マオリ伝統の翡翠お守りペンダント/バングル新デザイン

| コメント(0) | トラックバック(0)
メイコズ・翡翠.jpg

 ニュージーランドのジェイド(※1)トップブランドMountain Jadeの日本輸入総代理店及び、ケニアのフェアトレードブランドAcacia Creationsの日本正規代理店を手掛けるメイコズ/MEICO'S JADE(埼玉県狭山市、代表:磯田 五月)は、“ニューデザイン”のマオリ(※2)伝統の翡翠お守りペンダントを、2014年11月6日に発売した。また、これまで販売してきた伝統的デザインのペンダントに加えて、日本で人気のある翡翠バングルや、ゴールドプレート仕様のネックレス、著名なアニメ映画にも登場する“こだま”のモデルになったマオリの神様TIKIもなども取り扱いを始めた。

 
 先の見えない不安定な世相を反映し、願いをかなえるパワーのある物や身を守る物を求める人が増えており、日本では天然石ブームが到来している。中でも翡翠は癒し効果が高く、邪気を払い、調和をもたらす石として古来から日本でも愛好されている。この製品は、日本では未だあまり流通していない新しいタイプの天然石アクセサリーのため話題性がある。また品質も高く、マオリの強い願いが込められた伝統的な形をしていることから高いパワーが感じられる。ニュージーランドではお守りとして大切な人に贈る習慣がある、人気のペンダントであり、日本でも多くの人々のニーズにかなう可能性のある製品。
※マオリ伝統の翡翠お守りペンダント:★こちら
 
■新入荷商品
左:マオリの斧TOKI(強さ・自信・勝利) 10,800円
右:マオリの神様TIKI(和平・絆の証)  7,776円
ブラックコード 36/1 翡翠ブレスレット  5,400円
翡翠ビーズ 8mm玉 ブレスレット      4,536円
ブラックコード 翡翠ブレスレット     7,020円
ゴールドプレート 翡翠ネックレス    各9,180円
※全て税込価格
 
■製品の概要
 奇跡の石といわれるマオリの貴重な翡翠に伝統の芸術的カービングが施されているお守りペンダント。マオリは翡翠を身に着けて戦いに行くと生還率が上がったことから、翡翠を奇跡の石と呼び、一族の生命と財産を守る石として大変貴重なものとして扱った。また民族間のとこしえの平和協定を結ぶ信頼の証として、これを贈り合った。
 マオリ伝統のカービングにはそれぞれ意味が込められおり、成長・再生・調和(渦巻き型のコル)・繁栄・健康・成功(フック)・永遠の絆・愛・友情(ツイスト)・自然パワーの調和・超自然的パワー(マナイア)などがある。この伝統的パワーを秘めたペンダントは人から贈られるほど、また永く身に着けるほどパワーが増していくと言われている。
 輸入元であるMountain Jadeはマオリ継承の地、北島のロトルアに本社を置き、厳選された高品質な翡翠、芸術的デザイン、優れたカービング技術を有するマオリジェイド製品トップブランドメーカーとして、ニュージーランド国内では広く知られている。
 <3つの特徴>
1:ニュージーランドのジェイドトップブランドの高品質な翡翠
2:マオリ伝統の芸術的デザインと優れたカービング
3:願いを叶え、身を守るお守りとして贈るパワーストーンペンダント
 
 今後、ラグビー試合の前に行われる力強い儀式ハカで有名なマオリの伝統のペンダントであるため、女性のみならず男性にも好まれると予測される。またファッショナブルな、あるいはフォーマルな装いにも合わせられるようチェーンタイプの制作も始めている。チェーンタイプは現段階では少数限定販売だが、今後本格的に展開していく予定。
※1)ジェイド:英語で翡翠の総称のこと。特にニュージーランドではマオリのグリーンストーンを指す。
※2)マオリ:ニュージーランドにイギリス人が入植する前から住んでいた民族。身体にタトウーを施し、気迫のある伝統儀式ハカを踊る戦いの民族として知られている。
メイコズ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/55465

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年11月10日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「映画「奇跡のりんご」木村秋則さんの自然栽培を支援」です。

次のブログ記事は「シリア:ダマスカス東部 小学校に攻撃 子ども11名死亡」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。