【KARA】新メンバー加入後、初のライブツアーを放送

| コメント(0) | トラックバック(0)
WOWOW・KARA.jpg

 日本におけるK-POPブームの火付け役となり、数々のヒット曲を生み出したKARA。今年8月に20歳の新メンバー・ヨンジを加え、ギュリ、ハラ、スンヨン、ヨンジの4人で活動を再開した。これまでもKARAのライブを放送してきたWOWOWでは、4人体制初のツアーとなる「KARA THE 3rd JAPAN TOUR 2014『KARASIA』」の最終公演、11月19日、横浜アリーナでの模様を15年1月2日に放送する。この日は全国で10公演行なわれたツアーの最終日とあって、会場には2万人近くのファンが詰めかけた。その期待が高まる中、8月に発売した最新シングル曲「マンマミーア!」で幕開け。KARAらしいヘソ出しのホットパンツ姿で登場した4人に大きな歓声が沸いた。


 続いて「Pandora」「Lupin」とスタイリッシュなダンスチューンで盛り上げた後、4人があいさつを。新人のヨンジは「よこはま」と言うとき少し“かんで”しまったが、その後は「最後の公演です。今日は大切な思い出をたくさん作りましょう!」と日本語を特訓した成果を見せた。続けてスンヨンが「これまで見たことないような新しいステージを用意していますので、最後まで楽しみにしてください」と観客に明るく呼びかけた。
 その言葉どおりソロコーナーでは多彩なパフォーマンスが展開。ヨンジは松田聖子の名曲「天使のウィンク」をカバー。アイドルらしいキュートな姿に客席からは「ヨンジ!」のコールが巻き起こった。洋楽好きのスンヨンはリアーナの「Love The Way You Lie」などをカバー。歌唱力に磨きをかけたハラはブルーのドレスを着て綾香の「みんな空の下」をフルコーラスで熱唱。広い会場に響き渡る歌声に観客もじっくり聴き入っていた。美しい容姿から“女神”とも呼ばれるギュリは、The Pussycat Dolls の「Hush Hush; Hush Hush」をカバー。セクシーなパフォーマンスで大人の魅力を振りまいた。
 その後、ピンクのミニスカートに着替えた4人はゴンドラに乗り込んでアリーナを回りながら会場後方へ。大ヒット曲「ジェットコースターラブ」、「ガールズパワー」を後方のミニステージで歌い、せりあがっていくステージに3階席まで埋まったファンは大興奮で手を振った。さらに、2人ずつのコラボでは、ギュリとスンヨンがYUIの「Good-bye days」をカバーし、ギターを弾きながら美しいハーモニーを聴かせた。ハラとヨンジはビヨンセの「Crazy In Love」で、ハードかつセクシーなダンスを披露した。
 終盤は胸に花をあしらった白いドレスを着て登場した4人。「一番にわたしを抱きしめて」と「フレンチキス」をしっとりと聴かせた。ヨンジは「今日でツアーが終わるのが悲しい。みんなのおかげで毎日が夢みたいです」と語り、厳しい練習を経て晴れてKARAの新メンバーとなった喜びをにじませた。リーダーのギュリは「今だから言えるけど」と最終日ならではの打ち明け話を。「今回のツアーはちゃんとできるか自信がなかった。始まる前はファンの皆さんの前に立つのが怖かったんです」と語り涙声に。ハラは一発ギャグで湿っぽい空気を変えようとしたが、結局、涙ぐむことに。「今回のツアーで皆さんと一緒に過ごした2ヶ月間は、本当に幸せでした。私たちをひとつにしてくれる音楽ってすごいなって思います」と感じ入った様子で語った。
 本編ラストは日本デビュー曲の「ミスター」。ヨンジもKARAの代名詞であるヒップダンスを完璧にマスターしてみせ、「ラララララ」のコーラスに合わせて観客も総立ちで踊った。そして、アンコールの1曲目は楽しさ弾ける「GO GOサマー!」。4人は再びゴンドラに乗って会場をめぐり、ファンに手を振った。最後はコンサート定番の「STEP」(韓国語)でフィニッシュ。ギュリが「私たちを愛してくださってありがとうございました。これからもKARAをよろしくお願いします」とあいさつし、新生KARAがファンへの感謝込めて作り上げた渾身のステージは幕を閉じた。
 
■WOWOW番組情報
KARA THE 3rd JAPAN TOUR 2014「KARASIA」
2015年1月2日(金)夜10時放送[WOWOWライブ]
収録日:2014年11月19日
収録場所:神奈川 横浜アリーナ
★こちら
株式会社WOWOW

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56596

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月29日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゴスペラーズが演劇公演で60年代のヒットソングをカバー」です。

次のブログ記事は「1/1 WOWOWでザ・ローリング・ストーンズを大特集」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。