32ビット マイコン IC32MX1/2/5シリーズ 拡充

| コメント(0) | トラックバック(0)
マイクロチップ・マイコン.jpg

 2014年12月1日[NASDAQ:MCHP] -マイクロコントローラ、ミックスドシグナル、アナログ、Flash-IPソリューションのトッププロバイダであるMicrochip Technology Inc.(日本支社: 東京都港区、代表: 吉田洋介)は、低コスト多ピン32ビットPIC32マイクロコントローラ(MCU)の新しいシリーズを発表した。この最新のPIC32MX1/2/5 MCUシリーズは、Microchip社の既存のPIC32MX1/2/5 MCUファミリを拡充し、複雑なコードと高度な機能が求められるアプリケーションをより低コストで実現する。最大83 DMIPSの性能と、64/8 KB~512/64KBのフラッシュ/RAMを選択できるこれらの新しいPIC32MX1/2/5 MCUは、スピーカ、コンシューマ向け音楽プレーヤドッキング ステーション、ノイズキャンセル ヘッドセット、クロック付きラジオ等の低コストBluetooth(R)オーディオ アプリケーションに必要なBluetoothオーディオ ソフトウェアの実行に理想的。

 
 また、柔軟で簡単に使えるCAN2.0Bコントローラ、DeviceNetTMアドレッシング サポート、最大1 Mbpsのプログラマブル ビットレート、32のバッファに最大1024のメッセージを保存するシステムRAMを備える。これにより、産業および車載アプリケーション向けにCAN通信方式を簡単かつ低コストで実装することができる。
 この新しいシリーズは、オーディオ処理と再生のための4つのSPI/I2Sインターフェイス、グラフィックおよびタッチセンシング インターフェイスのためのパラレル マスタポート(PMP)と静電容量式タッチセンシング ハードウェア、10ビット/1 Msps/48チャンネルのA/Dコンバータ(ADC)、フルスピードUSB 2.0デバイス/ホスト/OTGモジュール等、各種モジュールを幅広く搭載している。
 さらに、データ スループットを最大化するため、4つの汎用DMA(ダイレクト メモリアクセス コントローラ)と、2つの専用DMAをCANおよびUSBモジュールにそれぞれ内蔵している。
 豊富な周辺モジュールに加え、Microchip社の強力なMPLAB(R) Harmonyソフトウェア開発フレームワークがこれらのMCUをサポートする。Microchip社およびサードパーティのミドルウェア、ドライバ、ライブラリ、リアルタイム オペレーティング システム(RTOS)のライセンシング、リセール、サポートを統合することでソフトウェアの開発を容易にする。具体的には、Bluetoothオーディオ開発スイート、Bluetooth Serial Port Profileライブラリ、オーディオ イコライザ フィルタ ライブラリ、各種デコーダ(AAC、MP3、WMA、SBC等)、サンプルレート変換ライブラリ、CAN2.0B PLIB、USBスタック、グラフィック ライブラリ等のソフトウェア パッケージを使うことで、Bluetooth接続、デジタル オーディオ、コンシューマ、産業、医療、汎用組み込み制御等のアプリケーション開発期間を短縮できる。
 「この新しい32ビットPIC(R) MCUシリーズは豊富な周辺モジュールと大容量でスケーラブルなメモリを備えているため、各種コンシューマ、産業、医療、汎用組み込み制御アプリケーションをより低コストでより簡単に設計することができます」とMicrochip社32ビットMCU部門取締役のRod Drakeは述べている。「また、MPLAB Harmonyソフトウェア開発フレームワークを使って頂くと、より迅速な開発が可能です」
 
■開発サポート
 Microchip社の無償のMPLAB X統合開発環境(IDE)、PIC32向けMPLAB XC32コンパイラ、MPLAB ICD3インサーキット デバッガ、MPLAB REAL ICETMインサーキットエミュレータがPIC32MX1/2/5シリーズをサポートします。さらに、PIC32MX1/2/5スタータキット(製品番号: DM320100、$69.99)、Explorer 16開発ボード向けPIC32MX570F512Lプラグイン モジュール(製品番号: MA320015、$25)、Bluetoothオーディオ開発キット向けPIC32MX270F512Lプラグイン モジュール(製品番号: MA320017、$25)を、新たに発売した。
 
■在庫/供給状況
 40 MHz/66 DMIPSのPIC32MX1/2/5 MCUは64ピンTQFPおよびQFNパッケージと100ピンTQFPパッケージで現在提供中。50 MHz/83 DMIPS対応製品は2015年1月に提供開始予定。
 詳細は、Microchip社または正規販売代理店にお問い合わせ頂くか、Microchip社のウェブページをご覧ください。本プレスリリースに記載された製品をご購入頂くには、microchipDIRECTにアクセスするか、Microchip社の正規販売代理店にご連絡ください。
Microchip Technology Inc.

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56005

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月 4日 10:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バリオセキュア、管理者用コントロールパネル刷新 」です。

次のブログ記事は「無防備な無線LAN接続を統制 情報漏えい防止 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。