金属アレルギーにならない結婚指輪を福岡で出展

| コメント(0) | トラックバック(0)
東京ダイヤ・金属アレルギー.jpg

 オーダーメイドの結婚指輪を扱う東京ダイヤモンド株式会社/Tokyo Diamond,Corporation.(東京都渋谷区、代表 廣瀬一京)は、金属アレルギーにならない結婚指輪の新作を、福岡のセレクトショップ・minority rev(マイノリティ レッブ)に出展した。東京ダイヤモンドでは、金属アレルギーの心配のない素材として、稀少金属であるハフニウムやタンタルを用いた指輪の受注生産を行っている。これらの素材の取り扱いが日本唯一ということもあり、日本全国から、さらには国外からの注文も増えている。今回、新作として発表したのは、ニオブという稀少金属と、バナジウムという稀少金属の指輪。ニオブ、バナジウムはともに、日常の環境では貴金属よりも腐食に強く、装身具として金属アレルギーの心配もない。また、それぞれ特徴的な風合いを持っている。

 
■ニオブ:元素記号Nb
 ニオブは、タンタルと同じ、V族の金属で、タンタルとほぼ同じ性質を持つ金属。色はタンタルよりも白い。工業的には、ニオブとチタンの金属間化合物がマイナス263℃で超伝導の性質を発現するほか、高機能の鉄鋼材料に添加されて耐熱性や高温状態での機械的強度を保つ性質を持つなど、優れた材料でもある。
多結晶ダイヤモンドを合成するためのルツボとして用いられたりもする。
 
■バナジウム:元素記号V
 バナジウムも、タンタル、ニオブと同じくV族の金属で、性質としてもタンタル、ニオブと似ている。強固で安定した不動態膜を形成するので金属アレルギーの心配もない。青みが強い、深い黒色の金属色も特徴的。触媒や、鉄鋼材料の高機能化など工業用途としての価値が大きい金属。
 東京・恵比寿のハワイアンジュエリー専門店、PuaAllyとコラボレーションによって、ニオブ、バナジウムがハワイアンジュエリーとして実現。福岡のセレクトショップ・minority rev(マイノリティ レッブ)に出展し、九州の方に手に取ってご覧いただける機会を設けている。展示は2015年内いっぱいの予定。
 
■東京ダイヤモンド株式会社とは
 代表・廣瀬一京が、独自に進めてきた金属研究をもとにして立ち上げた、結婚指輪専門のジュエリーブランド。金属アレルギーにならないレアメタル素材の結婚指輪を受注生産しており、金属アレルギーに悩むカップルたちに広まっている。工房は、渋谷区代官山にある。
【店舗情報】
minority rev hirao
所在地:〒810-0014 福岡市中央区平尾2-19-35
営業時間:12:00~20:00 年末年始を除き無休
※地図:★こちら
東京ダイヤモンド株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/54885

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年10月17日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「低価格で高性能の家庭用3Dプリンター」です。

次のブログ記事は「使える!伝わる!敬語と言葉づかい マナーの便利帖」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。