水拭きを自動で行うロボット「ブラーバ380j」発売

| コメント(0) | トラックバック(0)
セールスオンデマンド・ブラーバ.jpg

 アイロボット日本総代理店セールス・オンデマンド株式会社/Sales On Demand Corporation(東京都新宿区、代表取締役社長 室崎 肇)は、アイロボット社の 「ロボット掃除機アイロボット ルンバ」に続き、自動で床の拭き掃除を行う「床拭きロボット ブラーバ380j」を、2014年7月4日(金)よりアイロボットストア公式サイトで発売した。日本で発売される同製品は、本体のカラーがホワイトの日本仕様のオリジナルモデルとなる。本製品は、フローリングやタイルなどの硬い床を水拭き(ウェットモード)とから拭き(ドライモード)の2つのモードから選び、自動で清掃することができる床拭きロボット。これまで床の拭き掃除は体力的な負担や手間がかかることから敬遠されることが多かった家事のひとつだが、ブラーバならボタンひとつで、いつでも手軽に拭き掃除をすることが可能。

 
 特にウェットモードでは専用のクリーニングパッドに水を入れることで、広い部屋でも床面全体をしっかりと水拭き掃除をすることができ、普段の掃除ではとりきれなかった皮脂汚れや、食べこぼしのあと、掃除機の排気で巻き上がってしまうような花粉、ハウスダストも丁寧に拭きとる。また、「NorthStar(TM)(ノーススター)ナビゲーションシステム」の搭載により、ブラーバ自身が、正確な位置情報を把握することができるため、部屋中をくまなく動き、 拭き掃除に最適な清掃動作を実現した。
 セールス・オンデマンドでは、本製品を販売することにより、いつもの掃除に加え、手軽に水拭きを取り入れる新しい掃除のスタイルを提案し、生活をより豊かにする製品として需要の拡大を図るとしている。
 
■商品概要
品名:ブラーバ380j
カラー:ホワイト
アイロボット公式ストア価格:33,000円(税別)
販売チャネル:アイロボットストア公式サイト
発売日:2014年7月4日(金)
※ブラーバ380jの詳細は★こちらをご覧ください。
 
■ブラーバ380j の主な特長
・ウェット、ドライの2つの清掃モード
 ボタンひとつで水拭き、から拭きの2つのモードから選択することができ、フローリングやタイル、クッションフロアなど堅い床で使用できる。ただし、水拭きに適さない畳やカーペットなどに対応していない。
 <ウェットモード>
 ウェットモードは人がモップ掛けするように前後に動きながら移動する。付属のウェットクリーニングパッドのタンクに水を入れることでパッドから一定量の水が補給され、クロスが乾くことなく、しっかりと水拭きをする。いつもの掃除の後に使用していただくことで、より床をキレイに仕上げることができる。
 <ドライモード>
 ドライモードは直進しながら、障害物の場所でターンを繰り返し、平行移動しながら室内を清掃する。
クリーニングパッドにドライクロスを装着し、ブラーバ本体にセットする。またドライモードで使用するクリーニングパッドは、市販の使い捨てお掃除シートを装着して清掃することも できる。
・位置情報の正確な把握を可能にする「NorthStar(TM)(ノーススター)ナビゲーションシステム」搭載
 ブラーバに搭載されている各種センサーの働きで部屋の形状や家具の配置などを把握する。頭の中に地図を描くようにマッピングしながら、部屋全体、入り組んだ家具の間でも、床面を隅々までキレイにしてくれる。さらに、付属の「NorthStar(TM)キューブ」を部屋の中心のテーブルや棚などの高い位置に置くと、「NorthStar(TM)キューブ」から2点の赤外線のポイントが天井に照射され、そのポイントをブラーバ本体が受信する。その結果、まるでGPSのように、正確な位置情報の把握が可能になり、ブラーバ自身が部屋のどこを掃除しているか、次にどこを掃除すればよいかを判断する。またすべての掃除が完了したら、スタートした地点に戻る。ドライモードでは最大約56畳、ウェットモードでは最大約20畳の広さを清掃することができる。また、別売りのNorthStar(TM)キューブを1個追加することにより、最大約112畳まで清掃面積の拡大が可能。 ただし、ウェットモードではクロスの湿り気を確保するため、「NorthStar(TM)キューブ」を使用しても清掃可能面積は最大約20畳の範囲になる。
 <安心して任せられる機能>
・壁際まですっきりキレイに
 ハウスダストなどの軽いゴミが溜まりやすい壁際もしっかりお掃除する。
・段差を回避
 階段のように大きい段差を回避するセンサーを搭載している。またカーペットなどの小さい段差(高さ約3mm以上)も検知して回避する。
※特殊な環境下では段差センサーが正常に動作しない可能性があります。階段など落下に注意が必要な場所では必ず、障害物を設置するなどの予防策を実施してください。
・家具の下もらくらくキレイに
 幅30cm以上、高さ8cm以上あれば、ブラーバが入り込んで、お手入れしにくい場所までお掃除する。
・家具にもやさしい
 壁や家具を傷つけないバンパーを装備。優しく接触するので安心。
・コンパクトボディ
 小回りが利くコンパクトボディで、ダイニングチェアの脚周りなど狭い場所でも清掃することができる。
 <使う人に優しい設計>
・静かな運転音
 運転音は図書館内と同じレベルの静かさで、時間を気にせず使用することができる。
・エコロジー
 電気代は1時間あたり約0.5円とエコ設計です。
※単位電気代1kWh=27円。実際の使用方法や環境によって異なります。
 
■米国 アイロボット社について
 アイロボット社は、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)で最先端の人工知能研究を進めていた科学者3人によって1990年に創立されたロボット産業のリーディングカンパニー。以来、20年以上にわたり、世界のロボット業界を牽引している。研究者やエンジニアなど、ロボット工学におけるスペシャリストたちが所属する世界規模の企業として認められている。
 「人の命や尊厳に関わる3D = Dull, Dirty, Dangerous(退屈、不衛生、危険)な仕事から人々を解放する」という思想のもと、実用的なロボットを開発している。アイロボット社のロボットは人命救助やピラミッド発掘現場、海洋調査など、世界中で活躍している。
 アイロボット社が開発した<ロボット掃除機 ルンバ
 ルンバは「お部屋をくまなくキレイに掃除する」ことを目的に開発され、人間に代わって人間以上に丁寧に徹底的にお掃除をする。ルンバはアイロボット社独自のテクノロジー「iAdapt(R)(アイ・アダプト)」を搭載することにより、その場の状況を自ら判断して最適な行動パターンを計算し、同じポイントを平均4回通り、部屋中をくまなく掃除する。
 
■セールス・オンデマンド株式会社について
 セールス・オンデマンド株式会社は、2004年設立以来、米国アイロボット社の日本総代理店として「ロボット掃除機 ルンバ」の輸入・販売・サポートを行い、ルンバをベストセラー商品に育てあげた。また、2010年よりスウェーデンブルーエア社「ブルーエア空気清浄機」を、2014年6月からは米国ロモティブ社「エデュケーショナルロボット ロモ」の輸入販売にも事業を拡大。「新たな価値を創造し、人や社会に『これ、いい!』を提供する」を理念に掲げ、心豊かな社会づくりに貢献している。
※ iRobot、iRobotロゴ、アイロボット、 iAdapt、ルンバ、Braava、ブラーバ、NorthStarはiRobot社の登録商標または商標です。
セールス・オンデマンド株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/52375

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年7月 4日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『夏のくまフェス IN 蓼科テディベア美術館』開催」です。

次のブログ記事は「シリア危機:給水施設への攻撃停止を求める 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。