最先端技術の研究開発センター機能確保へ買収

| コメント(0) | トラックバック(0)

 ベアリング・リテーナー・コンベア及び自動制御装置等を手掛ける、中西金属工業株式会社/Nakanishi Metal Works Co., Ltd.(大阪市北区、取締役社長:中西 竜雄)は2014年10月1日、エレクトロニクス分野の専門商社であるイーグローバレッジ株式会社/ E-Globaledge Corporation(東京都目黒区、代表取締役社長齊藤 典男)を買収した。買収の目的は、イーグローバレッジ社を「専門性・特殊性の強い限定された商材の商流(研究開発~汎用流通)に深く食い込む先端技術系専門商社」として捉え、中西金属工業の将来的な「最先端新規技術に関わる営業・技術一体となった研究開発センター」機能として位置付ける考え。

 
 イーグローバレッジ株式会社は、世界各地に拠点を展開。エレクトロニクス分野の専門商社として、さまざまなセールス&マーケティングを果たしているだけでなく、近距離無線通信とイメージング分野を主領域とした組込ソリューションを自社にて開発している、技術開発機能を持ち合わせている会社。
 中西金属工業は同社の手掛ける「ストレージ」「放送機器」「高品質カメラ」など、次世代型最先端技術として今後の成長が期待される商材と、MRIなどの医療用機器やX線装置、産業用検査装置など、まだまだ研究開発段階ではあるものの中長期的な可能性を秘めた領域をカバーする同社の経営基盤を吸収し、情報面・人材面でも最先端技術にフォーカスした経営強化を狙っている。
 中西金属工業は工業製品メーカーとして90年の経験と実績を誇る会社だが、築きあげた地盤に甘んじることなく、今後とも常に新しい挑戦と実践を行っていくとしている。
イーグローバレッジ株式会社
中西金属工業株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56027

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月 5日 07:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「超時空世紀オーガススペシャルトークショー」です。

次のブログ記事は「超音波金属溶接機『SW-3500-20/SH-H3K7』発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。