「畑っぴ」和牛育成バージョンが登場

| トラックバック(0)
畑っぴ・和牛.jpg

 株式会社エルディ/LD Inc.(東京都目黒区、代表取締役:宮崎 尚登(崎は立に可))は、株式会社まるひで/MARUHIDE Co.,Ltd.(大分県大分市、代表取締役:小野 秀幸)の協力のもと、株式会社エルディが運営するケータイゲーム「畑っぴ」において仮想(バーチャル)農園内で和牛を飼育・育成すると、黒毛和牛「豊後牛」の肉製品が自宅に届くサービスを2013年1月29日より始めた。和牛育成ゲームは、酪農、養豚、養鶏に引き続き、新たに和牛の育成が登場。普段当たり前のように食べているものが、一体どのように生まれ、育てられ、私たちの食卓に上がるのか。365日休みなく生き物を育てている農家の方々、そしてそれに応えてくれた動物たち。食べるということは「美味しい」だけではない。それぞれの食卓で考えるきっかけとなれば幸いだとしている。

 
■バーチャル作物がリアル作物として無料で自宅に届く!
 単にゲーム内の農園で作物を育てるだけでなく、丹精込めて育てた作物を収穫すると、実際に本物の作物が無料(送料無料)で自宅に届くので、育てる楽しさや収穫後の嬉しさ、達成感などを体験できる、いまだつてない画期的なケータイゲーム。
 
■「畑っぴ」は「食育」を実現、農家が監修する本格農業体験ゲーム
 「畑っぴ」は「水をやる」「肥料をやる」といった画一的な作業ではなく、農家の方々に監修いただいた本格的な農作業の工程をゲーム化している。仮想(バーチャル)農園で野菜や果物、牛などを育て、収穫・搾乳すると、本物の作物や乳製品が自宅に届くという画期的なサービスにより広い年代の方にご支持いただいている。
 
■全国の農家さんから旬な作物が届く
 現在、お届けしている作物はレタス、ピーマン、じゃがいも、きゃべつ、きゅうり、にんじん、さつまいも、米、みかん、いちご、りんご、キウイなど、また加工品として、牛乳、アイスクリーム、ヨーグルト、チーズ、鉢バラなど。
 ゲームスタート以来、北海道の牧場から九州宮崎の農園まで、全国50箇所以上(2012年11月16日現在)の農家の方々にご協力いただき、4万個以上の自慢の作物・加工乳製品を、直送にてお届けしてきた。
※畑っぴ★こちらから

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/39918

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2013年1月31日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「震災からもうすぐ2年 キスをテーマに川柳募集」です。

次のブログ記事は「韓国医療サスペンス「神のクイズ シーズン1」配信」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。