賃貸住宅市場レポート 首都圏版/関西圏/中京圏版

| コメント(0) | トラックバック(0)
タス・東京都.jpg

 不動産評価Webサイト「TAS-MAP」を運営する株式会社タス/TAS Corp.(東京都中央区、代表取締役社長:立野 良太郎)は、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年11月」および「賃貸住宅市場レポート 関西圏・中京圏版 2014年11月」を発表した。首都圏版では「東京都で2030年頃から高齢者住宅問題が顕在化する可能性」および「2014年9月期の1都3県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率、賃料指数)」を掲載している。また関西圏・中京圏版では「市場競争力の低い20m2未満の賃貸住宅(京都府)」および「2014年9月期の関西圏・中京圏賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率、賃料指数)」を掲載している。これらの分析はアットホーム株式会社から提供を受けた、アットホーム全国不動産情報ネットワークに公開された情報若しくは成約状況を用いて行われている。画像:東京都持ち家単独世帯数と借家単独世帯数の推移

 
※詳細PDF:「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年11月」★こちら
※「賃貸住宅市場レポート 関西圏・中京圏版 2014年11月」★こちら
 
■首都圏版の概要
(1) 東京都で2030年頃から高齢者住宅問題が顕在化する可能性
 東京都の民間借家単独世帯(25歳以上49歳未満)の約22%、約23万世帯が非正規の職員・従業員で年収300万円未満であると推定できる。非正規の職員・従業員の比率は増加傾向にあるので、年収300万円未満の貸家単独世帯数も増加傾向にあると考えられる。また、これらの世帯は、十分な金融資産を有していない世帯が多く含まれると思われる(※金融広報中央委員会の家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]平成26年調査結果によると、金融資産の保有額の中央値は75万円)。これらの世帯が高齢者世帯となっていく2030年頃から、高齢者の住宅問題が顕在化してくる可能性がある。
(2) 2014年9月期1都3県賃貸住宅指標
 首都圏のマンション系空室率TVIは、千葉県で微減、東京市部・埼玉県で増加、東京23区・神奈川県で微増となりました。東京都では、アパート系空室率TVIは改善の兆しがあるものの、マンション系空室率TVIの悪化が継続している。
 賃料指数は、神奈川県が前期比上昇、東京23区が前期比横ばい、東京市部、埼玉県、千葉県が前期比下降となった。
【東京都】
 <全域>
空室率TVI(ポイント)  : 12.46
募集期間(ヶ月)    : 2.90
更新確率(%)     : 46.59
中途解約確率(%)   : 36.42
賃料指数(2004年1Q=100):100.08
 <23区>
空室率TVI(ポイント)  : 12.09
募集期間(ヶ月)    : 2.87
更新確率(%)     : 46.05
中途解約確率(%)   : 36.88
賃料指数(2004年1Q=100):100.78
 <市部>
空室率TVI(ポイント)  :16.02
募集期間(ヶ月)    : 3.07
更新確率(%)     :48.80
中途解約確率(%)   :35.03
賃料指数(2004年1Q=100):97.34
【神奈川県】
空室率TVI(ポイント)  :13.03
募集期間(ヶ月)    : 3.38
更新確率(%)     :47.08
中途解約確率(%)   :36.37
賃料指数(2004年1Q=100):98.53
【埼玉県】
空室率TVI(ポイント)  :15.79
募集期間(ヶ月)    : 3.30
更新確率(%)     :46.80
中途解約確率(%)   :36.71
賃料指数(2004年1Q=100):99.25
【千葉県】
空室率TVI(ポイント)  :12.68
募集期間(ヶ月)    : 3.39
更新確率(%)     :48.55
中途解約確率(%)   :36.66
賃料指数(2004年1Q=100):99.51
(出所)データ提供:アットホーム株式会社
    分析   :株式会社タス
※詳細はPDFファイルをご参照ください。「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2014年11月」★こちら
※なお、バックナンバーは★こちらのページから取得可能です。
 
2.関西圏・中京圏版の概要
(1) 市場競争力の低い20m2未満の賃貸住宅(京都府)
 京都府において、20m2未満の賃貸住宅の約95%は築10年以上であり、新規供給の著しい単身者向け賃貸住宅市場において、老朽化により市場競争力が低くなった物件が多くなっている。学生の街京都においては、他の都府県よりも更新確率は低くなっている。その中でも、21~60m2の賃貸住宅の更新確率は概ね25%であるのに対し、20m2未満の賃貸住宅の更新確率は約10%と低い値となっている。仮に残りの90%の半分が毎年入れ替わるとすると、20m2未満の賃貸住宅の募集期間は2014年6月時点で約5.8ヶ月ですので、空室損失およびテナント募集費用として、満室想定年間収入の約22%が毀損することになる。空室率TVIにおいても、20m2未満の物件の空室率は最も高い値となっており、厳しい市場環境にさらされていることがわかる。
(2) 2014年9月期 関西圏・中京圏賃貸住宅指標
 関西圏のマンション系空室率TVIは、大阪府と兵庫県で横ばい、京都府で増加となった。特に京都府のマンション系空室率が悪化している。中京圏では、マンション系、アパート系共に空室率TVIが微減となった。賃料指数は、愛知県で前期比横ばい、それ以外の地域で前期比上昇となった。
【大阪府】
空室率TVI(ポイント) : 7.56
募集期間(ヶ月)   : 4.63
更新確率(%)    : 33.44
中途解約確率(%)  : 54.24
賃料指数       :101.02
(関西圏:2009年1Q=100、中京圏:2010年4Q=100)
【京都府】
空室率TVI(ポイント) : 13.61
募集期間(ヶ月)   : 5.58
更新確率(%)    : 26.98
中途解約確率(%)  : 60.07
賃料指数       :101.36
(関西圏:2009年1Q=100、中京圏:2010年4Q=100)
【兵庫県】
空室率TVI(ポイント) : 11.30
募集期間(ヶ月)   : 5.10
更新確率(%)    : 21.33
中途解約確率(%)  : 67.04
賃料指数       :103.55
(関西圏:2009年1Q=100、中京圏:2010年4Q=100)
【愛知県】
空室率TVI(ポイント) :15.42
募集期間(ヶ月)   : 5.41
更新確率(%)    :27.59
中途解約確率(%)  :54.35
賃料指数       :99.13
(関西圏:2009年1Q=100、中京圏:2010年4Q=100)
【静岡県】
空室率TVI(ポイント) :22.76
募集期間(ヶ月)   : 6.48
更新確率(%)    :29.48
中途解約確率(%)  :54.58
賃料指数       :97.36
(関西圏:2009年1Q=100、中京圏:2010年4Q=100)
※詳細はPDFファイルをご参照ください。「賃貸住宅市場レポート 関西圏・中京圏版2014年11月」★こちら
※なお、バックナンバーは★こちらのページから取得可能です。
株式会社タス

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56008

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月 4日 14:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【横浜】「猫のダヤン ヨールカナイトシアター」開催」です。

次のブログ記事は「「Vシリーズ セーフティユニット」新発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。