GALAXY Note Edge用ダイアリー型ケース2種

| コメント(0) | トラックバック(0)
ロア・GALAXY Note.jpg

 モバイルケース・アクセサリー専門の株式会社ロア・インターナショナル/LOA-international co., Ltd.(東京都新宿区、代表取締役社長:Ally Won)は、ZENUSのGALAXY Note Edge(SC-01G/SCL24)専用レザーケースを発売した。ZENUSは、モバイルレザーケース専門ブランド。アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国などグローバル市場でZENUSブランドを展開しており、高級感と機能性を兼備したモバイルケースで好評を得ている。株式会社ロア・インターナショナルは、ZENUSの公式日本代理店として、国内販売店を幅広く募集しており、今後拡販していく予定。今回発売するGALAXY Note Edge専用レザーケースは、高級素材にこだわり、ZENUSケースの中でも定評のあるデザインを採用し、機能性を盛り込んでいることが特長。端末を保護するケースとしての機能はもちろん、シンプルな中にもファッション性のあるケースです。その特長は以下のとおり。

 
■製品特長
- GALAXY Note Edgeの機能性を最大限に配慮
 GALAXY Note Edgeの最大の特徴、“エッジスクリーン(曲面有機ディスプレイ)”を保護しながらも最大限に使いこなせるよう、クリアカバーがついている。最も衝撃の受けやすい角になる部分は保護をし、タッチパネル部分はカッティングされているので、前カバーをしたままでもエッジスクリーンを操作することができる。また、GALAXY Note Edgeのすべてのボタンや機能に合わせて正確にデザインされているので、ケースを付けたままでもカメラやボタン、充電などもしやすくなっている。
- カバーを閉じたまま通話可能
 前面カバーには上部にスピーカー用の穴があけられているので、カバーを閉じたままでも通話ができるように工夫されている。
- スタンド機能付き
 スタンド機能が付いているので、動画などの視聴がしやすい設計。
- 柔軟性のあるTPUを採用したフレーム
 GALAXY Note Edgeをホールドするフレーム部分にはTPU素材を採用。端末を傷つけずに傷や衝撃からもしっかりと保護する。
- 収納ポケット付き
 カードなどが1枚入れられる薄型ポケット付き。フリップタイプのスリムさを活かしたデザイン。
- 開閉しやすいフリップタイプ
 留め具がついていないので、スリムで開閉がより簡単。各製品の素材とカラーは以下のとおり。
※GALAXY Note Edgeケース Minimal Diary/ギャラクシーノートエッジケース ミニマルダイアリー:★こちら
【天然サフィアーノレザー使用】
 高級ブランドのバッグなどによく使われる素材として知られている高級サフィアーノ革を採用している。ファッション性はもちろん、耐久性にも優れており、シンプルな中にも高級感が漂う。
【素材】サフィアーノ革, 人工スエード、TPU、ポリカーボネート
【カラーバリエーション】ブラック、ホワイト(全2色)
【価格】6,480円(税抜)
※GALAXY Note Edgeケース Metalic Diary/ギャラクシーノートエッジケース メタリックダイアリー:★こちら
【イタリアン合成皮革とメタリックカラーのコンビネーション】
 イタリアン合成皮革は世界的に有名なブランドでも使われている人気素材。メタリックカラーとイタリアン合成皮革がマッチし、洗練されたイメージのおしゃれなケース。
【素材】合成皮革、 人工スエード、TPU、ポリカーボネート
【カラーバリエーション】ブロンズ、バイオレット、ネイビー(全3色)
【価格】3,680円(税抜)
※ブランドホームページ:★こちら
※商品ホームページ:★こちら
※商品購入ページ:★こちら
株式会社ロア・インターナショナル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56645

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月31日 21:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「森のえほん館「アプリ超ホーダイ(TM)」に提供」です。

次のブログ記事は「2重構造のiPhone6用アルミバンパーケース発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。