鳥取県が移住・定住PRイベントを初開催

| コメント(0) | トラックバック(0)
鳥取県・田舎暮らし.jpg

 鳥取県/TOTTORI Prefacture.は、県内で活動する劇団「特定非営利活動法人 鳥の劇場」と協力し、鳥取県への移住・定住についてPRするイベント『とうきょうの真ん中で“地方暮らし”を考える~とっとりの場合~』を、10月18日(土)と19日(日)の二日間、首都圏で初めて開催する。2007年より移住定住促進に力を入れている鳥取県では、2011年度から4年間で県外から2000人の移住者受入を目標に「移住2000人達成事業」を実施している。県外での移住相談会や、移住先の市町村の環境整備を積極的に行った結果、今年3月には、県外からの移住者数が2172人となり、1年早く受入目標を達成している。今回のイベントは、この「移住2000人達成事業」の一環で、更なる移住定住の促進を目的に、20代~40代の子育て世代の方や女性に向け、地方暮らしを提案するもの。画像:田舎暮らし体験の様子

 
 イベントでは「鳥取での子育て、暮らしの魅力」をテーマに、実際にUターンやIターンをし、県内で活躍されている漁師やデザイナーなど、多彩な職業の方々によるトークセッションを行う。また「鳥の劇場」によるファミリー向けの演劇も上演する。この他、会場には移住相談の対応を行う相談ブースを設置し、鳥取県での地方暮らしを考え、魅力に触れることができるイベントとなっている。10月18日(土)には平井伸治知事による挨拶も予定している。
※詳細は、イベントHP:★こちら
 
■開催概要
日時10月18日(土)・19日(日)11:00~16:30
場所:アーツ千代田3331(東京都千代田区外神田6丁目11-14)
料金:全プログラム入場無料・予約不要
内容:
・鳥取県へのIターン・Uターン経験者などによるトークセッション
・「鳥の劇場」による演劇上演 演目:「アナンシと5」「どろぼうがっこう」
・「鳥の劇場」所属俳優による読み聞かせ
・イラストレーターClaraによるファミリー似顔絵コーナー
・移住定住サポートセンターの相談ブース設置
・鳥取県ならではの物品販売
主催:鳥取県/特定非営利活動法人鳥の劇場
【イベントHP】
※鳥取県とっとり暮らし支援課★こちら
※公式facebookページ:★こちら
鳥の劇場
鳥取県

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/54697

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年10月 9日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「テディベア生誕112周年記念イベント開催」です。

次のブログ記事は「緊急編成 池上彰がノーベル賞:中村修二に迫る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。