金沢の食文化と工芸を銀座で楽しむ新店舗

| コメント(0) | トラックバック(0)
金沢・銀座.jpg

 株式会社GNK(石川県金沢市)は、金沢市の魅力を総合的に発信するための拠点「dining gallery 銀座の金沢」を、2014年10月30日、東京・銀座にオープンした。この店舗では、ユネスコが認定するクラフト創造都市の金沢が持つ工芸の魅力発信と、「金沢の食文化の継承及び振興に関する条例」に基づき、食・器・しつらえ等、金沢固有の文化の発信を目的としている。【店舗コンセプトメッセージ】ここは銀座。ここは金沢。『金沢』といえば、伝統工芸、茶の湯、食文化。でもそれは、「金沢」の魅力のほんの一部です。「銀座の金沢」は古き良きものだけでなく、今の金沢を感じていただきたい、そんな思いから誕生いたしました。金沢のヒト、モノ、コトとの交流、さまざまな体験を通じて、みなさまと金沢がもっと近くなるような、そんな場所でありたいと思っています。画像:香箱解禁コース

 
■diningについて/テーマ「金沢の旬と銀座で出会う。」
 新鮮な海の幸、滋味深い山の幸、加賀野菜など、金沢は食材豊かな街です。四季折々の旬の魅力は、短い逗留では味わいつくすことができません。「dining gallery 銀座の金沢」では、日本料理「銭屋」主人、高木慎一朗監修のもと、季節ごとの金沢の旬の素材を使い、銀座でしか味わえない特別なお料理をご用意する。
 <季節のメニュー>
 香箱解禁コース:8,000円(消費税、サービス料別)11月6日に蟹漁が解禁となりました。「dining gallery 銀座の金沢」では金沢から直送の香箱蟹をお楽しみいただけます。*提供期間:2014年11月30日(日)まで*前日までにご予約をいただければズワイガニ(加能蟹)もご用意いたします。ズワイガニコースの料金は時価となりますので、ご予約時にご相談ください。ご予約は電話でのみ受け付けております。
 
■galleryについて/テーマ「金沢の手仕事を暮らしのなかに。」
 金沢が世界に誇る工芸品の数々。金沢はより良い暮らしのためのモノづくりに取り組んでいる。そのひとつとして、ここ「dining gallery 銀座の金沢」では、生活者の視点を大切にしたモノづくりを手がける作り手の作品を展示・販売。作家との交流も企画する。
 <11月の企画展示>
 「金沢漆工芸展~加賀蒔絵の担い手たち」in 銀座
会期:11月14日(金)~11月25日(火)
 藩制以来、金沢の町で育まれた伝統の名品・金沢漆器。熟練の手技と洗練美を誇る加賀蒔絵が現代生活に輝きを放つ。
 「竹俣勇壱・金属の仕事」展
会期:11月27日(木)~12月9日(火)
 金属の種類や技法にとらわれず日常の道具からジュエリーまで、古色仕上げによる時間を行き来する作品をお楽しみください。
 
■店舗情報
 dining gallery 銀座の金沢
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座1-8-19 キラリト ギンザ 6階
アクセス:東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」7番出口より徒歩1分、東京メトロ銀座線「京橋駅」2番出口より徒歩3分、JR「有楽町駅」中央口より徒歩9分
TEL:03-6228-7733
FAX:03-6228-7035
※ホームページ:★こちら
※Facebook:★こちら
営業時間:ギャラリー 11:00~21:00、ダイニング 11:30~23:00(L.O. 22:00)
*キラリト ギンザ ウェブサイト:★こちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/55671

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年11月20日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビッグデータを活用した医療費2割削減システム」です。

次のブログ記事は「タカシマヤオリジナルチャリティーサンタ人形発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。