リンゴを割らずに“蜜あり”を100%判定「みつライト」

| コメント(0) | トラックバック(0)
みつライト.jpg

 工業用特殊洗剤や農家のサポートとなる独自製品の開発・製造などを手がける有限会社天童化成(山形県天童市、代表:滝口 好)は、リンゴの中心部にある甘い“蜜”が入っているかどうかを、リンゴを割らずにして一瞬で判別できる新製品「みつライト」を2014年9月25日、販売を始めた。これまでは、多くのリンゴの生産農家で、「リンゴの底部が赤いから」などのあいまいな判別方法で“蜜入り”リンゴを生産していることが多かったが、この方法だと正解率が低く結果も安定しないため、自信をもって“蜜入り=甘い”とアピールして販売できず、かねてより生産者たちの悩みの種になっていた。そこで同社では、割らずに“蜜あり”を100%判別できる新製品を、約3年かけて開発。さっそく同商品を購入した農家の中には、「蜜入り」の表示シールをリンゴに貼って、販売し始めたところもあり、地元のテレビ番組などでも取り上げられている。画像:http://www.atpress.ne.jp/releases/53869/img_53869_1.jpg右が“蜜”が入ったリンゴ、左が入っていないリンゴ。蜜が入ったものは透き通って見える。

 
■製品概要
製品名:「みつライト」
価格:1台 8,300円(税抜)
概要:リンゴを同製品に乗せて、スイッチを押すと、一瞬でリンゴの中に“蜜”が入っているかどうかを判別できるリンゴの“蜜”感知器。ライトの光を感知器内で反射させ、一点に集中させた光でリンゴを照射する仕組み。どんな種類のリンゴにも使えるが、特に「ふじリンゴ」におすすめ。
販売先:電話 023-653-8476(平日9時~18時)
 
■特許、実用新案、意匠登録など取得製品一覧
 同社では全国の農家さんをサポートする特殊製品を多数販売している。*年月は取得年月。
・H26年5月「みつライト」(リンゴの蜜の判別機器)(1499177号)
・H26年4月「楽一フード」(サクランボ用機 蓋詰め具)(1496412号)
・H25年1月「ハートカップル」(サクランボ入れ容器)(5591764号)
・H22年6月「ルーレット」(サクランボの選別機械)(3162470号)
・H20年7月「自動早わけくん」(サクランボ選果器)(3148789号)
・H19年5月「早わけくん」(サクランボの選別作業台)(3134015号)
・H14年6月「サクランボ詰め治具」(サクランボの実を数秒で一定方向に簡単に並べ揃える機器)(4033721号)
ご注文先:天童化成:電話 023-653-8476(代)
*都内で製品を実際にご覧になりたい方は以下までご連絡ください。予約制となっております。
お問い合わせEメール:info[アット@に変換]greencreate.jp

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/55815

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年11月26日 11:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「レーザ回折式粒度分布測定でリアルタイム画像」です。

次のブログ記事は「豚骨一燈沖縄あしびなー店 人気つけ麺 提供」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。