「週刊文春ミステリーベスト10」2014年版を電子化

| コメント(0) | トラックバック(0)
週刊文春・ミステリー.jpg

 株式会社文藝春秋/Bungeishyunjyu Ltd.(東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)では、12月12日より、『文春e-Books 週刊文春ミステリーベスト10 2014』を無料配信する。電子書籍オリジナル作品となる。「週刊文春」で毎年12月に発表され、今年で38回目を迎えた「ミステリーベスト10」。全国のミステリー通や書店員がこの一年間で最も面白かった「ミステリー小説」を投票し、国内・海外のベスト10を決定しています。今年は海外では『その女アレックス』(ピエール・ルメートル)が1位となり、「このミステリーがすごい!」などの主要ミステリ賞を総なめにし、6冠を達成。国内では『満願』(米澤穂信)が圧倒的な支持を得て、1位を獲得した。

 
 電子版は、週刊文春12月11日号掲載の「ミステリーベスト10」記事を基に再構成。総合ランキングや国内・海外1位作家のインタビュー、ランキング作品の解説と一押しコメントなどを収録している。
 今回は同書を無料配信する。冬はミステリーの季節。冬休みに読む一押し本を『ミステリーベスト10』電子版から探してみてください。
【目次】
・総合ランキング 国内・海外部門 第1位~20位
・国内部門第1位 著者に聞く 米澤穂信『満願』
・国内部門 作品解説&コメント
・今年の国内ミステリー 千街晶之
・海外部門第1位 著者に聞く ピエール・ルメートル『その女アレックス』
・海外部門 作品解説&コメント
・今年の海外ミステリー 池上冬樹
 
■週刊文春ミステリーベスト10とは
 「週刊文春」で毎年12月に発表されるミステリー小説ランキング。前年11月1日から10月31日までに刊行された国内外のミステリー小説が対象で、日本推理作家協会員及びミステリー作家、文芸評論家、翻訳家、書店員、各大学ミステリー研究会などにアンケートを実施している。1977年に開始され、今年で38回目。『このミステリーがすごい!』、『本格ミステリ・ベスト10』などと共に毎年恒例のミステリーランキングとなっている。
 
■書誌情報
 『週刊文春ミステリーベスト10』(文春e-Books)
販売価格:無料
配信日:12月12日
配信する書店:Kindleストア、iBookstore、楽天Kobo、ReaderStore、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto、GALAPAGOS STORE他、電子書籍を販売している主要書店
 
■「文春e-Books」とは?
 「文春e-Books」は、電子発のオリジナルコンテンツ。週刊文春、月刊文藝春秋の記事連載のまとめもの、ビジュアル系のオリジナルコンテンツなど、「紙では読めない本」をコンセプトに新しいコンテンツを提供している。
株式会社文藝春秋

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56210

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月12日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「見れば解る ニコニコ生放送でE.YAZAWA特集」です。

次のブログ記事は「わずか数分で各党のマニフェストを比較」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。