タイ発自転車チューブ/古着からのバッグ

| コメント(0) | トラックバック(0)
エムフロント・リサイクルバッグ.jpg

 タイのメーカー、Triple-pim 社が製造しているアップサイクリングのバッグ・小物のブランド「TheRemaker(ザリメーカー)」の日本総代理である輸入品卸・小売業の株式会社エムフロント/M-front Co.,Ltd.(鹿児島県鹿屋市、代表取締役社長 前田昌文)は、6月1日より「TheRemaker(ザリメーカー)」の販売を楽天直営ショップ(ユーロサイクル)及び公式サイトからのオンライン販売、卸売にて始めた。「TheRemaker(ザリメーカー)」は、アップサイクリング(upcycling) のコンセプトで作られたバッグ・小物を製造しているブランドであることが最大の特長。アップサイクリング(upcycling)とは、不要になったものに手を加えることで、従来とは異なる新たな機能と美しさをもったものにつくりかえること。従来のリサイクルの多くが素材やデザインの劣化を伴うのに対し、より付加価値の高いものに生まれ変わらせることをいう。また、アップサイクリングとは、再利用するだけじゃない、新たな『価値』と『有用性』を生み出し蘇らせることをいう。

 
 「TheRemaker(ザリメーカー)」は約10年前にアップサイクリング(upcycling)のコンセプトで設立された。そして、このコンセプトでタイ国内だけでなく国際的な多くの賞を受けている。
 一つ一つの商品のデザインやそのスキルにアップサイクリング(upcycling)のコンセプトや情熱が見える。
 そのデザインは、初めに廃材の性質や形状、イメージなどを研究する事から始め、そして徐々に考えイメージして新しい製品が作られます。 そのためすべての製品がひとつひとつユニークなできあがりとなっている。
 今後、当社は日本でこのタイ発アップサイクリング・バッグとそのコンセプトも知ってもらいたいと考えている。
 <受賞歴>
2008年 SIIF2008ソウル国際イノベーションフェアー(韓国)銀賞
2009年 DIC2009 デザインイノベーションコンテスト(イノベーション オブ タイランド)銅賞
2010年 Wins 2010 ICFF ベストマテリアル エディター賞(ニューヨーク)SME TEE TAK(テレビ放送)2位
2011年 SME TEE TAKオブ ザ イヤー 3位 ベストイノベーション勝者(CBS イノベーターアワード2011)
2012年 デンマークアワード2012 ライフスタイル部門 デザインエクセレンス
    デンマークアワード2012 ファッション部門 デザインエクセレンス
    PM アワード2012 デザインエクセレンス
 <販売>
 公式サイト及び楽天ショップからのオンライン直販、ならびに小売店への卸売。
 <製品概要>
【商品種類】ツーリング用ショルダーバッグ、ビジネスバッグ、ハンドバッグ、IPADケース、財布、ベルト、小物入れ 等
【価格】約5,000 ~25,000円
【素材】古着、自転車やバイク等のタイヤのインナーチューブ
【衛生管理】インナーチューブは通常油やどろ・さびなどがついていますが、油汚れなどを出来る限り素材から取り除くための洗浄を繰り返し行っている。古着に関して、私たちは工業用クリーニング機器を使用し高温で洗浄し、確実にシミ・汚れや菌などを落とし、工業用の乾燥機も使って乾燥させている。
【裁断】弾力性のあるインナーチューブは裁断が困難であるため、シンプルなカッターを使用し手で注意深く裁断しており最高の品質を保証する。
【縫製】全ての小さな詳細にも注意を払うことで廃棄物を本物のLeatherにも負けない高品質なものに作り変えている。
 <今後の展開>
DESIGN TOKYO 
出展日時:平成26年7月9日(水)-11日(金)
会場:東京ビッグサイト
※TheRemaker Japan 公式サイト:★こちら
株式会社エムフロント

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/51743

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年6月 8日 13:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【広島】夏の特別企画「1 PERSON Free!」 」です。

次のブログ記事は「「第15回 新人お笑い尼崎大賞 落語の部」募集」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。