賃貸住宅市場レポート 2014年12月 発表

| コメント(0) | トラックバック(0)
タス・首都圏.jpg

 不動産評価Webサイト「TAS-MAP」を運営する株式会社タス/TAS Corp.(東京都中央区、代表取締役社長:立野 良太郎)は、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年12月」および「賃貸住宅市場レポート 関西圏・中京圏版 2014年12月」を発表した。首都圏版では「2014年第3四半期 1都3県賃貸住宅市況図」「東京23区ハイクラス賃貸住宅の市場動向」および「2014年10月期の1都3県賃貸住宅指標(空室率TVI[タス空室インデックス]、募集期間、更新確率、中途解約確率)」を掲載している。また関西圏・中京圏版では「関西圏の賃料指数と空室率TVIの推移」および「2014年10月期の関西圏・中京圏賃貸住宅指標(空室率TVI[タス空室インデックス]、募集期間、更新確率、中途解約確率)」を掲載している。これらの分析はアットホーム株式会社/At Home Co.,Ltd.から提供を受けた、アットホーム全国不動産情報ネットワークに公開された情報若しくは成約状況を用いて行われている。

 
■首都圏版の概要
(1)2014年第3四半期 1都3県賃貸住宅市況図
 東京23区では、千代田区が「やや良い」→「良い」、荒川区が「やや悪い」→「やや良い」と好転したが、渋谷区が「やや良い」→「やや悪い」、墨田区、品川区、葛飾区が「やや悪い」→「悪い」と悪化した。首都圏では、千葉県が「悪い」→「やや悪い」と好転した。トレンドが上昇を示す地域は、2014年第2四半期の6地域から2014年第3四半期は5地域と減少した。また、下降を示す地域は、2014年第2四半期の10地域から2014年第3四半期は14地域と増加した。
 相続税増税対策に伴う賃貸住宅の新規供給量は引き続き高い水準にある。このため、空室率悪化による市況の下降傾向が継続している。2013年から回復基調にあった賃料についても、2014年第3四半期には多くの地域で勢いを失い始めている。引き続き、市況の変化に注意が必要でしょう。
(2) 東京23区ハイクラス賃貸住宅の市場動向
 2014年4月に改善に転じた5,000円/m2 月超クラスの空室率TVIは、引き続き改善傾向にあるが、賃料は横ばいから悪化傾向で推移している。一方で、供給量の多い4,000円/m2 月~5,000円/m2 月クラスは、2013年3月から空室率TVIが悪化傾向となっている。賃料は、2014年第3四半期は前期から下降したが、基調的には回復傾向にある。
(3)2014年10月期 1都3県賃貸住宅指標
 アパート系の空室率TVIは東京市部、埼玉県、千葉県で改善が見られたが、マンション系空室率TVIは千葉県を除いた全ての地域で悪化傾向が継続している。一方で募集期間は東京23区で減少傾向にあり、市場競争力の有無で物件の二極化が進行しつつある可能性がある。
【東京都】
 <全域>
空室率TVI(ポイント):12.46
募集期間(ヶ月)   : 2.88
更新確率(%)    :46.40
中途解約確率(%)  :36.64
 <23区>
空室率TVI(ポイント):12.10
募集期間(ヶ月)   : 2.85
更新確率(%)    :46.20
中途解約確率(%)  :36.82
 <市部>
空室率TVI(ポイント):15.86
募集期間(ヶ月)   : 3.03
更新確率(%)    :46.87
中途解約確率(%)  :36.75
【神奈川県】
空室率TVI(ポイント):13.06
募集期間(ヶ月)   : 3.38
更新確率(%)    :47.37
中途解約確率(%)  :36.09
【埼玉県】
空室率TVI(ポイント):15.85
募集期間(ヶ月)   : 3.30
更新確率(%)    :47.36
中途解約確率(%)  :36.80
【千葉県】
空室率TVI(ポイント):12.57
募集期間(ヶ月)   : 3.36
更新確率(%)    :47.58
中途解約確率(%)  :37.27
(出所)データ提供:アットホーム株式会社、分析:株式会社タス
※「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年12月」★こちら
なお、バックナンバーは★こちらのページから取得可能です。
 
■関西圏・中京圏版の概要
(1)関西圏の賃料指数と空室率TVIの推移
 空室率TVIは東日本大震災後の人口流入の影響を受けて下降傾向となっているが、賃料指数はこれに先んじて上昇を始めている。関西圏においては、東京23区と異なり、賃料指数と空室率TVIは概ね逆相関を示していると思われる。
(2) 2014年10月期 関西圏・中京圏賃貸住宅指標
 関西圏では、京都府の空室率TVIの悪化傾向が継続している。特にマンション系空室率TVIの悪化幅が大きくなっている。
 中京圏では、マンション系、アパート系共に空室率TVIはおおむね横ばいで推移している。
【大阪府】
空室率TVI(ポイント): 7.57
募集期間(ヶ月)   : 4.71
更新確率(%)    :33.30
中途解約確率(%)  :54.00
【京都府】
空室率TVI(ポイント):13.79
募集期間(ヶ月)   : 5.61
更新確率(%)    :27.84
中途解約確率(%)  :58.69
【兵庫県】
空室率TVI(ポイント):11.28
募集期間(ヶ月)   : 5.12
更新確率(%)    :20.76
中途解約確率(%)  :66.97
【愛知県】
空室率TVI(ポイント):15.41
募集期間(ヶ月)   : 5.46
更新確率(%)    :29.68
中途解約確率(%)  :52.77
【静岡県】
空室率TVI(ポイント):22.75
募集期間(ヶ月)   : 6.58
更新確率(%)    :30.88
中途解約確率(%)  :53.54
※「賃貸住宅市場レポート 関西圏・中京圏版 2014年12月」★こちら
なお、バックナンバーは★こちらのページから取得可能です。
アットホーム株式会社
株式会社タス

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56614

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月30日 14:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「招福の梅の枝「思いのまま」元旦より授与」です。

次のブログ記事は「「ラコステ」日本上陸50周年記念限定カプセル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。