音声認識利用 看護/介護用「見守り呼びかけシステム」

| コメント(0) | トラックバック(0)
コンテック・介護.jpg

 株式会社コンテック/Contec Co.,Ltd.は、音声認識を応用した、看護・介護用の「見守り呼びかけシステム」技術を2014年12月に開発した。患者・要介護者の安全・安心向上を図るとともに、看護・介護従事者の負担を軽減する技術。65歳以上の高齢者人口は3000万人を超え、総人口の4分の1を占めるようになった。これに伴い、2020年には、さらに100万人の看護・介護従事者が必要になるといわれ、高齢者向け医療・介護サービスの需要がますます増加している。医療・介護サービスの需要増加に対応するために、看護・介護の現場では、高齢者の転倒防止などの安全対策とともに、看護・介護従事者の業務負担の軽減が重要な課題となっており、ICTを用いたソリューションに期待がかかっている。

 
 同社は、この課題を解決するために、音声認識などのICT技術を駆使し、「見守り呼びかけシステム」技術を開発しました。患者・要介護者の行動をリアルタイムに見守り、転倒などの危険な動きを未然にキャッチ、声かけを自動的に行うと同時に、看護・介護従事者に通報するシステム。この技術は、医療・介護施設での活用だけでなく、在宅看護への応用も期待できる。
 同社は、本技術を利用したシステムの商品化に向けて研究開発を進めるとともに、得意とするICT技術を駆使して、高齢化社会における看護・介護支援を提供していく。すでに実績のある「ベッドサイド端末システム」や医療機器組み込み用のコンピュータなどに加えて、医療・介護ソリューションのラインアップを強化し、医療・介護分野を新たな事業の柱として育てていく予定としている。
 
■主な特長
・患者・要介護者の行動に対して、自動で応答
 起床・離床などのセンサで、患者・要介護者の危険な行動を検知、音声を自動で認識して「呼びかけ」や「注意喚起」を行う。
・起床・離床時の瞬間をキャッチ
 起床、離床した時の画像を、看護・介護従事者に送信、「その時、その場」の状態を把握できる。
・行動パターンに応じた通報
 行動パターンに応じた通報を看護・介護従事者に行う。状況に応じた行動ができるため患者・要介護者への適切な看護・介護が図れると同時に業務負担が軽減される。
・会話履歴を蓄積
 音声認識にて取得した患者・要介護者の会話内容を蓄積し、履歴を活用することができる。それぞれの患者・要介護者に応じた、看護・介護ケアプランの作成に役立つ。
※本技術の成果の一部を特許出願している。コンテックは、ISO13485(医療機器の品質保証のための国際標準規格)の認証を取得している。
株式会社コンテック

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56291

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月16日 08:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「eBook「大きなビジネスを生み出す中小中堅企業」」です。

次のブログ記事は「プレジデント家具「PYシリーズ」新発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。