組込みシステム向けの最新ソリューションを出展

| コメント(0) | トラックバック(0)

 STマイクロエレクトロニクス/STMicroelectronics(ST、NYSE:STM)は、Embedded Technology 2014において、組込みシステム向けの最新ソリューションを出展する。STは、組込みシステムの主要コンポーネントを網羅する包括的な製品ポートフォリオにより、ロボットやIoT(Internet of Things)をはじめとする新たな応用分野から、これまで以上の高機能化・小型化・低消費電力化が要求される既存分野まで、幅広くサポートしていくとしている。

 
■STブースで紹介する主なソリューション
 <ブレイン>
 マイクロコントローラ(マイコン)は、組込みシステムの制御機能を果たす重要なコンポーネントとなる。ARM(R) Cortex(R)-Mマイコンの主要サプライヤであるSTは、2014年9月に発表された世界初のARM Cortex-M7搭載32bitマイコン STM32F7を展示する。同製品は、最高周波数200MHzで動作し、浮動小数点ユニット(FPU)と6段スーパースカラ・パイプラインにより1000 CoreMark(1)を実現している。ブースでは、同製品の高い性能を視覚化するため、STM32F7と従来品を用いて、ディスプレイ上に複雑な模様を描き、その描写スピードを比較するデモを行う。また、ピン配置ならびにソフトウェア互換性を持つ500品種以上の製品で構成されるARMマイコン・ファミリ「STM32」向けの各種開発キットやツールなども紹介する。
 <ロボティクス>
 センサから各種ICまで、様々な半導体ソリューションを搭載したロボットは、高いレベルで統合化された組込みシステムの一つ。STは、ヨーロッパの先端ロボット研究の一つで、研究開発パートナーであるイタリア技術研究所(IIT)が開発した人間型ロボット「iCub」を展示する。「iCub」は、物を見たり、触ったり、聞いたりする人間の学習プロセスを模した認識ロボットで、世界各国の30以上の研究機関に採用されている。このロボットのボディは人口の表皮で覆われ、バランスをとりながら両足で立つことも可能。STの多数の32bitマイコン、加速度センサ、ジャイロ・センサ、モータ・ドライバICが、その動作を制御している。STとIITは、「iCub」がオペレータと会話しながら机の上に置かれた対象物を、視覚、聴覚および触覚を使って認識・学習し、指示された対象物を手を使って正確に掴むデモを実施する。
 さらにSTは、Hibot社が開発した水陸両用ヘビ型ロボット「ACM-R5H」を展示する。このロボットは、水中にある建造物の点検や、水中探索などに活用される。頭部ユニットのメインコントローラと、ロボットを動かす胴体ユニットのモータ制御にSTの高性能32bitマイコンを採用している他、姿勢検出用としてSTのジャイロ・センサ、および加速度センサと地磁気センサを集積した電子コンパスを搭載している。ブースでは、プールの中を自由自在に泳ぎまわり、頭部ユニットに搭載された小型カメラを通じて水中の様子をモニタに映し出すデモを実施する。
 <スマート・アグリ>
 農業生産者にとって、より効率的な農業を可能にするスマートアグリの必要性が高まっている。STブースでは、農作物を最適な環境で栽培するために必要な各種データを取得し、生産効率の最大化に貢献するスマートアグリ向け環境センシング・ソリューションのデモを紹介する。
 IoTの一部として機能することができる6LoWPAN / MESHテクノロジーに対応したSTのスマートアグリ向けソリューションは、農場や植物工場などに設置する複数のマルチセンサ・ノードと、それらの取得データを集約するアクセス・ポイントで構成されている。センサ・ノードには、STの温湿度センサ、圧力センサ、加速度センサ、MEMSマイクロフォンが搭載されており、農場周辺の温度・湿度・気圧・風等による揺れ・周辺音を検出する。検出データは、各センサ・ノード内の超低消費電力32bitマイコンで処理され、Sub-1GHz無線通信用ICを介してアクセス・ポイントへ送信される。農業生産者は、検出データをアクセス・ポイントから携帯型機器などで取得でき、これらの環境情報を有効に活用することで、最適な生育環境を実現することができる。
 <スマート・フィットネス>
 エレクトロニクスのフィットネス分野への応用が進んでおり、私たちの運動データを蓄積・分析し、新たなアプリケーションやサービスに役立てようとする動きが加速している。STは、32bitマイコン、加速度センサ、ジャイロ・センサ、地磁気センサ、DC-DCコンバータおよびスイッチ・コントローラが搭載されたLP-Research社製のフィットネス機器向け慣性測定ユニットの他、STが32bitマイコン、加速度センサおよび通信用ICをベースに開発した腕時計型の光学式心拍計ソリューションのデモを実施する。ブースでは、脚部および腰部に計5個の慣性測定ユニットと、腕時計型の心拍計を装着した人間の下半身の動きならびに心拍数を高い精度で検出し可視化する。これらのソリューションは、リハビリやゲーム機器への応用も考えられている。
 <スマート・ホーム>
 住宅設備や生活家電の操作性を向上させるため、音声認識機能や近距離無線通信機能の搭載が考えられている。STブースでは、室内LED照明システムや生活家電向けに、これらの機能を実現するソリューションを展示する。LED照明システム向けソリューションでは、STのMEMSマイクロフォン、32bitマイコンならびにBluetooth通信ICを搭載した操作用リモコンが、ユーザの音声に基づく照明のオン・オフならびに調光を可能にする。また、STのNFCトランシーバIC用の評価ボードと携帯型端末間の無線データ通信デモも実施する。NFCトランシーバICを生活家電に搭載することで、スマートフォンやタブレットとの相互通信が可能になり、各種設定や操作が簡略化される。
 その他、STブースでは、STM32マイコンの各種採用事例をはじめ、オーディオ・エフェクト用GUI、TPM(Trusted Platform Module)搭載セキュア・ゲートウェイ・ターミナル等を紹介する。
1)CoreMarkは、EEMBC(Embedded Benchmark Consortium)が開発した業界標準のベンチマークで、実際の使用状況を反映させてアセンブルされたアプリケーション・コード・アルゴリズムを使用し、マイコンの性能を測定する。
STグループ(英語)
ST日本法人

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/55645

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年11月19日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「設計/開発期間を短縮 カーオーディオ用プロセッサ」です。

次のブログ記事は「次世代クレジットカード用製品でソニーが採用」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。