ザイリンクス、業界初 20nm FPGA を量産移行

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ザイリンクス社(本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDQ : XLNX)は 12月18日(米国時間)、Kintex(R) UltraScale(TM) KU040 FPGA が、20nm デバイスとして業界で初めて量産体制に移行したと発表した。ユーザーは、Kintex UltraScale KU040 FPGA を利用することにより、20nm FPGAを採用したシステムの製品化までの時間を競合FPGAの場合と比べて1年先行することが可能になる。ミッドレンジ製品である Kintex UltraScale デバイスは、業界唯一のASICクラス アーキテクチャをベースとしており、100G OTN、パケット処理およびトラフィック管理、8X8混合モードLTEおよびWCDMA無線、8K/4Kディスプレイ、ISR(インテリジェンスな監視および偵察)、データ センターなど、広範なアプリケーションにおいて最適な価格 / 性能 / 消費電力を実現する。

 
 ザイリンクスの Kintex FPGA担当シニア製品ライン マネージャーであるウーター スバクロップ (Wouter Suverkropp)は、「技術革新の強みや強力なエンジニアリング遂行能力、絶対的な品質に向けた取り組みをベースにザイリンクスは、KU040 をフル生産体制に移行いたします。今後は、ザイリンクスのユーザーによって数カ月の設計作業が行われ、UltraScale アーキテクチャの性能が有効活用されます」と述べている。
 
■供給体制
 ユーザーは、ザイリンクス販売代理店を通じて、KU040 FPGAを発注可能。Kintex UltraScale の開発ボードおよび評価ボードは、ザイリンクスおよびアライアンス メンバーから入手できる。ザイリンクスのボードには、KCU105 ユニバーサル開発ボードおよび KCU1250 トランシーバ評価ボードが含まれる。これらのボードの購入については、★こちらを参照されたい。
 
■Kintex UltraScale FPGAについて
 Kintex UltraScale FPGAは、最大116万個のロジック セル、5,520個の最適化された DSPスライス、76MbitのブロックRAM、バックプレーン データ転送に対応可能な16.3Gbpsトランシーバ、PCIe(R) Gen3 ハード ブロック、統合された100Gb/sイーサネットMACおよび150Gb/s Interlaken IPコア、2,400Mb/sで動作するDDR4メモリ インターフェイスを提供する。28nmにおいて最小の消費電力で最高の価格性能比を持つ新たなミッドレンジ製品のイメージを確立した Kintexデバイスは、20nmにおいて最大のDSP数を実現する。
ザイリンクス株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56634

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月31日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「BOARD 9.0リリース SME/BI/CPMなど拡充」です。

次のブログ記事は「0歳児から考える乳幼児スマホ問題 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。