日本で暮らす難民の語学習得サポート開始

| トラックバック(0)

 外国語トレーニングソフト 「Rosetta Stone(R)(ロゼッタストーン(R))」を販売するロゼッタストーン・ジャパン株式会社/Rosetta Stone Japan Inc.(東京都渋谷区)は、このたび社会貢献活動の一環として、認定NPO法人 難民支援協会/Japan Association for Refugees(東京都新宿区)と協力し、日本で暮らす難民の方々に対し、「Rosetta Stone」製品(日本語版)提供による語学習得サポートを始める。難民支援協会は、日本に逃れてきた難民のための法的・生活支援をはじめ、 難民保護を目的とした総合的な活動を行っている。世界各国から毎年1,000人以上の難民が日本に逃れてきている中、日本在住の難民に対し、年間1万5千件以上にのぼる相談に応じるなど、幅広く支援している。

 
 ロゼッタストーン・ジャパンと難民支援協会は、30種類の言語に対応する外国語トレーニングソフト「Rosetta Stone」の日本語版を日本在住の難民の方に活用いただくことで、日本語のコミュニケーションスキルを身につけ、より安心して日本で生活いただくための支援活動を行う。本活動の第一弾として、今年9月より、現在日本語習得を必要としているミャンマー出身の難民の方に、「Rosetta Stone」日本語版を提供し、製品の利用説明を含め全面的にサポートを始めた。今後、必要な難民の方には随時提供していく予定。
 ロゼッタストーン・ジャパンは、2011年6月に発足した世界に挑戦するアスリートを語学面で応援する「Global Athlete Project(R)」のサポートカンパニーとして、1年で100名以上のアスリートの語学サポートを行うなど、語学習得に関わる支援活動を積極的に進めている。今回、難民支援協会との協力により、新たなジャンルでの語学習得サポートが加わった。今後も日本において、語学面での幅広い社会貢献活動を目指すとしている。
 
■認定NPO法人 難民支援協会について
 日本に逃れてきた難民を支援するために1999年に設立されたNPO。日本にいる難民から年間15,000件以上の相談が寄せられ、リーガルアドバイスや、ソーシャルワークに精通した専門スタッフが支援を行っている。また、制度改善を目指した政策提言や国内外での調査研究、および情報発信など、日本の難民保護・自立を目的として総合的に活動している。
※国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所の事業実施パートナー団体。
認定NPO法人 難民支援協会
ロゼッタストーン・ジャパン株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/36788

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2012年9月18日 22:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「千葉九十九里で古代米稲刈り食育体験2012 開催」です。

次のブログ記事は「国連「国際ガールズ・デー」イベント参加」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。