BBCワールド、富裕層のモバイル利用の実態

| トラックバック(0)
BBC・富裕層の携帯.jpg

 BBC ワールドニュース・ BBC.com/news は、この種の調査では史上初となる「世界の消費者によるモバイルデバイスの利用」についての調査結果を発表した。調査したのはオーストラリア、ドイツ、スウェーデン、インド、香港とアメリカの6,000人のスマートフォンユーザー。各国の所得上位20%の富裕層と、その他の一般層の傾向を比較した。それによると、スマートフォンが富裕層にとってますます重要になっていること、モバイルデバイスが彼らの私生活、そしてビジネスに、非常に深く結びついていることが明らかになった。それは技術向上によってコンテンツにより深く関わることが可能になったためだ。また BBC ワールドニュースと BBC.com/news 利用者の大半を占める富裕層が、一般層よりはるかにモバイル広告に受容的であるという確かな証拠も得られた。

 
■主な調査結果
・携帯電話のビジネス利用は、富裕層が51%であるのに対して、一般層は40%。
・富裕層の39%は少なくとも1時間に1回、モバイルデバイスからインターネットにアクセスしており、これは一般層より18%高い。
・富裕層が関連サービスを利用するために位置情報を開示する確率は、一般層より18%高い。
・富裕層は一般層と比べて、ニュース関連のコンテンツを利用するのにデスクトップPCよりも モバイルデバイスを好む傾向が強い。この対比が特に顕著なのは、富裕層が一般層より15%も高い時事ニュースや緊急速報、28%も高いビジネス又は経済ニュースである。
・最もよく使われている携帯電話アプリは、富裕層がニュースアプリ、一般層がソーシャルネットワーク
アプリである。
・富裕層の3分の1が、モダンかつダイナミックを目指す企業ブランドにはモバイルでの展開が必要と考えており、これは一般層より15%も高い。
・モバイル広告とデスクトップ広告を認知度、好感度、購買意欲といったブランド評価の指標で比べた場合、モバイル広告は人口全体に対して2倍の効果が見込める。富裕層に絞ると4倍にもなる。
・モバイル広告に肯定的な高所得者は19%で、デスクトップ広告の18%とほぼ変わらない。無料コンテンツのサイトに絞ると、モバイル広告に肯定的な高所得者の数字は41%にもなる。
 
 モバイルプラットフォームでのニュース消費の傾向が高まっていることは、今回の調査から明らかであり、それは2012年に BBC が行ったニュース消費に関する調査の「今後5年間で富裕層の59%が携帯電話でより多くのニュースを消費するようになる」という予測と一致するもの。
 ニュースの取得に使いたいデバイスを1つ聞かれた場合、携帯電話と答えた富裕層の数は、2012年から156%上がり、タブレットは9%上がった。一方でデスクトップPCと答えた富裕層は17%減少した。
 さらに2012年の調査では、モバイルでのニュース消費はニュース見出しの閲覧にほぼ限られているという結果だった。それに対し、今回の調査で調べた新しい端末利用者の34%は、ニュースの読み方は以前より深くなり、元の記事と関連した他の記事も読むようになったと答えている。これは古い端末を使っている人より42%高い数字だ。最新の端末を有する人は一般層に比べ、携帯電話でニュース動画やストリーミングコンテンツを見る確率が10%高くなっている。
 
■BBC グローバルニュースリミテッド CEO、ジム・イーガン コメント
 「世界中の私たちの視聴者にとってモバイルの重要性が急速に増していることは、私たちの業界における重要なテーマの1つであり、私たちは最高のモバイル体験を提供するべく、常に努力しています。例えば BBC 国際ニュースやスポーツアプリの提供、そしてリスポンシブデザインの継続的な取り組みなどです。今回の新たな調査で、モバイル消費における大きな変化が明らかになりました。人々はモバイルでより深く記事を読むようになり、より多くの動画を見て、さらに重要なことに、以前よりモバイル広告に慣れてきています。この大規模な調査はモバイル広告が、とりわけ裕福なモバイル消費者にとって有効であるという確かな証拠を示しており、それは情報発信者にも広告主にも同様に大きな意味を持っています」
*The study was conducted by Millward Brown.
 
■BBCワールドニュースとは】
 BBCは、ラジオ(BBC World Service)、TV(BBC World News)、オンライン(BBC.com/news)を通して、全世界で週当たり2億5600万の人々に国際ニュースを伝えています。
 BBCワールドニュース、及びBBC.comは、国際ニュースとドキュメンタリーを24時間提供する、英国放送協会(British Broadcasting Corporation)の商業プラットフォームで、BBCの商業部門の会社のひとつであるBBCグローバルニュースリミテッドが所有・運営しています。報道機関では世界最大級の取材基盤を誇り、国家・宗教・人種・民族に偏りのない「公平・中立・客観的」なレポートをお届けし、200以上の国や地域の約3億6千万世帯、180万のホテルの客室で視聴することができます。放送内容は176のクルーズ船、53の航空会社、23の携帯ネットワークでも視聴可能です。bbc.com/news は、インターネット上で最も認知されているブランドの一つであり、bbc.comは、最新の国際ニュースと詳細な分析をPCやタブレット、モバイル端末など多彩なプラットフォームを通して毎月5,800万人以上のサイト訪問者に提供しています。
 BBCワールドニュースの受信方法、放送スケジュールのダウンロード、チャンネルのより詳しい説明については、★こちら(英語サイト)、または★こちら(日本語サイト)をご覧ください。
 BBCワールドニュースは商業放送であり、全世界向け、アジア向け、ヨーロッパ向けと、さまざまな形態での広告出稿が可能。世界最大級のニュースサイトbbc.comとの連動広告も展開できる。BBC Advertisingとスポンサードについての詳細は★こちらのページをご覧ください。
BBCワールド ジャパン株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/49899

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年3月23日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「被災地のシングルマザーの今 衆院第二議員会館で集会」です。

次のブログ記事は「谷瑞恵『異人館画廊 盗まれた絵と謎を読む少女』発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。