『2014文藝春秋電子書籍ベスト100』配信

| コメント(0) | トラックバック(0)
文藝春秋・電子書籍.jpg

 株式会社文藝春秋/Bungeishyunjyu Ltd.(東京都千代田区、代表取締役社長:松井清人)では、『2014文藝春秋電子書籍ベスト100』の無料配信を始めた。電子書籍オリジナルになる。2014年の文藝春秋電子書籍の売上ベスト100を集め、解説文と共に1冊にまとめたコンテンツ。

 
■2014年文藝春秋電子書籍売上ランキング
1 『イニシエーション・ラブ』(乾くるみ)
2 『株価暴落』(池井戸潤)
3 『オレたちバブル入行組』(池井戸潤)
4 『世界を変えた10冊の本』(池上彰)
5 『オレたち花のバブル組』(池井戸潤)
6 『シャイロックの子供たち』(池井戸潤)
7 『私の男』(桜庭一樹)
8 『小さいおうち』(中島京子)
9 『日本のいちばん長い日(決定版)』(半藤一利)
10『かばん屋の相続』(池井戸潤)

 ベスト100を見て行くと、三つの傾向が見てとれます。一つ目は、話題作の電子化。ベスト10に入った作品では、映画化が決まっている『イニシエーション・ラブ』(乾くるみ)、TVドラマ原作『オレたちバブル入行組』、『株価暴落』(池井戸潤)、映画化作品『私の男』(桜庭一樹)、『小さいおうち』(中島京子)などがそれだ。
 二つ目は、長い間、読み続けられている名作。11位『竜馬がゆく』(司馬遼太郎)、22位『鬼平犯科帳』(池波正太郎)、69位『点と線』(松本清張)などは、時代を超えて、電子書籍でも読み続けられている。
 三つ目は、電子書籍オリジナルコンテンツ。35位『堕ちた“現代のベートーベン”「佐村河内守事件」全真相』、62位『告白手記でよみがえる「百蓮事件」の真実』などは、話題になった時期に、電子書籍のスピード感を活かして刊行された。
 2014年も文春電子書籍は前年同様大きく売上げを伸ばした1年だった。2015年は、一体どんな電子書籍が読まれていくのだろうか?
 
■書誌情報
『2014文藝春秋電子書籍ベスト100』(文春e-Books)
販売価格:無料
配信日:12月12日より順次
配信する書店: Kindleストア、iBookstore、楽天Kobo、ReaderStore、紀伊國屋書店Kinoppy、BookLive!、honto、yomel.jp ほか
※参考ページ★こちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56448

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月22日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『資本主義の終焉と歴史の危機』ベスト経済書第1位」です。

次のブログ記事は「BENI10周年ライブ WOWOW生中継」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。