【大宮】旧出雲会館跡地に大型の結婚式場開業

| コメント(0) | トラックバック(0)
旧出雲会館跡地に大型の結婚式場開業.jpg

 ウエディングプロデュース・レストラン運営の株式会社ノバレーゼ/NOVARESE, Inc.(東京都中央区、浅田剛治社長)は、埼玉県大宮駅から徒歩10分の結婚式場「ザ・ロイヤルダイナスティ」を更地にし、新たに地上4階建て延床面積約2100m2の大型の結婚式場を、2014年11月1日(土)に開業した。名称は「ザ・ロイヤルダイナスティ」を継承している。新規開業する「ザ・ロイヤルダイナスティ」は同社が本州で運営する式場のなかで、延べ床面積が最も広い大型店舗。館内には120人と102人を収容する2つの披露宴会場とチャペル、神殿、ドレスショップなどを設ける。全館バリアフリーで、参列者のお子さまに配慮し各バンケット近くに授乳室を設けるなど、昨今の式場に求められる最新鋭の設備を施している。

 
■元々は地元で親しまれた旧出雲会館跡地
 「ザ・ロイヤルダイナスティ」はもともと、地元で約40年間愛された婚礼式場「出雲会館」を同社が、外観はそのままに内装を和モダンな空間に改装し、2004年9月に同名の「ザ・ロイヤルダイナスティ」として開業した。
 歴史ある外観と最先端の和モダンな内装デザインが評判で、改装後1年で挙式組数約2.2倍、売上約3倍まで引き上げるなど、人気を博した。
 この度、再生から10年の節目に、変わりゆく新郎新婦の嗜好に合わせて、新規建物として開業した。建物には大宮の歴史を感じさせる、50年前から続く出雲大社の分社である神殿(1F、着席40人収容)を残し、街に残る文化も継承する。
 
■天井高約7mの会場、列席者の頭上から新郎新婦入場
 披露宴会場は着席で102人収容(約203m2、1F)できるDINER(ダイナー)と120人収容(約237m2、2F)出来るJADE(ジェイド)の2つ。JADEは吹き抜け構造(3階・4階)で、天井高は7mと高く、開放的で広い空間となっている。会場内には大階段を設けており、新郎新婦が列席者の頭上から入場する演出も可能。230インチの巨大スクリーンを設置しており、昨今流行のビデオ演出を迫力ある大画面で楽しめる。
 DINERは式場では珍しいオープンキッチンを採用しており、料理人が調理する臨場感あるパフォーマンスもお楽しみいただける。
 JADEは壁のモチーフやダークな色調が特徴のオリエンタルなデザインで、DINERは暖かみのあるウッドの使用が特徴のナチュラルなデザインと区別しており、新郎新婦の好みでお選びいただく。
 
■浮かび上がる十字架が特徴のチャペル
 チャペルは四方を純白色にしたクラシックな内装。高さ7mと高い天井には光沢のあるブロンズ色の鉄製のアーチを架け、荘厳な空間を演出する。祭壇越しの曇りガラスは裏から照らすLEDライトで十字架が浮かび上がるような幻想的なデザイン。着席は最大90人の大型挙式に対応する。
株式会社ノバレーゼ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/55269

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年11月 2日 16:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「70歳限定ひとり旅・古希のお祝い旅」発売 」です。

次のブログ記事は「「信州須坂 蔵造りの町家」岡崎格朗/玉水新吾著」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。