「アクツナミシェルター」特許を取得

| コメント(0) | トラックバック(0)
アクツナミシェルター・特許.jpg

 アクツナミシェルター開発プロジェクト(さいたま市、代表:阿久津 一郎)は、このたび、津波発生時の緊急避難用装置「アクツナミシェルター」を開発し、特許を取得した。本装置は、家庭から企業、また学校や福祉施設など様々な方のニーズに合わせて製造する。「アクツナミシェルター」とは、災害などの緊急時に、人身や貴重な財産を避難させることができ、また津波到来時には浮遊して、人命的被害、物的被害を最小限に留めるための緊急避難用装置(防災カプセル)。代表の阿久津氏が、東日本大震災で船が民家に打ち上げられた光景を目の当たりにし、津波到来時に、迅速で安全に避難できる手段が必要だと考えて本装置を開発した。

 
■アクツナミシェルター5つの特長
(1) 流されても元の場所に戻る
 シェルターが支柱に貫かれており、水位に応じて上下動して水に浮かぶ。さらに、より高い支柱にワイヤ接続されており、大きな津波が来た際に流されても、元の安全な場所に戻ることができる。
(2) 漂流物を避ける
 大きな津波が来た際に想定される大型漂流物を、ワイヤを伝って動くことで避けることができる。
(3) 衝撃に強い
 シェルターの形は、衝撃に強い円型。また上下動によっても衝撃を緩和することができる。
(4) 避難し易い
 庭先など空きスペースに設置でき、高所に登ることが困難な体の弱い方も、迅速に避難できる。
(5) 平時に有効活用可能
 シェルター内は広く、家庭では離れの一室として、企業では会議室・倉庫として利用可能。
 
■今後の展望
 現在、特許を取得した段階だが、実績ある津波シェルターメーカーと生産・販売提携し、関東・中部地方など近くに震災の懸念のある地域を中心に国内、日本と同じく震災が多発する東南アジアを中心とした海外での普及を目指す。
アクツナミシェルター開発プロジェクト

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/54904

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年10月18日 11:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「MEMSセンサの累積出荷数が50億個を突破 」です。

次のブログ記事は「【日暮里】三陸カキ小屋チェーン 東京に1号店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。