MMD研調べ、シニア層のスマートフォン利用

| コメント(0) | トラックバック(0)

 MMD研究所/MMD LABO.は、2014年9月19日~9月21日にかけてシニア(60歳以上)2,020人を対象に「2014年シニア層のスマートフォンに関する調査」を実施した。所有している端末の購入時期、次回購入する携帯電話端末について調査している。それによると、シニア層(60歳以上)のスマートフォン所有率は27.6%、昨年より4.4%増加している。スマートフォンを所有しているシニアの77.9%がスマートフォンを購入すると回答、フィーチャーフォンを所有しているシニアの23.7%がスマートフォンを購入すると回答している。

 
■シニア層(60歳以上)のスマートフォン所有率は27.6%、昨年より4.4%増加
 携帯電話端末を所有しているシニア(N=2,020)を対象にスマートフォンの所有について聞いたところ、スマートフォンを所有しているシニアは27.6%だった。2013年9月に行った同様の調査では、スマートフォンの所有率は23.2%で4.4%増加していることがわかった。
 
■スマートフォンを所有しているシニアの77.9%がスマートフォンを購入すると回答
 フィーチャーフォンを所有しているシニアの23.7%がスマートフォンを購入すると回答
 スマートフォンを所有しているシニア(N=557)を対象に、新しい携帯電話端末を購入するならどの端末を選ぶかという質問をしたところ、「スマートフォン(65.0%)」「シニア向けスマートフォン(7.2%)」「格安スマートフォン(5.7%)」と合わせて77.9%の人がスマートフォンを購入すると回答した。
 同様の質問をフィーチャーフォンユーザー(N=1,463)にしたところ、「スマートフォン(9.7%)」「シニア向けスマートフォン(10.3%)」「格安スマートフォン(3.7%)」と合わせて23.7%の人が次は「スマートフォン」を購入すると回答した。
 続いて、フィーチャーフォンを購入すると回答したシニア(N=738)を対象に、フィーチャーフォンを選ぶ理由を聞いたところ、最も多かった回答は「通話・メール以外の機能を使わないから」が58.9%、「月額料金が安いから」が55.7%、「操作が簡単だから」が38.3%となっている。
 
■調査概要
・調査期間 … 2014年9月19日~9月21日(3日間)
・有効回答 … 2,020人
※今回調査した全設問項目
・ あなたがお持ちのフィーチャーフォン・スマートフォンを教えてください。
・ 現在所有しているフィーチャーフォン・スマートフォンの購入時期を教えてください。
・ 次に新しい携帯電話端末を購入するなら、次のうちどれを選びますか?
・ フィーチャーフォンを選んだ理由を教えてください。
※詳細ページ:★こちら
MMD研究所

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/54855

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年10月16日 11:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「調達支援システムのクラウドサービス提供開始」です。

次のブログ記事は「『すしいち!第2巻』江戸前握り寿司体験フェア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。