「理想の「好宅」サッシ部門3年連続第1位

| コメント(0) | トラックバック(0)

 YKK AP株式会社/YKK AP Inc.(東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、台湾で展開するAP事業において社団法人台湾建築美学文化経済協会より『理想の好宅(住まい)に採用したい建材・設備メーカー大調査』のサッシ部門で、2013年に続き3年連続で第1位に選定されたと発表した。社団法人台湾建築美学文化経済協会は、美しい建築環境の発展を目的とした協会。この調査は、台湾内外の建材・設備メーカーの更なる品質向上の促進とエンドユーザーやお施主様への提言を目的として2010年から行われている。台湾の建築関係者に対してアンケート調査を行い、理想の住まい「好宅」に採用したい建材・設備メーカーを選出。品質や技術力が高く評価され、YKK APは3年連続で第1位を獲得した。

 
 YKK APは、1989年に台湾で事業を開始して以来、台湾の気象条件に合わせた高水密サッシ・カーテンウォールを製造し、近年では高級集合住宅市場において高い評価をいただいている。これからもより一層お客様の要望に応える商品とサービスの提供に努めていくとしている。
 
■調査概要
主催:社団法人台湾建築美学文化経済協会
部門:「理想の好宅に採用したい建材・設備メーカー」サッシ部門
調査機関:国立政治大学商学院 世論・市場調査研究センター
調査時期:2014年8月11日~9月10日
調査対象:台湾で建築業に従事する建築士および従業員
調査項目:
1.アルミサッシ、浴室、エレベータ、冷房設備等の建材・設備について台湾の建築士が、理想の住まいに採用したいメーカーを選択し回答
2.理想とする建材・設備メーカーについて、選択理由を回答
調査方法:2,688名の建築士に対する電話アンケート
回答数:有効回答 合計513票
YKK AP株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56366

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月19日 11:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペーパーレス化と迅速/柔軟な仕様変更を実現」です。

次のブログ記事は「“佐賀県×南国酒家”コラボ『おいしいもの佐賀』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。