チャイルドシート選びの「3つの【誤】」

| トラックバック(0)
タカタ・チャイルドシート.jpg

 タカタ株式会社/Takata Corporation(東京都港区、CEO:高田重久)は、直近1年以内にチャイルドシートを購入した男女480名と、今後半年以内にチャイルドシート購入予定の男女160名の合計640名に対して、「チャイルドシート」に関する意識・実態調査を行った。寒い冬が過ぎ、いよいよ春。レジャーシーズンの春は、車で出かける頻度も高くなることから、チャイルドシートの購入を検討しているパパ・ママは多いのではないだろうか。そこで、今回の調査から明らかになった、チャイルドシート選びの3つの【誤】(誤解、誤装着、誤認識)と、選び方のポイントをご紹介する。

 
■1.【誤】解:選ぶ時に、ついつい「使い勝手」などに目がいきがち。
【選び方のポイント】最重視すべきは「安全性」。自分で取り付けて、"グラつかないか"をチェック。
 まず、「チャイルドシートの購入を検討し始めたのはいつ頃ですか?」という質問をしたところ、57%が「妊娠中」と答え、「出産後」(43%)を上回る結果となった。また、購入検討期間については、29%と3人に1人が「1ヶ月以上」と回答。時間をかけて入念にチャイルドシートを選んでいる人が多いことがうかがえる。
 そして、「チャイルドシート購入時に最も重視する点」について聞くと、「安全性」と答えたのは53%。以下、「使い勝手(機能性)」(23%)、「価格」(11%)、「サイズ」(6%)、「評価・評判」(2%)と続き、およそ半数が「安全性以外」の点を最重視していることが明らかとなった。
  「使い勝手」など「安全性以外」の点に目を向けてしまう人も多いが、事故が起こってからでは遅いのが「チャイルドシート」。 「安全性」を最重視した選び方が、安心・安全のドライブに繋がる。チャイルドシートの「安全性」を確かめる方法としては、国土交通省と自動車事故対策機構が実施しているチャイルドシートアセスメントで事前に確認してから、実際にお店でチャイルドシートを自分で取り付けて、"グラつかないか"をチェックすると良いでしょう。
 
■2.【誤】装着:どれでも簡単に正しく装着できるわけではない。
【選び方のポイント】簡単に正しく装着できるチャイルドシートを。
 警察庁/日本自動車連盟の調査によると、チャイルドシートの誤装着は乳児用・幼児用合わせて63.9%(2013年4月)にも及ぶ。「この事実を知っていますか?」と聞いたところ、73%が「知らない」と回答。また、「チャイルドシートならどれでも、簡単に、確実に、正しく装着できると思っていた」という人は52%にものぼり、この誤解が誤装着の多さと深く関係していると言えそうだ。実際に、チャイルドシートを使われている方に、「チャイルドシートが正しく装着されているか不安に感じることはありますか?」と質問すると、64%が「ある」と答えた。装着が難しいものは誤装着のもと。誰でも簡単に正しく装着できて、グラつかないチャイルドシート選びがポイントとなる。
 
■3.【誤】認識:簡単に確実な固定ができる「ISOFIX」、知らない人が多い。
【選び方のポイント】「ISOFIX」固定タイプのチャイルドシートを。
 日本国内において2012年7月以降に発売されているすべての乗用車(※9人乗り以下の乗用車)には「ISOバー(取り付け金具)」の装備が義務化された。「ISOFIX」とは、シートベルトで固定しない、新しい固定方法。1989年からISO(国際標準化機構)の国際会議で協議され、1999年に国際規格化された世界共通のチャイルドシート固定方法だ。
 この「ISOFIX」の認知について調べたところ、「確かに知っている」と答えた人はわずか21%。「聞いたことがある」が20%で、59%は「知らない」と答えた。一方、「ISOFIX」の説明をした後に、「ISOFIX固定タイプのチャイルドシートを利用したいと思った」と答えた人は64%にも上った。「ISOFIX」を知らないことで、チャイルドシートを買う際に機会損失をしている人が多くいると推察される。
 「ISOFIX固定タイプのチャイルドシート」なら、簡単に確実な固定ができる。チャイルドシートを選ぶにあたって、押さえておくべきポイントであると言える。
 
■"安全へのこだわり"を徹底した、タカタのチャイルドシート
 1933年の創業以来、人の命に関わる仕事を選択し、世界中のカーメーカーに安全装置を供給してきたタカタ。規格が変わってもタカタが商品を開発する中で一貫しているのは、"安全へのこだわり"。国土交通省と自動車事故対策機構が、安全なチャイルドシート選びのために毎年行っている安全性能の評価試験「チャイルドシートアセスメント」では、2004年度に「takata04-neo」、2010年度に「takata04-smartfix」が、また2011年度には「takata04-i fix」が、それぞれ乳児用・幼児用の両モードで最高評価の「優」を獲得した。両モードダブルで「優」を獲得したのは、国内外50機種以上あるチャイルドシートの中でも、タカタのチャイルドシートのみ。求められる安全性能の上を行く独自の安全試験のくり返しが、タカタの高い安全品質を支えている。
 また、今回のチャイルドシート選びのポイントでも紹介したように、万一の事故からお子さまの安全を守るには、チャイルドシートがクルマにしっかり取り付けられていて"グラつかない"ことが大切。そのためには、ママひとりの少ない力でも確実に固定できることが大切だ。タカタでは、"安全を簡単にする"ための技術をチャイルドシートに取り入れている。例えば、「ISOFIX固定タイプ」の場合、クルマへの取り付けは、クルマの後部座席などに装備されたISOバー(取り付け金具)に、チャイルドシートのベース後方にあるコネクターを接合して固定するだけ。金属同士の結合なので、ガッチリ強固で安全性が高いのが特徴。
タカタのチャイルドシートWebサイト
 
■4、5月には、イベント&モニタープレゼンキャンペーンを展開
 今後タカタでは、日本マタニティフィットネス協会が主催する「マタニティ&ベビーフェスタ2014」に出展するほか、チャイルドシートを10名様にモニタープレゼントするキャンペーンも予定している。
 <イベント>
日時:4月5日(土)、6日(日) 9:00~17:30
場所:パシフィコ横浜 B・C・Dホール
イベント名:マタニティ&ベビーフェスタ2014
 <モニタープレゼントキャンペーン>
応募期間:4月5日(土)~5月31日(土)
内容:チャイルドシート10名様モニタープレゼント
応募方法:応募期間中に、下記URLにアクセスいただき、応募フォームに必要事項を入力の上ご応募ください。(応募はWEB限定です)
キャンペーンページ
 
■調査概要
調査対象:18~49歳男性 320名 16~49歳女性320名 合計 640名(直近1年以内にチャイルドシートを購入した方480名/今後半年以内に「チャイルドシート」を購入する予定の方160名)
調査期間:2013年10月15日(火)~10月20日(日) 調査方法:インターネット調査
タカタ株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/49940

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年3月25日 16:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「在来種唐辛子 清水森ナンバの津軽版キムチ動画」です。

次のブログ記事は「双日と資本/業務提携し海外で病院事業」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。