都市型マンションに住みながら離れて暮らす親を見守る

| コメント(0) | トラックバック(0)

 マンション管理組合向けコミュニティサイト「コラボ」において、親と離れて暮らすマンション居住者向けのサービスとして、会話型見守りサービス「つながりプラス」を12月24日(水)から提供を始める。現在、日本においては核家族化に伴い、親世帯と子世帯が分かれて暮らすことが多数派となっている。特に都市部に住む子世帯と地方に暮らす高齢者世帯の組み合わせが増えている。中でも都市部のマンションに住む子世帯は親を呼び寄せたくても物理的に難しい、親もそれを望まないといった問題がある。そこで、株式会社ディグアウト/DigOut,inc.(東京都中央区)と株式会社こころみ/cocolomi co.,ltd.(東京都渋谷区)は新たに業務提携し、親と離れて暮らすマンション居住者向けのサービスを始める。これは、株式会社ディグアウトが運営するマンション管理組合向けコミュニティサイト「コラボ」において、株式会社こころみによる会話型見守りサービス「つながりプラス」を12月24日(水)から提供開始するもの。

 
 会話型見守りサービス「つながりプラス」は、離れて暮らす一人暮らしの親を持つご家族を対象に、会社勤めなどで忙しく働く世代を応援するサービス。一方でマンション管理組合向けコミュニティサイト「コラボ」の利用者も東京を中心とする都市部に多く、一人暮らしの親が地方や郊外に離れて暮らしているケースが少なくない。このため、「コラボ」利用者に生活支援サービスの一環として「つながりプラス」を特別価格で提供するほか、「一人暮らしの親御さんを持つご家族向け電話相談サービス」も無料で提供する。これにより「コラボ」ユーザーは、“都市型マンションに住みながら離れて暮らす親をサポートする”ことが可能になる。
 なお、両社は今後連携を強化し、将来的にはマンションに住む一人暮らし高齢者ご本人向けサービスや、「コラボ×つながりプラス」の不動産事業者向けサービスの提供などを計画している。
 マンション管理組合向けコミュニティサイト「コラボ」は、インターネットを使った集合住宅内での情報共有システムで、マンション居住者専用のコミュニティサイトを簡単に作成することができ、「コミュニティ形成支援」、「マンション管理活動支援」、「生活支援」の3つのコラボレーションを提供している。
 「つながりプラス」は一人暮らしの親御さんに担当コミュニケーターが毎週2回お電話し、お電話の内容をその都度ご家族にメールでレポートする会話型の見守りサービス。会話内容をそのままレポートするため親御さんの暮らしぶりなどご家族が気になる情報が伝わる。
 「一人暮らしの親御さんを持つご家族向け電話相談サービス」は、離れて暮らす親御さんが自立した生活を送るための支援サービスを、ご家族のお悩みやお困りごとに合わせて紹介する。
 
■「Collabo」サービス概要
【特徴】
・居住者同士だけで記事投稿し情報交換することが可能(不用品のリサイクルやお困りごとの共有など)
・居住者同士のサークルや委員会を作成し情報共有、交換
・パソコンだけではなく携帯電話やタブレットから共用施設予約
・約200以上の大規模マンションにてサービスを提供(実績)
【お問い合わせ】
株式会社ディグアウトCOLLABO事業部 TEL:03-3561-5663 ※★こちら
 
■「つながりプラス」サービス概要
【料金】※価格はすべて税別、通常料金
入会金:10,000円 *サービス登録料、初回訪問、事前相談を含む
月額利用料;8,000円 *コミュニケーターによる毎週2回の親御さんへの電話と、その都度のご家族への報告レポート
オプション:
・安心駆け付けサービス(提供:セントラル警備保障株式会社) 2,500円/月
・安心相談サービス(提供:ダイヤル・サービス株式会社) 500円
・認知症早期発見スケール 2,000円/月
*ご本人にいっさい気づかれることなく認知症の傾向を把握し、毎月レポート
 <コラボ利用者特典>
・「つながりプラス」を入会金無料、月額利用料3か月無料で利用可能
・「一人暮らしの親御さんを持つご家族向け電話相談サービス」を無料で利用可能
【お問合わせ】0120-042-488(平日9時~18時)※★こちら
株式会社ディグアウト
株式会社こころみ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56540

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月26日 17:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『神社YELL(エール)プロジェクト』初カタログ発刊」です。

次のブログ記事は「スマホで“いつでもどこでも”石原裕次郎の名曲を」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。