SAPアプリをモバイル化『Mobick』販売

| コメント(0) | トラックバック(0)

 株式会社クレスコ/CRESCO, LTD(東京都港区、代表取締役社長:根元 浩幸)およびクレスコ・イー・ソリューション株式会社/CRESCO e-Solution Co.,LTD.(東京都港区、代表取締役社長:谷口 義恵)は、SAP基幹業務をモバイル化し、業務効率を格段に向上させる新ソリューション『Mobick(モビック)』の販売を始める。今回発表したソリューションは、フロント技術にHTML5を採用し、マルチデバイス対応を実現している。モバイル化を容易にする開発ツールキットを用いた生産性の高いシステムインテグレーションを提供し、基幹業務を幅広く、強力にサポートする。本ソリューションは、SAP(R) CRM/SAP(R)ERP/SAP(R) PLM/SAP(R) SCMなどで構成されるSAPの主力製品「SAP(R)Business Suite」に対応しており、SAPを導入、あるいは検討されているユーザー様にとって、利便性の高いサービス内容となっている。

 
 価格は1業務単位で250万円から個別のお見積もりとなる。なお、本ソリューションは、2014年3月5日にSAP戦略ソリューション部門において「SAP(R) CRMオン・モバイル・ソリューション・アワード」を受賞したソリューション(※1)をベースに開発した。受賞したソリューションは、HTML5のフレームワークSAPUI5(※2)を利用したポータビリティ化手法に基づき、営業関係者が使用するSAP(R) CRM(顧客管理システム)をモバイル化したもの。
※1)受賞したソリューションに関する情報は「クレスコグループ、SAPアプリケーションをベースに開発したモバイルソリューションの提供開始」(2014年2月12日発信のクレスコPR情報):★こちら(PDF)
※「子会社のクレスコ・イー・ソリューション株式会社が“SAP AWARD OF EXCELLENCE 2014”を受賞」(2014年3月10日発信のクレスコPR情報):★こちら(PDF)
※2)SAPUI5とは、業務系アプリケーションに特化した機能豊富なUIコンポーネントを含んだHTML5ベースのフレームワーク。
 
■製造業での活用イメージ~倉庫内における製品の入・出荷や棚卸等の業務~
・専用ハンディターミナルシステムから汎用タブレットを利用したモバイルシステムに変更
・業務が機動的になり、生産性が格段に向上
 
■営業部門での活用イメージ~日常的な報告業務の処理、顧客情報の効率利用~
・外出先から営業日報作成、ワークフロー承認
・顧客訪問前の移動中に取引情報をチェック
※『Mobick(モビック)』の詳細は★こちら
クレスコ・イー・ソリューション株式会社
株式会社クレスコ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/52004

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年6月19日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3Dプリンティング情報ポータル“3DSHOUT”公開 」です。

次のブログ記事は「充電器向け小型/高速化 ダイオード新製品」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。