電話による広告効果測定サービス 提供開始

| コメント(0) | トラックバック(0)

 企業向けに総合的なマーケティング支援を行う株式会社オプティマイザー/Optimizer Inc.(東京都港区、代表取締役:田川周作)は、電話から問い合わせがあった顧客がどの広告を見て問い合わせをしてきたのかを特定し、広告効果を分析できるサービス「コールオプティマイザー」の提供を始めた。コールオプティマイザーは、問い合わせや注文の電話をコンバージョン(成果)として広告効果を計測。紙媒体、Web
媒体を問わずキャンペーン毎の反響分析や、検索エンジン連動型広告においてどのキーワードを検索したユーザーが入電に至ったのかを分析可能にする。また、分析結果から効果の高い媒体や広告クリエイティブを明らかにし、従来広告効果の測定が十分ではなかった電話問い合わせや電話注文も含め広告出稿の最適化を行うことも可能になる。

 
■広告の成果ポイントはWebサイトの入力フォームだけではない
 Webサイト上での申し込みフォームからの購入や資料請求については広告効果測定ツールの進化により年々正確なデータの取得が可能になっている。またそういったデータを活用したプロモーションの最適化はもうすでにマーケティング・広報担当者が既に力を入れて取り組むポイントとなっている。しかし、Webキャンペーンやチラシを見た見込み顧客が問い合わせフォームではなく、電話により問い合わせをした場合、従来の対応者のヒアリングによる直前に見た広告の情報収集精度には限界があった。
 
■電話での問い合わせや予約、申込みが多い業態では特に有効!
 コールオプティマイザーは、これを測定可能にし、効果を可視化できる画期的なソリューション。入電のあったリスティングキーワードの把握や、 ディスプレイ広告やアフィリエイトサイト、メールマーケティングなど広告ごとの電話反響数の分析ができる。また、紙媒体の改善にも有効で、リアルタイムにどの地域から入電か判別ができるため、地域単位で発行しているフリーペーパーの広告枠を見直した結果お問い合わせ数が導入前対比約120%にアップするなど多数の改善事例がある。
 
■導入も高額な設備投資は一切不要
 従来のように出稿媒体毎に大量の電話番号を発行したり多数の専用Webサイトを作る手間も不要。まず対象のウェブページにコールオプティマイザーのトラッキングコードを設置して、次に広告のリンク先URLに
専用パラメーターを設定すれば完了。
 
■分析後の改善策立案もトータルで提案可能
 400枚以上のLP制作や多数の自社メディアでの広告運用実績、VIPアフィリエイトサービス運営で得た業界毎の獲得媒体分析やユーザーターゲティングにおける総合的なCVR最大化実現を可能にした顧客獲得のノウハウがあるオプティマイザーでは、コールオプティマイザーの分析結果に基づいた総合的なサイトや広告戦略の改善をご提案できる。
 効果測定に留まらず、改善案の立案までお任せください。
 オプティマイザー社はマーケティングをオプティマイズ(最適化)できるソリューションを今後も多数提供予定。オプティマイザーのマーケティング最適化ソリューションにご期待ください。
※詳細★こちら
 
株式会社オプティマイザー
 株式会社オプティマイザーは今年度創業10年目を迎えた総合マーケティング支援カンパニーです。「魅力のある商品やサービスを最適化して、自ら有益なものを選択できる社会を創造する」という理念のもと、アフィリエイトサービス「メディパートナー」、や広告ネットワーク運営、各種広告ツールを用いたコンサルティングを国内外600社以上のお客様にご提供しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56639

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月31日 15:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中国の簡易水質分析で水環境の管理運営の効率化に貢献」です。

次のブログ記事は「“絆”と“思い出”の卒業旅行、大卒者の7割以上が実施」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。