雷センサ実証実験 学校/自治体/観光施設300か所募集

| コメント(0) | トラックバック(0)
具現化・雷センサー.jpg

 雷センサのレンタルサービスを手掛ける株式会社具現化/Gugenka Co.Ltd.(大阪市北区、代表取締役:仲島 秀豊)は、雷対策専門トップメーカー音羽電機工業株式会社/Otowa Electric Co., Ltd.(兵庫県尼崎市、取締役社長:吉田 修)と連携し、自治体・公共施設・学校などを対象として、雷センサ「雷ミハリ番」の無料導入実証実験サービスを提供する。募集数は300か所、期間は2015年4月~2015年6月の3か月間を予定、2014年12月15日より予約受付を始めた。画像:平城宮跡導入実績

 
※雷ミハリ番レンタルサービス:★こちら
 
■雷ミハリ番実証実験の趣旨
 高機能レンタル雷センサ「雷ミハリ番」は、2014年7月に大阪府箕面市による導入実証実験が行われ、落雷事故防止の効果があるとして採用が決定(※)。今回、同様の落雷事故防止安全対策として雷センサ導入実証実験を希望する、自治体・公共施設・学校を募集する。
 
■雷ミハリ番の特長
・半径10キロメートル圏内のピンポイント雷情報を発信
・設置が簡単、工事不要、設置時間約15分
・雷センサにメール配信機能装備
 
■募集要項
対象エリア:日本全国
募集数:300か所
実証実験期間:2015年4月~2015年6月予定
応募条件:
・学校・自治体・公共施設、及びそれに準じる団体であること
・落雷事故防止対策をご検討頂けること
株式会社具現化
音羽電機工業株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56293

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月16日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プレジデント家具「PYシリーズ」新発売」です。

次のブログ記事は「想いをカタチにする新キャンペーン「Innovation for」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。