LTE端末検証に対するKDDI認定試験サービス開始

| コメント(0) | トラックバック(0)

 米国の第三者安全科学機関であるUL Inc.(UL、本社:イリノイ州ノースブルック)の日本法人 株式会社UL Japan(UL Japan、三重県伊勢市)は、KDDI株式会社/KDDI CORPORATIONの認定を受け、同社のLTE端末検証評価試験を開始したと発表した。UL Japanは、KDDIシミュレーター認定試験所として、スマートフォン、モジュール、チップセット等を含むKDDI端末のシグナリング評価試験サービスを9月8日から開始している。この試験は携帯端末と基地局との接続性評価を目的とした試験で、第三世代携帯電話の無線アクセス方式の一つであるCDMA2000及びLTEを評価する。

 
 今回、KDDIシグナリング評価試験が提供サービスに加わることにより、日本電波法登録証明機関、日本電気通信事業法登録認定機関でもあるUL Japanは、国内法規対応、FCC/IC (米国・カナダ)、R&TTE (欧州)、各国電波法規対応をはじめ、世界に広がるULのグローバル・ネットワークを活用し、3GPP、CTIA、GCF、PTCRBまでワンストップサービスを、国内外のお客様へ提供できるようになった。
サービス名称:KDDILTE端末評価試験
試験所:株式会社UL Japan湘南EMC試験所(〒259-1220 神奈川県平塚市めぐみが丘1-22-3)
UL Inc
株式会社UL Japan

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56334

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月18日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小規模クリニック向け廉価版健康診断支援システム」です。

次のブログ記事は「QuartusII 開発ソフトウェア v14.1リリース 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。