の伝統工芸品に認定を受けているガラス細工。江戸末期に始まる日本のカットグラスで、震災や戦火を乗り越えて現在に続いていることから「庶民の育てた文化」とも呼ばれている。東京カットグラス工業協同組合は、脈々と系譜を重ねる江戸切子の加工所・職人によって構成される江戸切子の認定を受けた協同組合。

 今回オープンしたショールームは、只今藤の花が見ごろを迎えている「花の天神様」亀戸天神最寄りの地。ガラス張りの開放感を持たせた店頭ディスプレイでは、江戸切子の逸品作品を展示している。立地特性を活かし、観光客をはじめとして多くの方に、カットによって光り輝く江戸切子の良さ素晴らしさに触れてもらえる構成としている。

 東京カットグラス工業協同組合では、多くの職人が集積している地元江東地区の名所である亀戸エリアにショールームを開設することで、オリジナル製作の依頼にも対応し、より多くの方に親しんでいただける機会となることを期待している。

 

 前田観光わらび園委員会(福島県相馬郡、長谷川 健一代表)は、前田観光わらび園の開園オープニングセレモニーを5月6日(日)AM7:30より前田観光わらび園にておこなう。佐須虎捕太鼓(山津見神社に伝わる伝統芸能)を披露するほか、先着100名様に竹炭をプレゼント、わらび採り終了後にはとん汁をサービスする。

 同わらび園の開園期間は5月6日から6月下旬まで。開園時間はAM8:00より10:00まで。入園日は毎水曜日・日曜日。入園料は一人2時間 1,500円(小学生以下は無料)。詳しい問い合わせはトータル・ヘルシー郡山まで。

 石田大成社(京都市中京区、阿部 暢克代表)は、運営している京都の老舗を中心としたオンラインショッピングサイト「京の逸品 老舗モール」に、錦市場に店を構える名店の商品を集めたコーナー「錦市場」をオープンした。

 京都の中心部に位置する錦市場は、鮮魚、豆腐、漬物など約130もの店が軒を連ね、多くの人でにぎわう市場。料亭の主人や味にうるさい京都人、観光客にまで幅広く愛される錦市場の名産品の数々がオンラインで購入できる。

 インキュベクス(横浜市港北区)は、5月14日(月)13時30分から同社研修室(横浜市港北区新横浜2-2-15 パレアナビル3F)で、ECホールディングス(東京都渋谷区)から特別講師を迎え「双方向コミュニケーション時代のWEBマーケティングセミナー」 と題し、特別無料セミナーを開く。

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このアーカイブについて

このページには、2007年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年4月です。

次のアーカイブは2007年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。