もうひとつの『ビリギャル』ストーリー

| コメント(0) | トラックバック(0)
KADO・ビリギャル.jpg

 2013年12月の発売から1周年、累計発行60万部突破、2015年GWの映画公開も決定しているベストセラー『ビリギャル』に続く、母とギャル本人が語るもうひとつの『ビリギャル』ストーリー、『ダメ親と呼ばれても学年ビリの子どもたちを慶應上智に合格させた母の話』(略称『ビリママ』)が、2015年2月27日(金)に発売(予定)となる。『ビリギャル』の次は『ビリママ』!「信じぬく勇気」の物語。あなたの家族にも奇跡を起こす、目からウロコの子育て法!

 
 株式会社KADOKAWA/KADOKAWA CORPORATION.アスキー・メディアワークスブランドカンパニーでは、2014年の各種年間ベストセラーランキングで上位にランクインし、日経MJが発表する2014年の「ヒット商品番付」にもランクインした笑って泣ける感動の実話小説『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信貴・著、以下『ビリギャル』)を発行している。
 このたび、ビリギャルの母・ああちゃんとビリギャル・さやかちゃんが語る、もうひとつのビリギャルストーリー『ダメ親と呼ばれても学年ビリの子どもたちを慶應上智に合格させた母の話』(ああちゃん、さやか(ビリギャル)・著、略称『ビリママ』)の発売が決定した。発売は2015年2月27日(金)を予定している。
 “呪われた家族”とまで呼ばれた崩壊寸前の家庭。憎しみと苦しみにあえいでいた日々の中で、ビリギャル・さやかちゃんの母・ああちゃんは、どんな信念を育てたのか。
 本書は、学年ビリの成績から短期間で慶應義塾大学、上智大学に姉妹を合格させた母による、爆発的に伸びる子どもを育てるための感動ノンフィクション物語です。
家族の真の幸福とは何か? あなたの家族にも奇跡を起こす目からウロコの「気づき」が満載。『ビリギャル』著者・坪田信貴氏による推薦&解説文付きの1冊となる。
 『ビリギャル』は、2013年12月27日の発売以来幅広い層の読者の感動を呼び、テレビ・新聞・雑誌・ウェブなど各種メディアに多数取り上げられた。発売から約1年となった2014年12月26日現在、『ビリギャル』の累計発行部数は60万部に達している。また、女優・有村架純(ありむら・かすみ)主演、監督・土井裕泰、脚本・橋本裕志で映画化も決定しており、2015年5月1日ゴールデンウィークの公開を予定している。
 
■『ダメ親と呼ばれても学年ビリの子どもたちを慶應上智に合格させた母の話』概要
【書名】ダメ親と呼ばれても学年ビリの子どもたちを慶應上智に合格させた母の話
【著者】ああちゃん、さやか(ビリギャル)
【書店発売日】2015年2月27日(金)(予定)
【発行】株式会社KADOKAWA
【プロデュース】アスキー・メディアワークス
 「叱って、叩いては後悔する失敗だらけの子育て。長年の夫婦のいがみあいで、すさんだ家族。それが、どうして大逆転できたのか。苦しみの中でつかんだ子育て法をお伝えします」
《主な登場人物》
・ああちゃん
 本書メイン著者。大阪府出身のお母さん。その生い立ちから、熱い子育て論を持つ。夫との不和と生活苦のなか、子育てをしてきた。
・さやか
 長女。本書共著者。高2の夏まで偏差値30、学年ビリのギャルだったが1年半で慶應義塾大学に合格。ビリギャルとしても有名。
・長男
 さやかの2歳下の弟。幼児の頃はきかん坊だったが、その後、パパに野球のスパルタ教育を受け、挫折して、自暴自棄に。今は経営者を目指す。
・まーちゃん
 次女。さやかの6歳下の妹にして末っ子。幼い頃、体が弱く、不登校気味で、やはり成績は学年ビリだったが、その後、上智大学に合格。
・パパ
 名古屋出身の夫。スポーツ万能。さやか誕生後、脱サラして経営者に。家庭内では孤立し、家族に怒鳴るなど、つらく当たりがちだった。
・坪田信貴先生
 さやかを1年半で慶應義塾大学合格へ導いた塾講師にして、『ビリギャル』著者。1,300人以上を塾で個別指導し、その多くの偏差値を1年で20~40上げてきた、心理学を活かした指導に定評。
 
■関連書『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の概要
【書名】学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話
【著者】坪田信貴
【判型】四六判
【ページ数】320ページ
【定価】本体1,500円+税
【ISBN】978-4-04-891983-8
【発行】株式会社KADOKAWA
【プロデュース】アスキー・メディアワークス
【書店発売日】2013年12月27日(金)
※ビリギャル公式サイト:★こちら
 
■映画『ビリギャル』
【主演】有村架純
【監督】土井裕泰 (『いま、会いにゆきます』『涙そうそう』『ハナミズキ』ほか)
【脚本】橋本裕志 (『テルマエ・ロマエII』ドラマ『ウォーターボーイズ』シリーズほか)
2015年5月1日GW 全国ロードショー
アスキー・メディアワークス BC
株式会社KADOKAWA

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56622

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月30日 22:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「トゥギャッター 2014年の傑作まとめを発表」です。

次のブログ記事は「大人気作品『ビブリア古書堂の事件手帖』最新第6巻」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。