時間/空間統合分析プラットフォーム提供開始

| コメント(0) | トラックバック(0)
PI Integrator for Esri ArcGIS.jpg

 OSIsoftジャパン株式会社/OSIsoft Japan KK(東京都港区、代表取締役社長:安並 裕)は、リアルタイムデータ・イベント管理システム「PISystem(TM)」と米Esri社が提供する地理情報システム「Esri ArcGIS(R)」とのシームレスな連携を実現する時間・空間統合分析プラットフォーム「PI Integrator for Esri(R) ArcGIS(R)」をリリースしたと発表した。これにより、今までは困難とされてきた設備データ(設備・工場内の温度や圧力、電圧等の多種多様なデータ)とその位置情報の統合的な分析・可視化が開発作業をすることなく、設定ベースで容易に実現できるようになった。

 
※「PI Integrator for Esri ArcGIS」★こちら
 
■概要
 2013年4月18日に発表された米OSIsoftと米Esriの時間と空間の統合というコンセプトの基に締結されたパートナーシップに伴い、各社が提供する「PI System」と「Esri ArcGIS」を連携させる時間・空間統合分析プラットフォーム「PI Integrator for Esri ArcGIS」を開発し、提供開始した。これにより、時系列データと地理データを統合して分析・可視化することが可能となる。特別なITスキルを要せずに地図上でのリアルタイムデータ表示、対話的なヒストリーデータの表示・分析などが容易に実現できる。
 今後は運輸、運送、農業から環境、防災まであらゆる業界にてエネルギー管理、設備資産管理、ビッグデータやプローブデータ管理・分析から予防保全などへ活用されることが期待される。
 
■特長
1. 時間と空間を統合した分析プラットフォームの実現
 ・地図上にリアルタイムデータを色別表示
 ・ユーザー自身による容易な画面開発
 ・過去データの自由なグラフ表示
 ・豊富な地理空間分析機能(範囲選択によるデータ処理など)
 ・地図上で時々刻々の変化を動的に表現
2. 時系列データベースをコアとしたビッグデータ対応プラットフォーム
 ・Performance(圧倒的なデータI/O性能、1秒あたり~1千万イベント処理)
 ・Scalability(容易なポイント追加、1サーバで2千万ポイント以上管理可能、長期間にわたる過去データ保管)
 ・Extensibility(拡張性、柔軟なアプリ実装)
 ・Easy Maintenance((データとアプリの分離、高い保守性、運用の容易さ)リアルタイムデータ・過去データを設定ベースでGISへ連携(ITプロフェッショナル不要、一般ユーザーで設定可能))
 
■OSIsoftについて
 OSIsoftはオペレーション情報管理の世界的なリーティングカンパニー。製品の「PI System」はセンサーデータ、オペレーション、ヒトを繋ぎ、エンタープライズ・インフラストラクチャとしてリアルタイムで即断・即行動を実現する洞察力を提供する。OSIsoftは流れ続けるデータをビジネスの充実と適正化をもたらす力に変え、石油探索、抽出、生産、発電など、プロセス産業や組立産業をはじめ、流通業、サービス産業などさまざまな業界のビジネスに貢献している。OSIsoftのお客様は30年以上にわたり、プロセスや品質、資産設備、エネルギー、安全などの管理からコンプライアンス遵守やセキュリティまで「PI System」を活用してきている。
 OSIsoftは1980年設立、株式は非公開。米国カリフォルニア州サンレアンドロに本社をおき、グローバルにビジネスを展開している。詳細はWebサイトをご覧ください。日本法人はOSIsoftジャパン株式会社。
OSIsoftジャパン株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56438

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月22日 11:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「環境/子ども/アフリカで活動するNPO/NGOを支援」です。

次のブログ記事は「ミレニアム 三井ガーデンホテル 東京 オープン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。