フルキャスト調べ「イマドキ女性のワークスタイル」

| コメント(0) | トラックバック(0)

 株式会社フルキャストホールディングス/FULLCAST HOLDINGS CO., LTD.(東京都品川区、代表取締役社長CEO:坂巻一樹)は、「イマドキ女性のワークスタイルとお金のやりくりに関する調査」を2014年11月24日~11月25日の2日間において20歳~49歳の女性にモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により実施し、1,000名の有効サンプルを集計した。調査協力機関はネットエイジア株式会社/Net Asia Co., Ltd.まず、20歳~49歳の女性1,000名(全回答者)の、仕事に対する意識や考え方を探った。ワーク・ライフ・バランスの意識について、≪育児の時間を大切にしながら働きたい≫の同意率(「そう思う」と「どちらかといえばそう思う」の合計、以下同様)は85.8%、≪パートナーとの時間を大切にしながら働きたい≫の同意率は86.3%で、ともに8割半となり、ワーク・ライフ・バランスを大切にしたいと考えている女性は多いことがわかった。

 
 ワーク・ライフ・バランスの実現に向けたひとつの在り方として、短期就業や副業で収入を得るという選択肢があるが、それらに関する意識についても質問した。同意率は、≪時短勤務で働きたい≫では7割半(76.5%)、≪都合の良い時に限定して働きたい≫では8割強(82.9%)、≪急に空いた時間を活用して、小遣い稼ぎをしたい≫では9割(89.2%)、≪収入の足しにするため、副業で稼ぎたい≫では9割弱(86.7%)で、いずれも4人に3人以上の割合となった。
 専業主婦は、≪時短勤務で働きたい≫の同意率が9割弱(88.0%)、≪都合の良い時に限定して働きたい≫の同意率が9割強(92.3%)に達した。専業主婦の多くは、自分の都合に合うタイミングに短時間で働ける仕事を求めているようだ。
 時短勤務や、自身の都合に合わせて働くことを望む女性が多いことがわかったが、それらが実現すれば、女性の活躍は促進されると考えられているのだろううか。女性の活躍促進に関する意見について、≪女性の活躍促進には、就業スタイルを柔軟に選べることが重要だ≫の同意率は9割半(95.8%)となった。また、≪女性の活躍促進には、時短勤務の機会が豊富であることが重要だ≫の同意率は9割(90.4%)だった。
 この年末年始のイベント等に、いくらぐらいお金を使う予定なのだろうか。全回答者(1,000名)に、予算を聞いた。まず、年内のイベントとして、≪忘年会≫の予算について、お金を使う予定・参加する予定がないとする「0円」は48.5%となった。0円以外での最多回答は「5,000円以上~10,000円未満」(20.6%)だった。「20,000円以上」との回答も5.3%みられ、また、0円と回答した方を除いた平均予算は8,202円だった。
 次に、≪クリスマスプレゼント≫の予算では、「0円」は34.5%で、0円以外では、「5,000円以上~10,000円未満」(20.8%)と「10,000円以上~20,000円未満」(22.7%)が他の金額帯よりも高い割合となり、0円と回答した方を除いた平均予算は10,476円となった。続いて、年始のイベントでは、≪お年玉≫の予算について、「0円」は48.2%で、0円以外では、「10,000円以上~20,000円未満」(17.8%)の割合が最も高くなり、次いで「5,000円以上~10,000円未満」(10.6%)が続き、0円と回答した方を除いた平均予算は15,041円だった。
 ≪初売り・福袋≫については、「0円」は67.7%で今回聴取した中で最も高い割合となった。0円以外では、「10,000円以上~20,000円未満」(12.1%)が最多回答となり、他方、わずかながら「50,000円以上」(1.7%)との回答もみられた。年始早々、お買い物を目一杯楽しむ予定の方もいるようだ。0円と回答した方を除いた平均予算は14,511円だった。≪新年会≫の予算としては、「0円」は62.9%で、0円以外では、忘年会と同じく「5,000円以上~10,000円未満」(16.6%)の金額帯が最も高い割合となり、0円と回答した方を除いた平均予算は7,713円となった。
 今年の年末や来年に向けて、お金のやりくりプランを練っている方もいるのではないでしょうか。全回答者(1,000名)に、年末年始のお金の使い方・来年の稼ぎ方に関する意識について聞いた。年末年始の消費に関する項目では、≪今年の年末は昨年よりも消費意欲が高い≫の同意率(「非常にあてはまる」と「ややあてはまる」の合計、以下同様)は2割(20.7%)、≪年末年始でお金を使い過ぎて1月は金欠になることが多い≫の同意率は5割(49.2%)となった。
 来年の支出や収入に関する項目では、≪ネット通販の“新春セール”を楽しみにしている≫では、同意率は2割強(23.2%)でした。また、≪来年はもっとお金を使いたい≫は同意率が3割強(32.8%)となり、約3人に1人が来年の支出増に意欲的であることがわかった。
 ≪来年は短期の就業や副業でもっと稼ぎたい≫では、同意率は7割弱(68.2%)に達した。来年は、短期就業や副業をすることでよりお金を稼ごうとする方が増えるかもしれない。
 
■お金のやりくりについての意識と実態
 日々のお金のやりくりで何か困った状況に陥ったり、大変な思いをしたりすることはあるだろうか。全回答者(1,000名)に、お金のやりくりに関するいくつかのシチュエーションについて聞いた。
 ≪お金のやりくりのことで、ストレスが溜まる≫について、『ある』(「よくある」と「時々ある」の合計、以下同様)の割合は7割(71.2%)となった。お金のやりくりが精神的な負担になるという方は多いようだ。また、≪お金のやりくりのことで、パートナーと喧嘩する≫について『ある』は27.3%、≪お金のやりくりのことで、パートナーに冷たくする≫について『ある』は25.9%と、いずれも4人に1人が『ある』と回答している。お金のやりくりが原因で、パートナーとの関係に良くない影響が生じることのある方は少なくないようだ。
 では、お金のやりくりに困った際の対応策として、どのようなことを行うことがあるのだろうか。
 ≪お金のやりくりに困り、食費を切り詰める≫では『ある』割合は6割強(61.9%)、≪お金のやりくりに困り、急に仕事を探す≫では『ある』割合は2割半(24.5%)となった。持ち物を売る、という対策を取る方もいるようで、≪お金のやりくりに困り、ネットオークションで何かを売りに出す≫では、6人に1人(17.5%)が『ある』と回答した。加えて、≪お金のやりくりに困り、クルマや金融資産などを売却する≫でも、6.9%が『ある』と回答し、1割弱の方が、クルマや、株式のような金融資産などを手放す決断をしていることがわかった。
 また、お金を工面するために自身やパートナーが何らかの努力・負担をすることが『ある』割合は、≪お金のやりくりに困り、自身やパートナーが残業を頑張る≫では3割弱(27.8%)、≪お金のやりくりに困り、自身やパートナーが副業を頑張る≫では2割半(26.2%)、≪お金のやりくりに困り、自身やパートナーの小遣いをカットする≫では4割(39.1%)となった。お金のやりくりという切実な問題に直面した時、夫婦で協力して乗り切っているという方も少なくないようだ。ほかに、『ある』割合は、≪お金のやりくりに困り、へそくりを使う≫で4割半(44.3%)、≪お金のやりくりに困り、お金を借りる≫で1割半(15.0%)となり、せっかく貯めておいたへそくりをやむを得ず使ってしまう方や、お金を借りることで急場をしのいでいる方もみられた。
 やりくりに苦慮している方もいる中、生活に直結する消費税が、今年(2014年)4月に8%へ増税されたことはまだ記憶に新しいところだ。また、10%への増税に関する議論も進行中。そこで、全回答者(1,000名)に、増税と出費に関して質問を行った。
 まず、≪今年4月の消費税増税後に見直した出費≫について聞いたところ、最多回答となったのは「日々の食事」(51.9%)で、過半数が見直しをしたことがわかった。次いで「スイーツ・お菓子」(40.7%)、「ファッション」(33.9%)、「化粧品」(27.4%)が続き、5位に「水道光熱費」(25.3%)、6位に「ケータイ料金」(21.3%)といった固定費が入った。
 続いて、≪次の消費税増税後に見直すと思う出費≫について聞いたところ、こちらもトップは「日々の食事」(52.3%)となった。また、今年4月の増税後に見直された割合よりも、次の増税後に見直すと思う割合のほうが高かった項目についてみると、「水道光熱費」(35.7%)、「ケータイ料金」(27.4%)、「旅行」(19.5%)、「お祝い・プレゼント」(12.9%)、「クルマの維持費」(12.8%)といった項目で差がみられた。次の増税は、固定費や娯楽費だけでなく、祝福や感謝の気持ちを表すプレゼントにもより大きく影響する可能性が垣間見えた。
 様々な対策を講じて何とかお金をやりくりしているという方は、上手なやりくりを教えてもらえたら嬉しいのではないでしょうか。そこで、全回答者(1,000名)に、賢いお金のやりくりの方法を教えてくれそうなイメージがあるタレントを、男女それぞれ1名ずつ挙げてもらいました。
男性タレントで1位となったのは、テレビ等で数々の倹約家エピソードを披露している「春日俊彰さん」(69件)だった。以下、2位には「坂上忍さん」(60件)、3位には「タモリさん」(41件)がランクインした。女性タレントでは、家事商品のプロデュースなども手掛ける女優、「松居一代さん」(124件)がダントツで1位となった。次いで、「北斗晶さん」(88件)、「松本明子さん」(67件)が続いた。
 
■新たな働き方の選択肢
 やりくりをうまくすることも大事ですが、同時に、どのように仕事をしてお金を得るか、ということも重要です。そこで、インターネットを活用した働き方に関する意識について質問した。≪ネットを活用して自宅でも仕事がしたい≫では、同意率(「そう思う」と「どちらかといえばそう思う」の合計、以下同様)は8割弱(78.4%)、≪ネットを活用して簡単に好条件の仕事を探したい≫の同意率は8割(81.1%)となりました。≪SNSを活用して仕事でのつながりを充実させたい≫の同意率は他の項目より低く、4割(39.0%)となり、SNSに仕事を持ち込むことに抵抗のある方もいることが窺えた。
 また、近年、テレビでも放映され注目を集め始めている“クラウドワーキング”について、説明(※2)を加えた上で質問を行いましたところ、≪クラウドワーキングというスタイルで働いてみたい≫の同意率は、7割(69.6%)に達し、クラウドワーキングへの興味・関心の高さが窺えた。
※2:次のように説明:発注者(企業など)がネット上で受注者(個人など)を公募(=クラウドソーシング)している仕事をこなすことで収入を得る働き方。受発注から納品まで全てネットを介して行われるため、完全に在宅での仕事が可能。
 今回の調査では短期就業や副業を希望する女性が多いことがわかったが、短期就業や副業で収入を得た場合、イマドキの女性はどのようなことに使いたいと考えているのだろうか。全回答者(1,000名)に、短期就業や副業によって、30万円を臨時収入として得た場合の使い道について聞いたところ、最多回答となったのは「貯金をする」(76.2%)で、4人に3人が、臨時収入があったら貯金に回そうと考えていることがわかった。以下、「おいしいものを食べる」(48.7%)、「旅行をする」(47.2%)、「洋服を買う」(44.7%)、「化粧品を買う」(22.5%)、「遊園地・テーマパークに遊びに行く」(22.2%)のように娯楽やおしゃれに使ったり、「親孝行をする」(29.3%)、「子どもの教育費に使う」(22.2%)のように親や子どものために使う、という回答が上位となりました。そのほか、「漫画や小説を買う」(13.9%)、「映画を見に行く」(11.7%)、「ゲームを買う」(9.7%)など、インドアな娯楽に使うという回答も1割前後みられた。
 同居している子どもの年齢別にみると、「子どもの教育費に使う」と回答している割合は、13歳未満の子を持つママで52.6%、13歳~18歳未満の子を持つママで59.0%と、過半数に達した。さらに、来年10月予定の消費税増税が延期されたら(※3)当面増やしたいと思う出費についても聞いたところ、トップは「日々の食事」(18.4%)となり、以下、「旅行」(12.9%)、「ファッション」(12.7%)、「スイーツ・お菓子」(11.9%)、「友達との付き合い」(9.7%)が続いた。
※3:調査実施前には、10%への消費税増税を延期する発表がありました。
 有職者(612名)に、今の仕事で不満に思うことについて聞いたところ、上位2項目に「給料が少ない」(58.0%)、「給料が上がらない」(42.3%)といった給料に関する不満が挙がった。また、3位には「職場の人間関係が悪い」(22.1%)、5位には「相談できる上司がいない」(15.4%)が入り、職場における“人”に関する不満も上位項目となった。
 では、どのような人と働けたらいいなと思われているのだろうか。全回答者(1,000名)に、もし、クリスマスシーズンに、短期の就業や副業で一緒に働くことができたら夢みたいだと感じるタレントを、男女それぞれ1名ずつ挙げてもらった。男性タレントとして1位になったのは、先日結婚を発表した「向井理さん」(66件)、2位は「福山雅治さん」(52件)、3位は「福士蒼汰さん」(34件)だった。女性タレントとして1位になったのは、「綾瀬はるかさん」(65件)でした。以下、2位は「ローラさん」(35件)、3位は「天海祐希さん」(30件)だった。
 
■調査概要
調査タイトル:イマドキ女性のワークスタイルとお金のやりくりに関する調査
調査対象: ネットエイジアリサーチのモバイルモニター会員を母集団とする20歳~49歳の女性
調査期間:2014年11月24日~2014年11月25日
調査方法:インターネット調査(モバイルリサーチ)
調査地域:全国
有効回答数:1,000サンプル(有効回答から性年代がほぼ均等になるよう抽出)(内訳……20代:333名/30代:333名/40代:334名)
実施機関:ネットエイジア株式会社
調査協力機関: ネットエイジア株式会社
株式会社フルキャストホールディングス
ネットエイジア株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56566

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月28日 14:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「明治記念館 2014冬「『和』のイルミネーション」」です。

次のブログ記事は「第7回MOE絵本屋さん大賞2014 MOE2月号発売」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。