ストラタシス社製 3DプリンタObjet500 Connex1など販売

| コメント(0) | トラックバック(0)
アイグローバル・3Dプリンター.jpg

 アイグローバル株式会社/iGLOBAL Co., Ltd.(千葉市中央区、代表取締役:山崎良輝)はStratasysy社製3Dプリンタの販売代理店として、3Dプリンタ Objet500 Connex1及びConnex2の販売を始めた。Stratasys 3D Printer Objet500 Connex1及びConnex2は、トリプル・ジェッティング・テクノロジーにより、最大で3種類のベース樹脂をシングルジョブでプリントすることが可能な3Dプリンタ。Objet500 Connex2の特徴は、ベース樹脂をさまざまなデジタルマテリアルとしてブレンドすることが可能であり、マルチマテリアル3Dプリントを次のレベルに引き上げる。100を超えるデジタルマテリアル・オプション、さらに、同時に3種類のモデル材を使用し、造形中に樹脂交換が可能なホットスワップ機能も搭載。Objet500 Connex2は、生産環境をデジタル化し、ワークフローの効率を最大化する。

 
■デジタルマテリアル:
 デジタルABSなどの特別に設計された複合マテリアルのオプションにより、幅広い精密なマテリアル特性を兼ね備えた3D プリントが可能。
 
■Objet500 Connex1の特徴
 ミックストレイまたは単一パーツに3種のベース樹脂をシングルジョブで同時に使用することが可能。複数のマテリアルを使用した造形でも、アセンブリをする必要はありません。
 
■その他の共通の特徴
・造形サイズ
 最大で幅490mm、奥行き390mm、高さ200mmの造形が可能。高さ方向の積層ピッチは16ミクロンと非常に薄いため高精細なモデルを造形することが可能。(HQモード)
・硬質不透明マテリアル:
 チェックゲージや組立用治具などの、精密で正確なツールの構築や、精巧な精巧なプロトタイプモデル作成にに最適です。複雑な形状の場合は、他の材料と組み合わせて造形することもできる。
・透明マテリアル:
 透明なモデル、または内部が不透明で外観が透明なモデルなど、透明と不透明の組み合わせで、幅広い半透明色に対応している。
・ゴムライク:
 柔らかく滑りにくいサーフェイスで、モデルおよび高度なプロトタイプにいくつもの柔軟性を兼ね備えたディテールを追加することが可能。
・特殊マテリアル:
 生体適合性マテリアルでカスタム医療装置や研究補助器具を造形することが可能。また、高温の液体や熱流で使用することができる高耐熱性マテリアルも選択可能。ポリプロピレンライク樹脂にも対応しており、高度なプロトタイピングが実現可能。
販売開始日 2014年11月17日
※製品情報ページ:★こちら
アイグローバル株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/55765

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年11月24日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「太陽光蓄電システムと商用電源の自動切替器 発売」です。

次のブログ記事は「データセンター1W当たり性能を最大25倍に向上」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。