「コニカミノルタ エコ俳句大賞2013」入賞作決定

| トラックバック(0)

 コニカミノルタ株式会社/Konica Minolta, Inc.(東京都千代田区、社長:松崎 正年)は、環境に関する思いを五・七・五のリズムにしたためた「コニカミノルタ エコ俳句大賞2013」の入賞作品を決定した。本コンテストは、より多くの皆さまにご参加していただくため、俳句特有の「季語」や、多少の「字余り・字足らず」にはこだわらず、『省エネ』と『エコ(環境)』をテーマに募集した。応募総数は6,566句と、今年もたくさんの方々からご応募いただいた。今年は早い梅雨明けの後に全国的に厳しい暑さが長く続いたこともあり、家庭や学校、職場で節電しつつ、暑い夏を乗り切るためのいろいろな工夫を取り上げた作品が多く見られた。また、家族が登場する作品からは、省エネや環境が日々のくらしに深く根づいている様子が感じられた。

 
【エコ俳句大賞】「蚊帳の下 昔話の 夏の夜」(千葉県 高月 見舞 様)
(主催者 講評。以下 優秀賞、特別賞も同じ)
 このごろ見直されてきている蚊帳。その下で自然の風に吹かれる夜には、懐かしい思い出話がつきません。
【一般部門優秀賞】「向日葵が 太陽パネル 見上げてる」(大阪府 長畑 亜由美 様)
 光に向って伸びていく向日葵の先では、太陽パネルが夏の陽射しを暮らしのエネルギーに変えています。
【中高生部門優秀賞】「明かり消し 輝く星と 語り合う」(大阪府 ひだまり 様)
 明かりを消せば星空もいよいよ輝きを増し、いろんな思いが心に浮かんでくることでしょう。
【小学生・幼児部門優秀賞】「テレビもね ぼくといっしょに おひるねだ」(東京都 タコ8 様)
 お昼寝タイムには、楽しいテレビもちょっと一休み。穏やかな時間が流れます。
【特別賞】「3世代 「もったいない」で 絆でき」(栃木県 ター坊ママ 様)
 ものやエネルギーを大切にする気持ちは、世代を越えてひきついでいきたいものです。
 入賞された皆さまには、下記賞品をお贈りいたします。
・エコ俳句大賞(1名様)空気清浄機 ダイキン クリアフォースMCZ65M
・一般部門優秀賞(1名様)掃除機 パナソニック プチサイクロン MC-SR20G
・中高生部門優秀賞(1名様)PlayStation(R)Vita Wi-Fiモデル クリスタル・ブラック (PCH-1000 ZA01)
・小学生・幼児部門優秀賞(1名様)Wii U PREMIUM SET
・特別賞(1名様)コニカミノルタ LEDデスクライト「Symfos(R) LED-TASKLIGHT White」
※入賞作品および予選通過作品はコニカミノルタのWEBサイトでご覧いただけます。
 さらに、予選通過者と応募者の中から抽選で50名様に参加賞として、「コニカミノルタオリジナルQUOカード」をお贈りいたします。
 
 コニカミノルタは、世の中から支持され、必要とされる企業であるために、事業を通じて地球環境に貢献し、社会の持続的発展に寄与し続けていく。長期的視野に立った環境活動の指針「エコビジョン2050」を策定し、地球温暖化防止について「製品ライフサイクルにおけるCO2排出量を2050年までに2005年度比で80%削減する」という目標を掲げている。開発・商品企画から販売・サービスまであらゆる段階でグローバルに環境活動を展開した結果、2012年度のライフサイクルCO2排出量は2005年度比50%の削減を実現した。
 また、コニカミノルタは、生産拠点の環境活動を総合的に評価する独自の「グリーンファクトリー認定制度」によるグループを挙げた取り組みに対し、平成25年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞した。さらに、環境負荷の低減のみならず、コニカミノルタならではのイノベーションで環境・エネルギー分野に貢献できる「新しい価値」の創造に取り組んでいくとしている。
 
■関連リンク
「コニカミノルタ エコ俳句大賞」
コニカミノルタの環境の取り組み
※PlayStationは株式会社ソニー・コンピュータエンタテイメントの登録商標です。
※Wiiは任天堂の商標です。
※「Symfos(シンフォス)」はコニカミノルタの次世代照明のブランドです。
コニカミノルタ株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/47568

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2013年12月12日 14:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コミックス『僕だけがいない街』その衝撃の内容とは」です。

次のブログ記事は「2013年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査結果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。