インドネシアのネットマーケティング事業参入

| トラックバック(0)

 インターネットマーケティングとメディア運営を展開する株式会社リッチメディア/Richmedia co., ltd.(東京都新宿区、代表取締役社長(CEO):坂本 幸蔵)は、インドネシアの現地企業であるCorfina GroupのPT. Corfina Mitrakreasi(ピーティーコルフィナ マクレアシ、以下 「Corfina社」)と共同で合弁会社「PT. Media Makmur(ピーティー メディア マクムル)」を設立し、同国におけるインターネットマーケティング事業へ参入する。インドネシアは、世界第4位の人口2億4,560万人(2011年、*1)の旺盛な内需を背景に、実質GDP成長率は、6.5%(2011年、*1)と高い成長を続けており、日本企業の進出も活発化してきている。また、インターネット普及率も2011年の12.5%から2015年までには37%(※2)まで上昇することが見込まれている。このような状況下において、両社の強みを活かすことで、よりスピーディーかつ効果的にインターネットマーケティング事業の展開が行えると判断し、今般の合弁会社設立に至った。

 
 この度、共同出資をするCorfina社は、インドネシアで財務コンサルティング、投資ファンド、IT事業を展開しており、IT分野を中心にこれまで10社以上の大手日本企業のインドネシア進出を支援してきた実績がある。
 合弁会社「PT. Media Makmur」では、下記を実現することにより、IPOも視野に入れた「アジアNo.1のビューティークロスボーダーカンパニー」を目指す。
1.リッチメディアが運営する日本国内で多くの支持を得ている美容関連媒体
・スキンケア大学をインドネシア国内ユーザー向けに再構築し、現地におけるオンラインユーザーを獲得していく。
スキンケア大学
2.Corfina GroupであるPT. Lifestyle International(以下 「Lifestyle社」)は、現地での物流に強みを持ち、Lifestyle社が保有するオフライン販売店舗を活用し、販売支援を行っていく。なお、Lifestyle社は、日本大手化粧品企業である牛乳石鹸共進社株式会社のインドネシアでの販売を手掛ける実績を持つ。
3.上記を活用し、インドネシア進出を目指すコスメ・サプリメント・エステなどの美容関連日本企業に対して、輸出支援・マーケティングリサーチ・プロモーション支援・販売支援などのオンラインtoオフライン(O2O)の領域におけるトータルコーディネートサービスを提供していく。
*1)[出所]Internet World Stats, September 2011
*2)[出所]独立行政法人日本貿易振興機構「東南アジアにおけるインターネット普及状況とSNS調査」
株式会社リッチメディア

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/42218

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2013年5月 3日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ESECで高性能メニーコアープロセッサーをデモ 」です。

次のブログ記事は「工業用LEDブラックライト『OLX-365』発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。