新刊『あなたの相続税は戻ってきます』発売

| トラックバック(0)
現代書林・相続税.jpg

 株式会社現代書林/GENDAI SHORIN PUBLISHERS CO.,LTD.(東京都新宿区、代表取締役社長:坂本桂一)は、相続税で損をしないための本『あなたの相続税は戻ってきます』(藤宮 浩・高原 誠 共著)を2014年1月15日に発売する。相続税、納めすぎてはいませんか?一度納めた相続税でも、5年以内であれば戻ってくる可能性がある。資産家の方や不動産を複数お持ちの方にとって相続税は高額になりやすいため、戻ってくる額も10万円、20万円ではない。これまで著者は2000件以上の申告書を拝見し、その約7割に相続税の還付や減額の要因を見つけ出してきた。

 
 こうした豊富な実務経験をふまえ、本書では相続税納税者のみなさま、あるいはこれから相続を迎えて納税者となる可能性の高いみなさまに、相続税で損をしない、真に価値ある情報をお伝えしている。
【目次】
プロローグ 相続税、納めすぎてはいませんか?
PART1 相続税は戻ってくる!
PART2 7割に還付? なぜ、そんなことが起こる?
PART3 これだけ差が出る、土地の評価額
PART4 土地の評価額を再検討して相続税が還付されたケース(事例集)
PART5 「還付可能性のチェックリスト」解説編
PART6 相続税還付、よくある質問
PART7 相続と相続税の基礎知識
PART8 相続前にやっておくべきこと、できる対策
 
■著者紹介
 藤宮 浩 (ふじみや ひろし)
 埼玉県出身。平成7年宅建試験合格、平成16年不動産鑑定士試験合格及び登録、平成23年ファイナンシャル・プランナー試験(CFP)合格。「株式会社フジ総合鑑定」の代表取締役であり、20年間で2,000件以上の相続税申告・減額・還付実績を誇る「フジ総合グループ」の代表。雑誌『家主と地主』や大家さんのためのフリー・マガジン『オーナーズ・スタイル』誌等に、「不動産鑑定士から見た相続税の現場」に関するコラムを連載しているほか、各企業からの要請により、年間30本を超えるセミナー・講演活動も行っている。趣味はマラソンとワイン。
 高原 誠 (たかはら まこと)
 東京都出身。平成16年税理士試験合格、平成17年税理士登録、平成21年ファイナンシャル・プランナー試験(AFP)合格。平成18年、相続税のセカンド・オピニオン業務の第一人者である、税理士・吉海正一とともに「フジ相続税理士法人」を設立。年間200件を超える相続税の申告・減額・還付業務を取り扱う。「フジ総合グループ」内に設立された、NPO法人相続手続きサポートセンター」の監査役でもある。『経理ウーマン』、『日経マネー』の雑誌等、その他多数の刊行物への寄稿・取材協力を行うほか、年間40本を超えるセミナー・講演活動も行っている。趣味は仕事と料理。

※全国の書店、「amazon」「楽天ブックス」などの通販サイトなどでご購入が可能です。
※Amazon URL:http://www.amazon.co.jp/dp/4774514403/
※ブックサービスURL:<http://www.bookservice.jp/bs/Item/9784774514406
※e-hon URL:http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000033034229&Action_id=121&Sza_id=LL
※楽天ブックス URL:http://books.rakuten.co.jp/rb/12604511/
※honyaclub URL:http://www.honyaclub.com/shop/g/g15882028/
 
■書籍概要
商品名:あなたの相続税は戻ってきます
著者名:藤宮 浩・高原 誠(共著)
発売日:2014年1月15日
定価:本体1500円(税別)
判型:A5判並製
ページ数:192ページ・2色刷
株式会社現代書林

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/48264

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年1月12日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「電子書籍『太平記』(1~6巻)配信開始 」です。

次のブログ記事は「口の中から全身の症状を改善「口腔内科」の実践書」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。