照明設計解析ソフト「LightTools」最新版8.2リリース

| コメント(0) | トラックバック(0)
サイバネット・照明設計.jpg

 サイバネットシステム株式会社/Cybernet Systems Co., Ltd.(東京都千代田区、代表取締役:田中 邦明)は、主要取引先であるSynopsys, Inc.(シノプシス社、本社:米国 カリフォルニア州)が開発し、サイバネットが販売・サポートする照明設計解析ソフトウェア「LightTools(ライトツールズ)」の最新バージョン「LightTools 8.2」の販売を、2014年12月16日から始めた。LightTools は、LED照明や液晶ディスプレイ用バックライト、プロジェクター、自動車のヘッドランプや車内灯照明などのいわゆる照明光学系の設計・解析を行うソフトウェア。試作前の設計支援、試作後の詳細解析、実機との比較検証など、幅広い用途で使用されている。LightTools には照明解析機能だけでなく、得られた結果を分析する機能や、光学系をより高性能にするための最適化機能が搭載されている。

 
 LightTools 8.2 では、曲面上の3D テクスチャー機能が搭載された。この機能を使うことで、自動車のデイタイムランニングランプや複雑な形状を持つ照明機器の設計を簡単に行うことができるようになる。近年の自動車は、車体に合わせた流線型のランプを取り入れている。この様な形状を法規に適合させ、かつ、綺麗に光らせるために有効な機能。
 また、Unified Glare Rating ユーティリティが搭載された。これは、オフィスなどの室内空間で業務を行う人が、照明器具を見たときに感じる眩しさの程度を評価できる機能。さらに、偏光解析の強化により、デジタルプロジェクターやバックライトディスプレイの設計における利便性が高まった。また、シミュレーション速度の向上が図られていますので、より早い新製品の市場投入を可能にする。
※LightTools 8.2 に関する詳細は、★こちらのページをご覧下さい。
 
■主な機能強化
 多数の微細構造を配置する3Dテクスチャーが複雑な曲面上にも配置可能にLightTools 8.2では、3Dテクスチャー(光学面上に繰り返し配置される構造物のパターンをモデル化する機能)が曲面においても適用できるようになった。この機能は、照明システムの照射強度と照射分布を改善するために高度な制御方法と設定の柔軟性、操作・計算の速度向上を提供する。例えば、表面上の構造物の数が何百万もの数になってもLightTools は計算速度とパフォーマンスの影響を最小限に留める。さらに、並べられる形状は業界標準の形状を多数用意している。その上で特別な性能や製造上の要件に合わせるために設計者は自分で作成した形状を設定することもできる。この機能は、特に、自動車用照明、ライトパイプ、バックライトディスプレイ、照明器具のための光学素子、LEDカプラー光学素子などにおいて複雑な曲面を利用する製品設計を行う設計者に非常に効果的な機能。
 
■Unified Glare Rating ユーティリティ
 照明器具の設計者・利用者はグレア(眩しさ)を考慮して設計や設置位置の検討を行う必要がある。このグレア(眩しさ)は、照明器具から発する光が人の目に入り眩惑(不快に感じたり眩しくて他が見えない状態)を誘発することがある。そのため、このグレアを評価することは重要だ。LightTools8.2 では、Unified Glare Rating ユーティリティが搭載され、長方形の部屋で所定の観測位置と照明器具の配置におけるランプのおおよそのグレアを評価することができる。Unified Glare Rating ユーティリティはUGR の計算と自動的にグレアレイティングを改善するように照明器具を最適化することができる。このユーティリティは、IES(国際照明委員会)により最新の仕様が提供されている、CIE 190:2010 で定められた標準状態を利用する。
 
■偏光解析の強化
 LightTools 8.2 では、偏光の解析をより速くより簡単に行うように機能強化が行われた。これはデジタルプロジェクターやバックライトディスプレイの解析に特に有効な強化となる。今回の強化により、受光した光線データを出力するときに偏光の情報を含むことができるようになった。これにより、偏光情報をもつ光源の複製を行うことで、シミュレーション時間を節約することができる。また、光源構造の詳細をブラックボックス化した光源データを協力企業様と共有することもできる。
 また、直線偏光成分を確認するための新しい受光器フィルター機能が追加された。これにより、受光器で偏光状態を調査するために、モデル内に偏光部品を作成する必要がなくなる。さらに、何度もシミュレーションすることなく、異なる偏光状態を確認することもできるため、時間の大幅な節約が行える。
※記載されている会社名および製品名は、各社の商標および登録商標です。
 
■シノプシス社について
 Synopsys, Inc.(Nasdaq 上場コード:SNPS)は、グローバル・エレクトロニクス・マーケットでテクノロジ・イノベーションを展開している。そのソフトウェア製品、IP、技術サービスは、エンジニアが直面する設計/検証/システム開発/製造の課題の解決を支援しており、シノプシス社は電子設計自動化(EDA)ならびに設計資産(IP)のリーディング・カンパニーとなっている。1986年の創業以来、世界中のエンジニアがシノプシス社のテクノロジを使用して、何十億もの半導体やシステム機器を設計開発している。
※シノプシス社に関する詳しい情報については、★こちらのWebサイトをご覧ください。
サイバネットシステム株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56316

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月17日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3Dプリンタ組立てイベントを全国で同時開催」です。

次のブログ記事は「「Syncsort DMExpress」新版7.15を提供開始 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。