2015年版「住みたい田舎ランキング発表

| コメント(0) | トラックバック(0)
宝島社・田舎暮らし.jpg

 雑誌販売部数トップシェアの株式会社宝島社/TAKARAJIMASHA,Inc.(東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行する『田舎暮らしの本』は、12月29日(月)発売の2月号で「2015年版 住みたい田舎ベストランキング」を発表した。「住みたい田舎ランキング」は、定住促進に積極的な295市町村を対象に、10ジャンル全95項目のアンケートを実施。“田舎暮らしに最適な自治体”をランキングした。アンケート項目は、田舎暮らしの実現に重要なポイントとなる「自然環境」「移住者支援制度の充実度」「子育てのしやすさ」「医療介護体制の充実度」などを設定した。

 
 第3回を迎える今回のランキングは島根県大田市が総合1位で、「移住者支援制度が充実」「就職・就農支援が手厚い」「子育てのしやすい環境」などの理由から選ばれた。次いで鳥取県鳥取市が2位、大分県豊後高田市、鹿児島県薩摩川内市が同率3位、佐賀県武雄市が5位という結果になった。総合ランキングの他に、読者ニーズに合わせ「子育て世代にぴったりな田舎」や「シニア世代が暮らしやすい田舎」「週末に通える田舎」など 計7つの部門別ランキングも発表している。政府が地方創生を重点政策に掲げるなか、自治体も移住者支援制度に力を入れており、また、近年は若い世代の田舎暮らしも増えていることから、今後も田舎暮らしに注目が集まることが予想される。
※日本ABC協会2014年上半期(2014年1~6月)雑誌発行社レポートより
 
■総合ランキング1位~5位
第1位 大田市(島根県)
第2位 鳥取市(鳥取県)
第3位 豊後高田市(大分県)
第3位 薩摩川内市(鹿児島県)
第5位 武雄市(佐賀県)
 
■部門別ランキング
子育て世代にぴったりな田舎 第1位 伊那市(長野県)
シニア世代が暮らしやすい田舎 第1位 武雄市(佐賀県)
週末に通える田舎 第1位 館山市(千葉県)
 『田舎暮らしの本』は、1987年に創刊した“日本で唯一”の田舎暮らし月刊誌。全国各地の物件情報や、田舎暮らしに必要なハウツーを紹介。お仕事情報など、実際の移住者レポートを交え、田舎暮らしに役立つ具体的な情報を発信している。
株式会社宝島社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56589

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月29日 13:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「“安室奈美恵”ツアーのオフシャルライブフォト販売」です。

次のブログ記事は「ゲーム音楽だけのフルオーケストラ公演を開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。