対顧客マーケティング教材33コース アプリ発売

| トラックバック(0)

 株式会社シュビキ/Shubiki Corporation(東京都新宿区、代表取締役社長:首尾木義人)は、3月25日より対顧客マーケティング教材33コースを、アプリ「BISCUE App」向けに発売した。モノやサービスを売るためには、何らかの形での顧客へのアプローチが不可欠で、この応対如何で成否が決まることも珍しくない。戦略やコンセプトを練るのと同時に、こうした現場でのきめ細かい努力が重要だが、多忙なビジネス現場でこれを実行するには、様々な問題がある。ビジネスパーソンのスキルアップ用コンテンツを幅広く提供するBISCUEでは、こうした状況に応え、電話応対や顧客満足度など、対顧客マーケティングの基本を解説するコース33本を、その提供するビジネススキルアップ「BISCUE App(ビスキュー・アップ)」のラインナップとして、追加した。

 
 何れも、企業研修用教材を長く提供してきたノウハウをベースに、スナックラーニング(隙間時間にモバイルデバイス等で行う自己研鑽)ツールとして作成したもの。
 なお、これらのコースは、いずれも、スマホ・タブレット対応、法人向け定額ライブラリ型eラーニング・mラーニング「BISCUE LS」の対象コースになる。
 
■アプリ「BISCUE App」
・アプリ名:BISCUE(商品名:BISCUE App)
・対応端末:
- iPhone、iPod touch、iPad互換
- Android 互換
- 今後、他プラットフォームにも対応予定
・言語:日本語
・価格:各ストアに表示
・利用方法:アプリ内からダウンロード
 
■コース
「顧客満足度アップのために 1.CSの基礎知識」
「顧客満足度アップのために 2.CSの進め方」
「顧客満足度アップのために 3.満足度の調べ方」
「顧客満足度アップのために 4.満足度を上げるには」
「クレーム電話対応のコツ 1.基本編」
「クレーム電話対応のコツ 2.最初の受け方」
「クレーム電話対応のコツ 3.クレーム処理の進め方」
「クレーム電話対応のコツ 4.話し方のポイント」
「コールセンターの敬語 インバウンド編」
「コールセンターのクレーム対応 1.対応の鉄則」
「コールセンターのクレーム対応 2.聞き方のコツ」
「コールセンターのクレーム対応 3.説明のコツ」
「コールセンターのクレーム対応 4.対処のコツ」
「コールセンターのクレーム対応 5.難しい相手」
「コールセンターのクレーム対応 6.難しいケース」
「コールセンター 注文の受け方 1.流れとポイント」
「コールセンター 注文の受け方 2.受け方の話法」
「コールセンター 注文の受け方 3.難しいケース」
「コールセンターの敬語 アウトバウンド編」
「コールセンター アポイントのとり方 1.かける前に」
「コールセンター アポイントのとり方 2.呼び出し方」
「コールセンター アポイントのとり方 3.説明の仕方」
「コールセンターのリテール開拓営業 1.かける前に」
「コールセンターのリテール開拓営業 2.流れとポイント」
「コールセンターのリテール開拓営業 3.困ったときは」
「実践テレマーケティング-インバウンド編 1.企画者のために」
「実践テレマーケティング-インバウンド編 2.マーケターの心得」
「実践テレマーケティング-インバウンド編 3.受注のトーク」
「実践テレマーケティング-インバウンド編 4.苦情窓口のトーク」
「実践テレマーケティング-アウトバウンド編 1.企画者のために」
「実践テレマーケティング-アウトバウンド編 2.マーケターの心得」
「実践テレマーケティング-アウトバウンド編 3.販促のトーク」
「実践テレマーケティング-アウトバウンド編 4.フォローのトーク」
※詳しくは、以下のサイトをご覧ください。
※BISCUE App:★こちら、および★こちらから
※BISCUE eラーニング・mラーニング:★こちら、および★こちら
株式会社シュビキ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/49955

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年3月26日 07:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「羽海野チカ『3月のライオン』に第18回手塚治虫文化賞」です。

次のブログ記事は「AppSocially Inc.と資本/業務提携」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。