「手動+電動」ハイブリッド式断裁機 新発売

| コメント(0) | トラックバック(0)
ライオン事務器・裁断機.jpg

 株式会社ライオン事務器/LION OFFICE PRODUCTS CORP.(東京都中野区、代表取締役:福井 資)は、「ハイブリッド式断裁機 PC-A3HB」を1月13日に新発売する。新開発の手動ハンドルに電動アシスト機能を搭載した「手動+電動」構造によるハイブリッド式の事務用断裁機。電動(刃物駆動)+手動(ハンドル操作)による従来とは全く異なる切断機構を採用した断裁機。刃が小刻みに左右に動いて断裁するので、ハンドル操作には従来の手動式事務用断裁機のような力は不要。PPC用紙だけではなく、再生紙や藁半紙等も断裁可能。(断裁時間:PPC用紙200枚で約27秒、300枚で約40秒)

 
■安全性にも十分配慮
 ハンドルは両手でハンドルグリップを握り安全ロックを解除しないと操作できない安全設計。また、排紙テーブル側には透明樹脂製の安全カバーを設けており、カバーを閉めないと刃が作動しないようになっている。
 
■使用方法
・1.用紙のセット
 断裁する用紙の端を揃えてマシンテーブルにセットする。断裁位置をLEDによって表示するので、位置合わせがスムーズに行える。
・2.断裁開始
 用紙をマシンテーブルにセットしたら、排紙テーブル側の透明樹脂製安全カバーが降りていることを確認。両手でハンドルグリップを握り安全ロック装置を解除した後、ハンドルを上方向にゆっくりと操作して刃を降ろす。
・3.断裁中
 ハンドルを上方向にゆっくりと操作し、刃が用紙に当たると、刃が小刻みに左右に動き始め断裁を開始する。
・4.断裁完了
 断裁が終了したら刃の動作が止まるので、両手でハンドルグリップを握り安全ロックを解除してから、ハンドルを下方向に止まるまで操作し、ハンドルグリップの安全装置が掛かり止まれば断裁完了。
 
■ラインアップ
注文番号 品名            品番 本体価格(税抜)
209-80 ハイブリッド式断裁機 本体 PC-A3HB  \298,000
209-81 ハイブリッド式断裁機用替刃 PC-A3HB用  \49,800
209-82 ハイブリッド式断裁機用受木 PC-A3HB用  \7,000
※表示価格は税抜価格です。
 
■仕様
サイズ・質量:W650×D590×H290mm・19kg
断裁幅:最大430mm(A3判長辺サイズ)・最小50mm
断裁能力:PPC用紙300枚※64g/㎡のPPC用紙を使用した場合の目安です。再生紙の場合は若干少なめになります。
電源: ACアダプター(DC24V 3.0A)
ハンドルグリップ一体型安全ロック装置・マグネット式紙あて定規付
LEDカットライン表示機能付
※価格・仕様はリリース発信時のものです。
発売日:2015年1月13日
※商品紹介ページ:★こちら
株式会社ライオン事務器

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56332

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月18日 11:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「QuartusII 開発ソフトウェア v14.1リリース 」です。

次のブログ記事は「食を極める大人が集う『彩海(さいかい)』」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。