SMS配信システム「WEBCAS SMS」の発売を決定

| コメント(0) | トラックバック(0)

 インターネットを活用したマーケティングソリューションを提案する株式会社エイジア/AZIA CO.,LTD.
(東京都品川区、代表取締役:美濃 和男)は、主力製品であるe-CRMシステム「WEBCAS」シリーズの新ラインナップとして、SMS(ショートメッセージサービス)配信システム「WEBCAS SMS(ウェブキャス エスエムエス)」を発売することを決定したと発表した。近年のスマートフォンの急激な普及や、多くの個人同士のコミュニケーション手段がSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)に移行したことを受け、フィーチャーフォン全盛期に圧倒的利用率を誇っていた「キャリアメール」の利用頻度が減少しつつある。

 
 「キャリアメール」を含むメールは、企業が顧客に直接連絡・通知する手段としてこれまで多く利用されていたが、近年“メールを補完し、ユーザに確実にメッセージを届けられるツール”として、SMS(ショートメッセージサービス)を利用するケースが増えてきている。
 SMSは、携帯電話の「電話番号」を宛先として、短いテキストメッセージを送信できるサービス。2011年7月に携帯キャリア間SMS相互接続が実現し、各キャリアの送信料が値下げされたため、広く普及が進みました。SMSは、ユーザが携帯会社を変更したとしても、番号ポータビリティ(MNP)を利用すれば携帯電話の番号は変わらないため、確実にメッセージを届けることができる(キャリア メールのメールアドレスは携帯会社が変われば変更となるため、以前のアドレスへのメールは届かなくなる)。メール配信システム「WEBCAS e-mail」を大手企業中心に提供している同社にも、「メールが届かなくなった顧客にSMSでメッセージを送り、変更後のメールアドレスの再登録を促したい」という要望が増えている。
 同社はこのSMSの有用性を踏まえ、e-CRMシステム「WEBCAS」シリーズに加わる新たなラインナップとして、メールマーケティングと連動したSMSが送信できる、SMS配信システム「WEBCAS SMS」を新たに開発することとした。販売開始日:平成27年5月
 
■SMS配信システム「WEBCAS SMS」の概要
・SMS配信システム「WEBCAS SMS」について
 「WEBCAS SMS」は、企業が顧客に対してSMSを配信できるメッセージングソリューション。SMSの大量一斉配信はもとより、配信したメールがエラーになってしまう顧客だけに「登録再通知メール」を送りメルマガ再登録を促したり、顧客の会員登録状況・行動履歴に応じた各種リマインドを送ったりなど、きめこまかいセグメント配信にも活用できる。SMS配信後は、SMSに記載したURLのクリック率、コンバージョン(目的達成)率も計測することが可能。
 同社は今後、多様な顧客接点を統合的に管理しながら、継続的にマーケティングの成果を高める、マルチチャネルメッセージソリューションの開発・提供に注力していくとしている。
 
■e-CRMシステム「WEBCAS」シリーズについて
 同社自社開発製品である「WEBCAS」シリーズは、企業がインターネットやメールを介して顧客と有効な関係を築き、効率的・効果的なマーケティング活動を行うためのe-CRMアプリケーションソフトウェアシリーズです。ラインナップにはメール配信システム、アンケートシステム、メール共有管理システムを有し、それぞれがシームレスに連携し効率的・効果的な運用を実現する。複数のデータベースとの連携やカスタマイズなど、柔軟な対応を実現するクラウド版サービスや、パッケージ導入版などさまざまな提供形式をご用意しており、EC運営企業、メーカー、生命保険、金融機関、官公庁など、大手企業を中心に1,600社以上の採用実績がある。
 
■メール配信システム「WEBCAS e-mail」について
 メール配信システム「WEBCAS e-mail」は、企業が自社で管理する顧客データベースの属性情報や購買履歴、ポイント情報等と連携し、一人ひとりに最適なメールを大量・高速に配信できるメール配信アプリケーション。カスタマイズはもちろん、複数データベースとの連携、キャンペーン管理システムやレコメンドシステム等、他システムとの連携も柔軟に行える。近年はパッケージ版のみならず、柔軟なカスタマイズ性とシステム連携性、配信数無制限という多くのメリットを有するWEBCASクラウドメール配信SaaS版に多くの引き合いを頂いているほか、安価なWEBCAS クラウドメール配信ASP版もご用意している。
株式会社エイジア

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://asiabiz.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/56364

コメントする

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.14-ja

このブログ記事について

このページは、asiabizが2014年12月19日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「報告書作成業務を効率化 薬の安全性を支える」です。

次のブログ記事は「ペーパーレス化と迅速/柔軟な仕様変更を実現」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。