法人向けメッセンジャーアプリ 『BizTalk』販売開始

| コメント(0) | トラックバック(0)
日本エンター・ビズトーク.jpg

 日本エンタープライズ株式会社/Nihon Enterprise Co., Ltd.(東京都渋谷区、代表取締役社長:植田 勝典)は、企業のクローズドな環境でセキュアな リアルタイム通信を実現する、ビジネス専用メッセンジャーアプリ『BizTalk』を開発し、平成26年11月より販売を始める。メール流量が膨大化し、メールによる情報伝達の即時性が失われた昨今、スマートフォンを使った新たな情報伝達のツール として、未読・既読の状況を確認しながらリアルタイムにメッセージを送り合えるメッセンジャーアプリが急速に普及している。 アプリストア(※1)では、SNS連動型、IP電話機能付、エンターテインメント性に優れたアプリなど多様なメッセンジャーアプリが公開され、スマートフォンユーザであれば誰もが気軽に無料でアプリを利用できる環境が整った。

 
 メッセンジャーアプリの使用が日常化する中で、企業内には日々の業務連絡にアプリを使う従業員も増えてきた。「1対1のチャットに加えて、複数人数でのフラットな情報共有」を可能とし、「即時性」、「未読・既読表示による伝達の着実性」、「短い 文章で伝える効率性」に優れたメッセンジャーアプリは、業務での利用においても有用なツールとなる。 一方で、企業の情報セキュリティ管理者の管理外で、従業員が一般に公開された無料のメッセンジャーアプリを使用して いるような場合、情報漏えい、盗聴、ウィルス感染など、企業にとって極めて深刻なリスクが潜んでいる。
 『BizTalk』は、メッセンジャーアプリが持つ利便性はそのままに、こうしたリスクを回避する堅牢なセキュリティを施した業務用ソリューション。組織に安全で円滑なコミュニケーションをもたらし、業務効率を向上させる、以下の機能を備えている。 また、「クラウド」、「オンプレミス」(※3)の2タイプを用意しており、20ユーザ月額4,000円から導入いただける。
 
■基本機能
チャット機能…許可されたユーザ間でのチャット
グループ会議機能…ユーザが設定したグループメンバー間でのチャット
メッセージスタンプ機能…「連絡下さい」、「お疲れ様です」等、業務で使う定型文のスタンプを収録
画像送信機能…出張先や現場で撮影した写真などの送受信
通話機能…ユーザ間の無料IP通話
手書きメモ作成&送信機能…端末ディスプレイ上に手書きで描いた図や文字をリアルタイムに送受信
【セキュリティ機能】
・SSL暗号化通信による堅牢なセキュリティを実現
・企業のセキュリティポリシーに合わせた設定が可能
・メッセージの送受信を管理者が許可したユーザに限定
・管理者によるユーザの登録・権限付与・削除、利用停止等の一元管理が可能
・「パスワード・ロック機能」により端末使用を制限
(※一部開発中の機能を含みます)
※ 記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。
※1)「Google Play」、「App Store」など
※2)データを暗号化して送受信するプ通信手順の一つ。
※3)「クラウド」はデータセンター内のサーバやネットワークを使用し、「オンプレミス」は導入企業のサーバやネットワーク機器上でシステムを稼動
日本エンタープライズ株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/55168

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年10月29日 11:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「DDoS攻撃検知とミティゲーション時間を大幅に短縮 」です。

次のブログ記事は「肉の万世×スリーエフ コラボコンビニオープン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。