マクロミル調べ、20~30代の訪日旅行者に聞く

| コメント(0) | トラックバック(0)

 株式会社マクロミル/MACROMILL, INC.(東京都港区、代表執行役:小西克己)は、韓国、台湾、中国、タイ、アメリカの20~30代の訪日旅行者を対象にアンケート調査を実施した。調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は2014年9月19日(金)~9月26日(火)。有効回答数は1,040名。それによると、3年以内に日本旅行をした回数、最多はタイ人2.09回。日本旅行は誰と? 中国は7割が「配偶者・パートナー」と。アメリカは「子連れ」が3割。また日本旅行がしたくなる”体験”ランキングは、1位「自然・景勝地観光」、2位「日本の歴史・伝統文化・生活文化の体験」、3位「日本食」。また日本旅行がしたくなる“滞在場所”ランキングの1位「東京スカイツリー」、2位「横浜」、3位「東京ディズニーリゾート」。日本旅行の思い出投稿、Facebookやブログなどは、ほぼ共通。韓国人は日本旅行の思い出をあまり人に共有しない?“高級和食フルコース”に最も高いお金を払っても良いと思っているのは「中国人」、価格帯は10,000円~15,000円―などとなっている。

 
 2013年、訪日者数が震災前(2010年)の推移に戻り、政府主導のビジットジャパン事業をはじめとした外国人旅行者の訪日促進活動が盛んになっている。今後はオリンピックなどの大型イベントも控えており、その活動はより一層加速してゆくことが推察される。そこでマクロミルは、20~30代の訪日旅行者を対象に、日本旅行に求めること、滞在中の経験等を聴取し、「国ごとの旅行者の特長」「再度必ず日本旅行をしたい人とそうでない人の体験内容や滞在場所の違い」を分析した。
 
■3年以内に日本旅行をした回数、最多はタイ人2.09回。
 調査対象となった韓国、台湾、中国、タイ、アメリカの5か国に在住で、3年以内に日本旅行を経験した人にその回数を尋ねた。何回も日本旅行をしている割合がもっとも高かったのは「タイ人」2.09回、次いで「アメリカ人」2.06回、「韓国人」1.73回だった。
 
■日本旅行は誰と? 中国は7割が「配偶者・パートナー」と。アメリカは「子連れ」が3割。
 日本旅行は誰と来たか尋ねると、各国ともに 「配偶者・パートナー」と旅行に来ている割合が高く、その中でも中国は、7割が「配偶者・パートナー」と旅行に来ており、他国と比べその割合が圧倒的に高いことがわかった。また、「子ども」と旅行に来ている割合について見てみると、アメリカが3割で他国よりも高い割合だった。
 
■また日本旅行がしたくなる”体験”ランキング
 1位「自然・景勝地観光」、2位「日本の歴史・伝統文化・生活文化の体験」、3位「日本食」
 「日本旅行の滞在中に何を体験したか?」について、「再度、必ず日本旅行をしたい人」と「それ以外の人」で比較し、その差が大きい上位10個を抜粋し、ランキング化したところ、1位「自然・景勝地観光」、2位「日本の歴史・伝統文化・生活文化の体験」、3位「日本食を食べる」と並んだ。
 
■また日本旅行がしたくなる“滞在場所”ランキング
 1位「東京スカイツリー」、2位「横浜」、3位「東京ディズニーリゾート」
 「日本旅行でどこに滞在したか?」について、「再度、必ず日本旅行をしたい人」と「それ以外の人」で比較し、その差が大きい上位10個を抜粋し、ランキング化したところ、1位「東京スカイツリー」、2位「横浜」、3位「東京ディズニーリゾート」と並んだ。
 
■日本旅行の思い出投稿、Facebookやブログなどは、ほぼ共通。韓国人は日本旅行の思い出をあまり人に共有しない?
 日本旅行の思い出をどのように情報発信するか尋ねた。国によってその特徴は様々だが、インターネットによる投稿に焦点を当てて見てみると、韓国「個人のHP・ブログ」 「Facebook」、台湾「Facebook」 「個人のHP ・ブログ」、中国「個人のHP ・ブログ」 「微博※」、タイ「Facebook」 「旅行サイトのレビュー」、アメリカ「Facebook」 「Twitter」だった。また、アメリカやタイでは、YOUTUBEやInstagramなどでもよく投稿しているとがわかった。一方、韓国では、「特に情報発信していない」22.1%と他4国に比べて日本旅行の思い出を、あまり他人に共有しない傾向があるようだ。
※微博(ウェイボー):中国のソーシャルメディア。ミニブログや中国版Twitterとも言われる。
 
■“高級和食フルコース”に最も高いお金を払っても良いと思っているのは「中国人」価格帯は10,000円~15,000円。
 “高級和食フルコース”の各国の最適価格は、中国が約1万円~1.5万円と最も高く、次いで韓国が6,000円~9,000円と高い。一方で、最適価格帯が最も低い金額なのは、アメリカで 2,500円~5,000円だった。また、最適価格帯の幅が最も狭いのは台湾だった。
※PRICE2を用いて分析しました。
※PRICE2(★こちら)は、PSMを発展的に改良することで、PSMや一般的な価格調査の問題点を解消した、マクロミル独自の調査・分析手法。指標となる値を点ではなく、幅で解釈することによりアウトプットをよりシンプルにし、解釈しやすくなる。売上額や利益額の最大化、ブランドポジショニングの構築など、マーケティング戦略に則った最適な価格を知ることができます。
株式会社マクロミル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56462

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月23日 11:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三井化学と韓SKC ポリウレタン材料事業統合」です。

次のブログ記事は「【旭川】フェア「まるごと高知」開催 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。