アフリカ・マラウイ共和国でチャリティーサッカー大会

| コメント(0) | トラックバック(0)
ビィ・フォワード・チャリティサッカー.jpg

 中古車輸出販売世界一を目指す株式会社ビィ・フォアード/BE FORWARD CO.,LTD.(東京都調布市 代表取締役:山川博功)は、アフリカのマラウイ共和国で、2014年9月26日(金)、27日(土)の2日間にわたり、同国のプロサッカーチームによるチャリティーサッカー大会を開催した。同社は、アフリカのマラウイ共和国の首都リロングエのシヴォ・スタジアムで、現地時間2014年9月26日(金)、27日(土)の2日間にわたり、同国のプロサッカーチーム4チームによるチャリティーサッカーマッチ『ビィ・フォアードカップ』を開催した。マラウイ政府の協力のもと、マラウイスーパーリーグに所属する人気チーム、ビッグ・ブレッツ、マイティー・ワンダラーズ、シルバー・ストライカーズ、EPACの4チームが参加したツーデイズトーナメントは、シルバー・ストライカーズの優勝で幕を閉じ、優勝賞金と優勝カップ「BE FORWARD CUP」が贈られた。

 
 この催しは、日本とマラウイの友好親善を目的とし、両国で人気のあるサッカーを通じて、両国のさらなる関係強化と永続的な友好関係を築くことを目的に、ルーベン・ングウェンヤ駐日マラウイ共和国特命全権大使をはじめ、マラウイ政府の協力のもと開催された。また、大会賞金とレック社(レック株式会社/LEC,INC.(東京都中央区 代表取締役社長:永守貴樹)の家庭用品31,000点、本大会でも公式球として使用された同社オリジナルサッカーボール100個、オリジナルTシャツ1,000枚、オリジナルキャップ1,000個を民間国際支援として、同国の外務・国際協力省、保健省を通じて病院や学校に寄贈した。
 今回の寄贈が、マラウイの人々の生活改善と福祉向上に役立てられ、両国の友好協力関係のますますの増進に役立つことを期待している。そして、今後もこのようなCSR活動を通じて、経済、文化の両面での、日本と世界の国々の交流の橋渡しになれるよう支援活動を積極的に行っていくとしている。
 
■開催概要
大会名:日本マラウイ友好親善ビィ・フォアードチャリティーマッチ「ビィ・フォアード カップ」
主催:株式会社ビィ・フォアード、マラウイサッカー連盟
後援:駐日マラウイ共和国大使館、マラウイ共和国外務・国際協力省、マラウイ共和国保健省
協力:レック株式会社
参加チーム:ビッグ・ブレッツ(ブランタイヤ)、マイティー・ワンラダーズ(ブランタイヤ)、シルバー・ストライカーズ(リロングエ)、EPAC(リロングエ)
開催日:2014年9月26日(金)、27日(土)
開催地:シヴォ・スタジアム(マラウイ・リロングエ市)
株式会社ビィ・フォアード

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/54715

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年10月10日 15:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「愛知県東海市へ『トマトジュースがでる“蛇口”』寄贈」です。

次のブログ記事は「「ゆる鉄」中井 精也さんを招いてメッセージライブ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。