高橋尚子さん大会アンバサダーに就任

| コメント(0) | トラックバック(0)
グアムマラソン.jpg

 2015年4月12日(日)にグアムで開催される「グアムインターナショナルマラソン2015」の開催概要が決定し個人エントリーを現在受付中。そして、大会アンバサダーにシドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子さんが就任。今後グアムというリゾート地で行われるランの魅力をプロの目線で高橋尚子さんからより広くご紹介していただく。就任にあたり高橋尚子さんからコメントをいただいた。

  
■大会アンバサダーの高橋尚子さんからメッセージ!
 「この度グアムインターナショナルマラソンの大会アンバサダーに就任した高橋尚子です。日本からわずか3時間半のグアムは、綺麗な海、太陽の陽射し、温かい人たちに癒される最高のリゾート地です。そこで開催されるグアムインターナショナルマラソンは、フル、ハーフ、10キロ、5キロとランナーの皆さんそれぞれのレベルに応じて楽しむことができる大会です。フルマラソンでタイムにチャレンジする人も、昇る朝日を浴びながらゆっくりランを楽しむ人も、ご家族連れの方にもおすすめです!!走り終えた後も時間がたっぷりあるので、観光、グルメ、海水浴にお買いもの…自分なりのプランでグアムを満喫することができます。是非ともこの機会を逃さずに、皆さんのご参加をお待ちしております!!」
 
■高橋尚子さんの大会アンバサダーとしての活動予定
・2015年4月10日、11日に行われる現地グアムで行われるイベント「GIM EXPO」に出演
・「グアムインターナショナルマラソン2015」スターター
・ゴール地点でランナーのお出迎え
 その他グアムインターナショナルマラソンの各種PR活動などにご協力いただく。
 
■高橋尚子(たかはし・なおこ)プロフィール
スポーツキャスター、マラソン解説者
1972年5月6日生まれ、岐阜県出身
 中学から本格的に陸上競技を始め、岐阜県立岐阜商業高等学校、大阪学院大学を経て実業団へ。1998年名古屋国際女子マラソンで初優勝、以来マラソン6連勝。2000年シドニー五輪金メダルを獲得し、同年国民栄誉賞受賞。2001年ベルリンでは女性として初めて2時間20分を切る世界記録(当時)を樹立する。2008年10月に現役引退を発表。公益財団法人日本陸上競技連盟 理事、公益財団法人日本オリンピック委員会 理事に就任。その他「高橋尚子のスマイル アフリカ プロジェクト」や環境活動、スポーツキャスター、JICAオフィシャルサポーターなどで活躍中。
 
■「グアムインターナショナルマラソン2015」開催概要
開催日:2015年4月12日(日)
申込期間:2014年7月24日(木)~2015年3月31日(火)23:59
開催地:海外 グアム
種目:フル、ハーフ、10キロ、5キロ
主催:グアムスポーツイベント Inc.(NPO団体)
協賛:パシフィックアイランドクラブグアム、ユナイテッド航空ほか
後援:グアム政府観光局
★こちら
 
■申込及び料金:随時受付中です。申込に関することは★こちらをご覧ください。
 
■ツアー情報:
 「グアムインターナショナルマラソン2015」では各旅行会社様に「公認ツアー」としてご登録いただいております。
★こちら
 
■第3回を迎えるIAAF公認本格フルマラソン
 グアムインターナショナルマラソンは、2013年4月にグアムで初めての本格的なIAAF(国際陸上競技連盟/International Association of Athletics Federations)公認のマラソンレースとして、グアム政府観光局の後援のもと、グアム政府関係機関や地元住民の皆様の多大な協力を賜り第1回大会を開催。地元グアムのみならず、日本全国各地およびアジア諸国から約2,200名のランナーにご参加いただいた。2014年は2,910名のランナーが集結し、日本からは1,000名を超えるランナーにご参加いただいた。
 当イベントはグアムの自然やホスピタリティーにあふれるグアムの人々の“Hafa Adai(チャモロ語でこんにちわの意味)”スピリットにふれあう場を提供するだけでなく、世界各地のマラソンレースへの足がかりとしてもらい、グアムを代表するランニングイベントになることを目指している。
 グアムインターナショナルマラソンは、収益金の一部を島の美化運動に役立てると共に将来グアムの旅行業で働くことを目指す若者たちの組織、Tourism Education Councilに寄付され、グアムの観光業の将来を担う若者のために役立てられる。また、この大会は、環境にやさしいイベントとしてリサイクル活動にも積極的に関わっている。
 
■グアムインターナショナルマラソンの魅力
 <Destination>
 日本から3.5時間という近さ。最短3日間でご参加可能。さらに時差の心配もなし。
 <Races>
 フル・ハーフ・10キロ、5キロとレベルに合わせて参加可能。
 <Resort>
 マラソン以外にもリゾートならではのツアーやグルメを満喫。
 <Program>
 無料バス送迎、コース下見など、多彩なプログラムがいっぱい。
 <Hospitality>
 事前のお申込から、当日のゼッケンお渡しまで日本人スタッフが対応
 <Enjoy>
 海沿いのコース、昇る朝日、沿道の応援を楽しんで走りましょう
 
■「グアムインターナショナルマラソン2014」参加者データ
参加人数:2,910名(前年比 136.2%)
競技別参加者数:マラソン/620名、ハーフマラソン/675名、10キロラン/714名、5キロラン/901名
優勝タイム:マラソン2:38:07(男/2:38:07 女/3:04:44)、ハーフマラソン1:09:29(男/1:09:29 女/1:37:25)、10キロラン0:35:22(男/0:35:22 女/0:38:42)、5キロラン0:17:49(男/0:17:49 女/0:21:48)
参加国:グアム、日本、韓国、米国、香港、台湾、北マリアナ、フィリピン、オーストラリア、オランダ、アイルランド、デンマーク
日本人参加者:1,010名(マラソン/394名、ハーフマラソン/262名、10キロラン/205名、5キロラン/149名)
日本人参加男女別:男/606名 女/404名
日本人参加者平均年齢:42.46歳(全競技合計)

■大会に関するお問い合わせ先
グアムインターナショナルマラソン日本事務局
TEL:03-6891-9353 平日10:00~17:00(土・日・祝日は休み)
FAX:03-6891-9412
mail:info[アット@に変換]guaminternationalmarathon.jp

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/55385

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年11月 7日 13:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【大阪】北摂初、吹田市にカキ小屋オープン」です。

次のブログ記事は「【109シネマズ】『エクソダス:神と王』公開決定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。